更新

初出勤の服装とは?社会人からバイトの服装まで徹底解説

Natsumi / ビギナーズ編集部 ライター

初出勤の服装に悩む人は多いのではないでしょうか。第一印象となる初出勤の服装は失敗したくないものです。そこで本記事では、初出勤の際の服装について、詳しくご紹介していきます。ポイントごとに解説しているので、是非参考にして新しい環境でスタートを切ってください!
初出勤の服装とは?社会人からバイトの服装まで徹底解説

緊張の初出勤の際に、多くの方が悩むのが服装なのではないでしょうか。

新入社員・中途採用などの社会人の方はもちろん、バイトやパートの方なども服装については悩まれるかと思います。

そこで本記事では、初出勤の際の服装について、詳しくご紹介していきます。

どういった職種や立場でも気をつけるべきポイントから、スーツ・オフィスカジュアルなどの服装、バイト・パートの服装で注意するべき点についてもまとめました。

ぜひ参考にしていただき、新たな環境でいいスタートを切れるように準備しましょう。

初出勤の服装を選ぶ際のポイントとは?

まずは初出勤の服装を選ぶ際に、注意するポイントについて見ていきます。

初出勤は第一印象を決める重要なタイミング。

重要なポイントをしっかりと押さえておきましょう。

清潔感

まず重要なのが、清潔感があること。

スーツやシャツなど着るものについては気にする方が多いかと思いますが、靴やかばんなどの小物類についても、汚れやシワがないか、サイズは自分に合っているかなどしっかりと確認しておきましょう。

ビジネスシーン・職場にあった服装

スーツでなく私服勤務や私服での出勤となる場合も、場違いな印象にならないように注意が必要。

面接時は特に注意する方も多いかと思いますが、初出勤のタイミングに関してもビジネスシーンに合う服を選んでおくべきでしょう。

ルール化されていなくても、会社ごとに服装に関しては暗黙のルールがあるケースは多いです。

他の社員の服装もしっかりとチェックして、職場にあった服装についても押さえておきましょう。

規則は要チェック

シャツや靴などに色の指定があるなど、規則が設けられているケースもあります。

また制服がある場合でも、規則があるケースもあるので要注意。

事前にこちらも確認しておきましょう。

指定がない場合はスーツで!

初出勤の服装について、指定がない場合もありますよね。

社会人の場合は、スーツで行くのが無難です。

結果としてかっちりしすぎた服装となる可能性もありますが、印象が悪くなることはありません。

自分で服装については判断せずに、スーツでまずは出勤し、翌日以降の服装についても確認してみましょう。

初出勤の服装について徹底解説

ここからは初出勤の服装について詳しく見ていきます。

重要な初出勤となると、どのような服装でいけばいいのか悩むという方も多いはず。

それぞれの服装で注意するべき点について見ていきましょう。

【社会人向け】初出勤の服装とは?

まずは社会人向けに、初出勤の服装について詳しくご紹介していきます。

先ほどもお伝えしましたが、社会人で特に指定がない場合はスーツが無難。

また、スーツでなくてもオフィスカジュアルのような服装を求められることも多いでしょう。

そこで、スーツとオフィスカジュアル、それぞれの服装で初出勤の際に注意するべきポイントについて解説していきます。

スーツ

多くの場合スーツでの出勤になるケースが大半でしょう。

また、悩んだ場合もスーツでの出勤が無難です。

スーツの場合は、面接時のようなきっちりとした服装にし、スーツやシャツはもちろん靴下や靴もシンプルなものを用意しておいてください。

また先ほどもお伝えしましたが、清潔感があるかどうかも事前にセルフチェックしておきましょう。

シワやなどがないか、サイズがあった服装か、小物類もしっかりと綺麗な状態になっているか確認しておいてください。

さらに髪型なども要注意。男性の場合は髪が伸びていないか、女性の場合は長い場合しっかりと髪は結び、顔が隠れない状態になっているかチェックしましょう。

オフィスカジュアル

スーツでなく、オフィスカジュアルな服装で初出勤するケースも多いでしょう。

派遣の方などの場合は、オフィスカジュアルのケースも多いようです。

オフィスカジュアルの場合、シャツにジャケットという組み合わせが無難でしょう。

ジャケットはネイビーやグレーなどがラフすぎずかたすぎず、おすすめです。

パンツも同様に落ち着いたカラーを選びましょう。

また、シャツも無難に白いシンプルなものがよいでしょう。

女性の場合はパンツ・スカートでもどちらのスタイルでも問題ないすが、素足でなくストッキングをしっかりと着用し、少しヒールのあるパンプルを履くのがおすすめです。

【バイト向け】初出勤の服装とは?

