更新

dブックの支払い方法について詳しく解説!注意点や変更方法も紹介

dブックの支払い方法について、詳しく解説しています。これからdブックを利用したい人や、dブックの支払い方法について気になる人はチェックしてみてください。利用できる決済方法や注意点、クレジットカードの変更方法などを紹介します。
dブックの支払い方法について詳しく解説!注意点や変更方法も紹介

dブックは、NTTドコモが運営している電子書籍ストアです。

漫画や小説など、60万冊以上の作品を取り扱っていて、お得なキャンペーンが充実しているのも魅力です。

そんなdブックで電子書籍を購入したいものの、支払い方法について迷ってしまう人も少なくありません。

そこで、本記事ではdブックの支払い方法について解説します。これからdブックを利用したい人や、dブックの支払い方法について気になる人はチェックしてみてください。

【8/31まで】dポイント還元率アップ大作戦開催中!

dブック本棚を充実させてdポイント還元率アップ大作戦

dブックでは、「新たな作品に出会う夏!本棚を充実させてdポイント還元率アップ大作戦」を開催中!

キャンペーン期間中に、本キャンペーンページにてエントリーし、対象作品を購入した場合に、購入冊数(1冊300円(税込)以上の作品が対象)に応じてdポイントがもらえるお得なキャンペーンです。

dブック本棚を充実させてdポイント還元率アップ大作戦

3冊の購入で5%ポイント還元、10冊の購入でポイント還元率はなんと20%に!エントリー必須なので忘れずにエントリーしてくださいね。

キャンペーン期間:2022/8/10~8/31まで

dポイント還元率アップ大作戦の詳細をみる

dブックで利用できる支払い方法

dブック本棚を充実させてdポイント還元率アップ大作戦

dブックでは、以下の支払い方法に対応しています。

dブックの支払い方法
  • 各種クレジットカード
  • dポイント
  • ドコモ払い
  • d払い残高

dブックの支払い方法について以下で詳しく説明していきます。

クレジットカード

dブックで利用できるクレジットカードは、以下の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS

どのクレジットカードも主要ブランドばかりで、ドコモのクレジットカードであるdカードも利用できます。

ただし、海外発行のクレジットカードは使えない点に注意しましょう。dカードで支払いをすれば、1%がdポイントとして還元されるのも魅力です。

また、対応しているクレジットカードでもエラーが発生する可能性があります。ブラウザから決済をするときは、キャッシュとCookieを消去してみてください。

さらに、クレジットカード情報の内容に誤りがないかチェックします。それでもエラーが直らない場合は、クレジットカードに問題が生じている恐れがあるので、クレジットカード会社に問い合わせてみましょう。

なお、デビットカードやプリペイドカードは利用できない場合もあります。

dポイント

dポイントは、1ポイントあたり1円で利用できます。

なお、ドコモ回線以外のAndroidもしくはiOS端末を利用している場合は、dブックのWebサイトから購入するときのみdポイントが適用される仕組みです。

また、dポイントは、dブックで電子書籍を購入すると貯まっていきます。

dポイントの付与対象の支払い方法は以下の通りです。

  • ドコモ払い
  • dカード
  • クレジットカード
  • d払い残高

購入金額100円(税抜)あたり1ポイントが付与されます。

さらに、dカードを使うと購入金額100円(税込)あたり、プラス2%分のポイントが加算されるのも魅力です。

dカードGOLDは年会費が必要ですが、スタンダードなdカードの年会費は無料です。お得にdポイントを貯めたい人はチェックしてみてください。

なお、dポイントを利用するにはdポイントクラブに入る必要があります。dポイントクラブは無料です。

ドコモ払い

ドコモ払いは、dブックの料金をNTTドコモの携帯料金とともに支払える方法です。

ドコモユーザーが対象となり、4桁のパスワードを入力するだけで手軽に支払えます。クレジットカードを利用しない人にぴったりです。

ドコモ払いを利用するには、spモード契約が必要。dブックだけではなく、Google PlayやApp Storeでのコンテンツ購入にも利用可能です。

ドコモ払いの利用金額が上限に達しているときには、利用できないケースがあります。なお、ドコモ払いの利用上限額は変更可能です。

また、新しく回線契約をした人や名義を変更した人は、しばらく利用できない可能性もあります。

d払い残高(旧・ドコモ口座)

d払い残高は、回線契約をしているドコモユーザーまたはdアカウントのユーザーが利用できる支払い方法です。

銀行口座・セブン銀行ATM・コンビニからチャージして支払いに使うことができ、決済が完了すると、即時に引き落とされる仕様です。

dブックの詳細をみる

dブックの支払いに関する注意点

ここからは、dブックの支払いに関する注意点について解説します。

dブックの支払いについて、気になることがある人は事前にチェックしてみてください。

電子マネーやコード決済は利用できない

dブックでは、電子マネー・コード決済・コンビニ決済・口座振替・銀行振込などは利用できません。

一般的に、SuicaやPASMO、楽天Edyなどの電子マネーは、非接触型の決済手段としてメジャーになりつつあります。また、PayPay・LINE Pay・Apple Pay・Google Payなどのコード決済もよく使われる方法です。

