更新

GoPro HERO7の価格・性能はどれくらい?おすすめアクセサリーも紹介

GoPro HERO7の価格・性能はどれくらい?おすすめアクセサリーも紹介

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

皆さん、休日はどんなことをして過ごしていますか?

休日にスポーツで汗を流すのはリフレッシュできて最高ですよね。

感動的なシーンをアクションカメラで撮影することができたら楽しいと思いませんか?最近のアクションカメラは、便利で使いやすく綺麗な映像が残せるように進化しています。

今年の9月27日に発売された最新のアクションカメラ、GoPro HERO7 BLACK(ブラック)の使い方をご紹介したいと思います。

GoPro HERO7 BLACKとは?

GoPro HERO7 BLACKは、軽量で防水設計のアクションカメラ。動きの激しいアクティブスポーツや美しい風景を撮影することができます。

また、非常に小型で手のひらにすっぽりと収まるサイズに設計されています。まずは、GoPro HERO7 BLACKで撮影されたYouTubeの動画をご覧ください。

とても滑らかで安定感のある映像ではないでしょうか?まるでその場にいるかのような臨場感も伝わってきますね。

画像:GoPro HP

GoPro HERO7 BLACKの機能と使い方

GoPro HERO7 BLACK は、4K動画なので鮮明で美しい映像を残せるのが特徴です。

さらに、手ブレに強く暗い夜でも綺麗に撮れるというメリットもあります。

GoPro HERO7 BLACKの機能と使い方について詳しく見ていきましょう。

画像:GoPro HP

【機能1】水深10mの防水機能

GoPro HERO7 BLACKは、水深10mの防水機能を備えています。

優れた耐久性も兼ね備えているので「落下したらどうしよう?」という心配がありません。

おすすめの使い方

GoPro HERO7 BLACKは、サーフィンやスキューバーダイビングなどマリンスポーツにぴったり!

海中を泳ぐ小魚やイルカ、きらめくサンゴ礁の様子も自由自在に撮影できます。これからの季節は、濡れやすいスノーボードやスキーなどウィンタースポーツでも活躍しそうです。

着地の衝撃が激しいマウンテンバイクの撮影でもこれなら安心ですね。

【機能2】音声コントロール

人間の声でGoPro HERO7 BLACKをコントロールする機能がついています。

おすすめの使い方

集中力が必要なアクティブスポーツ。「両手がふさがっていて操作できない」というときに、とても便利です。

例えば、ボートの操作中に撮影を中止したいときは「GoPro ビデオ ストップ」とGoPro HERO7 BLACKに呼びかけてみましょう。

【機能3】スーパーフォト

さらにGoPro HERO7 BLACKには、どんな明るさでも美しい写真を自動的に撮影するスーパーフォトの機能もついています。

夜景を明るく撮影したり、画面のざらつきを低減してくれます。

おすすめの使い方

秋は出かけるのにちょうど良い気候。

GoPro HERO7 BLACKは、秋の紅葉や海外旅行の風景、夜の建物を撮影するのに向いています!セドナのような不思議な地形のパワースポットもおすすめです。

GoPro HERO7 BLACKを使って、旅の思い出を残しておきましょう。

ライブストリーミング

アクティブスポーツをしているその場で、SNSにストリーミングすることができます。

おすすめの使い方

最近では、若い世代を中心に動画配信の人気が高まっています。

ツイキャスやYouTubeデビューしてみたいという方もいるのはないでしょうか?ライブストリーミングの機能で、あなたのリアルタイムな日常を配信しましょう。

TimeWarp(タイムワープ)ビデオ

動いている間も安定感抜群のタイム ラプス ビデオが撮影できます。

タイム ラプスとは、デジタルカメラを用いて連続したスチール画像を撮影し、それを素材として作った動画のことです。

タイム ラプスは夜のビル街や道路の映像が面白いです。長時間の動作も、30 倍までスピードを上げてシェアすることが可能です。

※TimeWarpは、タイム ラプスのビデオに適用されたHyperSmooth(ハイパースムーズ)です。HyperSmoothとは、HERO7 Black で導入された強力な電子式画像安定化機能です。

