テレビの選び方と特徴を徹底解説|人気のおすすめモデルを知ろう

テレビ売り場に行くと、たくさんの種類のテレビが並べられていて、付いている機能も多くどればいいのかわからない、そんな人は多いですよね。ここでは、テレビの特徴やメーカーの特徴などを知って、お気に入りのテレビを見つけるための参考にして下さい。
テレビの選び方と特徴を徹底解説|人気のおすすめモデルを知ろう

テレビを選ぶときには、何を基準に選べばよいのでしょうか。

映像の美しさにこだわるのなら、有機ELテレビや4K、8K対応テレビが魅力的です。部屋の大きさに合わせて選ぶのであれば、目の疲れない距離を確保して選ぶとよいでしょう。

また、HDD内蔵のものや外付けのもの、画面を分割して視聴できるもの、ネットワークが利用できるものなど視聴すること以外にもたくさんの機能が付いているものがあります。

そのため、家電量販店に行ってもどれがよいのか、とても選択肢が多く迷ってしまう人も多いでしょう。ここでは、テレビの種類や特徴、メーカーの特徴などを解説しているので、お気に入りのテレビを探してみましょう。

テレビの選び方とポイント

構造の違いから選ぶこともできます。また、画面の大きさは、部屋の大きさに合わせて選ぶとよいでしょう。そして、解像度が高いほど映像は美しくなります。

テレビの構造の違い

液晶テレビと有機ELテレビに分かれます。

現在販売されているテレビの主流は液晶

家電量販店で販売されているテレビの多くは液晶テレビです。この液晶テレビは、バックライトとカラーフィルターとガラスでできています。

液晶テレビが発売されて長い期間が経っていることから、価格は比較的安く手ごろな価格のものが多いです。また、液晶テレビには、コンパクトなものから大型のものまで、サイズや種類が豊富にあるのが特徴です。

バックライトがあるため、厚みを薄くするのは難しく、設置するときには放熱させなければならないので、後ろにスペースが必要です。また、バックライトで照らすため黒浮きが起こります。そして、応答速度が遅いため動きの速い映像では、残像が残りぼやけることがあります。

液晶テレビはLEDになって寿命は長くなり、丁寧に扱えば10年はもつといわれています。

圧倒的な高画質が魅力の有機EL

有機ELテレビは、液晶テレビの次に主流となるテレビとして注目されているテレビです。カラーフィルターとガラスで構成されていて、バックライトがないのが特徴です。

バックライトがないため、より薄型になり軽量化されています。最大の特徴である圧倒的な高画質で鮮やかな色合いの画像を映し出すことができます。

そして、素子自体が発光するので、色のコントラストがはっきりとするため、黒をきれいに発色することができます。また、輝度が高く奥行があり立体感のある画像を楽しむことができます。

応答速度も速く遅延はほぼありません。そして、動きが早い映像もぶれることなく楽しむことができるため、スポーツやレーシング、ゲームを楽しむのに最適なテレビです。

しかし、まだまだ発売されて間もないことから、技術的に発展途中なこともあり、消費電力や価格に問題が残っています。

解像度の高さ

ここ10年でテレビの製造技術もかなり進み、同じ大きさのテレビでもフレームがスリムになり画面がかなり大きくなりました。しかし、一般的な家庭で選ばれるテレビのサイズは50V型までのサイズを選ぶ人が多いでしょう。

そして、このあたりのサイズなら、多くのメーカーから発売されていて、価格も安めのものから高めのものまで選択肢が広いのが特徴です。

また、40V型あたりのサイズのテレビを選ぶなら、フルHDの画質も4Kの画質もさほど違いはないといわれています。そのため家庭で普通の映像を楽しむのであればフルHDで十分だと思われます。

4KのテレビはフルHDのテレビの4倍の高画質で、とても鮮やかな画像で自然に近い色で映像を楽しむことができます。大型のテレビが主流なので50V以上を選ぶときの選択肢に入れるとよいでしょう。

そして、8Kのテレビが一番解像度が高く高精細な映像を見ることができます。国内で8Kチューナー内蔵テレビを発売しているのは、シャープだけです。まだまだ、発売されて間もないため、価格も高く種類も多くありません。そして、画素数がフルHDより下なのがHDです。

