更新

バイオリンメーカーで人気なのはどこ?タイプ別おすすめモデルも紹介

菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター

この記事ではまず、人気のある大手バイオリンメーカーとバイオリンの選び方のコツについて紹介していきます。それらをしっかりと把握した上で、低価格・弾きやすさ・音色のよさでおすすめのバイオリンをそれぞれ比較しながら見ていきましょう。
バイオリンメーカーで人気なのはどこ?タイプ別おすすめモデルも紹介

バイオリンを素敵に弾きこなしているベテラン奏者は、誰から見ても憧れの存在です。

自分もカッコよくバイオリンを弾いてみたいと思いレッスンに通うことを決めたなら、まずはバイオリンの購入を検討しなければなりません。

しかし、バイオリンに指1本触れたこともない初心者である場合、

  • 「バイオリンで人気のあるメーカーはどこ?」
  • 「どうやってバイオリンを選んだらよい?」
  • 「おすすめのバイオリンはある?」

など様々な悩みや疑問が生じるのは当然です。

そこで今回は、自分の要望に合ったバイオリンをひと目で検索できるように、おすすめのバイオリンを低価格・弾きやすさ・音色のよさの3タイプ別に紹介していきます。

そのパートで紹介する商品の比較一覧表を見出し下に入れることにより、具体的に比較しやすくしているのがポイントです。

その前に、まずはバイオリンを製造している有名なメーカーや、バイオリンの上手な選び方をチェックしていきましょう。

バイオリンは製造国により特徴が異なる

バイオリンは、イタリアをはじめドイツやフランスなど、ヨーロッパを中心に世界各国で製造されています。そして、各国で製造されたバイオリンはそれぞれ特徴が異なります。

それでは、代表的なバイオリンの製造国とその国で作られたバイオリンの特徴を見ていきましょう。

イタリア

「バイオリンの神髄=イタリアの楽器」といわれるほど、イタリア製のオールドバイオリンには名器が多いです。

現代においてもバイオリン作りが盛んなのはクレモナ地方で、大マエストロであるモラッシーとビッソロッティを親方としたファミリーが形成されています。

イタリア製のバイオリンには、彼ら職人の手により丁寧に作られた手工品が多く見られます。

なお、モラッシーは力強く骨太の正統派イタリアン、そしてビッソロッティは繊細かつ知的で現代風な作りが特徴です。

ドイツ

17世紀初頭にイタリアからバイオリン製作が伝わったとされているドイツには、優秀な製作工房が多いです。

かつては世界中のオールドバイオリンやモダンバイオリンの90%をドイツ製が占めるといわれるほど、たくさんのマイスターが存在しました。

ドイツの伝統的なバイオリン製作法や技術は優秀なマイスターたちに受け継がれ、現在も手の届きやすい価格のよい楽器が多く作られています。

ただし、量産体制で製造されたお値打ちな楽器の一部には、褒められないものもあるので購入するときには注意が必要です。

フランス

フランス・ミルク―ルを中心に工房があるのですが、数はそう多くはありません。

フランス製のバイオリンは、1800年代に作られた「フレンチオールド」と呼ばれるバイオリンが多く取引されており、新作は少ないです。

その他ヨーロッパ

イタリアやドイツ、フランス以外でも弦楽器製作は盛んで、ベルギーやハンガリー、ポーランド、ルーマニア、チェコなどに多くの人気ブランドが存在しています。

しかし、知名度としてはイタリアやドイツには及ばないのが現状です。

日本

世界中のバイオリンの中でも、日本製のバイオリンは細部まで丁寧に仕上げられています。代表的なブランドは、ヤマハやスズキ、ピグマリウスなどです。

ただし日本には量産できる工場が少なく、どうしても製作コストがかさんでしまうため、お値打ちなものがあまり見られない印象を受けます。

価格は高額になりますが、外観の繊細さが素晴らしく性能面においての安心感は申し分ありません。

日本で人気の大手バイオリンメーカー

ここでは、日本を代表するバイオリンメーカーとして、ヤマハ、スズキ、ピグマリウスを選出しました。これから、各メーカーが持つ特徴を解説していきます。

これら3つのメーカーのバイオリンの性能はいずれも、優劣がつけがたいほどに優秀です。ただし、強いておすすめをいうのであれば、楽器業界において日本最大級の店舗数を誇るヤマハを推奨します。

