更新

DAZN(ダゾーン)で視聴できるプロ野球や月額料金などを紹介

菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター

ブックライブ
「DAZN(ダゾーン)では、どこまでプロ野球を見られるのかを詳しく知りたい」と情報を集めていませんか。そこでこのページでは、DAZNで視聴できるプロ野球などの野球コンテンツや月額料金、申し込みする手順などを取り上げます。
DAZN(ダゾーン)で視聴できるプロ野球や月額料金などを紹介

「野球を観るのが好き」「もっとプロ野球を楽しみたい」という人は、DAZNが気になっていませんか。DAZNは有料の動画サービスで、視聴できる野球コンテンツは実に幅広く、多くの人から支持を集めています。

この記事では、DAZNで視聴できる野球コンテンツについて様々な角度から紹介します。

具体的には、野球コンテンツ一覧や視聴スタイル、月額料金、スカパーとの比較、申し込み手順、口コミなどを取り上げましょう。プロ野球ファンやテレビ放送に不満を持っている人などは、参考にしてください。

DAZNで視聴できる野球コンテンツ一覧

DAZNで視聴できる野球コンテンツには、プロ野球の試合だけでなく、オリジナル野球コンテンツも含まれます。ここでは、DAZNで視聴できる野球コンテンツ一覧を詳しく紹介します。

DAZNで視聴できるセ・リーグの試合

DAZNで視聴できるセ・リーグの試合は、オープン戦の一部試合と各球団が主催する公式戦全試合です。しかし、中日ドラゴンズの場合、主催する公式戦の配信は一部だけです。

広島東洋カープであれば、主催する公式戦の配信はありません。

DAZNで視聴できるパ・リーグの試合

パ・リーグであれば、埼玉西武ライオンズや福岡ソフトバンクホークス、北海道日本ハムファイターズなどの全球団で、オープン戦の一部試合と主催する公式戦全試合をDAZNで配信しています。

パ・リーグのファンは、たくさんのゲームを楽しめるでしょう。

プロ野球の試合はクライマックスシーズンまで

クライマックスシリーズの場合、今までDAZNでは、ファーストステージとファイナルステージを全試合配信していました。

しかしながら、日本シリーズの配信はありません。日本シリーズを楽しみたい人には、テレビが必要です。

DAZNのオリジナル野球コンテンツ

DAZNのオリジナル野球コンテンツは、次の通りです。

  • 12球団キャンプキャラバン
  • GIANTS復活への道
  • 虎視探々

それぞれどんな番組なのか、詳しく解説します。

12球団キャンプキャラバン

「12球団キャンプキャラバン」は、キャンプを行う12球団を取材し、その情報を伝える番組です。注目ポイントやキーマンなども伝えるため、プロ野球好きにはもってこいのコンテンツだといえるでしょう。

GIANTS復活への道

「GIANTS復活への道」は、2019年の巨人の優勝への軌跡の裏側にあるストーリーがまとめられている番組です。そのため、ジャイアンツファンは、マストウォッチのコンテンツです。

虎視探々

「虎視探々」は、阪神タイガースの選手のトーク番組です。「アンジャッシュ」の渡部健さんがインタビュアーとして、タイガースの選手と真面目な話やプライベートトークなどを展開します。

その他の野球関連のコンテンツ

その他の野球関連のコンテンツには、CBCテレビの「サンデードラゴンズ」や、テレビ神奈川の「ベイスターズ魂」などがあります。

これらは、ドラゴンズファンやベイスターズファンにとっては、必見の番組だといえるでしょう。ほかにも、「H2」や「タッチ」などのアニメコンテンツも少なくありません。

DAZNの無料体験をする

DAZNでの野球コンテンツの視聴スタイル

DAZNでの野球コンテンツの視聴スタイルは、好きな端末を選び、番組表をチェックしてライブで視聴するだけです。

好きな時間に楽しむ見逃し配信があることも、DAZNの特長です。こうしたDAZNでの野球コンテンツの視聴スタイルについて紹介します。

視聴端末は好きなものを選ぼう

DAZNは、次の端末で視聴できる動画サービスです。

  • パソコン
  • スマホ
  • タブレット
  • スマートテレビ など

スマートテレビでなくても、DAZN対応のレコーダーやChromecastなどのメディアプレーヤー、PS4などのゲーム機をテレビにつないでも、視聴可能です。推奨環境の詳細は、次の通りです。

