更新

Jリーグ中継をネットで見るには?ネットで見るメリットも解説

この記事では、Jリーグ中継をネットで見るための方法について解説します。合わせてストリーミング配信サービスへの登録方法やネットで見るメリットなどについても取り上げているため、サッカー好きの方は参考にしてください。
Jリーグ中継をネットで見るには?ネットで見るメリットも解説

Jリーグの試合を自宅で見たいものの、どうやって見られるのかよくわからないという人は多いのではないでしょうか。この記事では、ネットでJリーグ中継を見る方法について解説します。

また、サービスの登録方法やネット視聴のメリット・デメリットについても詳しく解説しているため、Jリーグの試合をもっと見たい人はぜひ参考にしてください。

Jリーグ中継はテレビではほとんど行われていない

Jリーグの試合を見ようと思って、テレビの番組表で放送時間を探したものの見つからなかったという経験をしたことのある人は多いのではないでしょうか。

実は、2021年現在Jリーグの試合はテレビではほとんど中継されていません。

以前まではスカパーが優先放映権を所有しJリーグを放送していましたが、2016シーズンを最後に撤退しました。現在は後述するDAZNで中継が行われています。

ただし、テレビでの中継が全く行われていないわけではありません。現在では地方のテレビ局であれば、地元のJリーグチームの試合を中継することがあります。

また、地上波ではありませんが、NHK BS1でも各節1試合のみですが中継が行われています。

このように、Jリーグ中継はテレビではほとんど行われておらず中継されたとしてもJ1リーグが中心で、J2、J3が見られる機会はなかなかありません。

Jリーグの試合結果を伝えてくれるダイジェスト番組やサッカー好きな方におすすめの番組を下の記事で紹介しています。

気になる方は、地上波からインターネット番組までサッカー番組のおすすめの記事を参考にしてみてください。

ネットを使えばJリーグ中継が視聴できる

テレビでのJリーグ中継はほとんどありませんが、インターネットを活用すればJリーグ中継の視聴が可能です。ここでは、具体的な視聴方法を解説します。

DAZNはJリーグを独占配信

先ほども触れているように、スカパーがJリーグ中継を撤退した後は、DAZNが中継を行っています。JリーグはDAZNの独占配信となっているため、Jリーグの試合を視聴するのであれば、DAZN一択です。

DAZNでは、Jリーグ以外にも海外サッカーや野球、バスケ、テニス、格闘技など幅広いスポーツ中継を月額3,000円(税込)で提供しており、スポーツ好きな方にぴったりのサービスだといえます。

Jリーグに関しては、J1はもちろん、J2、J3も全て配信しているため、自分が応援しているJ2、J3のチームの試合や昇降格がかかった重要な試合なども全て視聴可能です。

さらにやべっちスタジアム、内田篤人のFOOTBALL TIME、JリーグジャッジリプレイなどJリーグを取り扱う番組も複数あるため、試合がない日でもサッカーを楽しむことができるでしょう。

そのほかにも、詳しくは後述しますが、ライブ中継だけでなく見逃し配信やハイライトも視聴できるため、自分の好きなタイミングで試合を見ることができます。

DAZNで観戦する

YouTubeはハイライト視聴が可能

YouTubeには、Jリーグ公式のYouTubeチャンネルがあり、Jリーグの試合を楽しむことができます。

こちらはハイライトのみの放送となりますが、試合の見所がコンパクトにまとめられているため、試合をフルで見る余裕がない、ゴールシーンを中心に見たい、自分が応援するチーム以外の試合も一応チェックしておきたいといった方にはYouTubeがおすすめです。

ちなみに、DAZNのYouTubeチャンネルでもJリーグのハイライトが視聴できます。

YouTubeであれば無料で視聴できるため、有料サービスに抵抗がある人でも気軽にネットでJリーグを楽しめるでしょう。

DAZNで視聴するには

ここからは、Jリーグの独占配信を行うDAZNに焦点をあて、DAZNでJリーグを視聴する方法や視聴時のポイントについて解説します。まだDAZNに登録しておらず、今まさに登録しようか迷っている、といった方はぜひ参考にしてください。

DAZNの登録方法

DAZNでJリーグを視聴する場合、サービスへの登録が必要不可欠ですので注意してください。

登録とは言っても、DAZNの登録は短時間で完了します。具体的な手順は以下の通りです。

point!
  • DAZNの公式サイトにアクセスする
  • 名前、メールアドレス、パスワードを設定する
  • 支払い方法を選択したうえで、情報を入力する

時間にすると1、2分程度で終わるため、ぜひこの記事を見ながら登録してみてください。ちなみに、支払方法はクレジットカード/デビットカード/PayPal/キャリア決済/コードとさまざまな方法が選択できます。

