更新

家庭菜園の魅力にハマり趣味にする人が続出!人気の家庭菜園に迫る

みっきー / ビギナーズ編集部 ライター

家庭菜園を趣味にする魅力を伝え、みんながハマる家庭菜園の栽培方法や特徴、おすすめの野菜を紹介しています。初心者から家庭菜園を始めて、現在は趣味として楽しむ方もたくさんいます。家庭菜園は何歳からでも始めることができる趣味で、続けるほど楽しみも倍増します。みなさんも家庭菜園を始めてみませんか?
家庭菜園の魅力にハマり趣味にする人が続出!人気の家庭菜園に迫る

日本人の半分以上が家庭菜園の経験者であることを知っていますか?

家庭菜園といえば、『畑で野菜を育てる重労働』というイメージがありますが、最近では様々な栽培方法で家庭菜園は楽しまれています。

また、老後の趣味に家庭菜園を始める方も多く、幅広い年代に親しまれていることがうかがえます。

今回は、初心者にこそ家庭菜園を趣味にしていただくために、その魅力をご紹介したいと思います。 まずは、家庭菜園とは何か、家庭菜園の魅力、3つの栽培方法別おすすめ野菜とその特徴をご説明します。

家庭菜園とは

ここ数年前から、家庭でも気軽に野菜や果実を育てることができる家庭菜園が人気となり、注目を集めています。

人気が出たことで、初心者の方でも始めやすい家庭菜園セットや、おしゃれで豊富なプランターを街中やインターネットでも見つける機会が増えました。

野菜を食べるためではなく、インテリアの1つとして室内での家庭菜園を始める方も多いようです。

ある調査によれば、日本人のなんと約半数が家庭菜園の経験者だそうです。
また、7割の方は3年以上も家庭菜園を続けていて、一度始めると長期的に楽しむ方が多いという結果が出ています。
(情報元:タキイ種苗株式会社

日本人の約半数以上が挑戦したことのある家庭菜園は、初心者の方でも気軽に始めることができるとわかりますね。
また年齢に関わらず、幅広い年代が長く続けていけるので、家庭菜園は趣味として始めやすいです。

家庭菜園の魅力

人気が高まっている家庭菜園にはどのような魅力があるのでしょうか。
今回は、人を惹きつける家庭菜園の魅力についてご説明したいと思います。

安心安全の新鮮な野菜が食べられる

自分が育てた野菜や果実は、もちろん収穫して食べることができます。

自分が農薬を使わずに栽培したら、無農薬栽培の野菜になりますし、さらに自分で投入する農薬の量を決めることができるため、過度の農薬を心配せずに安心して食べることができます。

例えば、大根の葉はスーパーに届くまでにしおれてしまうため、スーパーでは基本的に見ることはありませんが、自分で育てた大根ならば、大根の葉も新鮮なまま食べることができます。野菜本来の姿のままで食すことができるのは、家庭菜園ならではの魅力です。

作物を育てる喜び

畑で野菜を育てる場合、耕したり、肥料を自分で選んだり、芽を出すまでの作業も必要となり、大変なイメージが強いですが、自分で撒いた種が芽を出した日は何にも変えがたい嬉しさを感じることができます。
特に初めての家庭菜園で野菜が収穫できたときは食べるのがもったいなく感じるくらいです。

また、スーパーなどで簡単に手に入れることができる野菜を自分で作ることで、自然の恵みも感じることができます。

特に小さなお子様がいるご家庭では「野菜を育てる喜びを子供に感じて欲しい」と思い、家庭菜園を始める方も多いようです。

自分のこだわりが結果にでる

手間をかけた分、より質のよい野菜や果実を収穫することができます。

種類によってはもちろん手間をかけずに立派に育つ作物もあります。しかし、水やりをし、間引きを行うなど、栽培の過程でこだわりを持てば持つほど、より大きくより旨みの多い作物を収穫することができます。

大人になって始めた方にとっては、自分が行った工程が実を結ぶ体験を感じることができるため、一度ハマると抜け出せなくなる方もいるようです。

節約できる

どんな趣味でも始める際に気になるのは初期費用がいくらかかるかということだと思います。家庭菜園も、スーパーで買う方が手間なく、費用も抑えることができるのではという意見もあると思います。

しかし、最近では100円ショップで家庭菜園に必要なものは全て揃えることが可能です。例えば、プランター菜園であればプランターや野菜の種、土、肥料などの道具も全て100円ショップで購入できます。

特にプランターや土は、1度限りではなく繰り返して使うことができるので、家庭菜園を続ければ続けるほど、お財布に優しい趣味になります。

このように少しの工夫で初期費用を抑えながら、家庭菜園を十分に楽しむことができます。

リフレッシュすることができる

家庭菜園を行うとリフレッシュできると言われています。

都会で暮らしていると、なかなか自然と触れ合う時間はありませんが、家庭菜園では自然に触れることができます。

日光を浴びるだけでも晴れやかな気持ちになりますし、野菜の成長を見ることはとてもリフレッシュした気分になります。

何歳からでも始めることができる

家庭菜園は年齢に関係なく楽しむことができる趣味です。

後ほどご紹介する家庭菜園の栽培方法にもよりますが、畑を耕す必要がなく、家庭のベランダで野菜や果実を育てるプランター菜園という方法があります。 プランター菜園は、体力に関係なく、気軽に楽しむことができます。小さなお子様やお年を召した方でも挑戦しやすい菜園方法です。

