ロードバイクウェアのおすすめ商品を紹介|特徴や選び方も解説

最近人気のロードバイクは、主に中距離向けの自転車です。初めての自転車として購入する人も多いようですが、初心者の方にとって、ロードバイクに乗る際に適したウェアの選び方は難しいかもしれません。ここではロードバイクのウェアについて詳しく解説します。
サイマ

ロードバイクウェアのおすすめ商品を紹介|特徴や選び方も解説

最近は通勤や通学、ちょっとしたお出かけ用途としてロードバイクに乗る人が増えています。しかし、ロードバイクに乗り始めたけれど、ウエアをどう選べばよいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、ロードバイクに最適なウェアとはどのようなものなのかを解説するとともに、選び方やおすすめの商品、コーディネートも紹介します。ぜひこの機会に、あなたにぴったりのロードバイクウェアを見つけてください。

ロードバイクに最適なウエアとは

ロードバイクに最適なウェアとはどのようなものでしょうか。ロードバイクウェアとして求められる機能について詳しく見ていきましょう。

通気性速乾性に優れていること

ロードバイクを使用する場合、ある程度の運動量が発生して汗をかくことも多いです。そのため、ロードバイクウェアは通気性や速乾性に優れていることが望ましいのは言うまでもありません。

通気性が悪いと、汗がウェアのなかで逃げ場がなく蒸れてしまい、不快です。また、速乾性が低いと、汗をかいた後にびちゃびちゃの状態が続き、風邪をひく原因にもなります。

ウェアである以上、カジュアルさや見た目にもこだわりたいという人もいるかと思いますが、ロードバイクウェアとして着用するのであれば、通気性や速乾性は無視できないポイントです。

動きやすく疲れにくい素材

ロードバイクに乗る時に着用するウェアは、動きやすくて疲れにくい素材でできているものが望ましいです。そのため、身体がスムーズに動かせるように伸縮性に優れたストレッチ素材で作られているウェアがおすすめです。

自転車に乗る時専用に作られたサイクルジャージ等でしたら、当然動きやすい素材で作られていますが、最近では日常の生活で着用しても違和感のないカジュアルウェアでも、動きやすくて疲れにくい素材でできているものが発売されています。

実際にクロスバイクに乗っていると感じるかと思いますが、着ている服によって疲れやすさや動きやすさはかなり変わってきます。クロスバイクに乗る際には、それに合ったウェアを着るようにしましょう。

パンツにパッドがある

一般的にロードバイクのサドルは固めです。そのため、特にロードバイクに慣れていない人はお尻が痛くなってしまうことがあります。

長距離のサイクリングで時間的にも長くなってくると、さらに痛みは増す可能性があるため、しっかりとした対処が必要です。

結論から言うと、クロスバイクに乗る際には、パッドが付いているレーシングパンツがおすすめです。パッドが付いていることによって、お尻の痛みを大幅に軽減してくれます。パッドの厚みや素材には種類があるため、自分好みのものを選ぶとよいでしょう。

もし、見た目の問題等でレーシングパンツを履くことに抵抗があるようでしたら、パッド付きのインナーパンツがおすすめです。

インナーパンツの上にカジュアルなパンツを履けば、サドルでお尻が痛くなることもなく、さらにそのままの格好で街を歩いたり、レストランに入ったりしても違和感がありません。

