更新

カメラレンズのレンタルサービス7選!選ぶときのポイントも解説

カメラのレンズをレンタルできるサービスをご紹介します。各サービスで借りられるレンズの紹介や、実際に選ぶときに確認したいポイントなども解説します。「カメラの基本となるセットは持っているけど、他のレンズも試してみたい!」という方は必見です。
カメラレンズのレンタルサービス7選!選ぶときのポイントも解説

「いろいろなレンズを使ってみたいけど高価で気軽に手が出せない……。」そんな悩みはありませんか?

カメラレンズには望遠や魚眼など多くの種類があります。撮影場所やシーンに合わせてレンズを変えられたら、夢のようなカメラライフが送れますよね。

しかし、購入するには高額で、気軽に誰かに借りるわけにもいかないカメラレンズ。そんなときにおすすめなのが、カメラレンズのレンタルサービスです。

カメラレンズのレンタルサービスを利用すると、さまざまなメーカーのレンズを2泊3日など短期間・低価格で借りられます。

そこで今回は、おすすめのカメラレンズレンタルサービスや利用する前に確認したいポイントなどを紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

※この記事の情報は2022年9月28日時点の情報です。

カメラレンズのレンタルサービスおすすめ7社

カメラレンズのレンタルサービスおすすめ7社

同じレンタルサービスといえど、料金体系やサービス体系は様々です。

ネットで注文して、カメラを配送で届けてくれるサービスがほとんどですが、「店頭で受け渡し可能」「送料無料」「補償サービスが充実している」など、サービスによって内容が違います。

ここでは、国内にあるカメラレンズのレンタルサービスの特徴や料金など、利用の際に参考になる情報をまとめています。

カメラレンズのレンタルサービス比較表

サービス名 期間 取り扱っている主なレンズ 料金(税込)
※最安料金
支払い方法 送料 対応地域 受取方法 申込方法
GooPass 入会中なら期間は自由 ・単焦点レンズ
・望遠レンズ
・広角レンズ
・シネマレンズ
など
月額料金(税込)
6,380円~
クレジットカード 往復無料 全国 宅配 サイト内のオーダーフォームから注文
カメラレント 入会中なら期間は自由 ・単焦点レンズ
・望遠レンズ
・広角レンズ
・マクロレンズ
など
月額料金(税込)
3,850円~
クレジットカード 往復無料 全国
※一部離島を除く
宅配 サイト内のオーダーフォームから注文
DMMいろいろレンタル 1泊2日~ ・望遠レンズ
・マクロレンズ
3,540円〜 クレジットカード 往復無料 全国
※一部離島除く
宅配 サイト内のオーダーフォームから注文
モノカリ 2泊3日~ ・単焦点レンズ
・望遠レンズ
・広角レンズ
・マクロレンズ
など
2,680円~ クレジットカード 往復無料 全国 宅配or店舗
※自宅以外指定可
サイト内のオーダーフォームから注文
シェアカメ 2泊3日~ ・単焦点レンズ
・望遠レンズ
・広角レンズ
・高倍率レンズ
など
2,000円~ クレジットカード、後払い決済 3,000円以上のレンタルで往復無料く
※沖縄は8,000円以上
全国
※一部離島除く
宅配
※自宅以外指定可
サイト内のオーダーフォームから注文
レンティオ 3泊4日~ ・単焦点レンズ
・超望遠レンズ
・広角単焦点レンズ
・マクロレンズ
など
1,780円~ クレジットカード決済、後払い決済、Amazon Pay、請求書払い 往復無料 全国 宅配
※自宅以外指定可
サイト内のオーダーフォームから注文
APEXレンタル 1日~ ・単焦点レンズ
・超望遠レンズ
・マクロレンズ
・ポートレートレンズ
など
1,120円~ クレジットカード決済、コンビニ決済、銀行振込、代引き等 2泊3日以上or3,000円以上のレンタルで無料 全国
※沖縄は本島のみ
※島は不可
宅配or店頭 サイト内のオーダーフォームから注文

カメラレンズのレンタルサービスの比較表を見て、ご自身にあったレンタル会社を探してみてくださいね。

GooPass

GooPass 詳細
期間 入会中なら期間は自由
取り扱っている主なレンズ ・単焦点レンズ
・望遠レンズ
・広角レンズ
・シネマレンズ
など
月額料金(税込) 6,380円~
支払い方法 クレジットカード
送料 往復無料
対応地域 全国
受取方法 宅配
申込方法 サイト内のオーダーフォームから注文
サービスの特徴
  • 月額PASSで入れ替え/使い放題
  • 使用期限がない
  • テイクアウトレンタルでお試ししてから購入可能

