更新

サッカーのフェイントの種類は?フェイント練習のコツを解説!

この記事では、サッカーのフェイントに関してその役割から具体的な種類、フェイントを行う際のコツなどについて解説しています。試合でよく見かけるフェイントや初心者でも取り組みやすいフェイントも取り上げているので、ぜひ参考にしてみてください。
サッカーのフェイントの種類は?フェイント練習のコツを解説!

サッカーの試合で盛り上がるシーンの一つが、華麗なフェイントによって相手を抜き去るシーンではないでしょうか。

フェイントといっても、その種類は様々です。この記事では、フェイントの役割から主なフェイントの種類、さらには行う際のコツなどについて解説しています。

試合でフェイントを使えるようになりたい、相手を置き去りにしたい、という人はぜひ参考にしてみてください。

フェイントの役割は相手を惑わせるためのプレー

フェイントは、相手ディフェンダーを惑わせて、ドリブル突破やパス、シュートを狙うテクニックのことです。例えば、シュートすると見せかけて足を振りかぶると、相手は体を投げ出して守ろうとします。

ここでシュートを打たずに相手をかわしたうえで、次のプレーを行うのです。サッカーには様々な種類のフェイントがあり、フェイントをうまく活用できれば、大きなチャンスを作ることも可能です。

フェイントの種類

ここでは、サッカーにおける主なフェイントの種類について解説しています。実際の試合でも使えるものばかりなので、ぜひ練習して身に着けてみてください。

ボディフェイント

ボディフェイントは、上半身を主に使用するフェイントで、サッカーの中でも基本的なフェイントと言えます。ボディフェイントを行う際は、まず上半身を左右どちらかに揺らします。

相手ディフェンダーが上半身の動きにつられて重心が動いたら、それとは逆方向に抜けていってください。動作自体は上半身を揺らすだけというシンプルなものなので、サッカー初心者でも身につけやすいフェイントだと言えます。

なお、上半身を揺らす際は大げさなくらいにダイナミックに動かすようにしましょう。簡単なフェイントですが、実戦でも十分通用するものです。

キックフェイント

キックフェイントは、シュートやパスなどボールを蹴るふりをして、相手がその動作につられた隙に別の動作を行うフェイントです。

相手を突破するときはもちろん、ゴール前で行えば、相手ディフェンダーやゴールキーパーを騙すことができ、シュートチャンスにつなげることができます。

キックフェイントを行うときも、ボディフェイントと同じく動作を大きくして本当にシュートを打つように相手に思い込ませることが大切です。

シザーズ

シザーズはボールをまたぐ動作をして相手を騙すフェイントです。プロ選手もよく使用するフェイントであり、サッカーではおなじみと言えるでしょう。

行う際はボールには触れず、ボールを左右の足で何度かまたぎ、ディフェンダーの重心がずれた時に一気に突破します。動作自体はシンプルですが、ボールが動いた状態で行うフェイントであるため、いきなり行うのは難しいと言えるでしょう。

そのため練習の際は、まずボールが止まった状態でまたぐ練習を行い、足の感覚を掴むようにしましょう。当然ですが、またいでいる最中に足がボールに触れると失敗してしまうため、足の感覚をしっかりと磨くことが重要です。

ダブルタッチ

ダブルタッチも試合中によく見かけるフェイントです。行い方は、まず左右どちらかの足のインサイドでボールを横方向に動かし、その後逆の足のインサイドで前方向にボールを蹴り出すというフェイントです。

こちらも非常にシンプルなフェイトですが、狭いスペースでも有効であるため、ぜひ身につけておきたいところです。ダブルタッチは特に相手ディフェンダーがボールを奪いに来た時に効果を発揮します。

ボールを奪おうと相手が足を出してきた瞬間に、ボールを横に動かしその後前方方向に蹴り出すことで、相手を置き去りにすることができます。

行う際にはタイミングを見極めることが重要であり、相手が離れた位置にいる時に行っても効果はないため、何度も練習を繰り返すようにしましょう。

エラシコ

エラシコは、元ブラジル代表のロナウジーニョがよく行っていたフェイントです。アウトサイドでボールを外側に動かし、その直後に同じ足のインサイドで逆方向にボールを蹴り出し、相手を置き去りにします。

ポイントは、アウトサイドでのボールの押し出しから、インサイドでの押し出しにするに切り替えることです。足首の柔軟さに加え、ボールを扱う足を大きく踏み込むことがポイントになります。

練習で繰り返し感覚をつかむことで、試合でも使えるものになっていくでしょう。練習あるのみです。

逆エラシコ

逆エラシコはその名の通り、先述のエラシコの逆バージョンです。通常のエラシコがアウトサイド→インサイドでボールを扱うのに対して、逆エラシコはインサイド→アウトサイドの順でボールを動かします。

