更新

Kindleカバーおすすめ13選|選び方やおすすめの商品も紹介!

電子書籍専用リーダーであるKindle。果たしてKindleにカバーは必要でしょうか?それとも不要?紙のような読みやすさで最後まで使い切るためにはカバーは必須。ぜひつけてください。そのためのカバーの選び方とおすすめのカバーをご紹介します。
Kindleカバーおすすめ13選|選び方やおすすめの商品も紹介!

Amazonで購入した電子書籍ーKindleを読むため、電子書籍専用リーダーであるKindleを利用している方、多いのではないでしょうか。Kindleは電子書籍を読むことに特化している端末であるため、紙と変わらぬ読書感を再現してくれます。

さて、そのKindleですが購入時は本体単品のみとなっており、基本的にカバーは付属していません。まれに本体とカバーをセット販売していることもあります。しかし、そうではない場合は本体のみが手元に届き、「これってカバーをつけた方がいいの?」と購入者の頭を悩ませてくれます。

今回はKindleのカバーが必要な理由や選び方のポイント、おすすめのカバーについて解説していきます。

Kindle(キンドル)とは

kindle

Kindleとは、Amazonから発売されている電子書籍専用リーダーのこと。Amazonの電子書籍販売ストアーKindleストアで購入した本を読むことに特化した端末です。見た目は普通のタブレット端末と変わりませんが、Kindleには本を読むことに特化した機能が数々備えられています。

E Inkといった目に優しい電子インクを採用していたり、しおりやマーカーの機能がついていたりと読書好きには嬉しい配慮が盛りだくさん。そして、何より軽い。スマホやタブレットより軽いため、ストレスなく長時間の読書に耐えることができます。

Kindleで本を買うことが常となっている人にはぜひ購入を検討していただきたい端末です。これから本体を選ぶ方には、kindle端末のおすすめをこちらの記事でご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

Kindleにカバーは必要?

kindleとペン

さて、ここから今回の本題です。「Kindleにカバーは必要か?」問題。「乱暴に扱わない限り、本を読むことにしか使わないKindleなのでカバーはいらないのではないか」。スマホやタブレットを普段使っている方こそそう思ってしまいがちです。

しかし、Kindleはスマホやタブレットのようにはいきません。前述した通り、Kindleには電子書籍専用端末として、読書に特化した機能が兼ね備えられています。

この中の機能のひとつとして、ディスプレイには専用の高解像度ディスプレイが採用されており、それによって本物の紙に近い読み心地を実現しています。

それはスマホやタブレットの頑丈なディスプレイとは異なっており、またまた画面が割れてしまった状態ではせっかくのE Inkの特徴が無駄になってしまいます。

Kindleこそカバーを利用して割れないように扱うべきです。一度購入すれば繰り返し何冊もの電子書籍の読書を可能にしてくれるKindle。

初期投資はかかってしまいますが、電子書籍と紙の本の価格差を考えると、長い目で見ると回収できる投資です。ここを省いて後々後悔することがないよう、ベストなカバーを選択しましょう。

また、カバーをしていてもKindleを破損・故障させてしまうことあるかも知れません。そんな時のために入っておきたいのが「モバイル保険」です。

モバイル保険はKindleに限らずスマホやタブレット、ノートパソコンや携帯ゲーム機などを破損させてしまった際に、修理代金を保証してくれるモバイル機器専用の保険サービスになります。

モバイル保険については具体的に解説している記事も紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

Kindleのカバーの選び方

kindleと枯れ葉

ここでは、Kindleのカバーを選ぶ際に考慮してほしいポイントをご説明します。ぜひ参考にしてみてください。

機種・世代にあったサイズのカバーを選ぶ

Kindleのカバーを選ぶ上で、これが一番重要です。Kindleは、機種ごとにサイズが違っています。そのため、お手持ちの端末がKindleなのか、Kindle Paperwhiteなのか、Kindle Oasisなのかによって選ぶべきカバーは変わってきます。