GooPassは月額料金制のカメラのレンタルサービスです。月額料金制なので、使用期限もない+入れ替えし放題なので、期間を気にすることなく、レンタルした機材を楽しめます。

テイクアウトレンタルサービスを選べば、提携先であるビックカメラの店頭で実物を見ながら商品をレンタルできます。

使った後は返却するだけでなく、なんと購入も可能です。試してから買える画期的なサービスと言えるでしょう。

取り扱っているカメラレンズは単焦点レンズ・望遠レンズ・広角レンズ・シネマレンズなどです。カメラレンズのセットもあるので、「商品がありすぎて迷ってしまう!」という方は、こちらをレンタルしてみてください。

GooPassでカメラレンズをレンタルする

カメラレント

カメラレント 詳細
期間 入会中なら期間は自由
取り扱っている主なレンズ ・単焦点レンズ
・望遠レンズ
・広角レンズ
・マクロレンズ
など
月額料金(税込) 3,850円~
支払い方法 クレジットカード
送料 往復無料
対応地域 全国
※一部離島を除く
受取方法 宅配
申込方法 サイト内のオーダーフォームから注文
サービスの特徴
  • 6つのプランから自分にあったものが選べる
  • 返却後は月額料金の更新が自動で停止
  • レンタル期限は会員である限り上限なし

カメラレントは月額プラン制のレンタルカメラサ-ビスです。月額料金を払い続ける限り、1度レンタルしたものに使用期限はありません。

また、返却後は月額料金の更新が自動で停止するため、退会を忘れてしまって無駄に払ってしまうといった心配も無用です。

ただ、1ヶ月ごとでの商品交換になるので、いろいろなものをレンタルしたい!という方にはおすすめできません。

公式サイトには、フォトシェアリングの項目があり、そこでは会員の方々が撮影した写真を気軽に投稿できる場となっています。

どのカメラで撮ったのか?なども記されているので、借りたいものが選べない方は参考にしてみてください。

本サービスで借りられるカメラレンズは、単焦点レンズ・望遠レンズ・広角レンズ・マクロレンズなどです。

一般ではあまり見かけないCOSINAやTOKINAなどのメーカーのレンズも置いてあります。1度ラインナップを見てみることをおすすめします。

カメラレントでカメラレンズをレンタルする

DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタル 詳細
期間 1泊2日~
取り扱っている主なレンズ ・望遠レンズ
・マクロレンズ
料金(税込)
※最安料金
3,540円〜
支払い方法 クレジットカード
送料 往復無料
対応地域 全国
※一部離島除く
受取方法 宅配
申込方法 サイト内のオーダーフォームから注文
サービスの特徴
  • 期間が2日~なので手軽にレンタルできる
  • カメラレンズの品揃えはやや少ない
  • カメラ本体やスーツケースなどの品揃えは豊富

商品が豊富でお馴染みの『DMMいろいろレンタル』は、コンパクトデジタルカメラやビデオカメラなど、カメラジャンル全体でみると、最大級の取り扱い量です。

ただし、カメラレンズの品揃えは少なく、最新モデルや高機能モデルのレンズのレンタルはあまり期待できません。

レンタル期間は2日から利用ができるので、ある程度の機能があればOKな方は、お手ごろで気軽にレンタルができるのが特徴です。

旅行やキャンプの用品とあわせてレンタルもできるので便利です。

補償サービスは無料で、しかも修理費用の請求なしで利用できます。

基準は明確ではありませんが、商品の状態がひどく故障してしまった場合は、商品の参考金額をユーザーが負担します。

サイトに明示されている参考金額はやや割高なので、利用時の故障には注意が必要かもしれません。

DMM いろいろレンタルでカメラレンズをレンタルする

モノカリ

モノカリ 詳細
期間 2泊3日~
取り扱っている主なレンズ ・単焦点レンズ
・望遠レンズ
・広角レンズ
・マクロレンズ
など
料金(税込)
※最安料金
2,680円~
支払い方法 クレジットカード
送料 往復無料
対応地域 全国
受取方法 宅配or店舗
※自宅以外指定可
申込方法 サイト内のオーダーフォームから注文
サービスの特徴
  • 在庫があれば当日店舗でも受取可能
  • カメラのレンズ以外のレンタル品も多数取り扱い
  • 沖縄や空港にも配達してくれる

