更新

レンタカーでもドライブレコーダーをつけよう!付けるメリットを解説

菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター

ドライブレコーダーがあると、万が一の事故やトラブル対策ができます。レンタカーの場合、ドライブレコーダーを設置している会社はまだ少ないため、着脱できるタイプを用意して、万一に備えましょう。
レンタカーでもドライブレコーダーをつけよう!付けるメリットを解説

最近、ドライブレコーダーを付ける方は多く、レンタカーにもドライブレコーダーを導入するレンタカー会社が増えてきました。

しかし、まだ装着していない車も多いのが現状です。別にドライブレコーダーがなくても、短期間だけレンタルするので深く心配することはないだろうと思いがちですが、事故はいつ起こるかわかりません。ドライブレコーダーがあることで、事故の原因となる証拠が記録されるため、事故原因の解明や自分の無実を証明できる場合もあります。

ここでは、レンタカーの利用を考えている方に、なぜドライブレコーダー付きのタイプがおすすめなのかをきちんと理解できるようお伝えしていきます。ドライブレコーダーのメリットや選び方について深く見ていきましょう。

ドライブレコーダーを付ける3つのメリット

ドライブレコーダーは、事故やトラブルの時の証拠として利用できます。何かでトラブルになったときに、証言者がいなくて泣寝入利しなくて済みます。それだけでなく、操作の資料としても使用できるため、トラブルの解決に役立ちます。

また、他の観点からのメリットもありますので、ここでご紹介していきます。

事故や危険運転の証拠になる

信号無視や割込み、煽り運転などでの事故で、自分に非がないことを証明できます。第三者や目撃者がいなくても事故の状況を説明ができるため、装着する方は増えています。

今まで事故を起こしたことがないという方でも、万が一のために付けておいて損はないでしょう。交通事故の民事裁判においては、ドライブレコーダーの映像や音声が証拠として認められ、これからも事故原因の解決には重要なものになります。

特に事故の場合、第三者の目撃者が複数いて、それぞれの証言が異なる場合でも残された映像を見ることで、原因が判明するケースは非常に多いです。

事故原因がわからず、曖昧な証言をもとに捜査が進むと、時間がかかり精神的にも負担がかかります。ドライブレコーダーを装着することで早期解決の近道となり、確実な証拠として警察に提出できるのです。

駐車中の気づけないトラブル対策

当て逃げや車上荒らし、イタズラなどによるトラブルの証拠を捉えることができます。ドライブレコーダーなしの場合は、相手の特定が難しく、事件解決の確率は低くなります。

ドライブレコーダーに残された映像があれば、確かな証拠となり、警察の捜査も進めやすく、事件解決の近道となります。過去に嫌な思いをしたような人や、トラブル対策を考えている人にも、ドライブレコーダーはおすすめできます。

駐車場のトラブル対策として、駐車監視機能付きのドライブレコーダーを選ぶことで、エンジン停止状態でもドライブレコーダーは稼働し、トラブル対策ができます。

駐車場は、死角が多いため、事故発生率が高い場所です。ドライブレコーダーがあると、万が一トラブルになってしまったときの原因などを証拠として記録できるので、備えとして設置しておくと安心です。

ドライブ風景を後から楽しめる

ドライブレコーダーを事故や事件対策として活用するだけでなく、運転中のキレイな風景や景色を記録し、旅行などの思い出が残せるため、楽しむために活用する人も多いです。

記録した動画を編集して動画サイトにアップすると、珍しい映像が載っている場合もあり、動画サイトで副収入を得るなど、幅広く活用できる可能性もあります。

ドライブレコーダーによって、記録できる容量が異なります。容量の大きいメモリーカードの使用もおすすめですが、バッテリー時間が対応しているものなのかを事前に確認しておきましょう。

容量が少なく、せっかくの素敵な風景を記録できなくなっては悲しいです。事故やトラブル対策だけではなく、ドライブも楽しみたい人はこちらのポイントにも目を向けてみましょう。