また、Kindleの世代によってもサイズが違っていることがあります。Kindleは世代を重ねるごとに改良されており、その過程でサイズも変わってきています。

基本的にカバーの購入ページには対応している機種・世代が記載されています。自分の手持ち機種と合致しているかしっかりと確認した上で購入するようにしてください。

AmazonではKindleカバーの純正品も販売されている

KindleはAmazonが販売する電子書籍リーダーなので、カバーも純正品を販売しています。機種・世代にあったサイズのカバーは、純正品であれば間違いはありません。

ただ、純正品は価格がやや高めである点と重さがあるのが気になる点。kindle本体の価格と重量から考えれば、カバーの価格を抑えたい、軽量なものを選びたいという人もいるかと思います。純正品の安心感と高級感を重視したい方は、視野に入れてみてください。

軽いものを選ぶ

Kindleの特徴のひとつに「軽い」ということがあげられます。長期間の読書に耐えられるよう、できる限り軽量化されています。そこがタブレットではなくKindleを使って本を読むメリットのひとつです。

現在発売されているKindle Paperwhiteの重さは182グラム。一方、iPad Pro(Wi-Fiモデル)の重さは641グラム。約3.5倍もの差が重さにあります。

タブレットで読むより手首に負担がかからない、このKindleのメリットを活かすためにはカバーもできる限り軽量化することをおすすめします。あまり重いカバーを選んでしまっては、せっかく軽い端末を購入した意味が薄れてしまいます。

自分の使い勝手に合った付加機能を選ぶ

カバーには様々な機能がついています。例えばオートスリープ機能。こちらは本の様に開閉するカバーに備えつけられていることが多い機能です。

マグネット式のカバーを、まるで本を閉じるのと同じように閉じることで、自動でKindleの電源をスリープにすることができます。いちいちスイッチで操作しなくていい分手間が省けて楽ですよね。

カバーの留め方をチェック

カバーの留め方には、マグネット式やストラップ(ベルト)式があります。紙の本のような開閉感があるのはマグネット式です。ストラップ式はしっかり留まるので、バッグに入れて持ち歩いて使うときなどに、バッグの中で勝手に開くことがありません。

他にも、カバーにSuicaやクレジットカードを入れることができるポケット付きのものや、カバーに手のひらを差し込むことで片手でKindleを持ちやすくしてくれるホルダー付きカバーも。

カバーによっていろいろな機能があります。どのように使いたいか、持ち歩くことは多いかなど、自分のライフスタイルを考えて、使い勝手の良いものを選ぶようにしましょう。

デザイン性をチェック

Kindle本体はシンプルなデザインですが、Kindleのカバーには、様々な色、柄、素材のものが発売されています。デザイン性を重視して、自分らしくおしゃれを楽しんでみるのも素敵です。

自分の好きな色、デザインを身にまとっていると気分が上がりますよね。気持ちをポジティブに保つためにもデザイン性を重視することもいい事かと思います。

防水性、充電機能など見た目以外の機能もチェック

kindleカバーを選ぶとき、デザイン性や使用されている素材など、見た目でわかりやすい特徴から選ぶ方は多いと思います。

kindleカバーには、防水機能付きのモデルや、収納しておくと充電される機能など、一見しただけでは機能がわかりにくいものもあります。このような外観に出ない便利機能もチェックしておきましょう。

Kindleカバーのおすすめ商品|ライフスタイルに合わせて選ぼう!

kindleカバーと眼鏡

ここでは、おすすめのKindleカバーをご紹介します。

【全機種】Amazon純正品kindleカバーケース

はじめに、Amazon純正品のカバーをご紹介します。こちらは全機種分発売されています。AmazonでKindle本体を購入するページからリンクで飛ぶことができます。同時購入のおすすめ品にも出てきますので、機種や世代で迷う心配もありません。