モノカリは累計1万以上の貸し出し実績があり、多くのお客さんから支持されている、カメラや家電のレンタルサービスです。

「安く!早く!手軽!」をモットーに全国送料無料+1日からレンタル可能+最短で当日予約→受け取りできることが特徴といえます。

また、空港や宿泊先まで運んでくれるので、荷物がかさばらず手軽に予約できるのもうれしいですね。

本サービスで借りられるカメラのレンズは、単焦点レンズ・望遠レンズ・広角レンズ・マクロレンズなどです。望遠レンズの中でも、飛行機やスポーツ観戦、動物撮影におすすめの焦点距離が500mmの超望遠レンズも借りられます。

普通に購入すると1万円以上はかかるレンズなので、レンタルでお得に写真撮影を楽しみましょう。

モノカリでカメラレンズを借りる

シェアカメ

シェカメ 詳細
期間 2泊3日~
取り扱っている主なレンズ ・単焦点レンズ
・望遠レンズ
・広角レンズ
・高倍率レンズ
など
料金(税込)
※最安料金
2,000円~
支払い方法 クレジットカード、後払い決済
送料 3,000円以上のレンタルで往復無料く
※沖縄は8,000円以上
対応地域 全国
※一部離島除く
受取方法 宅配
自宅以外指定可
申込方法 サイト内のオーダーフォームから注文
サービスの特徴
  • サイトが見やすく使いやすい
  • 滞在先など自宅以外でも受け取れる
  • 最短翌日に届けてくれる

シェアカメは使いやすいサイトで見た目も可愛らしく、どんなカメラを借りたらよいかわからない人向けにカメラレンタル診断のコンテンツを用意するなど初心者にも優しいサービスです。

レンタルできるレンズの種類はそこまで多くありませんが、最短2泊3日2,000円~と手ごろな価格でレンタルできます。

滞在先など自宅以外の場所にも宅配可能で、返却は同梱されている返送用の送り状を使ってコンビニからできるので簡単ですね。

当日17時までの注文で当日発送され、最短翌日には受け取り可能なので、急な予定にも対応できるでしょう。

万が一破損をしてしまった場合でも、負担額は最大3,000円までなので、余計な心配なく利用できます。

シェアカメでカメラレンズをレンタルする

Rentio(レンティオ)

Rentio
レンティオ 詳細
期間 3泊4日~
取り扱っている主なレンズ ・単焦点レンズ
・超望遠レンズ
・広角レンズ
・マクロレンズ
など
料金(税込)
※最安料金
1,780円~
支払い方法 クレジットカード決済、後払い決済、Amazon Pay、請求書払い
送料 往復無料
対応地域 全国
受取方法 宅配
※自宅以外指定可
申込方法 サイト内のオーダーフォームから注文
サービスの特徴
  • 最短翌日に届けてくれる
  • カメラをはじめ人気商品の品揃えが豊富
  • サイトが見やすく使いやすい

レンティオはカメラのレンズ以外にも、最新のガジェットから定番の家電まで豊富に揃っているレンタルサービスです。

料金は全体的にとてもリーズナブルです。カテゴリやシーンなど、商品情報がまとまっており、商品をじっくり比較して選べます。

また、使ってみたい商品が手ごろな価格でレンタルできるので、流行に敏感で新しいものが好きな方におすすめです。

補償サービスは無料で、修理可能な範囲での故障であれば免責金額の上限が2,000円と良心的です。

ただ、修理が不可能な場合は販売金額の100%を弁償代として請求されるので、注意しましょう。

Rentioでカメラレンズをレンタルする

APEXレンタル

APEXレンタル
APEXレンタル 詳細
期間 1日~
取り扱っている主なレンズ ・単焦点レンズ
・超望遠レンズ
・マクロレンズ
・ポートレートレンズ
など
料金(税込)
※最安料金
1,120円~
支払い方法 クレジットカード決済、コンビニ決済、銀行振込、代引き等
送料 2泊3日以上or3,000円以上のレンタルで無料
対応地域 全国
※沖縄は本島のみ
※島は不可
受取方法 宅配or店頭
申込方法 サイト内のオーダーフォームから注文
サービスの特徴
  • カメラを中心にスーツケースやパソコンもレンタルできる
  • 最新モデルから高級モデルまで人気機種が豊富
  • 初心者から上級者までカバーできるカメラレンズや機材が揃っている