また、家庭菜園は続ければ続けるほどスキルも上がっていき、初めは小さい野菜しか育てることができなくても、段々と大きなサイズの野菜を収穫することも可能になります。

長く続ければ続けるほど、自分の成長を感じることもできるので、やりがいが生まれると思います。

洋服レンタル|airCloset(エアークローゼット)

家庭菜園の3つの栽培方法のおすすめ野菜と特徴

ここまで読んでいただくと「家庭菜園をやってみたい!」と思っていただいた方もいるのではないでしょうか。
家庭菜園といっても形は様々ありますが、大きく3つの栽培方法に分けることができます。

今回は3つの栽培方法のおすすめ野菜と特徴をご紹介します。
選択する栽培方法によって特徴も変わってくるので、ぜひ自分に合った栽培方法を見つけてみてください。

キッチン菜園

家の中で気軽に始めたい方におすすめの方法が、キッチン菜園です。

プランターでなく、大き目のマグカップ程のサイズでも栽培することが可能なので始めやすいと思います。

置き場所は、日当たりのいいキッチンのカウンターや窓際の棚がおすすめです。ちょっとしたスペースに置けるのが嬉しいですね。
また、育てる野菜によっては土を使わない水耕栽培もできます。土を使うと小さな虫が発生することもありますが、水耕栽培であればその心配はありません。

キッチンで育てた野菜を、サッとちぎって料理に使うと、それだけでいつもの料理がおしゃれになりますよ。

最近では、インテリアの一部としてキッチン菜園を始める方も多いです。プランターの代わりにおしゃれなマグカップやアルミのバケツなどを使って栽培している方もいます。
せっかくお部屋に緑を飾るなら、食べることができる野菜を育てるのは賢い選択だと思います。

おすすめの野菜

  • ネギ
  • シソ
  • もやし
  • かいわれ大根

ベランダ菜園

初めて家庭菜園に挑戦する方におすすめなのが、ベランダ菜園です。

プランターで育てることができ、大きなプランターではなく、小さなプランターでも十分に野菜を育てることはできます。

プランターであれば、ベランダなどの小さなスペースでも家庭菜園を楽しむことができるので、マンションにお住まいの方でも気軽に始めることができます。

おすすめの野菜

  • ラディッシュ
  • 葉ネギ
  • 小松菜
  • バジル

プランター菜園にとってプランター選びはとても大切です。元気に根を張る野菜を育てるためには、プランターにある一定のサイズが必要となります。
プランター菜園におすすめの土作りやプランター選びなど、実際に始めるまでに必要な基本情報をまとめた記事があるので、ぜひご覧ください。

レンタル農園

畑は持っていないけど、本格的な家庭菜園に挑戦したいという方におすすめなのが、畑の一区画を貸してもらい家庭菜園を楽しむことができるレンタル農園です。シェア畑、貸し農園、市民農園などとも呼ばれています。

自分で畑を持っていなくても始めることができるのが魅力ですね。

レンタル農園の魅力は、家庭菜園の仲間ができることも挙げられます。同じ趣味・興味を持った者同士、初対面でも仲良くなれそうですね。

その他の魅力としては、レンタル農園のオーナーから栽培のコツも教えてもらえたりするので、初心者でも立派な野菜を収穫する可能性も高まります。
また、畑で栽培するため、野菜を育てる基礎基本の土作りから畝作り(うねづくり)までを学ぶこともできます。

  • トマト
  • キュウリ
  • にんじん
  • 大根
  • いちご

レンタル農園によっては、手ぶらで参加できる場所があるようですが、畑だけを貸していることも多いので、準備する道具については事前に把握しておきましょう。

また、土によって野菜の味が変わると言われるほど、土作りは野菜作りの要と言われているので、しっかりと学ぶことをおすすめします。

初心者でも簡単にできる土作りの基礎知識や手順、土作りに必要な道具を紹介しているので、土作りに興味がある方は下の記事をぜひ確認してください。


まとめ

家庭菜園の魅力は様々ありますが、自分が育てた野菜を食べることができることは大きな魅力ですよね。

キッチン菜園、ベランダ菜園、レンタル農園など自分のスタイルに合った栽培方法で家庭菜園を始めることができます。

普段の食卓をちょっと華やかにするキッチン菜園、プランターで気軽に始められるベランダ菜園、畑を耕すことから家庭菜園を楽しみたい方はレンタル農園など、栽培方法によってメリットや特徴も異なります。

楽しみながら作物を育てるのが一番なので、自分が一番わくわくする方法で気軽に始めてもらえたらと思います。

レンタル農園では、アドバイザーに教わりながら作物を育てることができるので、初心者でも安心できます。こちらの記事で詳細を解説しているので、ぜひ確認してみてください。

レンタルできる関連商品

みっきー /
ビギナーズ編集部 ライター

音楽と旅行が好きです。現地のおいしいものを見つけた時に幸せを感じます。最近はYOUTUBEの旅行Vlog(ビデオブログ)を見ることにハマってます。