更新

エフェクターボードのおすすめ9選と選び方|コンパクトに持ち運び

Tatsunori Kanno / ビギナーズ編集部 ライター

ブックライブ
おすすめのエフェクターボードを特徴とともにご紹介します!ギターを持ち運ぶ際はなるべくコンパクトなにしたいですよね。初めてエフェクターボードを購入する方のために選び方も解説しています。機能性の充実したエフェクターボードや人気モデルを選んでギターの演奏をさらに楽しみましょう。
エフェクターボードのおすすめ9選と選び方|コンパクトに持ち運び

エフェクターボードはエフェクターは持ち運ぶためには欠かせない大切なものですが、どんなものを選べばいいのか分からず悩んでいる人は多いです。エフェクターは精密機械ですし、持ち運びには細心の注意を払わなければなりません。エフェクターボードはただエフェクターが入ればいいわけではなく、安全に持ち運べることが大切です。

どのような点に注目すればいいのかを知り、自分に合ったエフェクターボードを探しましょう。

エフェクターボードの選び方のコツ

選び方ポイント1.大きさ

エフェクターボードを選ぶ際には、まずは大きさに注意しましょう。エフェクターボードの大きさはさまざまありますが、最も大切なのは自分が使用する用途に合わせてサイズを変えるということです。

一度に持ち運ぶエフェクターが多いのであれば、ボードのサイズも大きくする必要があります。反対に持ち運びの数が少ない場合は、大きいサイズを選ぶ必要はありません。大きすぎるエフェクターボードを選んでしまうと、持ち運びがしづらくなり、運搬も雑になってしまいやすいので使用用途に合わせて適切なサイズを選びましょう。

選び方ポイント2.材質

エフェクターボードは大きく分けて、ソフトケースとハードケース2つの材質があります。それぞれ用途が違いますので、どんなエフェクターを使用するかによって使い分けましょう。

ソフトケースは軽くて柔らかく、中身が固定されないのが特徴です。接続数が少なく、エフェクターの配置をそれほど気にしないマルチエフェクターにおすすめです。対してハードケースは重たく頑丈であり、中身が固定できるタイプのものが多いです。たくさん持ち運んだり、エフェクターを固定して配線にこだわりたい人はハードケースを選びましょう。

選び方ポイント3.留め具

エフェクターボードではエフェクターを固定するための留め具が付いていることが多いです。持ち歩きの際にケース内でエフェクターが動いてしまうと損傷の原因になりますし、素早く演奏に取り掛かれなくなってしまいます。

ハードケースであれば留め具も金具でできているタイプが多く、頑丈で外れにくい仕組みになっています。またケースの底面がマジックテープになっており、エフェクターにもマジックテープを引っ付けて固定する場合もあるので、留め具がどうなっているかは必ずチェックしておきましょう。

エフェクターボードのおすすめ商品9選

エフェクターボードを選ぶ際には大きさ、材質、留め具に注目することが大切です。それぞれのポイントに従って、おすすめの商品を確認していきましょう。

ARIA|Effector Board エフェクターボード

ARIAのエフェクターボードEBC-780は、大きいながらも重さは約2.7キロと軽量化が図られています。複数のエフェクターを持ち歩くのに適していますし、軽いだけではなく頑丈な作りになっていますので、エフェクターが損傷する心配もありません。

また付属としてエフェクターとボードを固定するための両面テープもありますので、それを利用することでエフェクターを固定したまま持ち運ぶことができます。

デザインは機能などはシンプルですが、余計なものがない分、価格としてもお買い求め安くなっています。コーナー部もクッションで補強されており、安全性にも問題はありません。

タイプ ハード
サイズ 外寸W569xH370xD113mm
内寸W545xH345xD(本体25+蓋)65~75mm
重量 約2.7kg
価格 5,148円(税込)

※価格:楽天市場(2020/7/14時点)

SKB|SC2111エフェクター用ケース

セミハードタイプのエフェクターボードです。

手持ちと肩掛け両方できるようになっているので、両手が塞がっている場合も持ち運びができます。

中がクッションのようになっており、持ち運びの際に中で擦れてエフェクターが傷つく恐れもありません。

フットペダルが付いた大型のマルチエフェクターも楽々入るサイズが嬉しいですね。

タイプ セミハード
サイズ 内寸:W546×H286×D98mm
外寸:W622×H368×D178mm
重量 1.63kg
価格 7,335円

※価格:Amazon(2020/7/14時点)

KC|エフェクターケース EC-40

KC EC-40/BKは、ハードタイプのエフェクターボードです。シンプルな設計でありながら頑丈で使い勝手も良く、サイズ展開も幅広いのでさまざまな用途に使い分けることができます。

面ファスナーによってエフェクターを固定することができるので、持ち運び時に中身が動いてしまう心配もありません。フタは取り外しが可能ですので、持ち運んだままの状態で、すぐにエフェクターをつないで演奏することができます。

タイプ ハード
サイズ 内寸W320×H220×D60mm
重量 1.48kg
価格 2,980円 (税込)

※価格:楽天市場(2020/7/14時点)