バイオリンに何かトラブルが生じたとき、近くの店舗にすぐに駆け込めて対策を練ってもらえるからです。

ヤマハ

ヤマハは日本が誇る総合楽器販売店で、弦楽器専門店ではないもののバイオリンの品揃えが豊富です。

大手メーカーの製品らしくしっかりとした造りで、音色はいかにも優等生のバイオリンという感覚を受けます。長く弾いても飽きがこないのも、ヤマハ製バイオリンの特長です。

スズキ

スズキは国産初のバイオリンメーカーで、現在国内シェア30%を有しています。スズキ製のバイオリンは職人の手により丁寧かつ繊細に作られており、安心して使えるバイオリンだと評価が高いです。

なおスズキのバイオリンは、品番の「NO.」を見ればそのバイオリンのランクがひと目でわかります。

ピグマリウス

ピグマリウスは、ビオリーノ社が製造する国内屈指のバイオリンメーカーです。ストラディバリウスの研究を重ねた結果誕生し、プロの愛用者も多いといわれています。

モデルは本格派の「Flagship Series(フラッグシップシリーズ)」と、プレイヤーの好みで選べる「Entry Series(エントリーシリーズ)」があります。

バイオリンの選び方

この章では、バイオリンを購入するときに頭に入れておきたいポイントについて詳しく見ていきましょう。

バイオリンは値段や質はもちろんのこと、量産品と手工品の違いや作る職人の違いにより様々な個性を持っています。

そのためバイオリンを選ぶ際には、何を重視するかをしっかり決めておくようにしてください。そうすれば「買わなければよかった」と後から後悔せずに済むはずです。

実際に弾いてみる

バイオリンは工場で作られた量産品だとしても、音質の差が大きい楽器です。これから始める人は特に、実際に弾いてみて好みの音色を選ぶようにしましょう。

またネックや本体の大きさ、厚み、形状も様々なので、実際に手に取り自分の体や手に馴染む弾きやすいものかどうかもチェックするようにしてください。

145cm以下の子どもが弾く場合

小さい子どもが弾く場合には、子ども用のサイズ(分数バイオリン)が展開されているバイオリンを探しましょう。そしてお子さんの身長により、使用に適した大きさのバイオリンを選択してください。

身長別の分数バイオリン選択の目安を、次の表にまとめました。

身長 105㎝以下 105~110 110~115 115~125 125~130 130~145 145㎝以上
サイズ 1/16 1/10 1/8 1/4 1/2 3/4 4/4

このように一番小さいサイズは1/16、一番大きいサイズは4/4(通常の大人用フルサイズ)と表記されます。

価格帯で判断する

バイオリンといえば高価なイメージがありますが、安いものだと約10,000円から購入できます。

ただし、バイオリン本来の音色にこだわるのであれば、あまりに低価格な製品は音がよくない可能性があるのでおすすめできません。

目安として、最低でも30,000~50,000円くらいのものを選択することをおすすめします。

製造方法で選択する

価格が安価な工場品(量産品)と、高品質の手工品の2種類があります。手工品は安価なものでも30万円ほどするので、手が出ない場合は半手工品(約50,000円~)を選択するのも1つの方法です。

弓などのアイテムがセットになっているのがおすすめ

バイオリンを始める際には、楽器を入れるケースや弓、そして弓に塗る松脂などの付属品が必要になります。これから始める人は、必要なものがすべてセットになっているバイオリンを選ぶのがおすすめです。

価格が安いバイオリンのおすすめ3選

商品名 価格 サイズ展開 セット内容 製造(手工品など)
ニコロサンティ NSN60S 42,680円(税込/島村楽器オンラインストア価格) 4/4 本体・弓・松脂・ケース・肩当て 工場品
ハルシュタット 入門用バイオリン10点セット 11,100円(税込/Amazon価格) 4/4 本体・弓・ケース・松脂・ピッチパイプ・スペア弦・バイオリンスタンド・教則本・教則DVD・譜面台 工場品
STENTOR(ステンター) バイオリン アウトフィット SV-180 20,728円(4/4の価格・税込/Amazon価格) 1/4・1/8・3/4・4/4 本体・ケース・弓・松脂 工場品