画面の大きさ

適切な視聴距離が確保されていないと、目の疲れを感じたり、首に疲れを感じたりします。そして、部屋の大きさやテレビを見るときの距離を調べて選ぶと、よりきれいな映像を楽しむことができます。

6畳ほどの部屋なら32V型より小さいサイズのテレビがおすすめです。このサイズならフルHDのテレビで十分精細な画像を見ることができます。また、6畳から12畳の広さの部屋だと、40~50V型を選ぶとテレビが見やすいです。このサイズだとフルHD、4Kどちらのタイプも選ぶことができます。

そして、12畳以上ある大きな部屋の場合には、50V型以上の大型のテレビがよいでしょう。このサイズになると4Kテレビの方が、より鮮やかできれいな画像を楽しむことができます。

どのような機能が搭載されているか

画像などのほかにテレビを選ぶときには、付随する機能も気になるところです。リモコンで音声検索ができるものや、複数の番組を同時に楽しみながら録画できるテレビもあります。

また、画面を分割して視聴できるものやスマホに専用のアプリを入れることで、テレビで録画したものが見れるなどさまざまな機能が付いたものがあります。そのため、テレビを選ぶときには機能も確認しながら選ぶとよいでしょう。

テレビのおすすめメーカー3社

シャープは液晶パネルの開発に強く、ソニーは音響にも定評があるテレビを作っています。パナソニックや東芝も美しい映像のテレビを販売しています。

臨場感あふれる音響が魅力ソニー

オーディオ機器でも有名なソニーは、「BRAVIA(ブラビア)」のシリーズが販売しています。ソニー独自で開発した超解像エンジン「X-Reality PRO」と「X1 Ultimate」を搭載することで、コントラストがはっきりとした高画質の美しい映像を映し出すことに成功しています。

また、音にもこだわって作られているため、スポーツ観戦や映画、ライブなどを楽しむには適したテレビです。そして、Android TVが付いているモデルでは動画やゲームを楽しむこともできます。

圧迫感のないおしゃれなスタイルも魅力の一つです。ネットワークサービスに対応しているモデルや音声検索ができるモデルもあります。

幅広いラインナップを展開するパナソニック

2017年に初めて日本国内向けの有機ELテレビを発売したパナソニックには、「VIERA(ビエラ)」があります。そして、小型の防水テレビや有機ELテレビなどさまざまな種類のテレビが販売されています。

視聴中に裏番組の録画をすることができるダブルチューナーのものや、「スマートTVアプリ」でネット動画やゲームができるものもあります。

そして、別の部屋にあるディーがやビエラで録画したものを見れる「お部屋ジャンプリング」など、使いやすさを追求した便利な機能がたくさん用意されています。

IPSパネルを搭載しているモデルは、正面からでも横からでもきれいな画像を楽しむことができるのも特徴です。

ビビットな画質が特徴のシャープ

「AQUOS(アクオス)」で有名なシャープは、液晶パネル作りに精通した会社で「4原色技術」を使い、自然で豊かな色を出すことで映像による目の疲れを軽減しています。

そして、「UV2A技術」の高い応答性と「リッチカラーテクノロジー」により、色鮮やかでビビットな発色の画像も楽しむことができます。

同時に2つの画面が視聴できる機能や、ダブルチューナー、無線LAN内蔵のテレビなど便利な機能がたくさんそろっています。また、スイートベルスタンドでテレビの画面を左右に自由に動かすことができるものもあります。

そして、8Kチューナー内蔵テレビを発売しているのは、現在はシャープだけです。

充実の録画機能が魅力の東芝

「REGZA(レグザ)」のシリーズを展開する東芝は、東芝独自の映像処理エンジン「レグザエンジン」を搭載し、動きが滑らかで艶やかな映像が特徴です。そして、瑞々しく柔らかな肌を表現する美肌高画質機能があります。

東芝の「タイムシフトマシン」機能は、途中から見始めた番組を最初から見ることができたり、見逃した番組もすぐ再生できます。

そして、「まるごとチャンネル」では、同時に6つの放送中の番組を表示することができます。また、チューナーの数を増やすことで、同時に複数の番組が録画できる便利な機能付きのモデルもあります。

そして、高画質処理機能付きでテレビゲームをするのにぴったりのモデルもあります。この機能により映像の遅延を減らすことができるので、タイムラグによるストレスが軽減されています。

