ゴルフクラブメーカーの特徴と選び方!自分に合ったものを選ぼう

ゴルフクラブのメーカーは国内、海外と数多くあります。初めてゴルフクラブを購入する際のポイントや、主流ゴルフクラブメーカーの特徴(特色)などを知っておくことは大切です。有名な海外メーカー以外のプライベートブランドなどのチェックもしてみましょう。
ゴルフクラブメーカーの特徴と選び方!自分に合ったものを選ぼう

最近ゴルフを始めた場合と、ある程度ゴルフをしている場合では、選ぶゴルフクラブは異なります。

ゴルフクラブを初めから全て揃える必要はありません。練習を重ねていく内に、自分に必要なものや不要なものがわかってきます。

まずはメーカーの特徴や特色を知り、どれが自分に合うかを知っておくことが必要です。

基本的なゴルフクラブの選び方

ゴルフは、クラブを使い分けながら楽しむスポーツです。

どのような場面で必要なのか、また、必要なゴルフクラブの種類と本数、それらをどのような基準で選ぶかを知っておきましょう。

基本的なクラブの選び方

ゴルフクラブを初めて購入する場合と、買い足す場合では選ぶ基準が異なります。

また、できるだけ早くコースに出たい場合と、じっくり練習に時間をかけてから出たいと考えている場合では、用意するゴルフクラブの内容がかわります。

できるだけ早くコースに出たい場合は、7本のタイプの違うクラブが最低限必要です。

本来はゴルフバッグに14本までと決められていますが、最初から必ず全てを用意することは避けましょう。

必要となるクラブは、飛距離の出る「ウッド」か「ドライバー」、残りの距離に応じて使い分ける「アイアン」、グリーン上で必要な「パター」です。

まずは、ウッドかドライバー1本。ヘッドは少し大きめで、軽めのもの。アイアン(種類の違うもの、少し重たく感じるもの)を3本、パター1本揃えればよいでしょう。

充分練習をしてからと考えている場合は、「アイアン」だけ先に用意しておくとよいでしょう。

アイアンで練習をすると、スイングの正しいフォームの練習もできます。

グリップの太さで選ぶ

グリップはゴルフの経験が浅い場合、おろそかになってしまうことも多い部分です。

グリップはメーカーによってもかなり差があるといわれています。

また、ゴルファーはグリップで腕前がわかるというほど、大事なポイントの一つです。

コントロール重視派は、「太め」のグリップ。飛距離重視な場合は「細め」のグリップがよいといわれています。

グリップの外径はどれも変わりはありません。内径のサイズで判断をしましょう。

一般的な太さはM-60。細めはM-62、太めはM-58となっています(ここでいうM⇒男性、女性の場合⇒Lと表示されています)。

グリップはしっかりと手を包み込めるように握れるものを選びましょう。

ライ角度で選ぶ

ライ角度(ライ角)とは、構えたときのゴルフクラブのシャフトとヘッドの底面を繋いだ角度のことです。

このライ角を知っておけば、背の高さには関係なくアドレスしやすくなります。

また、正しいフォームやスイングを身につけることの近道になります。

一般的に、身長が170cm以下の場合⇒60度前後。175cm前後⇒61度前後、180cm以上⇒62度前後を目安に覚えておきましょう。

ライ角は、メーカーによっても異なります。国内のメーカーであれば、60~61度のものが多く、海外メーカー(US仕様)は62度前後が多いといわれていますので、購入する前に確認しておきましょう。

メーカーごとに違うゴルフクラブ

ゴルフクラブを扱うメーカーはたくさんあり、メーカーごとに色々な特徴があります。

国産メーカーと外国メーカー

一番の違いは「重さ」です。クラブや、シャフト、ヘッドなどの重さに違いがあります。

もちろん日本のものより外国メーカーの方が、トータルで重くなっています。パワーに自信がない場合は、国内モデルを選んだ方がよいでしょう。

また、シャフトの硬さも違っています。日本の硬さの基準で「S」であっても海外メーカーのものは「R」最近ではそれ以上の差があるともいわれています。

ヘッドの性能や、構造は変わりはないといわれています。

外国メーカーはモデルチェンジのサイクルが早いこともあり、旧製品になるものが多くなり価格も早く安くなる傾向が強いので、急いで購入する必要がない場合は少し待ってから購入するのも1つの手です。

価格で選ぶ

海外メーカーのものは国内メーカーより比較的安いとお話しましたが、並行輸入品の場合は、為替によっての価格の変動がありますので、常にチェックが必要です。

国内の中でも、プライベートブランド(PB)から発売されているものは、比較的安価で購入することができます。

中でも「IGNIO」「TRYFIT」などは、大手のものとさほど変わらないという声が多いです。

これから揃えていく初心者の段階であるなら、最初のクラブはPBを選んでもよいでしょう。

主なゴルフクラブメーカーの特徴

キャロウェイ、ブリジストン、ダンロップ、テーラーメイドほか、国内や海外の主要ゴルフクラブのメーカーの特徴を知って、自分にあったゴルフクラブを見つけていきましょう。

