更新

ハイブリット式除湿器おすすめ13選|電気代を抑えて衣類乾燥もできちゃう!

除湿器にはコンプレッサー式・デシカント式・ハイブリッド式の3タイプあり、ハイブリット式は夏には室温を下げつつ除湿するコンプレッサー式として、冬には室温を上昇させつつ除湿するデシカント式として稼働します。今回、このハイブリット式除湿器のおすすめをご紹介します。
ハイブリット式除湿器おすすめ13選|電気代を抑えて衣類乾燥もできちゃう!

「除湿機」というと、多くの方は「夏」を連想するのではないでしょうか。ジメジメと蒸し暑い日本の夏も、除湿機で湿度を下げれば快適に過ごせますよね。

しかし、除湿機の活躍の場は夏だけではありません。空気が乾燥しているはずの冬場でも、外気との温度差によって生じる「結露」対策や洗濯物の室内干しに除湿機は大いに役立つのです。

本記事では、大きく3種類に分けられる除湿機の構造についてそれぞれの長所・短所をご説明。そして、3種類の中でも、夏・冬両方で使用できる「ハイブリッド式」除湿機について、厳選したおすすめ機種をご紹介します。

除湿機の種類は3タイプ!

除湿機は、除湿方式によって、以下の3種類に分かれています。

  • コンプレッサー式
  • デシカント式
  • ハイブリッド式

3つのタイプそれぞれに長所と短所が存在するので、季節によって適したタイプを選択することが重要です。

まずは、除湿機3タイプに関して、除湿方式や長所・短所について説明していきます。

夏に強い!コンプレッサー式

クーラーのように、冷風を利用して除湿するタイプの除湿機です。取り込んだ空気を内部の冷媒機で冷やし、水滴に変えて湿気を除去します。

コンプレッサー式の長所

コンプレッサー式除湿機は冷気によって除湿するので、気温が高い夏場に最大の効果を発揮。

クーラー機能と一体になっているモデルも多くあります。また、消費電力も他のタイプと比較して安いのも特長です。

コンプレッサー式の短所

空気を冷やして湿度を下げるので、同時に気温も下がるのがコンプレッサー式の特徴。

夏場はありがたい反面、冬場の使用には不向きと言えるでしょう。また、運転音もデシカント式と比べると大きいです。

▼こちらの記事では、コンプレッサー式除湿器のおすすめブランド・製品をまとめているので、あわせて読んでみてくださいね。

冬に強い!デシカント式除湿機

「ゼオライト式」という呼び方もします。除湿機内部に搭載されている「ゼオライト」という乾燥材に空気を当てて空気中の水分を当てて除湿。その湿気を取り除いた空気を、ヒーターの熱気を利用して排出します。

デシカント式除湿機の長所

ヒーターの熱気を利用して空気を排出するので、室温も上昇します。したがって、冬場の除湿や洗濯物の乾燥に最適です。

室内で洗濯物を干す際も、デシカント式の除湿機ならば容易に乾かせます。また、コンプレッサー式と比べると、運転音も静かです。

デシカント式除湿機の短所

コンプレッサー式と比べると、電気代が高いです。また、室温が上昇するので冬は快適性が増す反面、夏場には不向きでしょう。

夏・冬どちらもOK!ハイブリッド式除湿機

最後にご紹介するのが、ハイブリッド式です。上記2タイプ「コンプレッサー式」と「デシカント式」両方の構造を併せ持っています。 夏場はコンプレッサー式、冬場はデシカント式として稼働します。

ハイブリッド式除湿機の長所

ハイブリッド式の特長は、なんといってもその万能性です。夏には室温を下げつつ除湿するコンプレッサー式、冬には室温を上昇させつつ除湿するデシカント式として稼働するので、両タイプの長所を兼ね備えていると言えるでしょう。

ハイブリッド式除湿機の短所

機能面では非常に優れている、ハイブリッド式。しかし、コンプレッサー式・デシカント式両方の構造を有しているがゆえに機体は大型化・重量化しがちなのがネック。また、高性能なので、総じて高価格なものが多いのも欠点です。

ハイブリッド式除湿機の選び方

ここでは、ハイブリッド式除湿機の選び方をご紹介します。

除湿能力

その除湿機がどのくらいの除湿能力を有しているかは「定格除湿能力」と「除湿可能面積」の項目をチェックしてみてください。

「定格除湿能力」は、除湿機を1日中運転した場合に取り除ける水の量を表しています。能力が高い(L数値が大きい)ほど除湿力があるのですが、その分本体が大きくなったり、水替えが重くなったりするので、使いたい部屋とのバランスも考慮しましょう。

