更新

お年玉の相場を徹底調査!あなたの場合はいくら?

宮乃 かぽり / ビギナーズ編集部 ライター

お年玉はもらう子どもの年齢によって相場が違います。 また渡す側が親、叔父や叔母、あるいや祖父母……など、関係性によっても変わりますよね。地域性などもあるため絶対ではないですが、今回は子どもの年齢別、立場別にお年玉の相場をご紹介します。
お年玉の相場を徹底調査!あなたの場合はいくら?

お正月のお年玉は子どもにとって、大変嬉しいイベントですよね。大人になってからも、「そういえばお年玉は嬉しかったなぁ」と思い出す人もいるでしょう。

大人としては、子どもの嬉しいイベントは大切にしてあげたいもの。しかし、「他の家庭はどれくらいあげているのかな?自分はいくらあげたらいいのだろう?」と悩みますよね。

相場は年齢や関係性で変わります。例えば3歳の姪にあげるお年玉と、高校生の孫にあげるお年玉では、金額はやはり違います。

今回はもらう側の年齢やあげる側の立場別にお年玉の相場をまとめました。

お年玉の相場

この章ではお年玉の相場を年齢別にご紹介します。金額は地域や家庭の状況によっても大きく違いますので、あくまで目安にすぎませんが参考になれば幸いです。

0歳から6歳までのお年玉相場

  • 親から自分の子どもに 500円~2,000円
  • 叔父・叔母から甥や姪に 1,000円~2,000円
  • 祖父母から孫に 1,000円~5,000円
  • 友人の子どもや会社関連の人の子どもに 1,000円前後
  • 近所の子どもに 500円~1,000円
  • 年の離れた兄弟やいとこ 500円~2,000円

兄弟・姉妹の歳が離れており、兄や姉は社会人、弟や妹は小学生未満といった場合は、500円~1,000円を包む場合が多いようです。祖父母は年齢に関わらず、全員5,000円~数万円あげている場合もあります。

友人や近所の子どもにも1,000円前後ですが、お互いに500円の場合もあるようです。年齢的にお金の価値をまだ認識できない幼児は、お金を入れるポチ袋に興味を示しますので、かわいいポチ袋に500円玉を入れてプレゼントするのも良いですね。

小学校低学年のお年玉相場(1年生から3年生)

  • 親から自分の子どもに 1,000円~5,000円
  • 叔父・叔母から甥や姪に 2,000円~3,000円
  • 祖父母から孫に 3,000円~5,000円(数万円の場合も)
  • 友人の子どもや会社関連の人の子どもに 1,000円~2,000円
  • 近所の子どもに 500円~1,000円
  • 年の離れた兄弟やいとこに 1,000円~2,000円

さすがに500円玉一枚…といったことはなく、1,000円は渡すようです。まず、子どもの親にいくら包むか相談すべきですが、それでも分からないときは2,000円から3,000円ほど入れると無難ですね。

3,000円は数字的にキリも良く感じるためか、「小学生は3,000円」と決めている人も多いようです。

小学校高学年のお年玉相場(4年生から6年生)

  • 親から自分の子どもに 3,000円~10,000円
  • 叔父・叔母から甥や姪に 3,000円~5,000円
  • 祖父母から孫に 3,000円~10,000円(数万円の場合も)
  • 友人の子どもや会社関連の人の子どもに 1,000円~3,000円
  • 近所の子どもに 1,000円前後
  • 年の離れた兄弟やいとこに 1,000円~5,000円

小学校低学年よりもやや高めの場合が多いですが、低学年同様「3,000円」という家庭も多数。しかし、「低学年も高学年もなく、小学生の間は5,000円」と決めている親も多く、家庭によってかなり金額に差があるのが実情です。

祖父母は1万円以上渡すこともありますが、孫が多い人は3,000円や5,000円といった金額の場合も。叔父や叔母、年の離れたいとこなどは3,000円ほど包むことが多いです。

しかし、クラブ活動や受験勉強などを本格的に頑張っている子どもには、活動費や文房具代として多めに包む場合もあります。

中学生のお年玉相場

  • 親から自分の子どもに 5,000円~10,000円
  • 叔父・叔母から甥や姪に 3,000円~5,000円
  • 祖父母から孫に 5,000円~20,000円(それ以上の場合も)
  • 友人の子どもや会社関連の人の子どもに 1,000円~5,000円
  • 近所の子どもに 1,000円~3,000円
  • 年の離れた兄弟やいとこに 3,000円~10,000円

5,000円と回答している人が多数。やはり小学生同様、野球部などで本格的に活動している子どもには、活動費として多めに包む親族も多いようです。

祖父母からは1万円以上もらう子どもが増える年齢ですが、3,000円や5,000円といった金額の場合もあります。ポチ袋もかわいいものではなく、おしゃれなもの、シンプルなタイプに切り替わる時期です。

