更新

ベランダでキャンプ!ベランピングにおすすめのグッズ10選

白根 鮎美 / ビギナーズ編集部 ライター

ステイホームが定着しつつある今日において、家で楽しめるアクティビティである「ベランピング」は大注目を集めています。そこで今回は、狭いベランダでもベランピングを楽しむことができるおすすめグッズをご紹介していきたいと思います。
ベランダでキャンプ!ベランピングにおすすめのグッズ10選

ベランダで気軽にアウトドアを楽しむことができる「ベランピング」は、新しいアウトドアアクティビティとしてその名を広げつつあります。

しかし、一口に「ベランピング」といってもベランダの広さや立地によってできることも限られてくるため、なかなかはじめの一歩を踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ベランピング初心者の人に向けて「ベランピングの楽しみ方や注意点」「おすすめグッズ」などをご紹介します。

まずは自分の家のベランダでどのようなことができるのかを考え、それに合ったグッズやアイテムを揃えていきましょう!

そもそも「ベランピング」とは?

バルコニー-人-立っている

ベランピングとは、ベランダで行うグランピングのことです。

「ベランダ+グラマラス+キャンピング」の3つを掛け合わせた造語として誕生していますが、通常のキャンプとは何が違うのでしょうか?

「ベランダ+グラマラス+キャンピング」と直訳すると「ベランダで行う魅力的なキャンプ」という意味になります。

ベランピングは通常のキャンプよりも家具や寝具にこだわり、野外でありながらもリゾート感を感じさせてくれるゴージャスな雰囲気が特徴的です。

今までベランダは「洗濯物を干すところ」「エアコンの室外機を置くところ」「物置」などという概念が中心でしたが、最近ではアクティビティーを楽しむ娯楽部屋のひとつとして位置づけられています。

ベランピングの魅力とは

パティオ-ストゥープ-ポーチ

ベランピングは、ベランダで行うちょっぴりゴージャスなキャンプです。しかし、ベランピング初心者からすると「ベランピングって何が楽しいの?」などの疑問が浮かび上がってきますよね。

ここでは、ベランピングを楽しんでいる人のアイデアを参考に、ベランピングの魅力をご紹介します。

気軽にアウトドアを楽しめる!

ベランピングは自宅にあるベランダで行うため、荷物を運ぶのもそこまで苦労しませんし、後片付けも通常のキャンプに比べると楽ですよね。

何よりもキャンプ場まで移動する必要がないため、思い立ったらすぐにベランピングをはじめることができます。

ベランピンググッズをそのままベランダに置いておけば、何度も準備をする手間も省けます。

DIYにハマれる!

ベランピングをより楽しむために、テーブルやチェアなどをDIYで自作する人も急増中!

自分で作った家具に囲まれてベランピングを楽しめば、より居心地のいい空間につながるはずです。

ベランピングにハマった人の中には、DIYの虜となっている人も多数いらっしゃるようです。

自宅で非日常空間を味わえる!

ベランピングはとことん雰囲気にこだわって作り上げるため、ベランダに一歩足を踏み入れた瞬間から非日常空間を体感することができます。

リラックス効果やリフレッシュ効果にもつながりやすく、日々のストレス軽減にも効果的に働きかけてくれるでしょう。

キャンプで大自然を味わうのも素敵ですが、ベランピングならより気軽にアウトドアの雰囲気を楽しむことができます。

ベランピングの楽しみ方は?

水彩画パリのバルコニー-パリ-

ここでは、ベランピングの楽しみ方を具体的にご紹介します。

「ベランピングってどうやって楽しむの?」「狭いベランダで何をするの?」という人は、ぜひ先輩たちのアイデアを参考にしてみてくださいね。

テントを張って本格的なキャンプ体験を!

ベランダにある程度の広さがあったり隣に家が隣接していない場合は、ベランダにテントを張ったりコンログリルでBBQをしたり、本格的なアウトドアを楽しむスタイルが人気を集めています。

狭いベランダには「テーブル+チェア」を

テントを張るスペースがない狭いベランダでも、テーブルとチェアを設置すればなんとなくそれらしい空間に早変わりします!

キッチンで作った料理を運んでディナーを楽しむのもよし、読書や音楽鑑賞にふけるのもよいでしょう。

床材は「ウッドパネル」がおすすめ!

ベランピングに欠かすことができない「ラグジュアリーな雰囲気」は、ウッドパネルの床材が叶えてくれます。

ウッド調を取り入れることで生活感があったベランダが、一瞬にしておしゃれなアウトドア空間に変わります。

ハンモックで極上リラックスタイム

ベランダにハンモックを設置すれば、ゆらゆらとした心地よい振動が極上のリラックスタイムを演出してくれるでしょう。

ハンモックの中でお気に入りの動画を見たり、美味しいものを食べたりして思う存分くつろいでくださいね。

狭いベランダでもOK!ベランピングにおすすめのグッズ10選

バルコニー-街灯-アーク

ここでは、狭いベランダでもおしゃれな雰囲気を演出できるおすすめベランピンググッズをご紹介します。

一人用ワンタッチテント

ベランダにテントを張るスペースがあれば、手軽に設置できるワンタッチテントはいかがでしょうか?

