更新

車のシートクッションおすすめ3選|種類や選び方のポイントについて

長時間の運転で生じる体の疲労や痛みは、シートクッションを装着すればなくなるかもしれません。この記事ではおすすめのシートクッションについて詳しく解説していきます。旅行などで長時間運転する人や、運転による体の痛みに悩んでいる人向きの内容です。
車のシートクッションおすすめ3選|種類や選び方のポイントについて

旅行や仕事で長時間車を運転していると、首や腰が疲れてきたり、痛くなったりした経験はありませんか。

これは運転時の姿勢が不安定であることによって生じてくる問題なのです。家族や友達と楽しい時間を過ごすためにもどうにか解決したいですよね。

そんなときにはシートクッションを活用するとよいです。体の隙間をしっかりと埋められ、正しい姿勢にできるので体の疲労と痛みをなくすことができます。

今回はあなたにおすすめしたいシートクッションを紹介し、基礎知識なども解説していきます。

シートクッションの種類

車の運転で生じた疲れをとってくれるシートクッションですが、詳しくみていくといくつかの種類に分かれています。おすすめのものを紹介する前に予備知識として、ここではその種類を解説していきます。

あなたの運転での悩みを解決してくれるものがどれにあたるのかを考えながらみていってください。

お尻の下に敷くシートクッション

お尻の下に敷くシートクッションは長時間座っているとお尻が痛くなってしまう人向きです。座布団のような形をしており、お尻の下に敷いて使用します。簡単に設置できるのもメリットです。

購入する前に素材や厚さなどをよくチェックするようにしましょう。なぜなら長時間使用するので、あまりにも沈み込むものや、厚さが薄すぎる場合は敷いたとしても運転の快適さを損なってしまうからです。

体格なども関係してくるので一概にはいえませんが、座り心地がどうなのか確認し、適度に弾力があるものを選ぶとよいです。

背中に当てるタイプのシートクッション

運転の振動が気になったり、シートに体がフィットしていないなら、背中に当てるタイプのシートクッションが向いています。

背中にあてることで運転時の振動などが体に伝わるのを抑えられるので、運転の振動による疲労を軽減できます。中には姿勢を矯正できるものもあり、正しい姿勢のまま運転ができるので疲れを予防してくれます。

なおこちらを選ぶ際は、しっかりとフィットする低反発素材や、シートにしっかりと固定可能できるのか、通気性がよいメッシュ生地であるかを確認して選ぶとよいです。

首を固定するシートクッション

首や肩に疲れを感じる人は首を固定するタイプが向いています。

運転中はハンドルを長時間持ち続け、不安定な姿勢をしなくてはなりません。無意識のうちに力が入ることにより、首や肩に疲労がたまり、習慣化すると、今度は疲労が痛みへと変わっていくのです。

こうなってしまうと場合によっては病院に行く必要が出てきます。

ところがこちらを利用して首を固定すると、余計な力が抜けるため、首や肩筋の疲労や痛みをなくすことができます。快適で楽しい運転を行うためにも、首などに疲労があるならこのタイプを装着することをおすすめします。

なお首や肩を固定するため、汗などによって汚れていくことが考えられるので抗菌や防水など加工がされているものを選ぶのがよいです。

シートクッションを装着することのメリット

シートクッションを装着すれば運転による疲労や痛みを軽減できたり、うまくいけばそれらをなくせるかもしれません。

しかしメリットはこれだけではありません。ここでは他にどのようなメリットがあるのかを詳しく解説していきます。

クッション性があることで痛くなりにくい

車の運転を長時間行うと、首や背中、腰、お尻といった体の部位に痛みや疲労を感じることがあります。

これは運転する際の姿勢が理想の姿勢といわれているSラインからかけ離れてしまっていることで負担がかかり、疲労などの形で表れるのです。

そのためそれらの部位に適したクッションを挟むことで、姿勢を矯正し、理想の姿勢を保ち続ければ、余計な負担がかからなくなり、疲労などは感じなくなります。

特にすでに坐骨神経痛になってしまっている人には悪化を防ぐためにもおすすめです。

自分の好みの内装にできる

シートクッションは車の中に装着するものであるので、内装の1つとみなすこともできます。つまりメーカーや商品の色、デザインなどによっては内装全体の印象が大きく変わるということです。

例えば元々の車の内装と合うようなデザインのものを使えば、シンプルさを演出できるかもしれません。自分の好みのデザインのものを使えば、あなた独自の色を出すことができるのです。そう考えていけば、このことも大きなメリットといえるのではないでしょうか。

また車本体を汚さないようにもできます。例えば万一飲み物をこぼしてしまったときでも、シートクッションを敷いてあれば汚れません。車内をきれいに保てる点もよいですよね。