高校生のお年玉相場

  • 親から自分の子どもに 5,000円~20,000円
  • 叔父・叔母から甥や姪に 3000円~10,000円
  • 祖父母から孫に 5,000円~3万円(それ以上の場合も)
  • 友人の子どもや会社関連の人の子どもに 1,000円~5,000円
  • 近所の子どもに 1,000円~5,000円
  • 年の離れた兄弟やいとこに 3,000円~10,000円

5,000円から1万円といった金額が多いようです。祖父母からは参考書を贈ったり、3万円といった高額のお年玉をもらう子どももいます。

また、「高校生までしかお年玉はあげない」と決めている人も多いので、最後だからと多めに渡す場合もあるようです。

お年玉の特徴

この章ではお年玉の特徴やルールについてご紹介します。

いつまであげる?

だいたい高校生まで、あるいは成人するまで(19歳)と決めている家庭が多いです。しかし、大学生(概ね22歳)まで、あるいは「社会人になっても結婚して家庭を持つまではお年玉をあげる」と決めている家庭もあります。

結婚後も親からお年玉をもらっている人もおり、お年玉をあげる期間は明確には決まっていません。

家庭のローカルルールがある

親戚同士であらかじめ「お互いに3,000円にしよう」といった取り決めをしている親もいます。全国的な相場から外れた家庭や親族会もありますので、お嫁入りした場合は義妹や義姉などに聞いてみましょう。

地域性がある

アンケートによると、大分県や山梨県がお年玉の金額が高めです。しかし、大分県の隣の宮崎県は安めなので、「地方はお年玉の相場が高い」とは一概に言えません。

転勤などで他県に引っ越した場合は、周囲の人に聞いて確認するとよいでしょう。

また、「東京の方が物価は高く、給料も高めなのでお年玉が高め」というイメージがある人も多いようですが、アンケートでは東京のお年玉平均は低めです。それは人口が多いことと、人や家庭の多様性により、いろいろなパターンがあるからと考えられます。

しかし一部では数万円から数十万円もらう子どももいるため、「東京は低い」とは言い切れないでしょう。

会社などのコミュニティによる

会社によっては、「お互いの子どもにあげる金額は1,000円」といった暗黙の了解がある場合も。社員の家族同士の交流の盛んな会社もあるので、転勤や転職で他の支店や会社に行った場合は、さりげなく周りの人に聞いておくと安心です。

経済状況にもよる

あげる金額が決まっていても転職したばかりで経済的に苦しい、病気で長期入院していた…といった理由がある場合は、少額にしても問題ありません。ただし「いつもは1万円くれるのに!今年は5,000円だった」といった不平不満が出ないよう、甥や姪、孫などにあげる場合は、親にあらかじめ事情を説明して、「今年はこれだけ入れるよ」と申告しておくとトラブルも起きないでしょう。

4や9は避ける

最近は気にしない方も増えているようですが、死や苦を連想させる数字は避けておいた方が無難でしょう。

  • 4=し=死
  • 9=く=苦

一般的に4,000円、9,000円といった数字は避ける人が多いです。

ポチ袋のルール

500円玉や100円玉といった硬貨を入れる場合は袋の表側に、硬貨の表が来るように入れます。意外かも知れませんが、製造年が書かれている側が裏です。

名前を書く場合はポチ袋の表にあげる人の名前、裏に自分の名前を書きます。


まとめ

今回はお年玉の相場をご紹介しましたが、状況によって変わります。相場はあくまで一応の基準にすぎませんので、臨機応変に対応してくださいね。

お年玉の金額は、自分の子どもにあげる場合は自分で決められますが、そうでない場合は、まずお年玉をあげる子どもの親や、周囲の人に「いくらが妥当か?」と聞くのが一番でしょう。

一人1,000円~2,000円といった金額でも、あげる子どもが多い場合は、痛い出費になります。毎年のお年玉は、あげる側ももらう側も気持ちよくありたいもの。その子の親から高額なお年玉を希望されても、話し合って無理のない範囲の金額にするとよいでしょう。

また、正月休みですることが無い方は、電子書籍や動画配信サービスであればスマホ一つで楽しむことができます。

漫画読み放題サイトや、映画見放題サービスアニメ見放題サービスについてはこちらの記事でご紹介しているので、ぜひためしてみてくださいね。

宮乃 かぽり /
ビギナーズ編集部 ライター

フリーライター兼イラストレーター。学生時代は吹奏楽部に所属し、楽器の数などの都合で金管楽器をほぼ経験しました。現在は音楽、ヒーリング、占い、フラワーアレンジなど趣味多彩。チャレンジ精神豊富です!