テント上部のポールを持ち上げるだけで自動的にテントが立ち上がるため、簡単に設置することができますよ。

また、テント表面には防水・UVカット加工が施されているため、急な悪天候時にも安心です。

LEDランタン

ベランピングの雰囲気を盛り上げてくれるのは、本物の炎のような揺らめきが美しい電池式のLEDランタンライトです。

コロンとしたフォルムが可愛らしく、女性にもぴったりなアイテムです!テーブルの上に置けば、外の空間をぐっとムーディーにしてくれるでしょう。

Sengoku Aladdin 「ヒバリン」

「ヒバリン」は火鉢と七輪を掛け合わせた斬新なデザインで、ベランピングの中心として存在感を放つグリルアイテムです。カセットボンベ式なので炭を起こす必要がなく、ベランダで安心して料理を楽しむことができそうですね!

丸いフォルムもユニークでおしゃれなので、より非日常空間の演出効果が高まりそうです。

コールマン 「ロードトリップグリル」

本格的なベランピングBBQに挑戦したくなったら、アメリカの家庭で大人気のガスグリルがおすすめです。幅広いクックトップは大人数の調理にも対応し、取り外しができるのでお掃除も楽々です!

ローラーがついているのでベランダ内で移動させやすく、本格的なBBQを楽しむことができます。

ラタン調 ガーデン 3点セット

こちらは「ガーデンチェア2脚+ガラステーブル」がセットになった商品です。ラタン調のデザインは洋風で優雅な雰囲気を演出し、上品なベランピングにおすすめのアイテムです。

外に出しっぱなしにしておけるので、片付けなどの手間も省けますよね。「カフェのような雰囲気を出したい」という人にぴったりです。

LOGOS「コンパクトローテーブル」

キャンプブランドの定番として知られるLOGOSからは、まったりとくつろげるローテーブルが発売中です!

折りたたむことができるので使用しないときはコンパクトに収納でき、軽量なので使い勝手も抜群です。ローチェアと組み合わせれば、ベランピングをゆっくりと楽しめるでしょう。

オンウェー 「ローチェア」

こちらは、心地よい曲線が描かれた肘掛けと枕のついたハイバックタイプのローチェアです。ゆったりとしたサイズなので大柄の人でもリラックスしやすく、包み込まれるような座り心地が特徴的です。

抜群の座り心地で、音楽鑑賞や自然鑑賞、読書などのリラックスシーンに使ってみてください。

FIELDOOR 「ロッキングチェア」

ゆらゆらとした揺れを楽しむことができるロッキングチェアは、ベランピングのリラックスタイムにぴったりのアイテムです。

長時間座っても疲れにくいヘッドレストつきで、ベランダ空間を存分に楽しむことができそうです。

天然木 ウッドパネル 27枚セット

ベランダの雰囲気をガラリと変えたいなら、まずは「床材」をごっそり変えてみましょう!

ウッドパネルを床に敷き詰めるだけで驚くほどラグジュアリーな「ベランピング仕様」の空間に生まれ変わるので、ぜひ取り入れていただきたいアイテムです。

TRAIL HOUND 「キャンピングライト」

おしゃれな雰囲気にこだわるなら、LED100個を配列したキャンピングライトがぴったりです。 こちらのライトは屋外での使用もOKの防水仕様で、ベランピングのアクセントとしてもおすすめです。

カラーも5色から選ぶことができるので、ベランダの雰囲気や好みに合わせてチョイスしてみましょう。

ベランピングの注意点

バルコニー ホテル

ベランダで気軽にアウトドアを楽しむことができるベランピングですが、ベランピング人気が高まる中で「煙が臭い!」「騒ぎ声がうるさい!」といったクレームも寄せられているのは事実です。

そこでここでは、気持ちよくベランピングを楽しむために意識したい注意点をご紹介します。

過度な騒音を立てない

特に「隣の家が近い」「集合住宅に住んでいる」という場合、ベランピングを行うことによって周りの住民に迷惑がかからないように配慮する必要があります。

あまりに大きすぎる音量で動画を見たり音楽を聞いたりするのはもちろん、大声で長電話をするなどの行動も控えるようにしましょう。

BBQをする際は要確認!

ベランピングの楽しみのひとつといえばBBQですが、集合住宅などの場合はBBQによって発生する煙がトラブルの火種になることも少なくありません。

ベランダでは洗濯物を干しているところも多く、煙のニオイが洗濯物についてしまう可能性もありますよね。

ベランピングでBBQを行う際には周りの環境を考慮し、必要があれば室内で調理したものをベランダで食べるという工夫も行いましょう。

安全性への配慮も忘れずに!

ベランピング人気が急上昇するにつれ、問題視されているのは「BBQによる煙」「騒音」などの近所トラブルに目が行きやすいのです。しかし、さらに気をつけなくてはいけないのが「安全面」です。

特に高層階に住んでいる場合は、ベランダからの転倒を防ぐためにも「ベランダの安全性を定期的にチェックする」「子どもがいる場合は踏み台になるような物を置かない」などの配慮を必ず行ってください。


ベランピンググッズを揃えて気軽にアウトドア体験を!

「料理」「晩酌」「読書」「音楽鑑賞」など、ベランピングはアイデア次第で可能性がぐんぐん広がるアクティビティです。

安全性と周囲の住民への配慮を心がけ、楽しいベランピングライフを満喫してくださいね。

白根 鮎美 /
ビギナーズ編集部 ライター

独学で英語を勉強後、オーストラリアでは幼児教育の専門学校で勉強。帰国後は子ども英会話教室にて1歳から高校生への英会話を指導していました。また、サーフィン歴は10年以上、海を愛する2児のママサーファー。