更新

【初心者向け】カポタストとは?種類や使い方、効果などを徹底解説

Natsumi / ビギナーズ編集部 ライター

ブックライブ
カポタスとはご存知でしょうか。カポタスについて、使い方や効果など詳しく説明します。またカポタスの種類別にメリットやデメリットも説明しています。これからギターを始める人や使い方がわからない人は参考にしてみてください。
【初心者向け】カポタストとは?種類や使い方、効果などを徹底解説

ギターを演奏する際に使用する「カポタスト」をご存知でしょうか?

いつ、何フレットにつけたら良いのか、つけるとどうなるのか等、初心者にはわからないことが多いですよね。

今回は、カポタストの基本的な説明から効果、種類と特徴について解説していきます。

カポタストとは

カポタストとは、特定のフレットを弦でまとめて押さえるための道具で、カポとも呼ばれるものです。

カポタストがあると、バレーコードと呼ばれるすべての弦を押さえるような動きが多くて、弾きにくい曲も弾きやすくなったり、原曲と違うキーで弾きたい場合などに役立ちます。

価格も1,000〜4,000円前後が主流で、多くの楽器店で取り扱われているので、非常に手に取りやすいアイテムといえるでしょう。

初心者セットに入っているというケースもあるようで、初心者から熟練者まで多くの人に使われています。

カポタストの使い方

カポタストの使い方ですが、種類によって異なります。

ベーシックで扱いやすいものとしてバネのタイプがあり、バネを握ってネックに挟むことで装着可能。

簡単に使うことができるアイテムです。

カポタストを使うと得られる効果

カポタストを使うことで得られる効果は大きくわけて3つあります。

オープンコードに誘導してくれ演奏の質が上がる

カタポストを使うことで、バレーコードをオープンコードに変えることも可能です。

オープンコードは特に音の響きがよいため、演奏そのものの質も高めてくれるというわけです。

例えば、通常バレーコードであるBbコードもGコードを押さえることで同じコードを弾くことができます。

カポタストを使うことでオープンコードであるGコードで弾くことができ、より音の響きがよくなるというわけです。

作曲ツールとしても活躍する

作曲する際、決まった形式や慣れたコード進行で作ってしまうという方も多いはず。

カポを使うことでルート音が変わり、いつもと違った新しい響きとなります。

またギター以外の楽器とキーを合わせたり、共同で作曲したりできるようになるといったメリットもあげられます。

2本のギターでのバンドサウンドが向上

ツインギターのバンドの場合にもおすすめです。

例えば2人とも同じネックポジションの場合、どうしても出音自体が同質のものとなってしまいます。

そういった場合、1人がカポタストを用いることで、ギターのトーンの違いをひき立たせることができ音に厚みが加わるのです。

カポタストにはいくつか種類がある

カポタストは、何の力で弦を押さえるかによって種類が分けられています。

大きく分けると、ゴム式、ネジ式、レバー式、バネ式、ベルトゴム式&ひも式、特殊式カポタストに分けることができます。

ネジ式カポタストの特徴や効果

ネジ式カポタストは、ネジによって締め付け具合を調節できるタイプです。

メリットは、弦を押さえる力をネジで微調整できることや、締め付け具合が安定しやすいこと。また、チューニングのズレを比較的抑えることができます。

デメリットは、比較的高価で、装着に少し手間がかかることが挙げられます。

レバー式カポタストの特徴や効果

レバーを使って、押さえるタイプ。

多くのプロミュージシャンにも使われているのが、このタイプです。

メリットは、チューニング、締め付け具合が安定していて、アルミ製のものなどは軽量で着脱しやすいです。

デメリットは、比較的高価であることです。

バネ式カポタストの特徴や効果

バネの力を使って押さえるのが、バネ式カタポストです。

もっとも着脱しやすいタイプといえるでしょう。

ギターのヘッドに挟むこともできるので、保管も楽です。

メリットは、着脱が簡単で、カポタストの位置をすぐに変えることができます。

一方でデメリットとして挙げられるのは、比較的高価であること。

また、締め付け具合が調整ができないことやバネのテンションで押さえるため、ネックの形状によってはチューニングがズレることが挙げられます。

