タダで家電をもらうor安く買う!単身の引越し費用節約術!

一人暮らし用の家電を無料・安くでもらう方法や節約術を記載しています。リサイクルショップ・オークション・ジモティー・AmazonWishlist(アマゾンウィッシュリスト)の利用から、単身赴任などにも役立つ解約料無料補償付の家電レンタルセットも紹介しています。
タダで家電をもらうor安く買う!単身の引越し費用節約術!

親元から離れての一人暮らしは、大人への第一歩。

ただ、一人暮らしには礼金や敷金、月々の家賃など想像以上の出費が重なります。

「なるべくなら家電は節約したい」というのが本音ではないでしょうか。

筆者の経験談を交えながら、タダで家電をもらう方法や安く買う方法について詳しく解説していきます。

良い家電に巡り合うためのポイントも紹介していますので、ぜひ新生活の参考にしてください。

一人暮らしに必要な家電

一人暮らしには、最低限以下のような家電が必要です。

<必要な家電一覧>

  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • テレビ
  • 掃除機
  • 炊飯器

スペースを取る冷蔵庫、一人暮らしではコンパクトな2ドアタイプがおすすめです。

炊飯器は2~3合、あまり自炊しない人は1.5合の炊飯器で充分です。

そのほかに必要な家電

周りがビルや建物に囲まれ日当たり悪いアパートやマンションは、室温が低くなります。

きちんと防寒対策のされていない物件もドアや窓からすきま風が入ってきます。

エアコンだけでは寒いと感じる部屋は、暖房器具(ホットカーペットやヒーター)もあると良いでしょう。

逆に夏場は室内の空気がこもり、暑くなる部屋は扇風機があると便利です。

タダで家電を手に入れるには?

タダで家電を手に入れる方法やデメリットについて解説します。

方法1.親せきや友人に譲ってもらう

タダで家電を手に入れるには、親せきや友人から譲ってもらうという方法があります。

お互いすでに信頼関係があるので、やり取りの際も安心ではないでしょうか。

<ポイント>

「最近引っ越したので、誰かに家電を譲ってもらいたい」と周りに話しておけば、どこからか声がかかる場合があります。

最近ではFacebookやInstagramを使って呼び掛けている方もいますね。

もし家電を譲ってもらったらマナーとして、菓子折りなどお礼の品を渡すと良いでしょう。

心を込めた手紙も添えて、感謝の気持ちを伝えましょう。

家電を譲ってもらう際に、お互い近所なら車で届けてもらえます。

ただ、譲ってくれる側が忙しく時間がない場合は、自分で引き取りに行きましょう。

筆者の場合は、譲ってくれた人が高齢のため自宅まで電車で取りに行きました。

そのときは大型のテレビを譲ってもらいましたが、買い物用のキャリーカートが活躍しました。

車が必要な場合はレンタカーも活躍しますよ。

家電を譲ってもらう際のデメリット

家電を譲ってもらったときの主なデメリットはこちらです。

  • 家電の設置は自分で行う
  • 家電が故障したときは自己対応する

洗濯機や冷蔵庫など、大型の家電の設置を自分で行う必要があります。

家電の説明書や保証書があれば、こちらも一緒にもらうのが良いですね。

万が一故障したときは、サポートセンターに電話するか修理に出さなければいけません。

炊飯器や掃除機など小型の家電は箱に入れて送れますが、タダで家電を譲ってもらったぶん送料は自己負担が望ましいです。

方法2.Amazonの「ほしいものリスト」を使う

さらにAmazonの「ほしいものリスト」を使うという方法もあります。

Amazonの「ほしいものリスト」とは、住所や本名を知られずに自分の欲しいものを送ってもらえるシステムです。

まず、Amazonにログイン→アカウントサービス→ほしい物リスト→リストを作成するという手順を踏めば品物を受け取ることができます。

ポイント

あまり高額な家電だと、プレゼントをあげる側は購入しにくいです。

電気ポッドや加湿器など比較的安くプレゼントしやすい家電を希望しておくと良いかもしれません。

安く家電を手に入れるには?

