将棋の初心者が上手になるためにはどんなトレーニングが必要?

最年少棋士の活躍も話題になり、にわかにブームが起きつつある将棋。初心者向けの教室も増えているなど、裾野が広がりつつあります。初心者でもすぐに上達して、将棋を好きになれるおすすめトレーニング法について詳しく説明していきます。
アウトレット・ジャパン 将棋の初心者が上手になるためにはどんなトレーニングが必要?

「子どもに習わせたい習い事ランキング」の上位にも入っている将棋は、今や子どもから大人まで幅広く楽しめるボードゲームとして、定着しています。

「将棋は面白そうだけど、ルールが難しそうだしとっつきにくい」という初心者の方のために、将棋のエッセンスを短期間でつかめる簡単なトレーニング方法について、詳しく紹介していきます。

将棋を一生の趣味にして、人生をより豊かにしましょう。

将棋初心者がまず覚えたいこと

将棋にはたくさんの戦法がありますが、大まかに二つの戦法に分けられます。将棋の初心者はまず、この二つの戦法を覚えることで「攻撃の基本」を身につけられ、定跡に沿った闘い方ができるようになります。

将棋の代表的な攻め方である「居飛車」と「振り飛車」について、基本的な部分を初心者向けにお伝えしていきます。

初心者向きの居飛車

居飛車は、将棋の基本戦術の一つです。飛車をもとの位置からなるべく動かさずに、攻めの陣形を整えていくパターンで、序盤の陣形があまり複雑にならないため、初心者にも覚えやすいといわれています。

居飛車と相性のよい戦法としては、棒銀、一手損角換わり、穴熊などがあり、相手の出方を見て戦法を組み替えられるメリットがあります。

序盤の展開がわかりやすい振り飛車

振り飛車とは、序盤の段階で飛車を盤上の左側に移動させ、左辺から攻めていく戦法です。振り飛車は比較的ダイナミックな戦いになりやすく、合わせ技がうまく決まれば、早い段階で相手の陣地を壊滅させられます。

飛車をどの筋に寄せるかによって呼び方が変わり、先手番で7筋に寄せれば三間飛車、6筋であれば四間飛車、5筋なら中飛車戦法と呼ばれます。振り飛車では攻めが主体になりやすいため、「守りよりも攻めのほうが覚えやすい」という方に向いているといえます。

将棋初心者は囲いをきちんと作ろう

「攻撃は最大の防御」とはいいますが、将棋では攻めと同時に守備(囲い)も重要です。将棋初心者でも覚えやすい、二つの基本的な囲いについて具体的に見ていきましょう。囲いの基本をきっちりとおさえることで、将棋をよりスピーディに覚えられます。

定番の美濃囲い

金2枚と銀1枚をアルファベットの「Ⅴ」に似たかたちに並べ、銀の横に玉を置くのが美濃囲いです。美濃囲いは、玉が銀と金の2枚に隔てられる形になるため、横からの攻撃に強いという特徴があります。また、飛車に深く成り込まれて横から攻められても、耐久性を保てます。

美濃囲いには高美濃囲い、左美濃、銀冠、天守閣美濃などのバリエーションがあり、相手の攻撃形に合わせて、臨機応変に組み替えることがポイントです。

居飛車で使う矢倉囲い

居飛車と相性がよい囲いとして、矢倉囲いを覚えておきましょう。金2枚、銀1枚を逆側のL字のように配置し、上部の守りを強化する狙いがあります。矢倉はどちらかというと、縦からの攻めに強いため、相手も居飛車の陣形を採用した場合に、効果が高まるとされています。

プロの世界では「矢倉は将棋の純文学」などといわれており、中盤から終盤にかけて陣形が複雑化しやすく、タイトル戦で矢倉囲いを指しこなせれば、一人前とされているようです。