キャロウェイ

アメリカに本社があるメーカーですが、クラブ全体の約40%を日本用として販売しているメーカーです。

また、世界的に有名な「フィル・ミケルソン」や、日本人では「石川遼選手」が契約しており、また国内、海外問わず数多くのプロゴルファーが契約しているメーカーとしても有名です。

日本人の体格を徹底的に研究して設計されたモデルになっていることから、日本での幅広い世代からの高い人気があります。

全体的に手頃な価格で販売されているものが多く、初心者向きのメーカーであるといえます。

ブリヂストン

国内でも歴史のあるメーカーであり、上級者から、初心者までと幅広く展開しているメーカーです。

自動車のタイヤメーカーとして有名ですが、その技術を応用してゴルフボールをつくるようになり、その後ゴルフクラブも手がけるようになりました。

ブリヂストンは、日本を代表する「アスリート向けのクラブメーカー」です。

契約プロも宮里優作選手、タイガーウッズなど世界で戦う選手も多く当初は上級者向けをメインに製造を行ってきました。

2016年に「ブリヂストンゴルフ」⇒「Tour B」とブランド名を変更し、上級者向けの「Xシリーズ」とアマチュア向けの「JGRシリーズ」と幅広いニーズに応えるブランドになっています。

特にドライバーからアイアンまで、飛距離を重視した製品で評価も高いブランドになりました。

ダンロップ

ゴルフクラブのメーカーとしての歴史は浅いですが、人気の高さでは引けをとらないメーカーです。

こちらも、自動車のタイヤメーカーとしての技術を活かしたゴルフクラブを展開しています。

コンセプトの異なるブランドで技術開発をするという他のメーカーにない展開が成功し、ヒット商品も数多く出ています。

その中で「スリクソン」はダンロップの中でもプロからも支持されているブランドになっており、中級者以上の人向きで、パワーゴルフタイプの人に人気のブランドになっています。

「ゼクシオ」は安定した飛距離と、ドライバーやアイアンの芯が大きめになっており、ミスショットの補正も可能な特徴があるので幅広いゴルファーに人気が高く、その中でも中年代以降の人には特に人気が高いブランドになっています。価格的には少し高めです。

「クリーブランド」は特にウェッジの信頼性が高く、プロゴルファーからも人気が高いブランドです。

ウエッジを購入する場合は、「クリーブランド」から探してみるのがおすすめです。

テーラーメイド

初心者から、プロまでと幅広いターゲットから人気のあるメーカーの一つです。

テーラーメイドは、スポーツメーカで有名なアディダスのゴルフ専門のメーカーとして設立されました。

製品はスタイリッシュなものが多く、シリーズやバリエーションで自分好みに揃えることができるのも、特徴のひとつです。

男性のプロゴルファーだけでなく、女性のプロゴルファーからも人気が高いメーカーです。

特にドライバーに力をいれており、重心位置の変更ができることや、軽量化されていることで飛距離にも定評があります。

テーラーメイドのおすすめクラブをご紹介した、こちらの記事も併せて読んでみてください。

タイトリスト・ミズノ

初心者には難しいメーカーの一つに「タイトリスト」があります。

プロとの契約が多く、好成績をいくつも上げてきた世界的にメジャーなメーカーです。

当初はゴルフボールの製造からスタートしたため、ゴルフボールでもとても有名なメーカーです。

日本人にはパワーを要するものでなかなか挑戦しにくいクラブでしたが、近年小柄な日本人向けのモデルも出てきており、人気がさらに高まっています。

タイトリスト以外にも、「MIZUNO」は人間力学からのアプローチでクラブを製造しています。

そのため、芯で捉えたときにクラブの魅力が最大に発揮できるので、中級~上級者向けといわれています。

価格的にも高めではありますが、特殊な加工を施しているため長期に愛用できると評判です。


自分に合ったゴルフメーカーを選ぼう

ゴルフクラブのメーカーは多数あり、目移りしてしまうことが多いです。

初心者の場合は必ずしも、全種類のクラブを揃える必要は絶対ありません。

また、高額なものを購入しても使いこなせない場合がありますので、購入する場合は実際に触れることのできるゴルフショップで確認しながらの購入がよいでしょう。

自分にあったグリップの太さやライ角を参考に購入して、楽しいゴルフライフを送りましょう。

レンタルできる関連商品

菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター
菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター

ネットショッピング歴は約20年!お得なものを見つけることが好きで日々のECサイトで掘り出し物の探しは欠かしません。コスパの良い初心者が趣味を始めるのに最適なアイテムをご紹介します。趣味はダンスと映画鑑賞

関連キーワード