レンタカーでドライブレコーダーを利用する方法

ここからは、レンタカーでのドライブレコーダーの利用方法と、その注意点について解説していきます。

レンタカーに標準装備はされていない

レンタカー会社やレンタルする車種によって状況は変わりますが、標準装備はされていない会社が多いです。会社によって対応しているところもあるので、事前に確認が必要です。

ドライブレコーダーが付いていない場合、自分で持参したものを活用することができますが、こちらも事前に確認しておくとよいでしょう。

旅先や気分転換のドライブでも、いつもとは違った道を通る場合、何かと不安です。違った道を通る際でも、ドライブレコーダーがあれば安心です。

トライブレコーダーが装備されている車や、自分で装着できるレンタカーを借りられるように、事前に確認することをおすすめします。

ドライブレコーダーなしなら自前で装備

自前にドライブレコーダーを用意するなら、どのレンタカーでも安心です。自前で装備していいかはレンタカー会社に確認しましょう。普及しているといっても、まだまだ搭載しているレンタカーは少ないです。

レンタカーにドライブレコーダーがついていることを期待せず、あらかじめ自分で用意する意気込みでいる方がよいです。

ドライブレコーダーは価格が高いイメージがあり、価格によって機能が異なりますが、必要最低限の機能がついているものでも1万円程なので、トラブル回避のためにも装着をおすすめします。

標準装備ならプライバシー情報の流出に注意

ドライブレコーダーでは車内の音声が残るため、プライバシー情報が流出する恐れがあります。レンタカーの契約段階で、記録されることに同意するかの確認があります。絶対に車内の会話を聞かれたくないのであれば、音声の記録をオフにすることもできます。

しかし、オフにすることは、デメリットがあることを忘れてはいけません。音声があることにより、事故原因が解明できたというケースもあるため、録音機能をオフにするかしないかは慎重に決めましょう。

一般的には、万が一の事故やトラブルに備え、音声機能はそのままにする方が多いです。プライバシー情報の流出というリスクもありますが、事故やトラブルが起きた場合の証拠を確実に残すためを考えれば、どちらを優先したいか明白です。

レンタカー向けドライブレコーダーの選び方

レンタカーに着けるドライブレコーダーはどれでもよいというわけではありません。選び方によっては、ドライブレコーダーが最大限の効果を発揮できない場合もあります。

レンタカーで使用するドライブレコーダーの選び方を知って、適切な選択をしましょう。

手軽にドライブレコーダーの着脱ができるもの

吸盤などで取り付けるタイプなら、レンタカーに傷はつきません。電源もシガーライターのソケットやスマホのバッテリーから取れればよく、一体型ならコンパクトに脱着可能です。

コンパクトであれば、旅先でのレンタカーでも手軽に装着できるため、荷物にならない大きさのものをおすすめします。また、近年は、猛暑で車内が高温になるため、安全のためにバッテリーのないタイプだとさらに安心です。

旅行に行く機会が多くレンタカーを利用する回数が多い方は、着脱が手軽にできるタイプのドライブレコーダーを選ぶとよいでしょう。

面倒に感じてしまうと装着を怠ってしまい、万が一の備えも不十分になります。少しでも荷物にならず手軽さを求める方は、ドライブレコーダーの特徴も把握して選びましょう。

走行中以外でも録画できる機能付きのもの

駐車監視や常時録画の機能、SDカードは大容量のものを利用すれば50時間以上録画が可能です。付属のものでも約1~2時間は録画ができるタイプが多いです。バッテリーの消費には注意しましょう。

通常の通勤や買い物なら、2時間程度の録画で十分ですが、旅行などで長時間活用したい場合には、最低でも12時間以上の録画に対応している機種が必要になります。

ドライブレコーダーを選ぶ際には、録画やバッテリーの対応時間も考慮して選びましょう。

高画質で撮れるカメラ性能のもの

フルHDで200万画素以上と高画質で撮影できるものを選びましょう。画質が悪いと相手のナンバープレートなどが読み取れないなど、せっかくドライブレコーダーを装着しているのにメリットが薄れてしまいます。高画質で撮れるカメラは、夜間でも明るく撮影できます。