バイオリンを選ぶときに重視するポイントは人により異なるので、3タイプに分けてそれぞれ解説していきます。まずは価格の安さを誇るバイオリンのおすすめ3選をチェックしていきましょう。

中でも、マイスター茂木氏による監修のもと製造された「ニコロサンティ NSN60S」は、かの有名なバイオリニストである葉加瀬太郎が大絶賛するほどコスパに優れた逸品です。

ニコロサンティ NSN60S

ドイツバイオリン制作マイスターの茂木氏が監修し、大人になってからバイオリンを始めたいというニーズにしっかりと応えてくれるお手頃価格の入門用バイオリンセットです。

低価格なバイオリンは合板プレス工法で作られることが多いのですが、板の変形によってよい響きが得られにくく、また長期間の利用にも耐え切れません。

しかしこちらは、優しく美しい音色を響かせるため「単板削り出し」という本来の削り出しの製法で製造されており、さらに鍛錬された職人が手作業で丁寧に微調整しています。

なお、世界的に有名なバイオリン奏者・葉加瀬太郎お墨つきのバイオリンとしても知名度が高いです。

実際に、これからバイオリンを始める人からバイオリン独特の優しくて豊かな表現力を求める人まで、幅広いレベルの人たちからの支持を一斉に受けています。

ハルシュタット 入門用バイオリン10点セット

演奏に必要なものなど10点が含まれている初心者入門セットです。教則本とDVDもついているので、弾き方や構え方を目で確認しながら覚えられます。

スペア弦がセットされていたり、セミハードケースに入っているため持ち運びも安全であったりと至れり尽くせりのこちらは、何と10点セットでおよそ10,000円という破格の安さです。

安価ではあるものの、そんな風には見えないアンティーク調の見た目をしており、また音色についても「初めてのバイオリンなら十分に楽しめる」と高く評価されています。

STENTOR(ステンター) バイオリン アウトフィット SV-180

イギリスで有名なバイオリンです。教育者や教師たちとともに長年研究を重ねた結果、手に取りやすい価格帯で教育にも使用できるバイオリンを製造することを可能にしました。

安価ながらも自社工場で生産することで品質を保持しており、現在ステンターのバイオリンは教師に推奨されるまでに至っています。

特に、SV-180はすべての素材にこだわり抜いたコスパの高いモデルです。妥協を許さず選別した材料の使用と美しいツヤを出した塗装により、上品さを醸し出しています。 

ReReレンタル|バイオリン

弾きやすさが抜群のバイオリンおすすめ3選

商品名 価格 サイズ展開 セット内容 製造(手工品など)
カルロジョルダーノ バイオリンアウトフィット VS-1 25,300円(4/4の価格・税込/Yahoo!ショッピング価格) 1/16・1/10・1/8・1/4・1/2・3/4・4/4 本体・弓・ケース 工場品
スズキ アウトフィット バイオリン No.230 51,800円(4/4の価格・税込/Amazon価格) 1/16・3/4・4/4 本体・ケース・ブランケット・松脂 工場品
Karl Hofner(カールヘフナー) School-Violin(#7) 122,100円(税抜/ガッキコム価格・6点セットの場合) 4/4 本体・弓・ケース・松脂・肩当て・ミュート(6点セットの場合) 記載なし

これからバイオリンを始める人にとって弾きやすいという点は、継続できるかどうかに関わる重要なポイントとなります。

次に紹介するバイオリンはいずれも、弾きやすい作りにこだわって製造されており、音の出しやすさも抜群に優れているものばかりです。自分が最初に持つバイオリンにふさわしいものを探してみましょう。

