更新

サッカーのディフェンスの基本は?基本的なポイントについて解説

この記事では、サッカーのディフェンスにおける基本について解説します。守備のポイントやコツ、意識するべきことなどについて取り上げているため、守備力向上を図りたい人はぜひ参考にしてみてください。
サッカーのディフェンスの基本は?基本的なポイントについて解説

サッカーは相手に点を奪われなければ負けることはないため、ディフェンスは勝敗を左右する重要なものだといえます。一方でサッカーをしている人の中には、ポイントをおさえないまま、なんとなくディフェンスをやっている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、サッカーにおけるディフェンスの基本について解説します。どのような意識で行うべきなのか、ディフェンス時のコツなどを理解したい方はぜひ参考にしてみてください。

ディフェンスを行う際の基本的なポイント

まずは、ディフェンスを行う際の基本をしっかりとおさえておきましょう。

ここでは、ディフェンスの優先順位やポジショニング、姿勢、間合いなどについて解説します。また、グループで守備を行う際の基本についても取り上げているため、参考にしてみてください。

ディフェンスの優先順位

ディフェンスを行う一番の目的は失点をしないことです。しかし、失点をしないために行うディフェンスには優先順位があります。ディフェンスを行う際は、以下の優先順位を頭の中に入れて行うようにしましょう。

  1. インターセプトを狙う
  2. ファーストタッチの瞬間を狙う
  3. 前を向かせない
  4. 遅らせる

マークしている相手選手がボールを受けそうになった場合、まずはインターセプトを狙います。ここでインターセプトできれば、そのまま自チームの攻撃に転じることが可能です。

インターセプトができない場合は、相手がトラップする瞬間を狙いましょう。トラップが少しでも大きくなったり、浮いてしまったりした時は奪うチャンスです。

うまくトラップされてしまった場合は、できるだけ前を向かせないようにし、向かれてしまった場合は、少しでも相手の進行を遅らせるようにしましょう。

後述するように、ディフェンスはチャレンジ&カバーが基本となるため、遅らせることができれば、味方がカバーに回ってくれます。このように、ディフェンスを行う場合、何からするべきなのかがはっきりしています。

一方で、常にインターセプトが狙えるわけではないため、「インターセプトは無理そうだ」とわかった時は、すぐにファーストタッチの瞬間を狙うことに切り替える必要もあります。

ディフェンス時のポジショニング

ディフェンスを行う際は、相手の状況に応じて正しいポジショニングを意識することも大切です。

例えば、ボールを持っている相手と対峙する時は、相手が持っているボールと自陣のゴールを結んだ線上にポジションをとります。このポジションを取れば、シュートコースを限定でき、パスやドリブルも簡単にはできなくなります。

また、ボールを持っていない相手をマークする場合は、マークするべき相手とボールが同時に視野に入るような体の向きを作るようにしましょう。

ポジショニングを間違えると、自分はディフェンスをしているつもりでも、相手にとってはなんの脅威にもなっていない、といった事態にもなりかねません。

相手との間合い

ディフェンスを行う場合、相手との間合いを意識する必要があります。

例えば、相手との間合いが近すぎると、相手に簡単にかわされてしまうかもしれません。一方で、間合いを空けすぎると相手にプレッシャーがかからず、パスやシュートを容易に許すことになるでしょう。

間合いを取る際は、相手の自由を奪いつつ、なおかつ相手が仕掛けてきても対応できるような距離感を取ることが重要です。ただし、味方ディフェンダーの取る間合いをそのまま真似しても意味はありません。

これは、間合いを取る場合、自分の足の速さと相手の速さを考慮する必要があるためです。そのため、練習や実戦を通して自分はどのくらいの間合いを取るべきなのかある程度の目安をつけておく必要があるでしょう。

ディフェンス時の姿勢

ボールを持っている相手と対峙する時は、正しい姿勢を取らなければ相手に簡単に突破を許してしまいます。サッカーのディフェンスをする場合「半身」の姿勢をとることが原則です。

半身の姿勢は足を肩幅くらいに開き、片方の足を前方に出すことで取ることができます。また、膝は軽く曲げ、重心は体の中心に来るようにおき、体重は足の指の付け根付近にかけるようにしましょう。

半身の姿勢が取れれば、相手のドリブルに対してもクロスステップ対応できるため、スピードを維持しながら後方へ移動することができます。

一方で両足が揃った状態だと、相手の進行に対してバックステップで対応することになり、スピードが出ないため注意してください。

チャレンジ&カバー

現在のサッカーにおいては、ゾーンディフェンスが主流となっています。そのため、ディフェンスを行う際は、チャレンジ&カバーが原則です。

チャレンジ&カバーとは、ボールを持っている相手に対して、1人がプレッシャーをかけ、もう1人はプレッシャーをかけにいく選手の後方のカバーをするというものです。

もし1人目の選手が抜かれたとしても、後方にカバーがいるため、すぐに相手に対応することができます。なお、1人目の選手が突破され、2人目の選手が対応する場合、1人目の選手は2人目の選手の後方に回り、カバーできるようにポジションをとります。