Amazonの純正品はやはり一番Kindle本体へフィットします。「サイズが合わないかも…」なんて心配をする必要はありません。

値段がAmazon純正品以外のものを比べると若干お高めにはなっていますが、そこは安心料と割り切るべきでしょう。

Amazon純正品のカバーは、機種ごとに価格帯違いで数種類用意されています。例えば一番人気の機種であるKindle Paperwhiteでは3種類が発売中です。

素材の特徴
  • ファブリック:水に強いファブリック素材(color:チャコールブラック/マリンブルー/カナリアイエロー)
  • レザー:手触りの良い天然皮革(color:ブラック/メルロー/パンチレッド/インディゴパープル)
  • プレミアム:高品質な本革(color:ブラウン系)

それぞれの違いは素材です。上質な素材ほどカバーの値段も高くなっていきます。予算に合わせて選ぶようにしましょう。

【Kindle Paperwhite用】ATiC kindleカバーケース

おすすめポイント
  • 自動スリープ機能つき
  • ハンドストラップつきで落下を防ぐ
  • スタンド部分にはカードも収納できる

ケースを閉じると自動的にスリープ状態に戻ります。バッテーリーの無駄消費を防げます。

環境と体に優しい高品質なPUレザーとマイクロファイバーで作られて、染色しにくく長時間使用しても綺麗なままで汚れはしません。素晴らしい手触り感を与えられます。

落下防止のハンドストラップ付きなので、握力を減少し、手をハンドストラップに入り込んで広げたままでどこにも気軽に持ち運べます。

スタンド付きでテーブルに本を読みやすい角度に調節できて両手を解放させて本を読めます。カードスロット内蔵されており、銀行カードやレシートなどのような物を一時に保管できます。

注意点として、新発売したNEWモデルKindlePaperwhite2018第10代にしか適応しておりません。他の機種の場合には適用できないおそれがあります。

【Kindle Paperwhite用】CoBak Kindleカバーケース

おすすめポイント
  • 自動スリープウェイク機能付き
  • 防水PUレザー

最新版のKindle Paperwhite(2018年版)の為にデザインされ、最適な切り抜きと形状を誇ります。

ビルトインスマートカバーにより、Paperwhote電子リーダーがシームレスにロック/ロック解除されます。

磁気設計により、Kindle Paperwhiteのカバーを安全にしっかりと閉じる事を可能にし、デバイスを360度保護。

プレミアムな防水PUレザーの外部、耐傷性のあるマイクロファイバーが施された内部、クラシックなクロスパターンデザインが特徴的です。

【Kindle Paperwhite用】ECBB Palmo Kindleカバーケース

おすすめポイント
  • 落下防止つき
  • 耐衝撃性もあり、軽量

通勤・通学中で、片手に荷物を持っているときでも指1本通すだけでラクラク持てて落下を防止できます。快適に読書を楽しめますよ。

Palmoそのものも超軽量のため、本体に数%の重みが追加されるだけで、まるで何もつけていないような感覚です。

人間工学に基づいた設計のため、指を入れなくても持ちやすく、平置きしても安定するので、机の上で操作するときも使いやすさ抜群です。

Palmoの原材料であるシリコンは、耐水性、超軽量、柔軟性、耐衝撃性、耐環境性が高い、優れた素材です。

【Kindle paperwhite用】Infiland Kindleカバーケース

おすすめポイント
  • 手触りの良いPUレザー
  • 100gで14mmと軽量

高品質な合成レザーを採用しており、タブレット本体を衝撃からしっかり守ります。超質感カバー、防水性や耐衝撃性が優れています。

表は上質なPUレザーを採用しており、裏側は柔らかいマイクロファイバー、手触りも良くで、本体もきれいに保護します。

本のような開き方で、読む際はまるで一冊の本を開けたような実感になるはずです。

オートスリープ機能があるので、カバーを開くだけで自動的にKindle Paperwhiteが起動し、閉じるとスリープしますので、簡単に前に読んでいた続きを楽しめます。