ROADREADY|RRGP32

RRGPシリーズの中で最も大きいものが、このRRGP32です。

ご紹介したエフェクターボードの中でも最も大きく、幅84×高さ20×奥行48cmで大抵のエフェクターは難なく入ります。

仕切りバーが11本付いているので、たくさん入れてもしっかり整理整頓できるのが安心です。

サイズが大きい分重量もあるので、エフェクターが多すぎて1つで収まりきらない方も問題なく使うことができます。

タイプ ハード
サイズ 外寸W840×H200×D480mm
重量 10kg
価格 20,906円

※価格:Amazon(2020/7/14時点)

MUSIC WORKS|EBB1-M

ソフトケースで楽に持ち運びがしたいのであれば、MUSIC WORKSケースがおすすめです。軽いだけではなく頑丈さもあり、エフェクターが破損する心配もありません。

サイズもSSからラージまで、自身の持っている機材に合わせて選べます。

タイプ ソフト
サイズ 外寸H340×W420×D95mm
重量 1.3kg
価格 3,867円

※価格:Amazon(2020/7/14時点)

–>

ARMOR|FRP製エフェクターボードPS-1C

ARMOR アルモア FRP製エフェクターボードPS-1Cは、複合素材を使って強度を高めた剛性の強い材質を誇っています。プラスチックをガラス繊維で補強した素材が使われており、高い強度を誇っているだけではなく、耐熱耐寒機能も備わっています。

エフェクターを安全に持ち運べるだけではなく、マジックテープも付属されていますので、エフェクターの固定も可能です。持ち運んでそのまま使用できますのでとても便利です。

タイプ ハード
サイズ 内寸W700×H80×D370mm
重量 約6.7kg
価格 20,808円

※価格:Amazon(2020/7/14時点)

ARMOR|PS-2C

上述のPS-1Cの一回り小さなサイズのエフェクターボードです。

使うエフェクターはせいぜい5-6点というギタリストの方や、マルチエフェクターを使うベーシストの方におすすめです。

色違いでオレンジもあるので、周りと違ったエフェクターボードを探している方にもぴったりですね。

タイプ ハード
サイズ 内寸W550×H80×D310mm
重量 約5Kg
価格 18,283円

※価格:Amazon(2020/7/14時点)

Donner|ギターエフェクターケース ペダルボード

Donner ギターエフェクターケースはハードタイプのケースでありながら、軽量化もされており、持ち運びにも便利です。サイズが大きいため複数のエフェクターを接続したまま持ち運ぶことができますし、ケースとボードを取り外せるので、取り出せばすぐに使用することができます。

ベルクロで固定ができますので、ケース内でエフェクターが動く心配もありません。軽さと頑丈さを備え、ハードケースとソフトケース両方の魅力を持ち合わせています。

タイプ ソフト
サイズ 内寸W510×H200xD30mm
重量
価格 4,699円

※価格:Amazon(2020/7/14時点)

ZENN|Effector Bag ポケット付き EFBGS

PLAYTECH(旧ZENN)Effector Bagは、ソフト素材のエフェクターバッグです。

ハードケースほどの頑丈さはありませんが、持ち物が増えてしまった場合も柔軟に入れることができます。

ポケット付きで収納が多いので、ACアダプターやシールドをすっきりまとめて収納できるのも魅力です。

タイプ ソフト
サイズ 内寸W380xH75xD215Dmm
重量
価格 3,890円

※価格:Amazon(2020/7/14時点)

おすすめのエフェクターケース比較表

ご紹介した商品を、ハードタイプとソフトタイプに分けて、重量が軽い順に並べて比較表にしました。

サイズ 重さ 価格
【ハード】KC EC-40/B 内寸W320×H220×D60mm 1.48kg 2,980円
【ハード】ARIA EBC-780 外寸W569xH370xD113mm
内寸W545xH345xD(本体25+蓋)65~75mm
約2.7kg 5,148円
【ハード】ARMOR PS-2C 内寸W550×H80×D310mm 約5Kg 18,283円
【ハード】ARMOR PS-1C 内寸W700×H80×D370mm 約6.7kg 20,808円
【ハード】ROADREADY RRGP32 外寸W840×H200×D480mm 10kg 20,906円
【セミハード】SKB SC2111 内寸W546×H286×D98mm
外寸W622×H368×D178mm
1.63kg 7,335円
【ソフト】MUSIC WORKS EBB1-M 外寸H340×W420×D95mm 1.3kg 3,867円
【ソフト】Donner 内寸W510×H200xD30mm 4,699円
【ソフト】ZENN 内寸W380xH75xD215Dmm 3,890円

エフェクターボードは機能性を重視して選ぶ

エフェクターボードと一口に言ってもさまざまな種類がありますし、大きさはもちろん、材質などの違いもあります。商品によって違いが大きいため、どれを選べばいいのか悩んでしまう人も多いですが、機能性に注目して選べばお気に入りのものが見つかるはずです。

求める機能は人によって違いますので、使用用途に合わせて必要な機能を考えることが大切です。自分に合ったエフェクターボードを探し、便利にエフェクターを持ち運びましょう。

こちらの記事では、おすすめのギター用マルチエフェクターをご紹介しています。

Tatsunori Kanno /
ビギナーズ編集部 ライター

ネットショッピング歴は約20年!お得なものを見つけることが好きで日々のECサイトで掘り出し物の探しは欠かしません。コスパの良い初心者が趣味を始めるのに最適なアイテムをご紹介します。趣味はダンスと映画鑑賞