おすすめの使い方

パラグライダーや気球などのスカイスポーツの撮影や、球場の撮影をしてみるのはいかがでしょうか。

360度の躍動感ある映像が楽しめます。

GoPro HERO7のカラー・価格・性能

BLACK以外のカラーは、SILVER(シルバー)とWHITE(ホワイト)があります。

3色ともどんなファッションでも合わせやすいシンプルなデザインになっています。

GoPro HERO7の値段

GoPro HERO7のシリーズは、価格がそれぞれ違います。BLACK 、SILVER、 WHITEの順に価格が高くなっています。

【GoPro HERO7の価格表】
  • GoPro HERO7 BLACK ¥49,800
  • GoPro HERO7 SILVER ¥37,800
  • GoPro HERO7 WHITE ¥27,800

BLACK、SILVER、WHITEの性能の違い

この3つのモデルには微妙な違いがあります。

例えばGoPro HERO7 BLACKには、音声起動やライブストリーミング、スーパーフォトやTimeWarp ビデオが搭載されていますが、GoPro HERO7 SILVER やGoPro HERO7 WHITEには搭載されていません。

また、GoPro HERO7 BLACK とGoPro HERO7 SILVER にはGPSが搭載されていますが、GoPro HERO7 WHITEには搭載されていません。

動画配信用に、最新型のハイスペックなアクションカメラを求めるならGoPro HERO7 BLACK。

普段使い用に、標準スペックで楽しみたいならGoPro HERO7 SILVER やGoPro HERO7 WHITEが良いのではないでしょうか。

GoPro fusionとの比較

以前GoPro fusionというモデルのアクションカメラが発売されました。

旧タイプのGoPro fusionと比べて、GoPro HERO7 BLACKはスリムでコンパクトに進化しています。

さらに、これまでGoPro fusionの防水性能が5mだったのに対してGoPro HERO7 BLACKは10mと格段にレベルアップしています。

また、GoPro fusionには無かったスーパーフォトやTimeWarp(タイムワープ)ビデオが搭載されたのが大きな違いではないでしょうか。

スペックの比較表

今回ご紹介したGoPro HERO7 シリーズと旧タイプのGoPro fusionのスペックの違いはこちらで比較できます。

詳しくは、GoPro社の公式サイトをご覧ください。

動画撮影に必要なアクセサリー

アクションカメラを頭に固定するためのストラップやヘルメット類も必要になります。

また、高い位置から景色を写したいときは自撮り棒などのアクセサリーも揃えましょう。

アクセサリーは、GoPro 社公式サイトほかAmazonや楽天などネットショップで購入することができます。

こちらの記事でGoProのアクセサリーについてさらに詳しく紹介しています。

GoProのアプリ

撮影した映像を加工して編集するための、GoPro のアプリもインストールしましょう。

AppStoreかGoogleplayからアプリをインストールできます。

国内旅行や海外旅行のとっておきの瞬間を、すぐにSNSにシェアできるのが嬉しいですね。

GoPro (formerly Capture)
無料
(2018.11.07時点)
posted with ポチレバ

その他おすすめアプリ

おすすめの動画編集・作成アプリはMagistです。

無料とは思えないほどセンスが良く、クオリティの高いビデオを作ることができます!初心者でも10分ほどで素敵なビデオが完成するのが特徴です。

テンプレートに沿って文字を入れて、お洒落な音楽を設定できるのが嬉しいです。プライベート用ならこのアプリで大満足です。

MagistもAppStoreかGoogleplayからインストールできます。

GoPro HERO7はレンタルがおすすめ

GoPro HERO7を使いたいときは、kikitoゲオあれこれレンタルなどのレンタルサービスを利用するのがおすすめです。

安くはない買い物ですから、購入前に使用感を試すのにも便利です。ぜひチェックしてみてくださいね。

kikitoでGoPro HERO7をレンタルする

ビギナーズでは、GoProのおすすめレンタルサービス会社をまとめて紹介した記事があります。興味がある方は、ぜひ記事を確認してみてくださいね。

動画撮影やおすすめアクションカメラについて

こちらの記事では、人気YouTuberが使っているカメラやおすすめのアクションカメラについてご紹介しています。

どうぞこちらもご覧ください!

▼人気YouTuberが使っているカメラは?動画撮影に最適のカメラ ▼[2018]おすすめアクションカメラ12選|選び方と人気モデル比較
マーケットエンタープライズフィールドセールス

天野葵 /
ビギナーズ編集部 ライター

多趣味なコピーライター兼グラフィックデザイナー。趣味は料理と食べ歩き、ダンス鑑賞、素敵なカフェやギャラリー、銭湯めぐり。最近は洋楽と邦楽のhiphopを聴いています!

ビギナーズTOPページ