ロードバイクウエアを選ぶ時のポイント

ロードバイクウェアの選び方がわからないという人もいるのではないでしょうか。ここでは、そのような人にもわかりやすく、ロードバイクウェアの選び方を紹介します。

日常の服を選ぶときとには気にしないような、ロードバイクウェアならではの選ぶポイントについても詳しく解説します。

乗る目的別にスタイルを選ぶ

ロードバイクウェアは、乗る目的によってスタイルを選ぶのがおすすめです。乗る目的やスタイルに応じて、最適なウェアを選べるようになりましょう。

レーサーに憧れロングライドする

レーサーのような乗り方を目指すのであれば、着用するウェアは断然、サイクルジャージがおすすめです。

サイクルジャージであれば、速乾機能や動きやすいストレッチ性素材で作られていることはもちろん、空気抵抗を減らすための工夫も施されているため、速度も出しやすいです。

また、安全面を考慮して、カラフルなデザインとなっているため、車などからの視認性もよく、事故の危険を未然に防いでくれます。このように、サイクルジャージは、ロードバイクを乗る上で必要と思われる機能や、便利な機能が多数付いています。

本格的に乗るのであれば、上半身はサイクルジャージ、下半身はレーサーパンツという組み合わせがおすすめです。レーサーパンツに関しては、パッドがずれないように肩掛け式になっているビブショーツもあります。

もし、初心者であればそこまでのものは用意しなくても、ノーマルなレーサーパンツで十分です。

おしゃれにタウンで乗る

ロードバイクウェアにとって機能性が重要なのはわかったけれど、いきなり本格的なピチピチしたウェアを着るのは抵抗があるという人もいらっしゃるかもしれません。ピチピチのウェアは機能的に優れている一方、街乗りの際には目立ってしまうのは否めません。

もし、ロードバイクを乗るときもおしゃれに決めたかったり、街を歩いても違和感の無いウェアを着用したいという場合には、普段着のような見た目のロードバイクウェアも多数発売されています。

スパッツのようなレーサーパンツが恥ずかしいようでしたら、見た目がカジュアルな七分丈のパンツもあります。

トレーニングにもタウンにも

ある程度の距離をロードバイクで走りたいのはもちろん、さらに街を歩いたり電車でも移動したりしたい人は、見た目が普段着っぽい上に、ロードバイクとしての機能も持っているカジュアルなデザインのサイクルジャージがおすすめです。

そのようなジャージであれば、ロードバイクも乗りやすく、さらに街を歩いても電車に乗っても違和感がありません。

コーディネートとしては、例えば上はカジュアルデザインのサイクルジャージを着て、下にはサイクルクロップドパンツを履くような形はいかがでしょうか。

最近ではしっかりとした機能を持っていながら、お手頃な値段で手に入るコストパフォーマンスに優れたウェアも多数発売されています。見た目の選択肢も広がっているため、ぜひ自分好みのデザインのウェアを探してみてください。

デザインで選ぶ

乗る目的が様々な方はデザインで選びましょう。好み色で選んだり、重ね着できるように選んだり、選び方は様々です。

ぜひご自身に合ったロードバイクのウェアを選択しましょう。

合わせやすい色を選ぶ

ロードバイクウェアには鮮やかな色をしたものも多く発売されているため、何も考えずにウェアを選んでいくと、見た目がとても派手になったり、奇抜な感じになったりしてしまいます。

とはいえ、どのような色を選べばよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

ロードバイクウェアを初めて選ぶ際には、「ロードバイクの色」「黒」「白」の3色以内にまとめると奇抜にならず、うまくまとまりやすいです。特にレースパンツを黒にすると、他のウェアと合わせやすくてコーディネートも楽です。

コーディネートとか苦手だなと言う人は、まずこの3色内でまとめるという方法で、ロードバイクウェアを選んでみましょう。

重ね着できる定番を選ぶ

こだわって季節ごとにそれに応じた素材のウェアを選ぶのもアリですが、ロードバイクウェアは比較的値段が高めのものも多いため、季節ごとに選んでしまうとそれなりの金額になってしまいます。