タンクの容量

除湿時に取り除いた水が貯まると自動停止するモデルもあり、タンク容量が小さいと頻繁に止まってしまいます。除湿能力とともに、排水タンクの容量も確認しておきましょう。

また、タンクの容量が小さいとこまめな水替えが必要になります。自動排水してくれるモデルもあるので、タンク容量や水替えに関する手間も確認事項です。

便利機能

除湿能力だけでなく、衣類乾燥機能や消臭機能、ウイルス除菌など、その他の機能もチェックしましょう。

夜間、寝ている間に除湿や衣類乾するなら静音性も重要です。基本的な除湿機能のほかに便利機能があれば、1年中快適に使用できます。

ハイブリッド式除湿機おすすめ13選

「除湿機は夏に使うもの」と思われている方も多いと思いますが、冬にも除湿機が活躍する場面は非常に多いのです。

例えば、結露対策です。冬は多くの家庭で暖房を使用しますが、室内外の気温差が大きくなると窓際などに結露が生じます。

そして結露で濡れた床や壁を放置しておくとカビ発生の原因に、さらにはカビを食べてダニの増殖にもつながりかねないのです。

前項でご説明した通り、除湿機は夏にはコンプレッサー式、冬はデシカント式が適しているのですが両方を揃えるのはコスト的にも保管場所的にも厳しいですよね。

ならば、コンプレッサー式とデシカント式の両方を内蔵する「ハイブリッド式」の除湿機を1台揃えておけば安心です。本項では、厳選したハイブリッド式除湿機をご紹介します。

Panasonic|衣類乾燥除湿機 F-YC120HUX

製品の特徴

2021年発売のパナソニックから発売されたハイブリット式衣類乾燥除湿機です。

気温に合わせて、2方式のバランスを自動的に切り替えることで強力な除湿力を発揮します。

また、「ナノイー X」で衣類を除菌しながら部屋干し臭まで抑制する効果も。タンク容量は約3.2Lで、 除湿能力(鉄筋)は23畳分です。

Panasonic|衣類乾燥除湿機 F-YHMX120-N

製品の特徴

12ℓ以上の高い除湿性能を持つ、ハイブリッド式の除湿機です。洗濯物の乾燥能力には定評があり、「ワイド送風」に設定すれば1度に大量の洗濯物をスピーディーに乾かせます。

梅雨なら約43分、冬場でも約59分で乾燥が完了します。また、本機最大の特徴は「ナノイー」にあります。

ナノサイズの微粒子イオン「ナノイー」を衣類に噴射することで、最近の繁殖を未然に繁殖を防ぎます。

さらに、「クローゼットモード」に設定すれば、湿度が高くなりがちなクローゼット内の湿度を低めに維持。ダニ・臭い対策に最適です。除湿能力は除湿時12.5ℓ(50Hz)です。

Panasonic|衣類乾燥除湿機F-YHTX90

製品の特徴

新ハイブリッド構成を採用し、洗濯物の真下にも設置できるコンパクト設計の衣類乾燥除湿機。本体の高さを約33.5cmに抑えています。

「ナノイー X」を搭載し、部屋干し臭のもととなる菌を除菌し、部屋干し臭を抑制。

「部屋ケア」「衣類ケア」「寝具ケア」モードを搭載しているため、衣類乾燥以外にも活用できます。

Panasonic|衣類乾燥除湿機F-YHTX120

製品の特徴

Panasonic独自のハイブリッド方式で一年中パワフル&スピード衣類乾燥ができます。部屋干し臭をスピード抑制・洗濯物を除菌。

物干し竿の端にある洗濯物までしっかり乾かしてくれるうえに、風向は上下・左右自動で動くので広い範囲の洗濯物を乾かせます。

約3.2L水を貯められる大容量タンクは、外出時や就寝中の除湿にも便利。

Panasonic|衣類乾燥除湿機F-YHTX200

製品の特徴

カラッと一気に乾かせる!約2kgの洗濯物を約58分で、カラッと乾かします。

洗濯物の端まで、しっかり風を届けるワイド送風 幅約165cm。ツインルーバー搭載で2列干しの洗濯物の端までしっかり風を届けて、大量の衣類を一気に乾かします。

部屋干し臭を抑制。ニオイのもととなる菌を除菌。水から生まれた次世代健康イオン「ナノイー X」が、気になる部屋干し臭を抑えます。

「パナソニック独自 ハイブリッド方式」とは「梅雨・夏に強い コンプレッサー方式」と「秋・冬にも強い デシカント方式」、2つの除湿方式のいいとこ取りをした「かしこい機構」です。

気温に合わせて2方式のバランスを自動的に判断し調整しながら、天候に左右されない強力な除湿力を発揮します。

Panasonic|衣類乾燥除湿機F-YHMX120-N

製品の特徴

衣類をスピーディーに乾燥。梅雨時で約43分、冬は約59分と早いからその日のうちに乾かせます。

持ち運びしやすい3.2Lのタンクで、「お手入れが簡単」なのもうれしいポイント。

旧品番の製品のため、ハイブリッド式なのに他の機種に比べて安い価格で購入できてお得。

三菱電機|衣類乾燥除湿機サラリ MJ-M120SX

製品の特徴

「全体乾燥」と「集中乾燥」機能が魅力の三菱「サラリ MJ-M120SX」。赤外線センサー「部屋干しおまかせムーブアイ」が洗濯物の量や状態を検知し、乾いていない箇所に集中的に送風します。