ベルトゴム式&ひも式カポタストの特徴や効果

どんなタイプのギターでも使用することができるのが、ベルトゴム式&ひも式のカポタストです。

メリットは、ギターの種類を問わず使用でき、比較的安価です。また、ネックに負担が少なく、締め付け具合を調整できることも挙げられます。/p>

デメリットとしては、脱着に手間がかかることやチューニングの安定性が低いことです。

特殊式カポタストの特徴や効果

特殊なタイプのカタポストもあるのでご紹介していきます。

指板上を転がすタイプ

転がして使うことができるタイプのカポタストがあります。

演奏中にコードフォームを変えることなく転調できるのがメリット。

ただし使うのが難しく慣れが必要であることや、繰り返し使っていると弦がずれ指板からずれる可能性もあります。

各弦ごとにオンオフができるタイプ

ここまでご紹介してきたカタポストは6弦すべてを押さえるものでしたが、このタイプは各弦ごとにオンオフを選択することができます。

特定の弦だけ使ったり、外したりと、カポタストを変幻自在に使うことが可能。

特殊な変則チューニングとなるため、オリジナリティの高い演奏をしたい方におすすめです。

こちらの記事では、ギターの弦の種類・選ぶポイントやおすすめの弦などをご紹介しています。

どんな時に、どこにカポタストを付けるべきか

ここからは、どんな時にどこにカポタストをつけるかについてみていきます。

スコアに書いてあるとき

スコアをみると、カポタストを使うように書いてあるものも多くあります。

難しく弾きづらいコードも、カポタストを使うことで簡単なコード進行に変わります。

普段と異なるキーの歌に合わせるとき

バンドをしている人など、他のバンドに飛び入りしたり、普段と異なるキーの歌でギターを弾く場面もあるかもしれません。

そういったときにカポタストを使うことで、即座に対応することが可能となります。

カポタストを使用する際の注意点

カポタストを使う際の注意点についてもみていきましょう。

指板に対し垂直に弦を押さえるようにカポを付ける

カポタストがしっかりと付けられているかは、指板に対し垂直にきちんと付いているかを見て確認しましょう。

付け方が甘いと音程が不正確になってしまいます。

開放弦の響きでチェック

カポタストを付けたあとは、開放弦の響きをチェックしましょう。

付け方が甘いと、開放弦がうまく鳴らないため注意が必要です。

カポを付けたらチューニングを確認

かならず装着したあとはチューニングも確認しましょう。

付ける際にチューニングがずれる可能性があるためです。

装着したカポタストを移動するときは、完全に外してから

横着をして、カポタストをつけたまま移動しないようにしましょう。

装着したままスライドさせて移動することもできますが、好ましくありません。

チューニングがずれたり、ネックを痛める原因にもなります。

カポタストはプロでも使いたいアイテム

カポタストについてお伝えしていきましたが、ここまで見た方の中には初心者向けのアイテムのように感じている方も多いのではないでしょうか。

簡単なコードしか弾けなくとも、弾ける曲のレパートリーがぐっと増えますし、初心者の方におすすめのアイテムであることは言うまでもありません。

しかしながら、プロにもおすすめのアイテムでもあるんです。

カポタストをすることによって押さえ方もレパートリーが増えるのは、プロも同様。

多彩な響きを作ることができるようになるため、プロでも活躍するアイテムなんです。


カポタストを使用して、演奏をアップグレードしよう

カタポストについて詳しくお伝えしていきました。

初心者向けのアイテムと捉えがちの方も多いかと思いますが、ギターの熟練度に関わらず演奏のクオリティをより一層高めてくれる、優秀なアイテムです。

手頃な値段のものもありますし、使い方も簡単。

まだお持ちでないという方はこの機会にぜひ手に入れてみてくださいね。

ギターのチューニング方法や、ギター初心者向け練習曲もまとめています。

Natsumi /
ビギナーズ編集部 ライター

オールジャンルで活動しているWebライター。趣味は音楽と読書、お酒を飲むこと。パンクロックと、村上春樹と、ビールが好きです。ライターの傍、猫2匹と田舎暮らしを満喫中。