Web OS

Windows 8.1
Windows 10
Mac OS X
上記以上のデバイス

Webブラウザ

Google Chrome
Safari
Firefox
Internet Explorer
Microsoft Edge

モバイル

iOS:10.1以上のデバイス
Android:4.4以上のデバイス
2014年に発売されたAmazon Kindle Fire

ゲーム機

Play Station 4
Play Station 4 Pro
Xbox One

テレビ

Android搭載テレビ
Panasonic製スマートテレビ
LG製スマートテレビ
TOSHIBA製スマートテレビ
ソニー製スマートテレビ
DIGAブルーレイディスクレコーダー

その他

Amazon Fire TV
Fire TV Stick
Google Chromecast
Apple TV
SHARP AQUOSココロビジョンプレーヤー
Air Stick
ドコモテレビターミナル など


番組表をチェックしてライブで視聴

DAZNは、基本的にすべてライブ配信を行っているサービスです。

いつ野球のコンテンツが見られるのかは、公式ホームページの番組表からチェックしましょう。プロ野球以外では、次のスポーツをすべて視聴可能です。

  • サッカー
  • アメリカンフットボール
  • バスケットボール
  • ラグビーユニオン
  • テニス
  • ボクシング
  • ゴルフ
  • バレーボール
  • 総合格闘技
  • モータースポーツ
  • ダーツ など

好きな時間に楽しむ見逃し配信

DAZNは、見逃し配信できる仕組みにもなっています。配信期間は30日で、しかも何度でも視聴できるサービスです。

こうした便利なサービスだからこそ、DAZN利用者は配信期間の延長を希望しており、DAZN側は、利用者の希望を受け入れるのか検討中です。

DAZNの無料体験をする

DAZNを利用するための月額料金

DAZNを利用するための月額料金は1,750円で、ドコモと連携したお得な料金プランもあります。また、初めて契約する場合の最初の1ヶ月は、DAZNの視聴が無料です。

こうしたDAZNを利用するための月額料金を紹介します。

DAZNの基本の月額料金

DAZNの基本の月額料金は、1,750円です。支払いを「年間視聴パス」にした場合、割引が適用されます。

また、DAZNプリペイドカードを使えば、3ヶ月や5ヶ月分をまとめ払いでき、手軽に支払いできますが、割引は適用されません。

ドコモを連携したお得な料金プラン

ドコモのケータイ回線を利用している場合、月額980円でDAZNを利用可能です。また、ドコモの他サービスと契約することで、さらにお得にDAZNを利用できます。

  ドコモ回線利用者 ドコモ回線を利用していない人
DAZN+dTV 月額1,280円 月額2,050円
DAZN+dTV+dTVチャンネル 月額1,760円 月額2,530円
DAZN+ひかりTV for docomo

2年割:月額3,280円
通常:4,280円

2年割:なし
通常:月額5,050円


「dTV」は、映画やドラマ、アニメなど約12万のコンテンツが見放題になるサービスです。

「dTVチャンネル」では、CS放送で人気のチャンネルなどが見放題となります。「ひかりTV for docomo」は、光回線で映像を楽しめるサービスです。

1ヶ月ならDAZNの視聴が無料

DAZNでは、初回のみ1ヶ月無料トライアルで視聴ができ、しかも、通常の会員と同じ条件で利用可能です。

1ヶ月無料トライアルを利用する際の注意点は、自動更新のため、無料期間を1日でも過ぎてしまうと料金が発生することです。

DAZNの無料体験をする

スカパーと比較!DAZNはおすすめなのか

DAZNだけではなく、スカパーでも野球コンテンツを楽しめます。そこでこの章では、スカパーとDAZNとではどちらが安いのか、どちらが使いやすいのか、比較検討します。