また、駐車監視機能つきの場合は、衝撃検知の他に動体検知も搭載しているため、駐車場での当て逃げはもちろんのこと、不審者やいたずらなどのトラブル対策にも活用できます。

ドライブレコーダーは、安いものから、高いものまでさまざまあります。万が一の備えとして購入するならば、高画質のものを選ぶことで事故やトラブル対策ができます。

安いものでも高画質のものもありますが、容量が小さいなど自分が優先したいポイントを選び、トラブル対策を万全にしましょう。

最新おすすめレンタカー向けドライブレコーダー3選

ここからは、レンタカー向けのドライブレコーダーを3つご紹介していきます。

Como BRISIE W1087

Gセンサー搭載で、一定以上の振動で録画ファイルをロックします。フロントガラスに吸盤でつけるだけなので手軽に脱着できるのが魅力です。

高画質で、太陽光の反射が抑えられて見やすく、滑らかで広い視野を撮影します。明確なビデオ証拠を得ることができ、事故などの証拠やトラブル対策にも最適です。ハイスペックで高精彩画質が可能なので、風景などの録画も楽しみたい方にもおすすめです。

エンジンと連動しているため、電源の入れ忘れを回避でき、常に万一の事故に備えられます。道路全面を録画でき、目の前だけではなく広い範囲での撮影が可能です。

初めてドライブレコーダーを利用したい方にとっても、便利で納得できる性能です。

コムテック ZDR-015

フロントとリアの2カメラで、専用ビューワーで走行情報を確認できます。また、別途吸盤タイプのマウント台を購入すれば、確実に装着できます。

GPS搭載、安全運転支援機能、駐車監視機能、ノイズ対策、全国のLED信号に対応、高画質という、6つの機能で快適なドライブをサポートしてくれます。画質も機能も充実させたい方におすすめのドライブレコーダーです。

まぶしい日中、見えにくい夜間でも高画質でナンバーまでくっきり撮影されるため、いろいろなトラブルや事故などの証拠にも活用できます。

最大12時間の録画に対応しており、車両バッテリー電圧が設定した電圧を下回ると自動で停止し、車のバッテリーを保護してくれます。短い動画として保存することで、最大20時間の記録が可能です。旅行も頻繁に行く人にも向いている商品です。

Sonrinss ドライブレコーダー前後カメラ

5,000円台でコスパが良いことで人気の商品です。エンジンと連動して電源が入るため、電源を入れ忘れることなく重要な瞬間をしっかり撮影します。

3インチととてもコンパクトな設計で、レンタカーでも利用したいという人にもおすすめです。Gセンサー、常時録画、ループ録画、駐車監視モード、防犯カメラ、音声録音などの多機能であることも魅力です。

高画質でフルハイビジョン、夜間や雨天でも鮮明に記録し、170℃広角レンズで死角のない映像を録画してくれます。

音声記録でも、事故発生状況を客観的に判断でき、事故やトラブル対策でも、その他の風景を録画したいという目的などでも幅広く活用できます。永久保証付きで5,000円台は魅力に感じる方は多く、幅広く活用したい人にピッタリです。


レンタカーでもドライブレコーダーを付けて運転

ドライブレコーダーは、万が一の事故やトラブルが起きた場合の証拠として記録する大切なものです。車を運転するなら、ドライブレコーダーの設置を強くおすすめします。

レンタカーは利用するが、短時間なので事故の確率が低いと考える方でも、万が一の備えは大切です。レンタカーでもドライブレコーダーを設置して、安心できる運転を楽しみましょう。

おすすめのドライブレコーダーについては、こちらの記事でより詳しく解説しています。ぜひ確認してみてください。

菅野辰則 /
ビギナーズ編集部 ライター

ネットショッピング歴は約20年!お得なものを見つけることが好きで日々のECサイトで掘り出し物の探しは欠かしません。コスパの良い初心者が趣味を始めるのに最適なアイテムをご紹介します。趣味はダンスと映画鑑賞