2つの端末で同時視聴が可能

DAZNに登録しアカウントを作成すると、1つのアカウントにつき同時に2つの端末で視聴することができます。

そのため、例えばパソコンでは自分が応援するチームの試合を観戦し、タブレット端末では順位争いのライバルチームの試合を観戦するといったこともできます。

すでに2つの端末で視聴しているにも関わらず3つ目の端末でアカウントにログインすると1つの配信がストップするため注意してください。3台以上での同時視聴を行いたい場合はアカウントを2つ以上用意する必要があります。

なお、登録台数に関しては1つのアカウントにつき同時に5つの端末を登録することができます。つまり、登録した5台の端末のうち最大2台で同時視聴できるということです。

DAZNで観戦する

海外に行くとJリーグは見られない

DAZNは現在、日本の他にもドイツ、スイス、オーストリア、カナダ、イタリア、アメリカ、スペイン、ブラジルでサービスを展開しています。ただし、日本で作成したアカウントは日本のみで利用できます。

海外に行くと海外のDAZNのチャンネルが反映されるため、Jリーグは見られません。

DAZNでJリーグ中継を視聴するメリット

ここでは、DAZNでJリーグ中継を視聴するメリットについて解説します。DAZNへの加入を決断しかねている方は、ここで取り上げるメリットを判断材料にしてください。

外出先や移動中でもチェックできる!

DAZNに夜ネット視聴最大のメリットは、インターネット環境さえあれば外出先や移動中でもJリーグの試合を楽しめる点にあります。

Jリーグは日中に行われる試合も多く、キックオフ時刻に外出中であるケースも少なくないでしょう。そのような時でもスマートフォンですぐに視聴できるためリアルタイムで試合経過を確認できます。

なお、外出中にスマートフォンで視聴することが多くなりそうな場合は、通信量を消費してしまうため、モバイルWi-Fiを用意しておくことで、気兼ねなく試合を楽しめます。

J1、J2、J3が全試合放送される

先ほども触れているように、DAZNはJリーグを独占配信しており、J1、J2、J3の全試合をライブで視聴できます。

全ての試合に実況と解説がついている点も嬉しいポイントです。自分が応援しているチームはもちろん、ライバルチームや初めて見るチームなどあらゆる試合を楽しむことができます。

ホームゲームは現地で観戦するものの、アウェイゲームには行けないといった人でも自宅でキックオフから試合終了まで観戦可能です。

特に昨今は新型コロナウイルスの感染拡大の影響でホームゲームであってもスタジアムに足を運べていない人もいると考えられるため、そういった時にDAZNでの視聴はぴったりです。

見逃し配信あり

DAZNはライブ配信だけでなく、試合終了後の見逃し配信も行っています。そのため、ライブ配信を見逃した方でも、後から落ち着いて観戦することが可能です。

また、1度見た試合を再び見直すことで選手のプレーに関する新たな発見や気づきが得られるかもしれません。そのため、サッカーをプレーしている人にとっても役立つ機能だと言えるでしょう。

ただし、見逃し配信には期限があるため、見直す際はできるだけ早めにチェックしてください。

ちなみに、ライブ配信を視聴している最中に巻き戻すこともできます。そのためゴールシーンや決定的なスルーパスなど、気になるシーンはいつでも戻ってチェックできます。

DAZNで観戦する

ネット視聴するときの注意点

ネット視聴を行う際にはいくつかの点に注意しなければなりません。ここでは、主な注意点について解説します。注意点を踏まえたうえでネット中継を楽しんでください。

インターネット環境が必要

当然ながら、ネット視聴するにはインターネット環境が必要となります。特に屋外でスマートフォンを使って視聴する場合、視聴時間が長くなるとあっという間に通信制限にかかってしまうでしょう。

そのため、試合はできるだけWi-Fiが利用できる環境で視聴することをおすすめします。また、先ほども触れているようにモバイルWi-Fiを用意することも1つの方法です。

バッテリー消費に注意

こちらも屋外で視聴する場合の注意点ですが、バッテリー消費には気をつけましょう。屋外でずっと試合を見ていて、気づいたときにはバッテリーが残り数%になっているといったことにもなりかねません。

そのため、屋外で視聴する可能性のある人は、モバイルバッテリーを用意することをおすすめします。

録画やダウンロードはできない

DAZNではライブ配信や見逃し配信は視聴できますが、試合を録画したりダウンロードしたりすることはできません。そのため、オフラインで視聴することもできないため注意してください。


まとめ

今回は、Jリーグ中継をネットで視聴する方法について解説しました。2021年現在、Jリーグはテレビ中継をほとんど行っておらず、DAZNでの視聴が中心となります。

ハイライトはYouTubeで無料視聴できますが、フルタイムの試合を見たい場合はDAZNへの加入が欠かせません。この点を踏まえたうえで、自分にあった視聴方法を選んでください。

サッカー好きの方は、必見。

サッカーJリーグを観戦の楽しみ方をこちらの記事で紹介しています。歴史や仕組みを知ることでより観戦を楽しめますよ。

Kzy Shibata /
ビギナーズ編集部 ライター

岡山県出身 フリーライター兼サッカー監督です。 「人間万事塞翁が馬」をモットーとしています。

ビギナーズTOPページ