将棋初心者は手筋を覚えることが大切

自分なりの戦法を研究することも楽しみの一つですが、基本的な手筋を覚えることで、将棋のセンスをひと通り身につけられます。将棋の上達に役に立つ基礎的な手筋や戦法、攻め方のパターンについて、ひとつずつ解説していきます。

必勝パターンの王手飛車

将棋の基本的なルールとして、「王手をかけられたら、必ず玉のほうを逃がさなくてはならない」というものがあります。たとえば、「飛車と玉、次に手番がくればどっちも取れますよ」という位置に角などを置けば、「王手飛車」となり、飛車をほぼ無条件で取れるので圧倒的に有利になります。

ただし、飛車を取る一手の間はどうしてもスキになってしまいます。また、上級者になると王手飛車をかけられることを見越して、反撃の一手を用意しているパターンもあります。そのため、王手飛車を発見したからといって、油断しないようにしましょう。

歩を強くする垂れ歩

将棋では、金と玉以外の駒は、敵の陣地内(3段目以降)に入ると裏返り、成駒としてパワーアップできます。歩をあえて、いきなり敵の陣地内に打ち込まずに、4段目にひかえて打ち、次の手番でいつでも成れるようにしておくことを「歩を垂らす」、あるいは「垂れ歩」といいます。

ただちに敵の陣地を攻められるわけではありませんが、効果的な垂れ歩によって、と金(歩の成駒)を何枚もつくれれば強力な戦力となり、相手にとっても非常に怖い存在となります。

歩はと金になると、金と同じ能力をもちますが、取った時点でただの歩に戻ってしまいます。そのため、攻める側にとっては取られてもほぼノーリスクですし、相手から見れば取ってもほとんど得しないということになります。

香車で田楽刺し

香車の持ち味は、縦方向の攻撃力です。この能力を利用し、たとえば角と飛車が一直線に並んでいる筋に、香車を打って「田楽刺し」を成立させることも可能です。複数の駒が、まるで田楽の具になって串刺しにされたように見えることから「田楽刺し」と呼ばれ、初心者同士の対局ではよく見られる必勝パターンといえます。

田楽刺しの応用編として、「歩をたてつづけに打って、飛車の横の逃げ道をふさいだところで香車を1枚打つ」という戦法もあります。こうなると飛車は逃げ道を失い、取られることを待つしかなくなります。

桂馬のふんどし

駒が動ける範囲内に、相手の駒が入っていることを「利きに入っている」といい、同時に複数の駒が利きに入っている状態を「両取り」と呼びます。

変則的な動き方が特徴の桂馬は、両取りの名手であり、桂馬1枚で両取りをかけることを「桂馬のふんどし」といいます。桂馬の利きがふんどしのひものように見えることから、この呼び方になりました。

銀の割り打ち

銀は角と玉を除いては、左右の斜め後ろに下がれる唯一の駒です。この性質を利用し、斜め後ろに利きのない飛車や金の間に銀を打ち込み、両取りをかけることを「銀の割り打ち」といいます。

割り打ちでは、いわゆるタダ取りになるパターンは少ないのですが、相手の重要な守備を確実にはがせるので、ぜひとも覚えておきたいテクニックです。

将棋初心者が上達するポイント

基本の手筋を丸暗記するだけでは、将棋のテクニックを磨いたことにはなりません。初心者が上達するうえで、試しておきたいトレーニング法について解説していきます。

将棋の格言から学ぶ

将棋の格言には、先人たちの知恵や教えが詰め込まれています。たとえば、「桂馬は動ける範囲が限られているため、不用意に動かすべきではない」といわれます。しかし、理屈で

理解するよりも「桂馬の高飛び歩のえじき」と語呂合わせのようにして覚えたほうが、はるかに身につきやすく、実戦でも知識として役に立ちます。

  • 「遠見の角」
  • 「両取り逃げるべからず」
  • 「歩のない将棋は負け将棋」
  • 「馬は自陣に引け」
  • 「2枚換えなら歩ともせよ」
  • 「金底の歩岩より固し」
  • 「へぼ将棋、王より飛車をかわいがり」