次にバイト向けに、初出勤の服装について詳しくご紹介していきます。

社会人のようにスーツを着る機会は少ないと思いますが、初出勤は印象を決める重要なタイミングです。

職場にあった服装をしっかりと押さえておきましょう。

清潔感のある服装

最初にお伝えしましたが、アルバイトの場合は特に服装の指定がないケースも多いです。

だからこそ、しっかりと清潔感のある服を着て行き、好印象を持ってもらうことが重要となるでしょう。

面接時などに職場の雰囲気については知るタイミングがあるかと思いますので、環境にあった清潔感のある服装を心がけましょう。

普段カジュアルの服装をするという方も、初日は少し綺麗めな服装を選ぶのが無難です。

アクセサリーは控えめに

バイトの場合、職場によってはアクセサリーOKなところもありますよね。

そういった職場でも、初出勤に関しては控えめにしておくのが無難です。

派手なアクセサリーは、悪い印象を持たれてしまう可能性も高いので要注意です。

髪型

髪型も自由なケースが多いですが、しっかりと規則にあったものにしましょう。

特に注意して欲しいのが、面接時のみ髪の色を暗くし、初出勤時には派手な髪型になっているというパターン。

失礼な行動にも当たりますので、面接時と大きく髪型を変えないほうがよいでしょう。

高校生の場合は制服でもOK

高校生の場合は、初出勤の際制服で行くのもおすすめです。

学生にとって制服は正装です。

服装にも悩みませんし、好印象にも繋がるでしょう。

【パート向け】初出勤の服装とは?

最後にパート向けに、初出勤の服装について詳しくご紹介していきます。

職種や年齢にあった服装をしっかりと押さえておきましょう。

オフィス系・スーツ着用の職場・営業職はスーツを着用

職種によってパートの場合は服装を変えるのが無難でしょう。

オフィス系・スーツ着用の職場・営業職の場合は、スーツの着用がおすすめです。

フォーマル過ぎて失礼になることはありませんし、カジュアルで失礼であったり常識がないと思われたりしてしまうリスクはなくしておくべき。

パートであっても、社員と同様に働くという点はしっかりと心に留め、礼儀のある服装を心がけましょう。

また、スーツ着用の職場であれば、濃い色の上下スーツがおすすめ。特に指定がない場合にも、上着として濃い色のジャケットを着ておきましょう。

また、足元ストッキングや靴下を着用し、靴はかかとの空いていない黒のパンプスか革靴を履くのがよいでしょう。

営業職の場合も、お客様と顔を合わせるケースがあるため、上下スーツの着用が無難でしょう。シャツもシンプルなものを選ぶのがおすすめです。

服装自由の場合は綺麗めカジュアルでも可

サービス業などの場合は、職種によって大きく異なってきます。

制服が貸与されるケースもありますので、事前に確認しておきましょう。

制服に着替えるのであれば、ある程度カジュアルな服装でも問題ありませんが、そうでない場合はスーツの方が無難でしょう。

また、コンビニなどであればシンプルなジャケットやパンツ、アパレルであれば勤務先のブランドの服がよいでしょう。

さらに、あらかじめカジュアルでもよいといわれているケースでも、綺麗めのカジュアルファッションにしておくようにしましょう。


注意点を押さえて新しい環境でいいスタートを切ろう

初出勤の際の服装について、詳しくご説明していきました。いかがでしたか?

社会人、バイト、パートなどそれぞれの立場や職場、年齢によっても、求められる服装が異なっていましたね。 ただし、どのような職場であっても清潔感のある、環境にあった服装は重要となってきます。 また、事前に確認できるのであれば初出勤の際の服装も聞いておくのが無難でしょう。 注意点をしっかりと押さえ、新しい環境でいいスタートを切ってくださいね。

Natsumi /
ビギナーズ編集部 ライター

オールジャンルで活動しているWebライター。趣味は音楽と読書、お酒を飲むこと。パンクロックと、村上春樹と、ビールが好きです。ライターの傍、猫2匹と田舎暮らしを満喫中。