【Kindle Paperwhite用】NEXARY Kindleカバーケース

おすすめポイント
  • 撥水性PUレザーで水や傷に強い
  • 360度の折り返しが可能な形状

カバーは360度の折り返しが可能な形状のため、読書時に持ちやすくなっています。

シボ加工を施したPUレザーを使用しているため、擦り傷などが目立ちにくくなっています。

PUレザーには撥水性があるため、ちょっとした水や汚れが付きにくいです。

【Kindle Paperwhite用】WALNEW Kindleカバーケース

おすすめポイント
  • 多機能(マグネット機能/オートスリープ/スタンド/ハンドストラップ/ペン用ストラップ付)
  • ケースに入れたまま充電できる

このKindle Paperwhite(第10世代)2018 Newモデルカバーは高品質なPUレザーとマイクロファイバーを材料として、心地よい手触りを与えます。

このカバーは多くの機能があります。マグネット機能付き、オートスリープ機能付き、スタンド機能付き、ハンドストラップ付き、そしてペン用のストラップも付いて、もっと楽にKindle Paperwhite第10世代を使えます。

一番下に1つの切り欠きがあり、Kindle Paperwhite 2018(第10世代)はケースを入れたまま充電ができ、カバーから取り出さずにスマートに充電できます。

【Kindle Paperwhite用】Palmo Kindleカバーケース

おすすめポイント
  • 落下防止
  • 衝撃に強い

iPhoneやiPadのカバーも製作しているPalmoのカバーです。こちらは落下を防ぐため、片手で軽々持てるよう設計されています。

もしうっかり落としてしまったとしても大丈夫!カバーに使われている素材は、アメリカ国防総省の落下試験に合格したものを使っているため、衝撃に強く保護性能は抜群です。

落とした時に欠けてしまいやすい角の部分は特に分厚く設計されているので、過去スマホの画面をバリバリに割ってしまった経験のある方はこちらでしっかり保護することをおすすめします。

【対応機種】すべての Kindle Paperwhite 第10/7/6/5世代 / マンガモデル

【Kindle Paperwhite用】WALNEWのKindleカバーケース

おすすめポイント
  • 薄型で軽量
  • オートスリープ機能付きのマグネット開閉で使いやすい

こちらは、シルクペインティング技術の鮮やかなカラーが目をひきますが、kindleカバーに必要な基本的な機能を備えたモデルです。

カバーを閉じると、Kindle Paperwhiteが自動的にスリープ、開くとスリープから解除されるオートスリープ機能付き。マグネット式の開閉なので鞄の中で勝手に開く心配がありません。

カバー外側は高級レザー調、内側はマイクロファイバーを採用しているので、画面を保護しながらきれいに保ちます。13mmの超薄型のため、持ち運びに便利です。

【対応機種】Amazon Kindle Paperwhiteバージョン(2012、2013、2014、2015、2016マンガモデル、第1/2/3/5/6世代)※Kindle Paperwhite (2018年第10世代)、Kindle (無印)、Kindle voyageまたはKindle Touchには適合外

【Kindle Paperwhite用】ATiC NEW-Kindleカバーケース

おすすめポイント
  • 160gと軽量
  • 角度を自由に調整できる

直立タイプのデザインで、角度を自由に調整できて、いい視角で本を読めます。

カバー内部材質はマイクロファイバーで、摩擦によって発生する傷を抑える、液晶に最高の保護です。

マグネットが付いているので、オートスリープが行われ、On/Off機能はボタンを押さなくてもすぐに使用できます。

人間工学に基づいた機能設計、ケースに装着したままでも高い操作性を確保!すべての機能ボタンにアクセス可能。

【kindle Paperwhite/Oasis用】V.M kindleカバーケース

おすすめポイント
  • 収納したまま充電できる
  • マウスパッドとしても使える

こちらはちょっと変わり種。本体に装着するカバーではなく、本体を収納するスリーブケースです。

「電子書籍を読むときは直接本体に触れていたい。でも移動時には本体をカバーしたい!」というわがままを叶えてくれる一品。薄型のポケットのような作りになっていて、端末本体をすっぽりとスリーブの中に入れることができます。

