更新

深夜にレンタカーを利用するメリットとは?|深夜対応の営業所を紹介

菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター

仕事先でレンタカーを利用する際、飛行機や電車の時間帯によっては、営業所が閉まって利用できないことも。そんな時、時間を気にせず自由に「借りたり返却したい」と思う人は多いはず。深夜営業のレンタカーなら、通常の営業時間とは違うメリットがあります。
深夜にレンタカーを利用するメリットとは?|深夜対応の営業所を紹介

旅行やレジャー、日常使いのほか、ビジネスの移動にも便利なレンタカー。現地で急に必要になっても手軽に借りて返せる利便性が魅力です。

ただ、深夜に空港に到着したり、翌日に早朝から行動したいときなど、開いている営業所がなくて困った経験があるのではないでしょうか。

そんなとき、深夜対応や24時間営業を運営しているレンタカー会社は頼もしい存在です。

「道が混まない時間帯に移動したい」「商談が押しても、遅くまで営業していて安心」など、時間を気にする必要がありません。いつでも、好きなときに借りて返却できる自由度の高さが、深夜営業の最大のメリットです。

深夜対応のレンタル会社を、手軽に検索できるサイトなどを利用すれば、希望の営業所を簡単に見つけることも可能です。

ここでは、深夜対応のレンタカーを利用するメリットや、少しでもお得に借りられるための方法、また、利用する際の注意点についても解説しています。

レンタカー営業所の営業時間について

レンタカー営業所の営業時間は、会社によって違いはありますが、多くの営業所は、利用できる時間帯が日中に限られています。しかし、中には長時間営業や24時間営業を運営する会社も。深夜に利用したい人にとっては、頼もしい存在となっています。

多くの営業所の営業時間は8時から19時もしくは20時まで

基本的に大手営業所の営業時間は、「8時から19時、もしくは20時まで」の場所が大半です。

会社によってはもっと早く閉店する場合もあります。そのため、早朝に借りたくてもレンタルできなかったり、渋滞に巻き込まれ返却時間を過ぎてしまうというケースもあります。

しかし、いくつかの営業所では、長時間営業所や24時間営業所を運営しています。一般的に営業時間が13時間を超える場合を長時間営業と呼びます。

早朝5時からスタートする営業所や、閉店時間が23時、もしくは24時までという会社もあります。プライベートからビジネスまで、時間帯を気にせず利用できて便利です。

深夜営業は23時~5時までが該当

一般に営業時間が「23時~5時」の場合にレンタカー営業所の深夜営業に該当します。深夜営業の魅力は、深夜や早朝でも時間を気にせず、借りたり返却できることです。

気になる手数料ですが、ニコニコレンタカーの場合、出発または返却が「23時~5時」の時間帯にかかると、深夜手数料1,080円が追加料金として発生します。

また、日産レンタカーの場合は、22:00〜翌4:59まで営業しています。

出発・返却の両方が深夜帯になれば、手数料として2,160円が加算され、出発・返却のいずれかの場合は1,080円となっています。会社により料金設定は異なるため、利用する前にチェックが必要です。

深夜に営業所を利用するメリット

旅先や仕事先で借りたいときに借りられるレンタカーは、とても便利です。

なかでも通常の営業時間にレンタカーを使用するより、深夜に利用した方が得することもいくつかあります。目的に合わせて、深夜営業を上手く利用したいものです。

飛行機の到着に合わせられる

深夜に対応している営業所なら、飛行機の到着時間を気にすることなく、安心して利用することができます。発着時の時間帯に関係なく利用できる点が、夜間営業の最大のメリットと言えます。

レンタカーを利用する際、「最終便なので営業所が空いてない」「飛行機の到着が早朝で時間を持て余す」という声は少なくありません。しかし、深夜対応の営業所を利用することで、到着の時間に合わせて移動することが可能になるのです。

行動が制限されない

深夜営業を利用すると、時間に余裕ができて行動が制限されません。そのため、「道が混まない早朝に出発したい」「ストレスなく移動したい」など、希望に沿った利用の仕方も可能になります。

また、ビジネスで利用する際、商談が長引いてどこも営業所が開いてない、という突発的な事態にも、深夜営業は心強い味方になります。

このように、行動が制限されないことで、余裕をもって移動できる点も深夜営業のメリットです。

時間の無駄が省ける

時間の無駄が省ける点も、深夜営業の魅力のひとつです。

深夜営業を利用することで、夜間や早朝など、道路が空いている時間帯に移動することが可能になります。交通渋滞を避けることができるため、日中の移動よりも時間短縮につながり、時間の無駄を省くことができます。

また、レンタカーはガソリンを補充して返却する必要がありますが、渋滞を避ける事でガソリン代を抑えることもでき、お金の無駄も省けます。深夜なら「ETC早朝・夜間割引」を利用することもできてお得です。

深夜対応している営業所を調べる方法

深夜対応している営業所を調べるには、レンタカー会社各社のサイトから直接検索ができます。その他の方法として、旅行予約サイトや深夜営業を検索できる専門サイトなどを利用して調べることもできます。

地域によっては、深夜に対応する営業所がないこともありますが、一覧から希望の地域を気軽に検索することができて便利です。

たびらいレンタカー予約を利用する

旅行予約サイト「たびらいレンタカー予約」は、深夜・24時間対応のレンタカー会社を紹介しています。

エリアは、一部の都府県(関東甲信越、近畿、中国地方の一部)となっており、すべての都道府県で利用できないのがデメリットですが、利用する地域が合えば探しやすくて便利です。