APEXレンタルはカメラのレンズ以外にも、パソコンやプロジェクター、スーツケースのレンタルができるので、ビジネスユースにも最適なレンタルサービスです。

また、最新のカメラやGoProなどのガジェットも積極的に取り揃えており、カメラ専門店に並ぶほど豊富な品揃えです。

入門機も選択肢が多いので、初心者の方でも利用できるカメラがあるのはうれしいですね。

店頭での受け渡しの場合は当日のみの利用ができ、配送の場合は2泊3日から利用が可能です。

配送料はレンタル期間が2泊3日以上、レンタル料金が3,000円以上の条件が揃うとで無料ですが、返送の際の送料は有料となので、やや割高に感じてしまいます。

ただ、レンタル開始日の1日前に商品を届けてくれるので他のサービスに比べて1日お得に利用できる点や、商品によっては予備バッテリーなどの付属品が無料で付いてくる点が魅力でしょう。

また、長時間の撮影や携行品が多いとき、カメラバックや予備バッテリーがないと困ることもありますよね。

やや割高でも用途に最適な状態で使用できれば結果的にはお得ですので、カメラのアクセサリを用意するのが面倒な方にはおすすめです。1日あたりの料金や付属品セットなど、トータルで考えてお得な商品を選びましょう。

また、補償サービスは有料ですが、加入するかを選ぶことが可能です。どんな補償があるのか、公式サイトをよく読み込んでおくのがおすすめです。

APEXレンタルでカメラレンズをレンタルする

カメラレンズをレンタルする前に確認すべきこと

カメラレンズをレンタルする前に確認すべきこと

実際にレンタルする前に、業者の特徴を知ることが重要です。欲しいレンズをレンタルしやすくなり、かつ、より自分にとって使いやすい業者を選べます。

特に確認してほしい5つのポイントを、次のように絞りました。

  • 使いたいレンズはあるか
  • 実店舗があるか
  • 宅配レンタルが可能かどうか
  • 故障・破損の補償がついているか
  • 在庫状況を把握する

レンズを借りるといっても、人によって重視したいポイントは違うことがほとんどです。実際にレンタル業者のホームページを見ながら、合わせて比較すると良いでしょう。

使いたいレンズはあるか

「せっかくレンズをレンタルしたのに自分のカメラには合わなかった」という失敗を防ぐためにも、使っているカメラのメーカーをまずはチェックしましょう。

CanonやNikonといった有名メーカーのカメラなら、レンタルできるレンズも豊富です。

しかし、レンタル業者によって扱っている品数に違いがあり、また最新レンズが置いていない場合もあります。人によっては、欲しいレンズが見つからない可能性もあるので注意しましょう。

実店舗があるか

借りる前に実際に手に取って確かめたい方は、実店舗があるレンタル業者を選びましょう。例えばAPEXレンタルは東京、大阪、名古屋の3拠点に店舗があります。借りたいレンズの在庫がその店舗にある場合、実物を確認してからレンタルできます。

東京であれば、新宿に店舗があるモノカリも候補に挙がるでしょう。

店舗での受け取りなら当日からレンタルできるサービスもあるので、お急ぎの方はそちらを選ぶのがおすすめです。

宅配レンタルが可能かどうか

お店に行く手間を省くには、宅配レンタルに対応している業者を選びましょう。

また、借りるときと返すときの往復で送料がかかると、高額な出費となることもあるため、レンタル前に確認しておきましょう。

送料が無料になるのは以下の5つのレンタルサービスです。

これらの業者で借りたいレンズを扱っている場合は、こちらの方が送料分お得になり、宅配してもらうことで遠方でもレンズをレンタルできます。

故障・破損の補償がついているか

万が一に備え、有料であっても保障がついている業者をおすすめします。

後々の心配なく安心して利用できるだけでなく、普通に使っていたのに壊れてしまった場合や、子どもが落としてしまった場合にも備えられるからです。

修理費負担の上限が決まっているサービスや、盗難などの借りた本人の過失ではない場合の補償など、多くの補償があります。

レンタルサービスサイトの「補償について」などをよく読んでからレンタルしましょう。

レンタル料金はいくらか

レンタル業者ごとに入会金や年会費が必要な場合もあるため、同じレンズでもレンタル料金の総額が異なります。

貸出期間の長短や補償をつける・つけないで価格が変わることもあります。

必ず、申込時に総額でいくらかかるかを確かめた上でレンタルしましょう。

在庫状況を把握する

望遠レンズの需要が高まる運動会シーズンや人気の高いレンズは、ショップに在庫がない場合があります。レンズの購入前に試し撮りをしたい場合は、在庫確認をしてからレンタルの手続きに移りましょう。

配達を選んだ場合、前後の天候や交通状況によっては遅れが出るかもしれません。使いたい日が決まっているのであれば、早めの予約がおすすめです。

カメラレンズの種類とその特徴

カメラレンズの種類とその特徴

カメラレンズの違いは、焦点距離を変えられるかどうかです。

焦点距離とは、「レンズを通して写真に収められる範囲」つまりピントを合わせられる範囲を示しており、短いほど広い範囲を撮影でき、反対に長いとより対象に迫って撮影できます。