テレビのおすすめモデルを紹介

発売されたばかりの最新のモデルや美しい映像や便利な機能を備えた人気のモデルです。

ソニー BRAVIA KJ-55A9F

2018年10月に発売されたこの機種は、ソニーの4K有機ELテレビのフラッグシップモデルです。最高の画質を表現する「X1 Ultimate」や「4K X-Reality PRO」でさらに忠実に色を表現し、引き込まれるような美しい映像を映し出すことができます。

画面全体から音が聞こえる「アコースティックサーフェス」を採用することで、迫力のある映像を高品質な音と共に楽しむことができます。そのため、映画やライブ、スポーツ観戦などでは、迫力ある音と映像が楽しめます。

4K有機EL、倍速駆動パネルを使用することで、コントラスト比が高く、美しく立体感のある映像を映し出すことに成功しています。

東芝 REGZA 55X920

東芝のレグザは4K有機ELパネルと進化したレグザエンジン Evoluthion PROで、最高の画質を実現し美しく鮮やかな映像を映し出します。レグザは4Kだけでなく地デジの画像も、地デジビューティーPROによってアップコンバートされた画質はさらに向上していて、4Kと同じくらいの美しさの映像を見ることができます。

また、スマート機能も進化していて、放映中の6チャンネルを一度にチェックできる「まるごとチャンネル」や、外付けHDDを付けると最大6チャンネルが同時に録画できる機能など便利でユニークな機能があります。

そして、リモコンには、マイクが内蔵されていて音声操作が可能です。また、2画面機能も復活し同時に2つのチャンネルを視聴することができます。

HDRにも対応していて、広色域復元プロによる補正技術でよりHDRの映像を美しく鮮やかにしています。

パナソニック VIERA TH-55DX750

パナソニックのDX750シリーズは、4K対応のデジタルハイビジョン液晶テレビです。色を忠実に再現し、高輝度広色域液晶パネルと「ヘキサクロマドライブ」の進化でコントラストが向上し、広範囲での色が再現できるようになりました。

また、高輝度HDRにも対応していて、映像の明暗をよりはっきりとさせ、陰影もくっきりと表すことができます。「4Kファインリマスターエンジン」と倍速駆動により、フルHDの画像をアップコンバートさせることでより高画質な映像で楽しむことができます。

そして、「ダイナミックサラウンドシステム」の採用で、迫力のある重低音やのびやかな中高音を映像と共に楽しむことができます。

「かんたんホーム」や「お部屋ジャンプリンク」、音声操作などの便利機能も備わっています。

シャープ AQUOS LC-52US30

ハイグレードラインとして設定されているアクオス LC-52US30は4K液晶パネルのテレビです。低反射の「N-Blaock パネル」と6軸カラーマネージメントで、艶やかで精細な画像を楽しむことができます。

地デジチューナーも3つ付いているので、USB外付けハードディスクを付けることで、番組を見ながらでも、ほかに2番組同時に録画することができます。新・高画質4Kアップコンバートを内蔵しているので、フルHDの画像もより高画質な映像として映し出すことが可能です。

スマートフォンの画像をテレビにワイヤレスで映せる「Miracast」や「スマートサーチ」などの便利な機能があります。また、壁掛けテレビとしても設置できるモデルです。


納得の一台を選ぼう

今は、液晶テレビやさらに進化した有機ELテレビとますます進化してより高精細な画像を楽しむことができます。子供部屋用や書斎用、リビング用など多くの種類がある液晶テレビから、高額な有機ELテレビ、4Kや8K対応テレビなど、ニーズに合わせて選ぶことができます。

映画やスポーツをテレビで楽しむのなら、より応答速度が速いテレビを選ぶと臨場感がでてより楽しむことができます。また、ライブを楽しむときには、音響にもこだわったモデルを選ぶとよいでしょう。

テレビは長く使うものです。そして手頃な価格のものでも数万円はします。そのため、自分の納得のいくテレビを見つけて、家でのくつろぎタイムをお気に入りのテレビで有意義なものにしましょう。

菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター
菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター

ネットショッピング歴は約20年!お得なものを見つけることが好きで日々のECサイトで掘り出し物の探しは欠かしません。コスパの良い初心者が趣味を始めるのに最適なアイテムをご紹介します。趣味はダンスと映画鑑賞


関連キーワード