しかし、dブックでは電子マネーもコード決済も使えないので注意が必要です。ほかの電子書籍サービスと比較すると、支払方法の選択肢が少なく感じるかもしれません。

電子マネーやコード決済といった決済方法を普段から使っている人は、dブックではクレジットカードやd払い残高などを活用しましょう。

支払い方法を誤っても返金されない

万が一支払い方法を間違ってしまっても、返金されないので注意しましょう。

dブックの電子書籍は、デジタルコンテンツに該当します。デジタルコンテンツをダウンロードできる権利を提供されているだけなので、間違って購入しても返品できない仕様です。

支払い方法を変更したり、ポイントを返還したりすることもできません。

dポイント以外の支払い方法は併用できない

各種クレジットカード・dポイント・ドコモ払い・d払い残高といった支払い方法のうち、ほかと併用可能なのはdポイントのみです。

dポイントで電子書籍の料金を一部または全部を支払うことができます。一部にdポイントを充当する場合は、残りをクレジットカードなどで支払うことが可能です。

dポイント以外は併用できず、単独の支払い方法のみに対応しています。そのため、残高不足や上限額に注意しましょう。

ドコモユーザー以外はアプリから購入できない

dブックにはAndroid・iOSのアプリが存在しますが、ドコモと回線契約をしていない場合は、dブックアプリから電子書籍を購入できません。

そのため、ドコモユーザー以外はブラウザから購入する必要があります。dブックのサイトにアクセスするのが手間に感じる場合は、dブックをブックマークしたりホーム画面に追加したりすることをおすすめします。

dブックのサイトをホーム画面に追加する方法は、以下のとおり。

Android端末(Chrome)

  1. dブックのサイトにアクセス
  2. 画面右上のメニューをタップ
  3. 「ホーム画面に追加」をタップ
  4. 「追加」をタップ

iOS端末(Safari)

  1. dブックのサイトにアクセス
  2. 画面下部の共有ボタンをタップ
  3. 「ホーム画面に追加」をタップ
  4. 「追加」をタップ

疑問がある場合は問い合わせすることも可能

支払い方法について、dブックのマイページから問い合わせ可能です。しかし、すぐに回答を得られない可能性もあるので、疑問点についてよく確認したうえで問い合わせてみてください。

dブックのマイページ「決済履歴」から問い合わせできます。

以下の方法の場合、決済番号もしくは購入書籍名が「問い合わせフォーム」へ自動的に入力される仕様です。

決済に関する問い合わせの手順

  1. dブックの「マイページ」へアクセス
  2. 画面下部の「決済履歴」をクリック
  3. 対象の「決済番号」をクリック
  4. 「決済番号」もしくは書籍名をクリック
  5. 問い合わせ内容を入力し、問い合わせ

回線契約をしている人には、メール(メッセージR)で回答が届きます。また、回線契約をしていない場合はdアカウントに登録しているメールアドレス宛に届きます。

dブックの詳細をみる

dブックの購入・支払い手続きの手順

dブックの購入・支払いの手順は、以下のとおりです。

まず、dブックサイトのトップページにある検索バーから読みたい本を検索します。検索バーから探す以外にも、下にある「女性マンガ」「男性マンガ」のジャンルから探すことができます。

「鬼滅の刃」の検索結果が表示されるので、該当する本の表紙をタップします。購入した巻の作品をタップし、作品ページにある「今すぐ買う」ボタンをタップします。

購入確認画面に移るので、ポイントの利用や支払い方法などを確認し、問題がなければ、「購入する」ボタンをタップします。これで購入は完了です!