タダで家電を手に入れる方法をまとめましたが、タイミングによっては譲ってもらえないかもしれません。

安く家電を手に入れる方法についても解説します。

方法1.ネットのオークションで競り落とす

日本最大級のYahoo!オークションなどで、家電を競り落とす方法もあります。

インテリアに良さそうなレトロな家電や、新品同様の掘出し物が見つかるかもしれません。

Yahoo!オークション

方法2.リサイクルショップで見つける

リサイクルショップでは、一人暮らし用の中古家電を販売しています。

定価よりは家電が安くなっていますので、良いものは購入しましょう。

ポイント

リサイクルショップも何軒かまわってじっくり検討しましょう。

最初は希望していた家電が無くても、時間が経った頃に並べられているケースもあります。

諦めずに何回かリサイクルショップに足を運んでみるのが肝心です。

方法3.地元の掲示板や地域の情報誌を活用する

ジモティーのような中古品を譲りあい販売するサイトでも家電が手に入ります。

また、地域の情報誌にも家電の情報が載っているときがありますので、何回かチェックしておきましょう。

ジモティー

個人から家電を購入したときのデメリット

個人から家電を購入したときの主なデメリットはこちらです。

  • 取引でトラブルがある可能性がある
  • 家電の設置は自分で行う
  • 家電が故障したときは自己対応する

やり取りによりますが、個人で取引したときはトラブルが発生する可能性も多少はあります。

信頼できる出品者かどうかは、レビューを読むなどして見極めましょう。

そのほかのデメリットは、親せきや友人から家電を譲ってもらったときと同じです。

一時的に家電が欲しいときは?

急な転勤や単身赴任の多い社会人や在学中しか家電を使わない予定の学生は、1~2年、長くても4年と短期の一人暮らしの場合もあるでしょう。

そんなときは、家電をレンタルしてはいかがでしょうか。

ReReレンタルの「一人暮らし家電セットレンタル」であれば、万が一レンタル期間中に商品が故障しても、商品の交換や修理は無料で行っています。

また、レンタル期間満了前にレンタル商品を返却したい場合も解約料はかかりません。

オークションvs家電レンタルの比較

オークションで安く家電を購入すれば、ずっと家電を使い続けることができます。

家電の設置は自分で行い、もし使わなくなってしまったら家電の処分に手間やお金がかかります。

一方で家電のレンタルは、一時的にしか家電は使えませんが、自宅の設置は無料です。

また、家電を処分するための手間やお金もいりません。

オークションとレンタルでは大きく以下の違いがあります。

オークションは、入札までに時間がかかるがこだわりの品が見つかるので、ある程度時間に余裕があってじっくり家電を検討したい人向け。

家電レンタルは、ネットから注文でき家電の色やサイズは決まっている。(or選ぶ)ので、時間がなく家電をすぐ揃えたい人向け。

自分はどちらのタイプに当てはまるか選択してみてください。

単身家電がセットになった安くて便利なレンタルサービス

ReReレンタルの「一人暮らし家電セットレンタル」で単身家電をレンタルする料金は、4点セット(冷蔵庫/洗濯機/電子レンジ/テレビ)なら89,800円で1日当たり123円という計算になります。

こちらは2年間レンタルしたときの金額です。

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県の地域なら、往復の送料が無料のキャンペーンも行っています。

詳しくはこちらからご覧になれます!

見積もりは無料でできるので、気軽に問い合わせてみてくださいね。

ReReレンタルで家電をレンタルする

もし家電が揃わないときはどうすればいいの?

引っ越し当初はやることが多く、バタバタとしているかもしれません。

友人たちは自宅で洗濯をせずにコインランドリーで済ませ、お米を炊かずに市販のパックご飯を食べていました。

また、パソコンをテレビの代わりにしたという話も聞きました。

ただ、一人暮らしもしばらくすると雨の日にコインランドリーに行くのが面倒で「やっぱり洗濯機がないのは不便だな」と感じて、洗濯機を購入するようです。

引っ越しが落ち着いてきたタイミングをみはからって、少しずつ家電を揃えていけると良いですね。


まとめ

光熱費は毎月の固定費として発生していきます。

無駄使いしないように心がけましょう。

筆者は部屋の電気はこまめに消して、お風呂は小さなユニットバスだったのでお湯を少なめに入れていました。

ほかには、ご飯を多めに炊いて余ったら冷凍保存しておき食べるぶんだけ電子レンジでチンしました。

毎回ご飯を炊飯器で炊くよりも、電気代の節約になります。

賢く節約しながら、新生活を楽しく過ごしましょう。

一人暮らし家電レンタルセットの詳細はこちらに記載しています。

天野葵 / ビギナーズ編集部 ライター
天野葵 / ビギナーズ編集部 ライター

多趣味なコピーライター兼グラフィックデザイナー。趣味は料理と食べ歩き、ダンス鑑賞、素敵なカフェやギャラリー、銭湯めぐり。最近は洋楽と邦楽のhiphopを聴いています!

関連キーワード