更新

ビルトイン食洗機のおすすめ8選!選び方やメリット徹底解説

シンクの中に収納できるビルトイン食洗機は、キッチンをすっきりと見せられるだけではなく、洗い物の時短にもつながる便利なアイテムです。そこで今回は、ビルトイン食洗機のメリットや選び方、おすすめメーカーや商品を紹介します。
ビルトイン食洗機のおすすめ8選!選び方やメリット徹底解説

シンクと一体化したデザインのビルトイン食洗機は、キッチンまわりをすっきりと見せたい人におすすめの食洗機です。

一方で、工事が必要だったりメーカーによって価格が大きく異なったりするなど、購入前の下調べが大切なものでもあります。

今回は、ビルトイン食洗機のメリットや選び方、おすすめメーカーや商品を紹介してみたいと思います。

ビルトイン食洗機とは?メリットを紹介

食洗機には様々な種類がありますが、ビルトイン食洗機にはどのような特徴やメリットがあるのでしょうか?ここでは、ビルトイン食洗機について詳しく解説します。

ビルトイン食洗機とは

ビルトイン食洗機とは、キッチンの下にすっぽりと収納できる食洗機のことです。

一般的な食洗機はキッチンの上に置くものが多く、どうしても生活感が出てしまったり場所を取ってしまったりします。

一方で、ビルトイン食洗機ならシンクの下に収納されているため生活感が出にくく、設置場所に困ることもありません。

ビルトイン食洗機のメリット

すっきりとしたキッチンには欠かせないビルトイン食洗機ですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、ビルトイン食洗機のメリットについて紹介します。

見た目がすっきりする

ビルトイン食洗機の最大のメリットといえば、「すっきり片付く」ということではないでしょうか。シンクの下に収納できるタイプなので、料理や掃除の邪魔にならないのも大きなポイントです。

後付けの場合は工事が必要になりますが、卓上型の食洗機にはない魅力がたくさんあります。

大型でたくさん食器が入る

ビルトイン食洗機は一般的な食洗機に比べて大型なので、食器も多く入るというメリットがあります。

収納する場所がシステムキッチンの中なので、奥域や幅もしっかり取りやすく、卓上タイプに比べて大型の食洗機を入れやすいからです。

子どもがいたり家族の人数が多かったりするとどうしても食器の数が増えてしまい、食洗機がパンパンになってしまうこともあるでしょう。

大型タイプのビルトイン食洗機なら、一度にたくさんの食器を入れられて便利です。

ビルトイン食洗機の選び方

キッチンをすっきりと見せられて大容量のビルトイン食洗機。様々なメーカーがビルトイン食洗機を発売していますが、どのように選べばいいのでしょうか?

ここでは、ビルトイン食洗機の選び方について詳しく解説します。

扉の種類で選ぶ

ビルトイン食洗機の扉は2種類あります。それぞれ特徴が異なるため、以下にまとめます。

フロントオープンの特徴
  • 海外では主流のタイプ。
  • 扉を手前に引き出し、中のバスケットをスライドさせて食器を出し入れする。
  • フライパンや鍋なども丸ごと入れられますが、出し入れの際にしゃがんまないといけず、足腰の負担になりやすい場合も。
スライドオープンの特徴
  • スライドさせて開け閉めをするタイプで、日本メーカーが多く展開しています。
  • 引き出しを開ける感覚で取り出しやすく、立ったまま楽に食器の出し入れが可能。
  • フロントオープンに比べると、容量が少なくなりやすいというデメリットも。

容量で選ぶ

ビルトイン食洗機を選ぶ際は、必ず容量を確認しましょう。日本で流通しているビルトイン食洗機のサイズは「45cm」「60cm」の2種類です。

4人家族程度であれば45cmでも足りますが、5人以上の大家族や1日の食器をまとめて洗う場合は60cmがおすすめです。

45cmと60cmで容量はかなり異なりますが、シンク内に設置するため見た目はほとんど変わらず、60cmでも圧迫感は感じにくいのが特徴です。

メーカーで選ぶ

この後に詳しく紹介しますが、メーカーで選ぶのもおすすめです。

メーカーによって思考を凝らした機能が搭載されているだけではなく、保証サービスが充実していたりデザインが豊富だったりと、独自の特徴があるものです。

ビルトイン食洗機を販売しているメーカーはそれほど多くないので、じっくりと比較してみるといいでしょう。

機能性で選ぶ

ビルトイン食洗機には、様々な機能が搭載されています。詳しく紹介してみましょう。

  • 水や洗剤の量を自動で調節する機能
  • 細かな噴射で頑固な汚れをしっかり落とす機能
  • 庫内のイヤな臭いを緩和する消臭機能
  • 様々な角度に水を噴射する3D機能
  • お皿を入れるガイドラインマーク機能
  • オートタイマー機能
  • アプリと接続して遠隔操作可能な機能

このように、メーカーやモデルによって様々な機能が搭載されているビルトイン食洗機。どれにしようか迷った際は、機能面から選んでみてもいいかもしれませんね。

ビルトイン食洗機のおすすめメーカー

ここでは、ビルトイン食洗機を販売しているおすすめメーカーを紹介します。それぞれの特徴を考慮し、商品選びに役立ててください。

パナソニック

国内でビルトイン食洗機のシェア率トップクラスのパナソニック!

日本人なら誰でも知っている老舗メーカーという安心感はもちろん、食器の汚れ落ちをとことん考えた機能が搭載されています。

パナソニックのビルトイン食洗機には「新ドライキープ」と呼ばれる、庫内を清潔に多の津機能が搭載されているため、使い勝手も抜群です。

リンナイ

リンナイのビルトイン食洗機には、国内初のフロントオープンタイプがラインナップされています。

リンナイのビルトイン食洗機は大掛かりな工事をしなくても、キッチンの扉を1枚外せば取り付け可能なので、より気軽に設置できるのもポイントです。

ミーレ

ミーレは、ドイツ発祥のメーカーです。海外では主流のフロントタイプ食洗機が充実していて、容量も海外並み!

