更新

オーボエケースおすすめ10選|ヤマハ・マリゴ・bam・ナホック

佐藤麗華 / ビギナーズ編集部 ライター

オーボエのおすすめケース10選をまとめました。リュック式ケースカバーやハードケース、シャイニーケース、リードケースを、ヤマハ・マリゴ・bam・ナホックを中心に厳選。かわいいオーボエケースを探している方や、安くて人気のリードケースを探している方も必見です。
オーボエケースおすすめ10選|ヤマハ・マリゴ・bam・ナホック

オーボエのケースには様々な種類があります。

オーボエを購入したときの付属ハードケースを使っている方も、別で購入したケースカバーを使っている方もいるかと思います。

不思議なことに、お気に入りのケースやケースカバーを使うだけで、練習を頑張ろうという気持ちになりますよね。

オーボエのおすすめケースやケースカバー、使い勝手の良いリードケースをご紹介します。

オーボエのケース・ケースカバーは必要?

そもそも、オーボエのケースやケースカバーは購入する必要があるのでしょうか?

ケースの必要性を考えたことはあまり無いかもしれませんが、オーボエをケースやケースカバーに入れるのには理由があります。

オーボエをケースに入れる理由

オーボエをケースに入れるのは、オーボエの温度や湿度を一定に保ち、良い状態で保管するためです。

オーボエは繊細な楽器なので、むき出しの状態で置いておくと、ヒビ割れの原因になりかねません。

ケースがオーボエを外気の変化から守ってくれる上、湿度調整のシートをケースに入れておくこともできます。

加えて、傷や汚れといった物理的衝撃からオーボエを守ることにもなるのです。

オーボエをケースカバーに入れる理由

オーボエのケースカバーとは、ケースを持ち運ぶためのハードタイプやソフトタイプのバッグのことです。

ケースがあるのになぜバッグに入れる必要があるのかと、疑問に思われるかもしれません。

オーボエケースをケースカバーに入れる理由は、オーボエの持ち運びが便利になるからです。

もちろん、ケースのまま持ち運ぶという方法もあります。

しかし、オーボエケースはオーボエを守ることに特化しているため、持ち手が短くて持ちにくいものが多いのです。

ケースカバーを使うことによって、リュックやトートバッグで肩にかけることができ、持ち運びがしやすくなります。

オーボエのおすすめケース・ケースカバー|ハード

ここからは、オーボエのケースとケースカバーを具体的に紹介していきます。

ハードケースとソフトケースに分けてまとめたので、用途に合った物を選んでみてください。

Bam(バム) ハイテックケース

Bam(バム)製のオーボエケースです。

外側にはレザー素材とアルミ素材、内側にはウレタンフォームを使い、軽量かつ丈夫なオーボエケースとなっています。

重さわずか1.3kgと、持ち運びにも便利な重さです。オレンジやパープル、ブルーといった個性的ながら落ち着いた色合いも魅力的です。

SKB オーボエケース

最もシンプルなオーボエのハードケースです。

中古でオーボエを購入してケースが付いていなかった場合や、ケースが壊れてしまった場合は、こちらのケースがあればまず安心です。

ただし、楽譜やリードケース等の収納スペースはあまり無いので、荷物が多い方は別途バッグを用意することをおすすめします。

C.C.シャイニーケースII

楽器ケースで有名なシャイニーケースのオーボエ版です。

シャイニーケースは豊富なカラーバリエーションが特徴で、なんと20色の中から選ぶことができます。

ストラップが2つ付いているので、リュックやショルダータイプにすることも可能です。

PROTEC(プロテック) セミハードケース

ハードケースとソフトケースの良いとこどりをしたのが、セミハードケースです。

ケース内側はオーボエが収納できるよう硬い素材でできていますが、外側はビジネスバッグのような素材になっています。

肩にかけて持ち運べる他、ポケット収納が多いので、お手入れグッズを入れておくのにも便利です。

オーボエのおすすめケース・ケースカバー|ソフト

持ち運びに特化した、オーボエのソフトケース・ソフトケースカバーを集めました。

NAHOK(ナホック) リュック式 ダブルケース

完全防水素材に温度調整機能がついたオーボエケースカバーです。

収納抜群なので、オーボエケース以外にもリードケースやスコアを入れることができます。

ハンドバッグとして持ったり、ストラップをつけてリュックにして背負ったりと、気分によって変えるのも良いですね。

NAHOK(ナホック) キャリートート

上述のNAHOKリュック式ダブルケースのトートバッグバージョンです。

防水機能はそのままに、より普段使いできる仕上がりになっています。シックな黒やビビットなピンク等、色合いも美しいケースカバーです。

minicial リュック レッスンバッグ

こちらのオーボエケースカバーは、収納力と日常使いに特化しているのが特徴です。

普通のバッグのようですが、バッグ内部が2つに分かれており、仕事用具と習い事用具に分けて収納できるようになっています。

レディースとなってはいますが、バッグパックのような見た目なので、男性でも問題なく使えます。

オーボエのおすすめリードケース

オーボエケース・ケースカバーと並んで持っておきたいのが、リードケースです。

リードを衝撃から守るだけでなく、湿度調整でリードの寿命を延ばすためにもリードケースは必需品。

ぜひこの機会に、オーボエケースと一緒に揃えておきましょう。

YAMAHA(ヤマハ) リードケース 3本

YAMAHA製の手のひらサイズのリードケースです。

あまり収納本数は多くないので、ここぞという本番のときに使う、ベストなリードの保管に適しているでしょう。

シンプルで洗練されたデザインも魅力的です。

スヌーピー リードケース 5本

スヌーピーの絵柄があしらわれた、5本収納のリードケースです。

そこまでリードをローテーションさせない方は、5本収納が丁度良いかと思います。

スヌーピーのリードケースシリーズは管楽器全般で発売されており、スヌーピーがきちんとオーボエを持っているところがポイントです。

マリゴ 木製リードケース 12本

フランスのオーボエメーカーで有名なマリゴの、オーボエリードケースです。

木製で高級感のあるデザインだけでなく、マグネット式で開閉しやすいのも特徴と言えます。

12本としっかリードも収納できるので、予備のリードやローテーションで使うリードも同時に保管可能です。


お気に入りのオーボエケースで演奏を楽しもう!

おすすめのオーボエケース・ケースカバー、リードケースをご紹介しました。

一口にオーボエケースと言っても、ハードケースやソフトケース、リュック式やトート式など様々な種類があります。

人とは違ったオーボエケースを探すのも良いですし、友人とお揃いにしても良いですね。

お気に入りのオーボエケースを見つけてオーボエを持ち運んで楽しんでください。

佐藤麗華 /
ビギナーズ編集部 ライター

大学時代は軽音サークルでベースを担当。カフェラテの摂取量に定評のあるカフェイン中毒。趣味はグルメ漫画とミステリー・SF映画鑑賞。