カルロジョルダーノ バイオリンアウトフィット VS-1

明るい音色に豊かな音量が特長のバイオリンです。特にVS-1は音を鳴らしやすいため、これからバイオリンを始める人たちから支持されています。また、全国のバイオリン教室でも多く採用されているのが現状です。

ケースのカラーには、ブラック、ピンク、ブルー、オレンジ、ライトブルーの5色が用意されています。さらに、リュック式と肩掛け式両方で持ち運べる仕様になっているのも嬉しいポイントです。

なお、カルロ・ジョルダーノのすべての製品は、経験を積み重ねてきた職人により1本1本丁寧に調整されています。

また、購入した後も長く演奏が楽しめるよう万全のサポート体制を整えているので、初心者でも安心です。

スズキ アウトフィット バイオリン No.230

老舗メーカーであるスズキのバイオリンの中でも、手頃な価格でありながらもしっかりした品質と使いやすさを感じることができるモデルです。

特に本体の板が厚めに製造されているので、よほどの力を加えない限り壊してしまうことはありません。そのため、バイオリンに初めて触れる人でも安心して練習を重ねることが可能です。

また素材だけではなく、演奏性にもこだわって作られています。音質および音量がしっかりとしており、音色も十分に満足できる実に万能なバイオリンなのです。

Karl Hofner(カールヘフナー) School-Violin(#7、 #11 、#12など)

カールへフナ―は、1887年創業のドイツの老舗弦楽器メーカーです。バイオリンをはじめ、チェロやコントラバス、またエレキベースやエレキギターなども製造しています。

なお、手がけているバイオリンは、演奏者の年齢や体形、熟練度により次の4種類に分類されます。

  • School Violin(スクールバイオリン)
  • Orchestra Violin(オーケストラバイオリン)
  • Concert Violin(コンサートバイオリン)
  • Master Violin(マスターバイオリン)

おすすめで紹介するのは「スクールバイオリン」です。スクールの名の通り、初学者向けに製造された安価なモデルで、新品の販売価格は10万円前後となります。

低い価格帯にもかかわらず厚い音響材から削り出す伝統的な工法が守られており、音量がしっかりと出るのが特長です。バランスよく弾きやすく、暖色系のドイツ系サウンドが楽しめる1挺です。

音色にこだわりたい人におすすめのバイオリン3選

商品名 価格 サイズ展開 セット内容 製造(手工品など)
ヤマハ Braviol(ブラビオール) バイオリンセット 73,131円(4/4の価格・税込/Amazon価格) 1/8・1/4・1/2・3/4・4/4 ケース・弓・松脂 手工品
ピグマリウス バイオリン VL100 110,000円(税抜) 1/8・1/4・1/2・3/4・4/4 記載なし 手工品
ローデリヒ・ペゾルト PA-801J バイオリン 140,000円(税抜) 1/4・1/2・3/4・4/4 本体のみ(※ケースと弓のセット価格/184,400円(税抜)) 完全手工品ではない

バイオリンを選ぶときには第一に形や色、仕上りなどの見た目に注目するのは当然です。ただし、そもそもバイオリンは楽器なのでそのバイオリンが奏でる音色も重要なポイントとなります。

これから紹介するのは、最初の1挺目から自分が納得できる音質を求める向上心の高い人でも十分満足できる、選りすぐりの3挺です。

ある程度曲が演奏できるレベルの奏者からも支持されているこれらのバイオリンを、ぜひ手に取って試してみてください。

ヤマハ Braviol(ブラビオール) バイオリンセット

こちらは初心者向けシリーズとして販売されているものの、職人による入念な手作業により丁寧に作られた手工品です。

音質に最もよいとされるオイルニス塗装仕上げで、高級感があります。また、テールピース(※1)一体型のアジャスター(※2)が4本の弦すべてに装備されているので、操作性も抜群です。