検索の手順は、「早朝・深夜に対応可能なレンタカー会社」から、利用する地域の会社を選らんだ後、希望の利用時間に対応している営業所の「プラン一覧」を選択。左枠の「選択条件を変更」に、日付や目的地など希望の条件を設定して「この条件で検索する」をクリックします。

たびらいレンタカーの詳細をみる

真夜中ナビのレンタカー検索を利用する

「真夜中ナビ」は、遊びから飲食店・医療まで、深夜営業&24時間営業している店舗を検索できるサイトです。深夜営業しているレンタカー会社にも対応しています。

対応エリアは、一部の都府県(関東甲信越、近畿、中国、九州地方の一部)と、地域は限られるので注意が必要です。

調べたい道府県名をクリックすれば、深夜営業している営業所が一覧で表示されて便利です。サイトに入り、「ジャンルから探す」の「生活」から、レンタカーを選び、利用する地域をクリック。希望の営業所を選択して、そこから各レンタカー会社にアクセスします。

真夜中ナビ

各社のサイトから探す

レンタカー会社各社のサイトから、直接「深夜・24時間営業」している営業所を絞り込むこともできます。トヨタ・日産・ニッポンレンタカー・オリックスレンタカーなど、大手のレンタカー会社は深夜営業を運営。営業時間や料金体系、サービスは会社によって異なるため、利用する際は事前に確認しましょう。

「日産レンタカー」は、「希望の都道府県」から利用地域を選択し「24時間営業」をクリックします。「ニッポンレンタカー」は、「長時間営業を探す」から都道府県を選択し、夜間対応している営業所を検索。「オリックスレンタカー」は、「24時間店舗」を選択すると、深夜営業している営業所の一覧がでてきます。

タイムズレンタカーのピッとGoデリバリー

タイムズレンタカーの「ピッとGoデリバリー」は、無人で深夜に出発・返却が可能なサービスです。

希望する駐車場(ピッとGoステーションもしくは該当店舗)に、レンタカーが届けられ、そのまま利用することができるというもの。

手続きの時間や手間が省けるのが利点です。入会費や利用料が無料の「タイムズクラブ」に入会し、免許証を登録すればサイトで予約が可能。

予約する際は「ピッとGoデリバリーで予約」をクリックします。

タイムズレンタカー

深夜に営業所を利用する際の注意点

日中の利用と比較すると、時間に余裕ができて、行動が制限されない便利なレンタカーの深夜営業ですが、時間の無駄が省けるなどメリットが多い反面、注意すべき点もいくつかあります。

利用する際の注意点についても、確認しておくことが重要です。

料金が高くなる

深夜営業を利用すると、通常「深夜貸出手数料」がかかり、料金が割高になります。

返却予定時間より早く車を返すことができた場合、短縮分の料金を返却してくれる会社もあります。しかし、中には会社の規約により、料金が変わらない場合も多いので、利用する前に確認しておきましょう。

対応してくれる営業所が限られる

深夜に対応しているレンタカー会社は、決して多い訳ではありません。そのため、地域によっては、希望の営業所が見つからないこともあります。

特に24時営業を実施している会社の数は、限られているのが現状です。

2018年12月には、働き方改革の一環として「ニッポンレンタカー」が、24時間営業を廃止し、長時間営業所に移行するという動きもありました。

少しでもお得に借りるために

深夜営業は、通常の営業時間と比べると、深夜手数料がかかるため割高になる傾向があります。しかし、会員サービスやクレジット割引などを利用すると、お得にレンタルすることも可能です。

サービスの内容は、営業所により異なるため、他社と比較検討するのが安く借りるためのコツです。

会員サービスを利用する

レンタカー会社の会員サービスを利用すると、割引や会員限定のキャンペーンを受けることができます。トヨタや日産、ニッポンレンタカーなど、多くの会社は年会費が無料です。

レンタカーを利用する機会が多い人は、入会しておくとお得です。割引率は5~20%と、会社により前後しますが、利用する回数によって、さらに割引率が上がったりポイント還元が受けられる会社もあります。

また、各社が実施するキャンペーンの中には、30%程度の大幅な割引を行うところもあります。

クレジットカード割引を利用する

「会員になるのが面倒」という人は、クレジットカード割引を利用することもできます。

多くのレンタカー会社は、クレジットカード会社と提携しており、約5%の割引サービスを受けることが可能です。また、レンタカー会社とクレジットカード会社によっては、割引率がそれ以上になることもあります。

損しないためにも自分のカード会社を、事前にチェックしておくといいでしょう。


深夜でもレンタカーは借りたり返却できる

深夜・24時間対応のレンタカーを利用するメリットは、深夜でも早朝でも、時間を気にせず、借りたり返却できるところにあります。そのため、「渋滞に巻き込まれて、返却時間に間に合わなかった」「早朝に到着したけど、営業している店舗がない」という心配がありません。

また、行動が制限されないので、時間の無駄がなくストレスを感じにくいのも利点のひとつです。ただ、深夜手数料がかかるため料金は若干高めですが、会員特典やクレジットサービスなど、うれしいサービスもたくさんあるので利用しない手はありません。

深夜対応している営業所の数は、けして多くはありません。

各社サイトや便利な検索サイトなどを利用すると、簡単に希望する地域の営業所を見つけることが可能です。

移動時間を快適なものにするため、深夜対応のレンタカーを上手く利用することをおすすめします。

菅野辰則 /
ビギナーズ編集部 ライター

ネットショッピング歴は約20年!お得なものを見つけることが好きで日々のECサイトで掘り出し物の探しは欠かしません。コスパの良い初心者が趣味を始めるのに最適なアイテムをご紹介します。趣味はダンスと映画鑑賞