GUITAR

更新

【初心者必読】ギターピックの種類と違いを徹底解説-選び方や定番も紹介

Natsumi / ビギナーズ編集部 ライター

ブックライブ
ギターに欠かせないピックを種類別に紹介!ギターピックの種類別に特徴や選び方など詳しく説明します。ピックは材質によっても音色が変わったりと曲の雰囲気によって変えても良いですね。初めてピックを購入しようとしている人や選び直したいと買い替えを検討している人は参考にしてみてください。
【初心者必読】ギターピックの種類と違いを徹底解説-選び方や定番も紹介

ギターの演奏には決して欠かせないピック。

そして、ピックには様々な種類があり、初心者のみならず長年ギターを弾いていてもどんなピックがいいのか悩んでしまいますよね。

この記事ではピックの種類と、最適な選び方について解説します。

ピックの形状の種類と特徴

ピックの形状は様々で、種類も多く分かれています。

それぞれの種類別に、特徴についてご紹介していきます。

演奏のスタイル、持ちやすさ、ビジュアルと選ぶポイントは様々です。

重要視するポイントを元に、ご自身にあったピックを見つけてみましょう。

ティアドロップ型

ティアドロップ型は、1番ベーシックなもので、多くのギタリストが愛用しているアイテムです。

形状として、先端が細く鋭くなっているので、弦へ過度なひっかかりがなく、ピッキングの運びがスムーズです。

トライアングル型

先ほどご紹介したティアドロップ同様、ポピュラーなスタイルのピックがトライアングル型です。

おにぎり型などとも呼ばれているもので、どの頂点をとっても同様に演奏が可能。

奏法としては、コードストローク・カッティングに向いているピックです。

ジャズ型

ティアドドロップ型の先端を、さらに鋭くして、大きさも大きく丸みをもったタイプ。

ティアドロップよりもよりピッキングがスムーズで、ピックの名の通りジャズのプレーヤー向けですが、その弾きやすさゆえに、ハードロック・ヘヴィーメタルのプレーヤーでも使っている人が多いそう。

サムピック型

親指にはめて使用するピック。

フィンガーピッキングで演奏する際に使用します。

ハリのあるベース音が特徴です。

ピックの厚みの種類と特徴

ピックの種類だけでなく、ピックの厚さによって音のレスポンス・音の強さが異なります。

基本的にはピックが薄ければレスポンスは遅く、硬ければ早くなります。

またピックが薄ければやわらかい音、硬ければ音は強くはっきりとした音になります。

ギターの種類によっても音が異なり、アコースティックギターの方がピックの厚みが音に影響しやすい傾向があります。

硬いと強さのある弾けるような音、薄いと柔らかい音になります。

またスピーディな早弾きは、音のリアクションが早い、厚さのあるタイプが主流です。

Thin(約0.5mm)

最も薄いタイプのピックです。

アコースティックギターのストロークで使うのが一般的。

音の特徴としては、明るく高い音が出ます。

Medium(約0.7mm)

Thinタイプと比べて、少し厚く力を加えた時に抵抗感が強くなるタイプ。

こちらもアコースティックギターを弾く際に多く使われており、ベーシックな厚さです。

ストロークだけでなく、アルペジオなどにも対応できるピックです。

Heavy(約1mm)

Mediumタイプより、さらに厚く硬さのあるタイプです。

しなりが少ないので、ハードなストロークにも対応可能。

速いフレーズにも対応でき、中低音が綺麗にでます。

Extra Heavy(約1.15mm~)