あちこちに細やかな配慮が施されているこちらのバイオリンが奏でる音色は、もちろん申し分ありません。「本物の音を奏でたい」との希望を満足させたい人にピッタリです。

(※1)テールピース:弦のエンドを止める部分のことです。

(※2)アジャスター:チューニング作業の補助として音程の微調節ができる、ネジ状のパーツのことをいいます。

ピグマリウス バイオリン VL100

熟練の職人によって仕上げられたピグマリウスの製品は確かな品質で、プロからの人気も高いです。

ちなみに、アメリカのジュリアード音楽院バイオリン科主任教授が、現在も活躍する世界的なバイオリニストにピグマリウスの使用を推奨したといわれています。

ピグマリウスのバイオリンの中でも、入門モデルとして販売されているスタンダードモデルのVL100は、クリアで柔らかい音が持ち味で演奏しやすいです。

価格・品質ともに初心者におすすめのVL100は、11万円ほどで購入できます。

ローデリヒ・ペゾルト PA-801J バイオリン

ローデリヒ・ペゾルトのバイオリンは、ニスや木材の品質、職人の技術レベルに重きを置いて作られている逸品です。なお、こちらのPA-801Jはシリーズの中で最も安価なモデルとなります。

長い年月をかけて乾燥させた木材による本体の仕上がりは、世界的にも評価が高いです。音の立ち上がりが抜群で芯のある華やかな音色は、ドイツのイメージとピッタリ重なります。

全体がアンティーク調の仕上げとなっているので、見た目でこちらのメーカーを選ぶ人も多いです。

また、テールピースには老舗中の老舗であるWittner(ウィットナー(※))を採用するというこだわりも見逃せません。

(※)ウィットナー:メトロノームの生産を行ってきた、ドイツのメーカーの名称です。120年以上の伝統を誇り、製品の信頼度の高さと最高品質により世界中から愛されています。 

バイオリンを選ぶときの注意点

バイオリンを選ぶ際には、価格だけで良し悪しを判断しないようにしましょう。比較的安価な量産品もしくは高額になる手工品、との概念のみで選別してしまうと後から後悔しかねません。

近年、量産品で価格が安いバイオリンが多く見られるようになりました。量産機に最新の技術が搭載されるようになったため、感覚のみで製作する職人によるよりも圧倒的に高い成果を出すバイオリンも増えています。

また、量産品は修理するときにパーツごとの職人が異なるので、手工品に比べてメンテナンスがしやすくなっているのも現状です。

一方、手工品の場合は作る職人が1人で、パーツも同じものがないのでそれをまた手作りしなければなりません。そのため修理に時間がかかることが多く、その分当然費用もかかります。

さらに、手工品のバイオリンは作っている職人の腕にすべてがかかっています。技術の低い職人のバイオリンは量産品よりも質が落ち、購入してすぐに修理が必要になるケースも少なくありません。

つまり、量産品は質が悪い、または高価な手工品ならよいという考えは禁物です。先入観にとらわれず、「自分の感性に合ったバイオリンを手に入れよう」と考えるようにしましょう。


自分好みのバイオリンを気持ちよく演奏しよう

これまで見てきたように、バイオリンを選ぶ際には実際に弾いてみたり価格帯や製造方法で判断したりなど、いくつかのコツがあります。

それは、価格が安いものが一番だとの考えを持っていたり、練習するときの弾きやすさを求めたり、またとにかく音色にこだわったりなどというように、人によりバイオリン購入の際に抱く要望が異なるからです。

つまり、バイオリンを購入するに当たり大切なのは、自分が何に重きを置くのかをじっくりと自己分析しておくことなのです。

バイオリン購入に関して自分が外せないポイントを把握した上で、バイオリンを上手に選ぶ方法を試してみてください。

的を絞りながら検索していけば、長い間愛用できそうなバイオリンを手に入れるのに費やす期間を確実に短縮できます。時間をかけずに自分好みのバイオリンを手に入れ、気持ちよく演奏していきましょう。

こちらの記事では、バイオリンレンタルサービスをご紹介しています。演奏会の一時使用や使用感を確かめる用途なども含め、高価なバイオリンも低コストでレンタルできます。

菅野辰則 /
ビギナーズ編集部 ライター

ネットショッピング歴は約20年!お得なものを見つけることが好きで日々のECサイトで掘り出し物の探しは欠かしません。コスパの良い初心者が趣味を始めるのに最適なアイテムをご紹介します。趣味はダンスと映画鑑賞