スカパーがおすすめの人

プロ野球のすべてのゲームを見たい
永久保存したいゲームがある
インターネット回線を引いていない
安定したテレビ放送で試合を見たい など

DAZNがおすすめの人

できるだけ安値でプロ野球を見たい
電車などでスマホでゲームを見たい
自宅にアンテナを取り付けられない
プロ野球以外のスポーツも楽しみたい など


DAZNなら月額料金が安い

スカパーの場合、プロ野球を視聴するには、基本料金以外にセット料金の支払いが必要です。「プロ野球セット」の料金は月3,685円のため、DAZNと比較すると2倍以上します。

また、加入月は無料であるものの、DAZNのような1ヶ月無料という長めのトライアル期間はありません。「できるだけ費用を抑えたい」という人にとっては、DAZNがおすすめです。

視聴のしやすさでもDAZNがおすすめ

DAZNの場合、スマホやパソコンなど端末があれば視聴できますが、スカパーには、アンテナが必要です。しかもDAZNの場合、複数の端末で視聴も可能です。

このように、視聴のしやすさでもDAZNがおすすめです。デメリットを挙げるとすれば、DAZNでは録画ができないことです。しかしながら、見逃し配信があるため、大きなデメリットに感じることはないでしょう。

広島ファンならスカパー

DAZNはプロ野球の全12球団の中で、すべてのチームの試合を網羅しているわけではありません。スカパーの「プロ野球セット」であれば、全試合視聴できるだけではなく、プロ野球ニュースなども見られます。そんな「プロ野球セット」の構成チャンネルは、次の通りです。

  • J SPORTS 1・2・3
  • フジテレビONE スポーツ・バラエティ
  • フジテレビTWO ドラマ・アニメ
  • GAORA SPORTS
  • 日テレジータス など

DAZNでは視聴できない広島の試合を見たい人は、スカパーと契約することをおすすめします。

また、スカパーでは、専用チューナーと専用アンテナの購入が必要ですが、4K・8K映像が見られるプレミアムサービスもあります。

より高画質でスポーツを楽しみたい人にはおすすめです。DAZNの場合、インターネット回線の環境が悪いと画質が悪くなります。

スカパーの詳細をみる

DAZNでプロ野球を視聴している人の口コミ調査

DAZNについてもっと理解を深めるために、プロ野球を視聴している人の口コミを調査しました。

「球団によってはコンテンツが少ない」といった悪い評判もありますが、全体的にはよい評判の方が多いため、DAZNをおすすめします。

DAZNの無料体験をする

プロ野球を視聴するためのDAZNの申し込み手順

DAZNへの申し込み方法は、アカウントを作り、支払い情報を入力するだけです。ドコモ利用者の場合でも、オンラインで手続き可能です。こうしたプロ野球を視聴するためのDAZNの申し込み手順について紹介します。

支払い方法を決めてから申し込み

DAZNを申し込む際は、登録ページに名前とメールアドレスを入力して、アカウントを作成します。

その後、クレジットカードの情報を設定すれば、すぐに視聴可能です。支払い方法には、クレジットカード以外にも豊富な選択肢があります。

支払い方法の種類 内容
クレジットカード・デビットカード

Visa
MasterCard
American Express
JCB
Diners Club
いずれかのブランドのクレジットカード・デビットカードで登録できる

PayPal 登録画面でPayPalを選ぶ
DAZNプリペイドカード 家電量販店・一部コンビニエンスストアで購入可能
DAZNチケット コンビニエンスストアで購入可能
iTunes アプリ内課金で支払いできる
Amazon端末 Amazonアカウントに登録している支払い方法にて、DAZNを利用可能
Google Play Google Playに登録している支払い方法にて、DAZNを利用可能
モバイルキャリア決済