出し入れしやすく、収納したまま充電できるので、サッと取り出してすぐ使えます。マウスパッドとして使用することも可能です。

水や傷に強いタイプの本革で作られているため、保護力もありながら見た目もオシャレ。持ち運びするときには、ちょっと高級な手帳が鞄に入っているかのような雰囲気になりますよ。

実用性があって高級感があるのに価格はリーズナブルで、カラーもブラックからブラウン系まであります。こちらはKindle Paperwhite 2015~現行モデル(第10世代、第9世代、第8世代、第7世代)対応ですが、ケース自体はkindle Oasisなど他の機種対応のものもあります。

【Kindle Oasis用】Fintie Kindleカバーケース

おすすめポイント
  • 見た目がスタイリッシュ
  • オートスリープ機能、マグネット機能、スタンド機能付き

ずばり言ってしまうと、とてもスタイリッシュでオシャレ。持っているだけで気分を上げてくれます。人とはちょっと違うカバーがほしい方はぜひ見てみてください。

もちろん見た目だけでなく実用的な機能も実装されています。オートスリープ機能やマグネット機能、スタンド機能があるので使い勝手も抜群です。

【対応機種】 Amazon Kindle Oasis第10世代 2019 Newモデル/ 第9世代 2017専用

【ipad用】XIHAMA iPad mini保護カバー・ケース

おすすめポイント
  • Apple Pencilホルダー内蔵
  • 高級感を出しながら耐摩耗性あり

Apple Pencilホルダーも内蔵されていますので、鉛筆をしっかりとつかみ、紛失する問題を解決します。

快適なPUレザー素材で作られた外観は、綺麗で高級感のあふれる仕様となっております。耐摩耗性であり、清掃が容易で、デザインが良く手に馴染みます。

スリムで軽量、ブリーフケース、バックパック、スクールバッグまたは他のバッグに簡単にスライドすることができます。

学校に通ったり、仕事や旅行に行くときに持ち運びに便利です。

Kindleを利用するなら、KindleUnlimitedがおすすめ

KindleUnlimited

KindleUnlimitedは月額980円(税込)で電子書籍200万冊(和書12万冊以上、洋書120万冊以上)の読み放題ができます。小説や実用書だけでなく、漫画や雑誌もあり、幅広いラインナップから好きな本を読むことができます。

初めてKindleUnlimitedを登録する人対象に、30日間の無料期間があります。この無料期間を利用して、好きな本を読んでいってくださいね。

Kindle Unlimitedの無料体験をする

関連記事:アマゾンのKindle Unlimitedとは?メリット・デメリットやPrimeReadingとの違いも解説

まとめ

Kindleには本体を保護するためにカバーが必須。電子書籍専用端末というメリットを活かしきるためにも、画面は綺麗な状態で最後まで守り切りたいものです。

KindleのカバーはAmazonでKindle本体と一緒に購入することができます。まれに本体と純正品のカバーがセットになってお得な価格で販売されていることも。これからKindle本体を買う方は、セット商品が販売されていないか一度確認してみてくださいね。

ビギナーズでは、kindle端末の種類別の特徴や、おすすめの電子書籍端末をご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

水城みかん /
ビギナーズ編集部 ライター

家から出たくないばかりに在宅勤務可の外資へ転職したひきこもりOL兼Webライター。執筆ジャンルはダイエット、経理・税務、旅行、ライフスタイルなど。美くびれ目指して日々ジム通いのプロテインマニア。VR、ガジェットも好き。

ビギナーズTOPページ