利き足で行うと、最終的に利き足側にボールを置けるので、ゴール前などフィニッシュに持って行きたい時に有効なフェイントだと言えます。

裏街道

裏街道は、相手ディフェンダーの背後に大きなスペースがある時に活用できるフェイントです。

行い方は、ディフェンダーの背後のスペースにボールを蹴り出し、自身は蹴り出したボールとは反対側を抜けて行き背後のスペースでボールと合流するというものです。

ボールをディフェンダーの右側に蹴り出したら、プレーヤーは左側から抜けて行きます。テクニックはそれほど必要ありませんが、ボールを蹴りだすタイミングと、スピードが鍵となるフェイントです。

クライフターン

クライフターンは、世界的なサッカー選手としてバルセロナやオランダ代表で、活躍したヨハン・クライフが生み出したターンのことです。先述のキックフェイントと合わせて行うフェイントであり、現代のサッカーでは一般的なフェイントとなっています。

行う際は、まず軸足をボールの横におき、キックフェイントを行います。キックフェイントの動作から連続して、軸足の後ろにボールを通して方向転換を行い、ドリブルします。

ボールは軸足の後ろを通すため、キックフェイントの際は、ボールよりもやや前方の位置に足を踏み込むのがポイントです。また、キックフェイント同様、動作は大きくするようにしましょう。

ヒールリフト

ヒールリフトは、かかとでボールを蹴り上げ、相手ディフェンダーの頭上を超えて背後にボールを落とすテクニックのことです。行う際のポイントとしては、かかとにしっかりとボールを載せることと、前のめりになるくらいの感覚で行うことです。

実戦で見かける機会はあまり多くはありませんが、うまく決まると非常に気持ちのいいプレーだと言えるでしょう。

ルーレット

ルーレットとは、円を描くようにターンして相手をかわすテクニックです。元フランス代表のジダンが行うマルセイユ・ルーレットが有名です。

行う際は、まず片方の足の足裏でボールを後ろ側に引き、軽くジャンプして足を入れ替えます。足を入れ替えた時には、相手ディフェンダーが背後にいる状態になっているはずです。

その後、入れ替えた方の足裏でボールを後ろ側に引いてターンし相手を抜き去ります。文字だけで理解しようとすると難しいので、動画と合わせてやり方を確認してみてください。

フェイントの練習方法

フェイントの練習をする場合、理想的なのは相手ディフェンダー役がいる状態で1対1や2対2などの練習を行うことです。

もし練習相手がおらず、1人で行う場合は、マーカーやカラーコーンを相手ディフェンダー役として見立ててフェイントをかけるようにしましょう。

フェイントの練習は広大なスペースがなくてもできるため、自宅の庭やちょっとしたスペースでも行うことができます。回数をこなすことで身につくものなので、粘り強く練習に取り組んでみてください。

フェイントを練習する際のポイント

ここからは、フェイントの練習をする際のポイントについて解説します。一朝一夕で身につくものではないため、ポイントを踏まえつつ、繰り返し練習するようにしましょう。

スピードを意識する

フェイントは、あくまでも相手ディフェンダーを騙してドリブル突破したりシュートを打ったりするために行うものです。

そのため、フェイントのスピードを意識して行うようにしましょう。ゆっくりとしたフェイントでは、相手を騙すことができません。

いきなりスピードを出した状態でのフェイントは難しいため、何度も繰り返し行い、体に動作を覚えさせるようにしましょう。

距離やタイミングを意識する

フェイントは相手との距離感やタイミングがぴったり合って初めて成功するものです。

距離が遠すぎるフェイントをかける意味がありませんし、相手との距離が近い状態でフェイントを行おうとすると、簡単にボールを奪われてしまうかも知れません。

相手がボールを奪いにくる瞬間を狙ってフェイントするのがポイントです。そのためにもしっかりと相手を見るようにしましょう。

リラックスした状態で行う

フェイントを行う際に、体に力が入りすぎると動きがぎこちなくなります。そうなると相手を騙すことができないため、フェイントをする際はリラックスすることを意識してください。

パスを受けてドリブルを仕掛け、自然な形でフェイントを行うのが理想的な形です。

ボールを受ける前の動作を意識する

フェイントは、相手の動作に応じて行うものであるため、視野を確保し、相手の状況を把握することが欠かせません。そのため、ボールを受ける前に首を振り相手の状況を確認するようにしましょう。

また、トラップしてボールを置く位置が悪いとスムーズにドリブルに移れないため、トラップも非常に重要です。


まとめ

今回は、サッカーのフェイントに関して、その役割からフェイントの種類、練習方法や練習時のポイントなどについて解説しました。フェイントをうまく行えるようになることで、実戦において大きなチャンスを作ることができます。

一方で、フェイントはすぐに身につくものではないため、何度も繰り返し練習し、体にやり方を叩き込むことが重要です。

また、こちらの記事ではトラップの種類と練習方法について解説しています。ぜひこちらもチェックしてみてください。

Kzy Shibata /
ビギナーズ編集部 ライター

岡山県出身 フリーライター兼サッカー監督です。 「人間万事塞翁が馬」をモットーとしています。

ビギナーズTOPページ