ディフェンス時の意識

ここでは、ディフェンスを行う際に、どのような意識を持っておくべきなのか解説します。守備の前提となる考え方でもあるため、チェックしてみてください。

失点しないディフェンスを優先する

先ほども触れているように、ディフェンスの1番の目的は失点しないことです。そのため、失点しないディフェンスを第一に考える必要があります。

例えば、突破されるとピンチになるような状態で、一か八かでボールを奪いにいくようなディフェンスは望ましくありません。このような場合は、相手の進行を遅らせて味方のサポートを待つべきだといえます。

このように、失点の可能性を少しでも低くするようなディフェンスを心がける必要があります。

攻撃も意識する

サッカーにおいてディフェンスとオフェンスは表裏一体の関係だといえます。そのため、デイフェンスを行う際は、その後の攻撃のことも意識しておきましょう。

例えば、相手ボールを奪ったとき、相手の陣形が整う前に攻撃を仕掛けることができれば、大きなチャンスにつながるでしょう。

守備から攻撃へと切り替わる時は、うまくいけば大きなチャンスになります。相手の攻撃を防ぎひと段落するのではなく、すぐに攻撃へと頭を切り替えるようにしましょう。

ディフェンスのコツ

ここでは、ディフェンスを行う際のコツについて解説します。基本的なポイントですが、これができているだけでも、守備がかなり変わるため、ぜひ参考にしてみてください。

ディフェンスの基本はコンパクト

ディフェンスを行う際は、チーム全体が幅と深さを縮め、コンパクトな状況を形成することが大切です。

コンパクトな状態、つまり選手が密集している状態が作れれば、1人の選手が抜かれてもすぐに味方がカバーできるため、相手は突破が難しくなります。

また、コンパクトな状態であれば、前後の選手で相手選手を挟むこともできます。コンパクトな状態を作るにはチーム全体が同じ意識を持つことが重要です。

例えば、左サイドでディフェンスをしているからといって右サイドの選手は傍観していればいいというわけではありません。右サイドの選手がコンパクトな状態を作れていないと、そこにできたスペースを相手に使われるかもしれません。

コースを切るながらディフェンスする

ボール保持者にプレッシャーをかける場合、コースを切りながら対応するのがポイントとなります。コースを切るとは、相手がプレーする方向を限定することです。

例えば、ボールをキープしている相手選手の右側にディフェンダーが立つと、相手はディフェンダーを避けるために左側へと進むでしょう。このコースを切るという考えは、1対1の状況でも、チーム全体で守備をする際にも重要です。

もし、対峙する相手の利き足がわかっていれば、1対1の際に相手の非利き足の方向へプレーするように追いやることができます。非利き足でのプレーとなると、利き足に比べて精度が落ちると考えられるため、相手の脅威も軽減されるでしょう。

また、ディフェンダーが相手選手のコースを限定していれば、味方は相手が次にどの方向にパスを出すのか予測できるため、プレッシャーをかけにいくスピードもアップします。うまくいけば、インターセプトもできるでしょう。

このように、ディフェンスを行う際は、ただなんとなく相手の前に立つのではなく、相手がプレーするコースを限定させるようなポジショニングを取ることで、ボールを奪いやすくなります。

ディフェンスは頭を使う

ここまで解説してきたように、ディフェンスはポジショニングや相手との間合い、コースの切り方など、頭でしっかりと理解しておくことが重要です。

特にディフェンダーとして後方から指示を出す場合、どちらのコースを切って欲しいのか、前線の選手のポジショニングがずれていないか、など逐一確認しながらプレーすることになります。

これらのことをスムーズに行えるようになるためにも、まずはしっかりと基本を理解しておく必要があるでしょう。


まとめ

今回は、サッカーにおけるディフェンスの基本について解説しました。

ディフェンスを行う際は、優先順位を理解し、正しい姿勢や自分にとって適切な間合いを身につけるようにしましょう。また、闇雲に相手選手にプレッシャーをかけるのではなく、プレーするコースを限定させるようにしてください。

ぜひ、今回の内容を参考に、守備力アップに取り組んでみてください。

また、初心者の方向けにサッカーのポジションについて詳しく解説した記事もあるので、ぜひチェックしてみてください。

Kzy Shibata /
ビギナーズ編集部 ライター

岡山県出身 フリーライター兼サッカー監督です。 「人間万事塞翁が馬」をモットーとしています。

ビギナーズTOPページ