ここでは大きく分けて2種類のレンズについて説明していきます。

  • ズームレンズ
  • 単焦点レンズ

ズームレンズ

カメラを持っている方なら、最初にセットで購入したであろう標準ズームレンズ。これはズームレンズに分類されます。

広い範囲から狭い範囲まで総合的に撮影できるので、被写体との距離を調整しやすく、基本の万能レンズとも言えますね。

ズームレンズにも種類があります。シチュエーションによって選ぶレンズも変わってくるので、以下の表にわかりやすくまとめてみました。

焦点距離 特徴 シチュエーション例
広角タイプ 35mm以下 ・ダイナミックで広がりがある絵が得意
・撮影できる範囲が広い
・遠近感があってボケにくい
風景撮影
星空撮影※三脚必須
巨大建造物
など
標準タイプ 40mm~60mm ・自然体に近い雰囲気で撮影できる
・被写体との距離感が自然
・初心者向け
スナップ写真
目で見たままの姿を撮影したい
自然(森や滝など)撮影
望遠タイプ 70mm以上 ・映る範囲が狭くピンポイント
・ピントが合う範囲が狭いためぼけやすい
・撮りたい部分だけ切り取れる
動物撮影
乗り物撮影
1点だけをクローズアップしたい

ズームレンズを選ぶときの注意点

どのレンズをどのカメラにつけても、同様の焦点距離になる訳ではありません。これには、カメラのフォーマットが関係しています。

フォーマットとは、映像素子の大きさであり、フルサイズやAPC-Cなど、どのカメラにも決められています。フォーマットと焦点距離の関係は、次のようになります。

フォーマット 実際の焦点距離
フルサイズ 焦点距離をそのまま当てはめられる
APS-C レンズの焦点距離×1.5倍
マイクロフォーサーズ レンズの焦点距離×2倍

レンズの製品名を見ると、「EF」や「RF-S」「Aマウント」「OMマウント」などが記載されています。これがどのフォーマットに対応しているかの指標です。

ちなみにマイクロフォーサーズはすでに生産が終了しているので、残り2つの「EF」や「RF-S」「Aマウント」などが名前に入っている製品のほうがよく見かけると思います。

現在利用中のカメラは、どのセンサーサイズに対応しているのかなど、レンタルする前にカメラの製品情報などを確認して調べるのがおすすめです。

単焦点レンズ

ズーム機能がなく、焦点距離が固定されているのが単焦点レンズの特徴です。

また写真の明るさを決めるF値(絞り値)がズームレンズに比べると小さく、光をたくさん取り入れられます。

そのため、暗い場所でホタルや花火を撮影したり、光を生かして被写体を魅力的に写したり、こだわりのあるシチュエーションが得意です。

ボケ味を出したい、高画質な撮影をしたいなどのシーンで使いたい方にはおすすめでしょう。ただ、画角が固定されるカメラレンズのため、発想力や感性をうまく活用することが大切です。

レンズ自体もとても軽いものが多く、おしゃれな写真を撮れる+持ち運びにも便利といった特徴も持っているので、1度単焦点レンズだけを持って、撮影に繰り出すのもおすすめです。

写真をさらにグレードアップして、日々の撮影を楽しみましょう!

カメラのレンズについてもっと知りたい方は、カメラレンズの種類や特徴、選び方を詳しく解説した記事をご覧ください。

カメラのレンズは購入前にレンタルしてみよう

カメラのレンズは購入前にレンタルしてみよう

レンズを変えるだけで、普段撮影している風景の見え方がガラッと変わることがあります。

店頭で見るだけでは分からない、実際に撮影したときの印象をチェックできるのも、レンズレンタルの大きなメリットです。

まずは、自分の好みに合う焦点距離のレンズを調べて、自分が持つカメラに使えるレンズの中で、どれが当てはまるのかチェックしましょう。

レンズレンタルを利用し、いろんなレンズを試していくことで、自分が「これだ」と思える、変化のある写真が撮影できるでしょう。

レンズだけでなく、カメラ自体もさまざま試してみたい方はこちらのカメラレンタルサービス記事も参考にしてみてください。

ビギナーズでは、一眼レフカメラについて紹を本格的に始めたい方は、ぜひご覧ください。

ビギナーズ 編集部 /
ビギナーズ編集部 ライター

趣味と出逢うメディアサイト「ビギナーズ」の編集部です。趣味を見つけたい方を応援します。

ビギナーズTOPページ