この厚さまでくると、ほとんど曲がらないような硬さになります。

速いフレーズを多く弾く人にはおすすめ。

ピックの材質の違いと特徴

ピックの材質によっても音に違いがでてきます。

それぞれの材質ごとの特徴についても、ご紹介していきます。

セルロイド

長年使われている、ピックの中で最も一般的なもの。

多少のざらつきもあるため滑りづらく、初心者の方でも扱いやすい素材です。

ナイロン

材質が硬くいため、摩擦に強いのが特徴です。

ただし少し滑りやすく、音としても少し柔らかいような感じがあります。

デルリン

材質としては軽いのですが、その反面耐久性も弱く、削れやすいといった特徴もあります。

滑りやすく表面もつるっとしており、なめらかなピッキングになります。

ゲーターグリップ

ピック側面がなだらかな加工になっているのが特徴。

表面はざらついており、力強いピッキングを求める人におすすめです。

ウルテム

セルロイドに似ていますが、バランスがよい音がでるのが特徴です。

ポリアセタール

セルロイドと同じプラスチック素材で、綺麗に出る音程はミドル~ハイ。

耐久性が高く、汗などでも滑りにくいのが特徴です。

トーテックス

Jim Dunlopから出ている、亀の絵が入っているピックです。

1度目にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

すべりにくく耐久性があり、1音1音綺麗に鳴らしたいという方におすすめ。

べっ甲

ウミガメの甲羅で作られたべっ甲。

高価ではありますが、ミドルサウンドを艶やかに弾くことができます。

PPS

適度な柔軟性があり、はっきりとした音色がでる素材のピックです。

アクリル

一般的なピックに比べて耐久性が高く、激しいプレイにも対応可能です。

TUSQ

人口象牙のことで、しなりが少ないのが特徴。

スピーディな奏法を好む人におすすめです。

ピックの選び方のコツ

ピック選びのコツですが、弾いたときに自然で違和感のないものがベスト。

曲によってもちろんその印象は違いますし、演奏ごとにあったピックを変えるということも重要です。

初心者の方向けにピック選びのポイントもまとめましたので、ぜひ見てみてくださいね。

最初はMedium(約0.7mm)から試してみる

少し硬さもあるタイプ。

ストロークからピッキングまで対応できる万能なアイテムです。

パワー感や低域の力強さならHeavy(約1mm)から使用してみる

力強さのある音を出したい場合は、少し厚さのある1mmのタイプがおすすめです。

柔軟でソフトなサウンドならThin(約0.5mm)から試してみる

柔らかい0.5mmタイプのものは、ソフトなサウンドを実現してくれます。

ティアドロップ型とトライアングル型を交互に使う

どちらも比較的ベーシックな形のピックです。

定番のものから使ってみるのも選択肢の1つ。

色々なピックを使ってみる

弾いてみないことには自分にあった、求めてた音が出せるピックを見つけることもできません。

ピック自体は比較的リーズナブルなものも多いので、様々なピックを試してみるのがおすすめです。

初心者におすすめ!定番のピック一覧

初心者におすすめのピックもまとめました。

素材別でおすすめのアイテムをご紹介していきます。

セルロイド(セルロース)

セルロイドはピック素材の定番とされているアイテムです。

Ibanezのピック(1000PG/赤)のみポリ塩化ビニール製で素材感が違うので注意。

ナイロン

柔らかいため、奏でられる音も優しいものであるのが特徴。

少しギターに慣れてきた際に、ナイロン製のものがおすすめです。

ウルテム

べっ甲に近い特徴を持ったウルテム。硬くて滑りやすいため、スムーズな演奏が可能です。


弾きやすさ・曲にあったピックを見つけよう

ギターのピックについて詳しくご紹介していきました。

様々な素材、厚さで作られており、特徴も様々。

色々なアイテムを曲ごとに試し、使いやすくご自身の求める音が出るピックを見つけてみてくださいね。

こちらの記事では、ギター初心者用セットのおすすめギターを趣味にするための始め方をご紹介しています。

Natsumi /
ビギナーズ編集部 ライター

オールジャンルで活動しているWebライター。趣味は音楽と読書、お酒を飲むこと。パンクロックと、村上春樹と、ビールが好きです。ライターの傍、猫2匹と田舎暮らしを満喫中。