ソフトバンク
ワイモバイル
au
UQモバイル
上記いずれかのキャリアで決済できる


ドコモ利用者なら手軽にオンライン手続き

ドコモ利用者の場合、dアカウントを使って、専用ページ「ドコモオンライン手続き」で登録できます。ドコモのケータイ回線から契約する人は、契約時に設定した4桁の数字「ネットワーク暗証番号」を用意しましょう。

また、次のように「ドコモオンライン手続き」以外から契約する方法もあります。

ドコモの携帯電話 151に電話
一般電話 0120-800-000に電話
ドコモショップ 店舗にて手続き

電話やドコモショップでの手続きは、受付時間が限られています。オンラインの場合、受付時間は24時間です。

DAZNの無料体験をする

DAZNを損せず利用するコツ

DAZNを損せず利用するコツは、次の通りです。

  • プロ野球のシーズンオフ中は一時停止
  • 解約しても最終日まで視聴

それぞれの詳細を紹介します。

プロ野球のシーズンオフ中は一時停止

DAZNの一時停止機能を利用すれば、プロ野球のシーズンオフ中に料金を支払うことなく、退会せずに済みます。再開時期も設定できるため、非常に便利です。一時停止機能の利用方法は、次の通りです。

  1. 「マイ・アカウント」にログイン
  2. 「ご契約内容」欄の「退会する」を選ぶ
  3. 「一時停止をします」を選ぶ
  4. 「利用再開日」のカレンダーから再開日を選ぶ
  5. 「一時停止をします」を選ぶ

手続き完了後、契約期間最終日をもって一時停止状態となり、契約期間最終日までは、コンテンツを視聴可能です。

こうした便利なDAZNの一時停止機能は、すべてのユーザーが利用できるわけではありません。利用できないユーザーは、次の通りです。

  • DAZN for docomoを利用している
  • 無料お試し期間中
  • ギフトコードを利用している
  • Google Playアプリ内課金で支払いしている
  • iTunes決済で支払いしている
  • Amazon IAP決済で支払いしている
  • スポナビライブから移行した

DAZN for docomoは、安値で利用できるものの、一時停止機能には対応していません。

解約しても最終日まで視聴

DAZNは解約しても日割りで返金されませんが、支払った料金の期間中は視聴できます。つまり、DAZNを解約するのに最適なタイミングなどはありません。

30日間無料で契約して、翌日に退会したとしても、残りの無料期間中はDAZNを楽しめます。

ちなみに解約は、オンラインでのみ受け付けており、電話では解約できません。「解約できない」と困った際は、サポートセンターに問い合わせましょう。

DAZNの無料体験をする


気軽にプロ野球を楽しむならDAZN

DAZNでは、セ・リーグとパ・リーグ含め、ほとんどのプロ野球の試合を視聴できます。DAZNのオリジナル野球コンテンツもあるため、プロ野球ファンは登録しておいて損はありません。

そんなDAZNは、パソコンやスマホ、タブレットなどの端末で視聴できます。

基本的にすべてライブ配信を行っているサービスのため、公式ホームページの番組表をチェックしておきましょう。配信期間30日で、見逃し配信できる仕組みにもなっています。

DAZNを利用するための月額料金は1,750円で、ドコモのケータイ回線を利用している場合、月額980円で利用可能です。

初回のみ1ヶ月無料トライアルで視聴できることも特長です。スカパーと比較した場合、DAZNの方が視聴しやすく、月額料金も安いですが、スカパーでしか見られない試合もあります。

そんなDAZNの申し込み手順は、アカウントを作り、支払い情報を入力するだけです。ドコモ利用者の場合、専用ページ「ドコモオンライン手続き」で登録できます。DAZNで、気軽にプロ野球を楽しみませんか。

DAZNの無料体験をする

こちらの記事では、プロ野球の試合をライブ中継で見れる動画サービスを徹底比較しています。

菅野辰則 /
ビギナーズ編集部 ライター

ネットショッピング歴は約20年!お得なものを見つけることが好きで日々のECサイトで掘り出し物の探しは欠かしません。コスパの良い初心者が趣味を始めるのに最適なアイテムをご紹介します。趣味はダンスと映画鑑賞