そのため、コストパフォーマンスを考えるのであれば、季節に関わらず使えるように重ね着出来るウェアで揃えていくのがおすすめです。

例えば、半袖のジャージとアンダーウェア、さらにウインドブレーカーを用意して、季節によって重ね着したり、半袖のジャージだけ着たりするという手法です。

この手法でしたら、買い足しすることによってコーディネートの幅も広げることができます。

必ず試着してジャストフィットを選ぶ

ロードバイクウェアを購入する際には、必ず試着をして自分の身体にフィットするかを確認しましょう。サイクルジャージのメリットは、なんといっても空気抵抗の少なさですが、フィットするサイズのものでなければ、その機能もしっかり活かせません。

また、小さいサイズのものを選んでしまうとロードバイクに乗っている時にお腹や背中が出てしまう場合があります。試着する際には、実際にロードバイクに乗ったときの姿勢をとって、フィット感を確認するとよいです。

▼関連記事:サイクリング初心者の最適な服装を紹介している記事はこちらです。

人気ブランドのおすすめコーデ

ここからは、ロードバイクウェアを発売している人気ブランドの商品で、おすすめのコーディネートを紹介します。

パールイズミ

パールイズミは、日本人の体型に合ったウエアを多数発売している老舗ブランドです。通常のレーシング用ラインとは別に、カジュアル系デザインの「フリージー」というラインも展開しています。

街乗りや、ちょっとしたお出かけには、パールイズミの半袖フリージーポタージャージとスリークォーターパンツのコーディネートがおすすめです。スリークォーターパンツは、膝が隠れるくらいの長さです。

スポーティーな感じもありつつ、街の風景にも自然に溶け込めそうなカジュアルなテイストを演出できます。もちろん、サイクルウェアとしての機能を持っているため、見た目はおしゃれでありながら、快適にロードバイクも楽しめます。

カぺルミュール

カペルミュール(KAPERMUUR)は、サイクルジャージのメーカーとして有名なウェイブワンが展開しているブオリジナルサイクルウェアのブランドです。レーサー専門とは一線を画すファッション性やカジュアルなデザインが人気で、実店舗も存在します。

カペルミュールのロードウェアでコーディネートするのであれば、半袖レトロジャージとストレッチクロップドパンツの組み合わせがおすすめです。

胸元に大きくブランド名を配置した半袖レトロジャージは、ファッションのアクセントとしてもばっちりです。無地でシンプルなストレッチクロップドパンツと組み合わせることで、しつこくないスマートなコーディネートが完成します。

narifuri ナリフリ

ナリフリ(narifuri)は、カジュアルなサイクルウェアを多数発売しています。現在ではさまざまなブランドが発売しているカジュアルなサイクルウェアですが、そのパイオニアともいえるブランドがナリフリです。

ナリフリは、ポロシャツやTシャツなどカジュアルラインナップに定評があります。また、ナリフリのパンツはカジュアルなデザインで自転車用のウェアには見えませんが、自転車に乗るときのパンツとして最適な機能もしっかり持っているとして評判です。

ナリフリの半袖サイクルジャージスプリットとバイオカーゴ7分丈で合わせるコーディネートは、動きやすさとファッション性を両立させたスタイルとしておすすめの組み合わせです。出先で自転車を降りて、ちょっと街を歩くのにも向いています。

  

おしゃれにロードバイクを楽しもう

ロードバイクを快適に楽しむためには、着用するウェア選びが大切です。ロードバイクウェアは動きやすくて疲れにくいように考えられていて、さらに最近は普段着のようなデザインのものも発売されています。

自分の用途や目的、ニーズに応じて最適なロードバイクウェアを選びましょう。お気に入りのウェアを着れば、気分も向上するのではないでしょうか。ぜひ、あなたにぴったりのロードバイクウェアを着て、ロードバイクを楽しみましょう。

▼関連記事:初心者におすすめのロードバイク12選を紹介している記事はこちらです。

菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター
菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター

ネットショッピング歴は約20年!お得なものを見つけることが好きで日々のECサイトで掘り出し物の探しは欠かしません。コスパの良い初心者が趣味を始めるのに最適なアイテムをご紹介します。趣味はダンスと映画鑑賞

関連キーワード