専用のアプリと連携させることで外出先からも遠隔操作可能で、スマートハウスを取り入れている人にはぴったりでしょう。

こちらの記事では、おすすめの食洗機とキッチンに合った選び方を紹介しているので、ぜひチェックしてください。

ビルトイン食洗機のおすすめ7選

ここからは、ビルトイン食洗機のおすすめを紹介していきたいと思います。扉の種類に分けて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

フロントオープンタイプのおすすめビルトイン食洗機

大容量が魅力的なフロントオープンタイプは、大家族にぴったりです。日本ではフロントオープンタイプがメインなので、豊富なデザインやカラーから選択できるでしょう。

パナソニック 幅45cmディープタイプ食洗機

パナソニックは、品質・歴史・知名度ともに申し分なく、信頼度が高い国産メーカー。こちらはつけ替え専用の商品なので、ビルトイン食洗機の買い替えを検討している人にぴったりです。

パナソニックのテクノロジーを駆使した「高密度水流」「節水・省エネ」などの機能が搭載されています。

パナソニック 幅45cmナノイーX

液体洗剤自動投入機能搭載モデル!ブラックのデザインが洗練されていてかっこよく、スタイリッシュなキッチンに映えそうです。

容量は約60Lと、6人分程度の食器を入れられます。4人家族の場合も余裕が持てるので、ファミリー層におすすめのサイズ感です。

こちらのモデルには「庫内の嫌な臭いを除菌する機能」「50度以上の水温でしっかり洗浄」などの機能があるため、頑固な汚れもすっきりと落としてくれます。

リンナイ コンパクトビルトイン食洗機

奥行き60cm・幅45cmのコンパクトタイプは、小さめのキッチンにも設置しやすく、少人数のご家庭にぴったりのサイズ感です。

コンパクトな外観とは裏腹に、容量は約4人分の食器33点が配置できるためファミリー層からも人気があります。

また、庫内には水圧によって伸びる2段階のノズルが採用されており、庫内の隅々にまで水が届いて食器をムラなく洗い上げられるのも特徴です。

クリナップ 食器洗い乾燥機 ビルトインコンパクトタイプ

クリナップのビルトイン食洗機は、リーズナブルな価格が魅力です。

幅45cmとスリムながら、容量は約5人分(37点)の食器が入れられ、スペースが限られているキチンでも設置しやすいのがポイントです。

また、無料の3年保証制度がついているため、もしトラブルが発生してしまった場合でも安心してアフターサポートを受けられます。

スライドオープンタイプのおすすめビルトイン食洗機

立ったまま食器の出し入れができるスライドオープンは、より気軽に使用したい人や、キッチンのスペースがそこまで広くないという家庭におすすめです。

リンナイ フロントオープン食洗機

幅45cmタイプ、約8人分の食器を入れられるフロントオープン食洗機です。

深型なのでフライパンや大きな鍋も楽々投入でき、食器洗いの際に感じるストレス軽減につながります。また、工事費込みの価格なのでプラス料金が発生しないので安心ですね!

全国主要都市にほぼ対応していますが、一部地域では出張費がかかることもあるので、詳細はしっかりと確認しましょう。

BEKOビルトイン食器洗い機

14人用の超大型ビルトイン食洗機!ステンレス製で耐久性があるばかりではなく、外見もおしゃれでキッチンインテリアにこだわっている人にもぴったりです。

嫌な臭いを取り除くマイナスイオン発生システムや、高さ調節可能なバスケットなど、日常使いがしやすい機能が標準装備されているのも特徴的でしょう。

ミーレ ビルトイン食器洗い機

食器洗い機では世界初の洗剤自動投入システムを採用した、ミーレのビルトイン食洗機。

専用洗剤を投入するだけで、プログラムごとに最適な洗剤量を自動投入してくれる便利な機能が特徴的です。

内蔵されているバスケットは、様々な形や大きさの収納に適したデザインになっているため、ストレスなく食器をセットできるでしょう。

ビルトイン食洗機の設置について

ビルトイン食洗機は取付に工事が必要です。そのため、基本的に賃貸ではなく「自分所有の家」「家族所有のマンション」での設置が適切だとされています。

設置費用は元々のキッチンがどのようなデザインなのか、どのような素材で作られているかによっても異なりますが、目安金額は約4~7万円程度でしょう。

元々ビルトイン食洗機を使用している場合、交換費用だけで済みます。一方で、新規取付工事が必要の場合は工事費も割高になります。

工事費用は施工会社によっても異なるため、事前にいくつかの会社から見積もりを取り寄せてみるのもおすすめです。

まとめ

ビルトイン食洗機には「フロントオープンタイプ」と「スライドオープンタイプ」の2種類があります。

ドアの種類によって様々なメリットデメリットがあるため、自分のライフスタイルにはどちらのタイプが合っているかをしっかりと考えてみましょう。

設置費用を含めると決して安いとはいえませんが、食事の後の片づけが格段に楽になるため、ズボラさんには特におすすめのアイテムといえるでしょう。

こちらの記事では、卓上食洗機おすすめ10選と選び方解説をまとめています。食洗機選びで迷っている人はぜひ参考にしてください。

白根 鮎美 /
ビギナーズ編集部 ライター

独学で英語を勉強後、オーストラリアでは幼児教育の専門学校で勉強。帰国後は子ども英会話教室にて1歳から高校生への英会話を指導していました。また、サーフィン歴は10年以上、海を愛する2児のママサーファー。

ビギナーズTOPページ