人気の家電レンタル比較・おすすめレンタルサービス6選!

単身者が新生活を始める際、必要な家電を手軽に揃えられるのが家電レンタルサービスです。業者を選ぶ際には、品揃えや料金のほか、期間や配送エリアなども重要です。この記事では家電レンタルの基礎知識や注意点、おすすめの業者などを紹介しています。


人気の家電レンタル比較・おすすめレンタルサービス6選!

進学や就職、転勤などで新しい生活を始める場合、冷蔵庫やテレビなど、生活に必要な家電を揃える必要があります。そんな中、一人暮らしや単身赴任をする人から支持を受けているのが家電のレンタルサービスです。

家電を一気に買い揃えるとなると多額の費用が必要ですが、レンタルサービスをうまく使えば、より安いコストでワンランク高い家電を利用できます。

しかし最近は業者が増え、サービス内容も多様になってきたため、どの業者を選べばよいか迷ってしまう人もいるでしょう。そこでこの記事では賢いレンタルサービスの選び方や注意点、おすすめの業者を厳選してご紹介いたします。

家電レンタルサービスのおすすめ業者

では実際におすすめできる家電レンタルサービスをいくつかご紹介しましょう。

ReReレンタル

ReReレンタルの家電レンタルセットを見る

一人暮らし・急な単身赴任にも対応中のReReレンタルは一人暮らしセットだけでなく最短3泊4日からのレンタルにも対応しています。カメラやパソコン、電動工具やオーディオ機器など、ほかの業者にはない多くの商品を揃えていることが特徴です。また一般的な故障だけでなく盗難や火災などに備える補償サービスや、レンタル料に応じてポイントが貯まるサービスなども用意されています。レンタル品は全て新品、一部を除き、往復の配送料も全国無料となっています。

レンタルキング

レンタルキングのレンタルサービスを見る

最短2泊3日(セット商品は1ヵ月)から家電のレンタルができるのがレンタルキングです。レンタルされている商品は、全て製造から5年以内となっています。自社で配送する愛知、岐阜、三重の各県と関東・関西では、設置や回収にかかる費用や手配も、全てレンタル代に含まれています。それ以外の地域では設置作業などは借りた側が行うことになるので注意が必要です。

家電パッケージレンタル

 
家電パッケージレンタルのレンタルサービスを見る

家電パッケージレンタルの特徴は家電量販店のヤマダ電機と提携していることです。そのため最新の家電が安定してレンタルでき、故障した際の修理もヤマダ電機が対応します。配送料や、設置・回収料も一部を除き全国無料レンタル品は全て日本製の新品です。レンタルする期間は1年単位で最長4年。途中で解約すると料金がかかりますが、4年以降は、1ヶ月分の料金を払えば、そのまま買い取ることも可能です。

家具・家電のレンタル&リースサービス

 
家具・家電のレンタル&リースサービスのレンタルサービスを見る

こちらは大和ハウスのグループ会社が運営するレンタルサービスです。住宅メーカー大手のバックボーンを持つため、品揃えの品質が高く、それでいて料金は手ごろな価格に抑えられています。レンタル以外にリースにも対応するため、法人で利用する場合にもメリットがあります。

クロネコおまかせレンタル

 
クロネコおまかせレンタルのレンタルサービスを見る

宅急便や独身者向けの引っ越しで有名なクロネコヤマトが運営しており、引っ越しと同時に家電を届けてくれることが特徴です。配送料は全国共通で、4点以上をレンタルすると無料になるのもポイントです。レンタル期間は延長もでき、途中で解約しても料金はかからず、残金も返金してもらえるのも安心です。

かして!どっとこむ

 
かして!どっとこむのレンタルサービスを見る

創業35年の老舗で、業界No.1の品揃えを誇ります。新品と中古の商品をセットにして借りられることも特徴です。また実際に到着した商品を使ってみて違和感があれば、無料でサイズの交換もしてくれます。さらに掃除機のゴミパックなど、レンタルした商品の消耗品がなくなったときは、無料で届けてくれるなど、アフターサービスが手厚いのも嬉しいポイントです。