シートクッションの選び方

それではシートクッションの選び方について解説していきます。体に密着するもののため、問題ないものを選ぶことがポイントになってきます。

疲れやすい部分から選ぶ

運転時にはハンドルを持ち続ける必要や他の車の動きをミラーや目視で確認する必要があり、首や腰や背中、お尻など体のさまざまな部分が疲れやすくなっています。

対処していくには疲れやすいと感じる部分に合ったものを選んでいくと効果的です。

通気性がよく洗いやすいものにしよう

車にはエアコンが付いていますが、日差しがあれば直射日光を浴びることで汗をかいたり、運転動作によっても汗をかきます。シートクッションは密着して使うものなので、当然かいた汗はそちらにしみ込んでしまい、これが汚れの原因となってしまうのです。

また汚れは細菌が繁殖したり、匂いが発生する原因になるので、衛生的な観点からも汚れが付かないようにしていくべきです。

通気性がよいものを選び、洗いやすいものを選べば、清潔さをキープできます。この点からあなたにふさわしいものを考えてみるとよいです。

おすすめのシートクッション

具体的なシートクッションの選び方を理解しても、実際たくさんの中からどれを選ぶべきなのかよくわからないこともあるでしょう。

ここではそのような場合でも参考にしていただけるおすすめのシートクッションを3つ選びました。疲れにくく、通気性がよい人気の商品です。気に入っていただけたらぜひ購入してみてください。

Aoomiya 腰痛 クッション 車

「Aoomiya 腰痛 クッション 車」は背中から腰までのフィット感が特徴のシートクッションです。

そのフィット感のよさによって通常運転していると開いてしまう隙間を埋めてくれるので、長時間のドライブでも疲れにくくなっています。

またゴムバンドが上下についており、滑り止めも付いていることで、座席にしっかりと固定ができるので、運転や乗り降りでずれることはありません。

さらに、ファスナー仕様で通気性がよくできており、表面のカバー、インナーカバー、ウレタンという構造になっているため、汚れてきたら表面のカバーを洗ってしまえば清潔さを保てます。

価格はお手頃といってよいものであるので、うってつけのシートクッションです。

Big Ant 車用シングルクッション 通気性2PCクッション PUレザーシートクッション マット ストッパー付

「Big Ant 車用シングルクッション 通気性2PCクッション PUレザーシートクッション マット ストッパー付」は、2枚セットの座布団タイプのクッションです。

価格は3,000円ほどで実質1つ1,500円とコストパフォーマンスがよさが売りになっています。

またメッシュ素材とレザーによって構成されているため、通気性のよさと抗菌防臭効果を備えています。

裏面にはしっかり滑り止めがされているので、長時間座り続けていてもずれる心配はありません。前面にポケットが付いているので、小物を収納することもでき、機能的に作られてもいます。

VORQIT ネックパッド クッション

「VORQIT ネックパッド クッション」は長時間の運転で肩こりになりやすい人に向いている、首を固定するタイプのクッションです。頭から肩までしっかり密着でき、長時間の運転でもリラックスしながらできます。

固定ベルトが2カ所になっており、座席にしっかりと固定できるので、使用していてもずれないようにできています。また背もたれを倒したり、荷台で仮眠をとる場合にはこちらを枕代わりに使うことも可能です。

価格は2,000円を切っており、他の商品に比べてお手頃です。

シートクッションを装着する場合の注意点

シートクッションには疲労を軽減するなどのメリットがあるのですが、場合によってはシートクッションを装着することで生じるデメリットもあります。

ここではシートクッションを装着する場合の注意点を解説し、後悔しないためのポイントを紹介します。

シートの本来の性能が損なわれることもある

車に付属しているシートには運転時に体をホールドするための性能が備わっています。

ところがこれにシートクッションを設置してしまうと、高さが変わったりすることで性能が損なわれてしまい、運転時の体が不安定になることがあります。

メーカーとしてもシートクッションを設置することは計算に入れていないので、致し方ありません。したがってシートクッションがないことで起こる体の疲労や痛みと、シートクッションがあることで損なわれる安定性を天秤にかけて結論を出してください。

逆に疲れやすくなることもある

やわらかいタイプのシートクッションであると、体が沈み込んでしまい、結果として運転の際の姿勢が悪くなってしまいます。これが短時間の運転であれば問題ないでしょうが、長時間の運転などでは疲れてしまう原因となりえるのです。

したがって、長時間の運転ではシートクッションによって疲労や痛みが生まれることも十分考えられます。購入の際には、あなた自身の体に合った疲れにくいシートクッションを選んでください。


シートクッションを活用して快適なドライブをしよう

シートクッションには、お尻の下に敷くタイプや背中に当てるタイプ、首を固定するタイプの3つの種類があります。またシートクッションを装着すれば、クッション性により体が痛くなくなるなどのメリットがあります。

シートクッションの選び方については、運転していて疲れやすい部分に合うものから選んでいくとよいでしょう。

ただし人によっては装着することで逆に疲れやすくなってしまうなどのデメリットもあります。

紹介したシートクッションを参考にして、ぜひ快適なドライブを楽しんでください。

ビギナーズ 編集部 /
ビギナーズ編集部 ライター

趣味と出逢うメディアサイト「ビギナーズ」の編集部です。趣味を見つけたい方を応援します。

ビギナーズTOPページ