支払い方法を変えたい場合は、「支払い方法」部分をタップすると、その他クレジットカード払いやd払い残高での支払いを選択できるので、チェックを付けてこちらから変更してください。

購入が完了すると、「今すぐ読む」または「アプリで読む」から電子書籍を読めます。

dブックの詳細をみる

dブック支払いの登録・変更・削除方法

ここからは、dブックの支払い方法の登録・変更・削除方法について紹介します。

支払い方法は、クレジットカードが一般的です。クレジットカードの登録や更新については、購入するときの決済選択画面から行えます。

しかし、dカードまたはdマガジンに登録しているクレジットカードは更新できない仕様です。クレジットカードは、「My docomo」もしくは「dショッピング」から変更できます。

My docomoからクレジットカード情報を変更

My docomoからクレジットカード情報の確認、変更する方法は以下の手順で行うことができます。

My docomoトップページにある「ご契約内容」をタップします。ご契約内容のページに移るので、画面を下へスクロールします。

「お支払い方法」をタップすると、支払い方法の変更のお手続き画面に移るので、下の「お手続き入力画面へ進む」ボタンをタップします。

移ったページの画面を下にスクロールすると、クレジットカード情報の入力画面があるので、変更したいクレジットカードの情報を入力します。

変更したいクレジットカードの情報を入力して、その他、カード番号の表示についてや確認メールの送信先について選択したら、「次へ進む」ボタンをクリックします。

あとは入力内容等間違いがないか確認し、流れに従えば、クレジットカード情報の変更は完了です。

dショッピングからクレジットカード情報を変更

dショッピングからクレジットカード情報の確認、変更する方法は以下の手順で行うことができます。

  1. dショッピングにある「マイページ」をタップ
  2. 「クレジットカードの追加/確認/変更」から手続き

dブックの詳細をみる

dブックでお得に購入・支払うポイント

ここでは、dブックでお得に本を購入・支払うポイントについて紹介します。

dカードで支払う

dブックの支払いにdカードを利用すると、カード利用ポイントとして1%のdポイントが還元されます。普段お使いのクレジットカードももちろん使用できますが、dポイントを効率よく貯めるなら、dカードの利用をおすすめします。

dブックデーに購入する

dブックでは、エントリーするだけで毎月10・20・30日にdポイントが20倍になるキャンペーンを実施中です。全作品が対象で非常にお得です。

10日おきにポイント20倍のチャンスがやってくるので、この日に合わせて本を購入してポイントをGETするのもいいでしょう。

dブックの詳細をみる

dブックのキャンペーンやセール情報はこちらの記事で紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

dブックの支払いに関するQ&A

dブックの支払いに関するQ&Aを紹介します。注意点とあわせてチェックしてみてください。

クレジットカードの決済が失敗するのはなぜか?

クレジットカードの情報が、更新されていない可能性があります。

また、セキュリティコードが誤っているかもしれません。クレジットカードのブランドによって、セキュリティコードの記載場所が違う点に注意しましょう。

購入画面で時間が経過すると、セッションタイムアウトでエラーになることがあります。なお、何度も失敗していると、24時間支払いができなくなるリスクがある点に要注意です。

領収書は発行できるか

dブックでは、領収書の発行に対応していません。購入の翌日以降に、レシートメールが送信されます。

ドコモ払い・クレジットカード・dカード・DCMXでは、クレジットカード会社の利用明細書が領収書の代わりとなります。

また、d払い残高を利用した場合の領収書については、ドコモ インフォメーションセンターに問い合わせてみてください。

支払い日はいつ?

支払い日については、支払い方法によって違います。

ドコモ払いは、携帯電話の料金支払い日と同じです。dポイント全額払い・d払い残高は、都度支払いが生じます。

クレジットカード払いは、利用しているクレジットカードの支払い日と同じです。

なお、dブックで電子書籍を購入した日時よりも、支払いが遅く反映されることもあります。

返品・返金・ポイント返還・購入のキャンセルはできる?

dブックの商品はデジタルコンテンツのため、コンテンツをダウンロードできる「使用権」を提供している性質上、誤って購入された場合でも、返品、変更、コンテンツ利用料およびポイント等を返還することができません。

購入の前にタイトルや巻数に誤りがないことや、対応機種を確認してから購入するようにしましょう。

dブックの詳細をみる

まとめ

dブックで利用できる支払い方法や、支払いに関する注意点などについて解説しました。

dブックは、最大で3,000冊もの漫画を無料で読める人気のサービスです。キャンペーンもよく実施されているので、お得に漫画を楽しみたい人は試してみてください。

dブックの詳細をみる

今回、dブックの支払い方法について解説しましたが、dブックの使い方についてはこちらの記事でより詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ヒロキタナカ /
ビギナーズ編集部 tanaka

一橋大学大学院修了後、国のIT機関を経て独立。Webライターとして活動しつつ、オンライン古書店や選書サービスを運営しています。本、音楽、ガジェットが好き。

ビギナーズTOPページ