等々、初心者も参考にできるユーモラスな格言はほかにもたくさんあるので、格言だけを集めた入門書をバイブルにすることも、面白いかもしれません。

指し手を相手の分も考える

現在も、第一線で活躍するトップ棋士は、修業時代に研究会などで将棋を指す際に、中盤になると先手と後手をそっくり入れ替え、立場を逆転させて対局を続けたそうです。

また、対局中も手詰まり状態になると、相手の側に回り込み、盤上を反対の立場から見たうえで、次の指し手を考えるというプロ棋士も少なくありません。

相手の指し手まで考えることこそが、つまり「手を読む」ということであり、初心者の人はまず3手先を読むことを目標にすることによって、先を読む力が向上します。

定跡を覚える

将棋には、何百年という歴史のなかで積み重ねられた、定跡が用意されています。居飛車、振り飛車、穴熊など、戦型別に膨大な量の定跡がストックされています。自分のスタイルに合った定跡を中心に、勉強することで確実に棋力が向上し、「勝ちたい」というモチベーションが高まります。

将棋専門サイトにアクセスすれば、あらゆる定跡やプロ棋士の棋譜が自由に閲覧できます。本格的な対局に移る前に定跡を予習したり、自分の棋譜を定跡と照らし合わせてみたりと、自分なりに試行錯誤を繰り返すことで、知識のストックを増やしていきましょう。

1手詰めから始めていく

将棋の楽しみは、対局ばかりではありません。一流のプロ棋士ほど、基本となる詰将棋トレーニングを大切にしています。

3手詰でも充分にシンプルなのですが、将棋を始めたばかりの方には、1手詰もおすすめです。1手詰を徹底的に解いていくことで「勝ち方の基本形」が身につき、初心者が実践でやりがちな「1手詰をうっかり見逃して負ける」というミスを減らせます。

自分のレベルに合わせた本を読む

初心者の人ほど上達をあせって、いきなり上級レベルの解説書に手を伸ばしてしまうものです。ただ、初心者が上級レベルの本をいきなり読んだところで、前提となる知識が乏しいです。結果、なかなか理解できずに、結局短期間で挫折して終わるというパターンになりがちです。

初心者のうちは基礎基本を大切にし、入門編の解説書から読みはじめると理解しやすく、「自分がどこを理解できていないか」ということを把握できるようになります。入門書を、ページがボロボロになるまで読み込んだら、次のレベルの本を買うというペースで、ちょうどよいのかもしれません。

感想戦をする

プロの対局でも、勝敗がついたあとは「感想戦」といって、対局を最初から振り返り、指し手の分岐点などを検討します。アマチュア同士でも、対局後に感想戦をすることによって、負けた側は「どの手が良くなかったのか」を学べます。また、勝った側にとっても、よりよい指し手を見つけられるという効果があります。

「100時間の実戦より1時間の感想戦」ともいわれるように、感想戦は特に初心者の上達にとって有効で、初対面と相手とのコミュニケーションを広げるチャンスでもあります。


将棋初心者の内は基礎を押さえた練習法が大事

まったくの将棋の初心者でも、基本をしっかりとおさえて地道にトレーニングを続けていけば、着実に上達できます。

実戦、詰将棋、定跡研究。将棋の上達パターンはひとつではありません。まずは将棋に触れてみて、楽しんで、もっと強くなりたいと感じたら、自分に合った方法で一歩ずつトレーニングを続けていきましょう。

菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター
菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター

ネットショッピング歴は約20年!お得なものを見つけることが好きで日々のECサイトで掘り出し物の探しは欠かしません。コスパの良い初心者が趣味を始めるのに最適なアイテムをご紹介します。趣味はダンスと映画鑑賞

関連キーワード