ムーブアイの検知機能で無駄な送風エネルギーを省けるので、時短と節電ができます。「ズバッと乾燥」モードでは少量の衣類を急いで乾燥させたり、寝具の湿気を取り除く「ふとんサラリ」モードも搭載されています。

除湿能力は11/12L/日(50Hz/60Hz)。除湿範囲は和室15畳分と広範囲まで可能です。

CORONA|衣類乾燥除湿機CD-H1821

製品の特徴

こちらの商品は、除湿運転5段階で調整できます。お好みの湿度で快適除湿を実現。サーキュレーターモード搭載で冷暖房時の温度ムラが少ないです。除湿能力は16/18L/日(50/60Hz)。

また、シーンに合わせて選べる4つの最適衣類乾燥モードが搭載されています。「標準モード」「夜干モード」「ecoモード」「厚物モード」です。

「標準モード」では除湿とヒーター温風(または送風)ですばやく乾燥させます。「夜干モード」では運転音をセーブして、満水時には送風に切り替えます。

「ecoモード」では除湿と送風で電気代を40%(当社比)節約。「厚物モード」では温風と上部への温風送風で、デニムなどの厚手の衣類を乾燥させます。1年中活躍してくれますね。

シャープ|除湿器CV-N180

製品の特徴

こちらの商品は、除湿しつつ室内の付着カビ菌の増殖を抑制する機能が魅力です。「カビバリア運転」機能で部屋の空気を大風量で循環させた後パワフルに除湿し、プラズマクラスターイオンで空気を浄化します。

また、「Wニオイ対策」では、衣類を乾燥させながらプラズマクラスターイオンを放出し、部屋干し衣類のイヤな臭いをしっかり抑制します。「臭い戻り対策モード」に設定しておけば、乾燥後もプラズマクラスターイオンの放出を継続してくれるので、臭い戻りを防いでくれます。すぐに取り込めないときでも安心して部屋干しできますね。

上下左右に送風されるのでたっぷり干せますよ。除湿能力は1日18L(50Hz時 16L/日)。

アイリスオーヤマ|空気清浄機機能付除湿機DCE-120

イオン発生機能搭載の空気清浄機付衣類乾燥機です。PM2.5対応で、微細な花粉やアレル物質、カビを99.97%除去します。

空気の汚れ具合がランプの色でわかります。汚れ具合に合わせて、運転パワーを自動で調節してくれます。除湿能力12.0L/日、除湿は洋室23畳和室15畳で広いお部屋も快適です。

iCODIS 除湿機

価格が手ごろで、除湿と衣類乾燥が叶うコスパの良いコンプレッサー式除湿器です。

こちらの商品には、ダブルストレート凝縮器が採用されています。これにより、換気の時空気は垂直で流すため、空気の抵抗が少なく、約40-45dbの静音作業で強力な除湿力を備えています。

15~50㎡の広さに対応。除湿能力は7.5L/日(温度:27℃ 湿度:60%)です。高い除湿力のまま、省エネや時間とお金の節約にも役立つエコな一台です。

Panasonic|除湿乾燥機 F-YHHX120-S

製品の特徴

パナソニックの高性能ハイブリッド式除湿機です。強力な除湿能力で、夏・冬関係なく部屋の湿度を快適に保ちます。

また、除湿機といえば選択乾燥でも活躍しますが、当機は乾燥能力も抜群。「速乾モード」「ターボモード」などの各種モードを駆使して、洗濯物をスピーディーに乾かせます。

パナソニックの独自技術「エコナビ」によって、衣類の量を自動で測量して乾燥するので省エネ効果も抜群です。

さらに本機は除湿・乾燥に加えて「除菌」も出来るのが特長。微粒子イオン「ナノイー」を紛失して、衣類に付着している雑菌を除去。10時間以内に、99%以上の滅菌を可能としています。除湿能力は12.5ℓです。

Panasonic|衣類乾燥除湿機 F-YHRX120

製品の特徴

乾きにくい梅雨や冬でも幅約165cmまで届くワイド送風で幅広く対応。

衣類乾燥時間が約75分と短く、大量の洗濯物を干しても短い時間で効率よく乾かすことができます。また、清潔乾燥の味方「ナノイー」が搭載されています。

さらに新搭載の「花粉モード」で衣類に付着した4種類の花粉を、「ニオイモード」で衣類にしみついた気になるニオイを脱臭することができます。

  

ハイブリット式除湿機で電気代を抑えつつ快適に除湿しよう

いかがでしょうか。夏・冬万能なハイブリット式除湿機は総じて価格が高いと思われがちですが、意外と安いモデルもあります。

多少高くても、機能が充実したものを選ぶもよし、リーズナブルなタイプを選ぶもよし。目的や予算に合った、最適な1台を見つけてくださいね。

▼夏にも冬にも大活躍する除湿器ですが、電気代が気になるという方は、除湿器の電気代を抑えるテクニックをあわせて読んでみてくださいね。

タカ /
ビギナーズ編集部 ライター

ホワイト企業を退職後、世界一周の旅に。アフリカや中南米、中東などを巡る。帰国後は雑誌社勤務を経て、フリーのライターとして活動中。

ビギナーズTOPページ