家電レンタルサービスとは

新生活において家電製品を一気に揃えようとすると、お財布に大きな負担がかかります。特に単身者の場合、結婚や転勤などのライフイベントが起き、再び引っ越しをするケースも多いでしょう。うかつに家電を買い揃えると、そうした時に無駄が発生してしまう可能性もあります。

しかし期間を決めて家電を借りることができれば、費用を安く済ませることができます。次に引っ越す機会が来ても、契約を終了させれば良いだけです。借りた家電は無償で引き取ってもらえるため、廃棄のコストもかかりません。

家電レンタルサービスを選ぶポイント

最近では家電レンタルを提供する業者も増え、サービスもかなり多様になってきました。そのため、自分の状況に合ったサービスを選べる反面、数が多いためにどこを選んだら良いのか悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで実際にサービスを選ぶ際、注意すべきポイントをいくつかご紹介いたします。

新居は対応エリアに入っているか?

最初に確認すべきは、自宅がサービスの対応エリアに入っているかです。大手は全国対応していることが一般的ですが、中には地元密着型の企業もあります。

対応エリアはレンタル業者のWEBサイトなどに明記されていますので、最初に確認してください。もし借りたい家電が決まって申し込みをしようとした時点で「エリア外」だと分かったら、それまでの時間が無駄になってしまいます。

レンタル期間は自分に合っているか?

次に必要なのが、レンタル期間の確認です。実はレンタル期間の設定は、業者によってかなりの違いがあります。年間契約や2年契約が基本の所もあれば、最短で2泊3日程度から借りられる所もあります。実際に使う期間をあらかじめ想定し、それに対応しているかどうかを確認しましょう。

また欠かせないのが、契約を途中で変更する場合のことです。初めに契約した期間よりも早く家電を返すことになった場合、途中解約や返金を受け付けているか?逆に契約を延長したくなった場合はどうなるか?なども確認しておくと良いでしょう。

借りたい商品はあるか?

日常的に使う家電の場合、機能やサイズ、使い勝手などが重要です。必要以上に大きなサイズを借りては無駄な出費になりますし、希望より小さすぎても困るでしょう。中には、色やデザイン、メーカーなどに好みやこだわりのある人もいるでしょう。

家電のレンタルでは、一般的にWEBサイト上で借りることのできる家電の情報を確認できます。また業者によっては、パソコンやカメラのレンタルも行っており、より充実した生活へのヒントにもなるでしょう。

料金プランや価格はどうか?

安く済ませるポイントは、単品ごとの料金だけでなく、業者が設定したプランも有効に活用することです。よくあるのは、冷蔵庫や洗濯機など3品~5品程度をセットにしたプランです。中には中古品を扱うことで料金を抑える業者もあります。

またレンタル料金以外のコストも無視はできません。レンタルする家電の数によって配送料が変わることもあります。また配送料やレンタル料に、家電の設置や回収の料金が含まれているかどうかも、業者によって異なります。

故障した場合の保証は?

最後に欠かせないのが、レンタルした家電が故障した場合の対応です。修理の手配がどうなっているか、代わりの商品に交換してもらえるのかなど、万一に備えて確認しておきましょう。

まとめ

このように家電レンタルサービスは、新生活にかかる初期コストを大きく削減してくれるとても便利なサービスです。利用にあたっては、あとで後悔しないよう、記事でご紹介したポイントを踏まえて各事業者が提供するサービス内容をよく調べましょう。とくに設置や解約に伴う費用については、表面的なレンタル料金だけ見ても分かりません。各社のWEBサイトなどでしっかり確認し、最終的にどのサービスが自分にとって一番良いかを見極め、より良い新生活のスタートを切ってください。

にっしー / ビギナーズ編集部 ライター
にっしー / ビギナーズ編集部 ライター

最近レンタルサービスに目覚めたアラサー。年をとるとともにお金の大切さが身に染みています。お得に日々の生活を楽しめるちょっとしたライフスタイルを皆さんにお伝えしていきます。