[2019]おしゃれなコーヒーメーカー厳選|美味しいコーヒーを全自動で

自宅で簡単に美味しいコーヒーがいれられたらおうちカフェタイムが潤いますよね。今回、ポータブルタイプや一度に2杯いれられるタイプ、極小タイプなど色々なコーヒーメーカーからおしゃれなおすすめ商品を7選ご紹介します。


[2019]おしゃれなコーヒーメーカー厳選|美味しいコーヒーを全自動で

コーヒーが好きとしては「毎日いれたてのコーヒーが飲みたい」と思いますよね。

コーヒー豆からコーヒーがいれられる全自動コーヒーメーカーや、手のひらサイズの極小コーヒーメーカーなど、色々なコーヒーメーカーが販売されています。活用すればますます簡単に美味しいコーヒーが飲めるでしょう。

また、最近はおしゃれなコーヒーメーカーが増えています。「これで毎日コーヒーをいれたら、めっちゃテンション上がりそう」と思えるコーヒーメーカーを選べば、毎日のコーヒータイムが楽しくなりますよ!

今回はコーヒーメーカーの選び方、そしておすすめのコーヒーメーカーを7選ご紹介します。

コーヒーメーカーの選び方

「何となく買ったら大きすぎて、結局使ってない」といった失敗談を聞くことがありますよね。コーヒーメーカーも用途やサイズに合わせて買わないと、後悔することになりかねません。

この章ではコーヒーメーカーを選ぶ基準をまとめました。

選び方1.サイズ:置くスペースより少し小さめを選ぶ

キッチンは限られたスペースです。置きくスペースを決めたら、縦・横・奥の長さを測りましょう。

そのサイズよりもちょっと小さめを選んでおくと「入らない…」といった事態に陥らなくてすみます。

選び方2.色合い:キッチンの色と統一する

「コーヒーメーカーの色が良いなぁと思って買ったら、キッチンで浮いた」ということがあります。

おすすめはキッチンのカラーを決めておくこと。例えば「黒と白」と決めたら、黒か白のコーヒーメーカーを買うと統一感が出ておしゃれです。

選び方3.用途:自分の要望を明確にする

「コーヒーは一人分だけ、こまめにいれたい」

「たっぷり飲みたいから、4~5人前はいれられるコーヒーメーカーが欲しい」

「面倒だから全自動タイプがいいなぁ」

など、人によって希望は違います。どんなコーヒーメーカーが良いか書き出してみて、希望に合ったコーヒーメーカーを選びましょう。

探しているときに一目ぼれしてしまい、衝動買いをしてしまうことがあります。しかし、自分の望みとずれていると使いにくいので書き出したメモを見ながら探した方が失敗も少ないです。

おしゃれなコーヒーメーカーおすすめ7選

この章では、様々なコーヒーメーカーをご紹介します。「こんなのもあるんだ!これなら家にピッタリかも」と思っていただければ幸いです。

1.ラドンナ K-CM6-SG コーヒーメーカー TOFFY[KCM6] 

  • ガラス製なので抽出工程が見える
  • コーヒー粉を自動で計量するオート機能つき
  • 抽出開始時間などの時間設定ができる

ガラス製なので抽出工程が見えるドリップコーヒーメーカーです。ハンドドリップのような弧を描き、お湯を注ぐ工程なども見られるため、面白いですよ。

コーヒー粉を自動で計量し、最適な水量や温度も測定。ベストな状態で抽出してくれるオート機能が魅力です。

操作はコーヒーの粉と水を入れてボタンを押すだけで、とても簡単。もちろん、粉や水の量は自分で好きに調整することもできます。

蒸らし機能もあるため、「いれたコーヒーに深みがある」と好評です。タイマーも付いており、お茶タイムに合わせてセットしておけます。

また、「ケトルモード」にすれば、好みの温度のお湯が沸かせます。赤ちゃん用の粉ミルクなどにも活躍しそうです。

ちなみに水の容量は1000mlなので、一度に数名分作れます。自動洗浄機能のおかげで清潔に保ちやすいですし、見た目もおしゃれです。

2.siroca(シロカ) 全自動コーヒーメーカー SC-A111

  • ミル内蔵で全自動ドリップ
  • コンパクトサイズでおしゃれ
  • ステンレスメッシュフィルターで豆の油分も抽出

豆をいれて水をセットすれば、豆を挽き、コーヒーをいれてくれる全自動コーヒーメーカーです。

「ステンレスメッシュフィルター」というフィルターも特徴的。ペーパーフィルターではペーパーに残ってしまう「豆の油分」をしっかりと抽出できます。

「コクがあって美味しい」と好評です。しかも、メッシュフィルターは洗って何回も使えるので経済的です。

最初の蒸らしの工程などにもこだわっており、全自動コーヒーメーカーとは思えない美味しさを実現しています。コンパクトなサイズも嬉しいポイント。容量は0.58Lです。

ミルを内蔵しながら、置き場所に困らないコンパクトサイズ。500mlのペットボトルよりも背が低いですよ。

デザインもスタイリッシュなので、キッチンや自室のデスクの雰囲気を損なわないでしょう。

3.recolte(レコルト)トースター&コーヒーメーカーSET

  • トースター(2枚焼き)とセットでキッチンをおしゃれに
  • コンパクトサイズ
  • オートオフ機能や保温機能付き

おしゃれに大事なのは「色の統一感」です。こちらはコーヒーメーカーとトースターが色・デザイン共に統一されていますので、一緒に置いておくとスタイリッシュです。

しかも白・黒・赤の3色があり、キッチンのカラーに合わせることができます。

容量は約600mlで、小さめのコーヒーカップ約5杯分。スイッチを入れてから30分後に電源が自動的にオフになる機能があるので安全です。保温機能を使えば温かいコーヒーが楽しめます。

セットのトースターは、コンパクトながら食パンが2枚同時に焼けますし、サーモスタット(温度制御装置)も付いているので安心です。おまけでレシピブックも付いていますよ!

4.oceanrich(オーシャンリッチ)自動ドリップコーヒーメーカー

  • 手のひらサイズ
  • 自動停止機能つき
  • ステンレスメッシュフィルターで美味しい

「コーヒー豆を入れ、水を入れたらスイッチを押すだけ!」という全自動コーヒーメーカーです。

豆からなので、いつでも挽きたてコーヒーが楽しめます。メッシュフィルターなので必要な豆の油分は抽出されます。

「コクと個性を損なわない」「ハンドドリップそっくり!」といった感想が聞かれるほど、味も良いですよ。

何と言っても、カップの上に乗せられるほど超小型なのが魅力。重さも245gと超軽量で、乾電池式のコードレスなので、職場やアウトドアシーンでも活躍するでしょう。

ステンレスフィルターを採用しており、紙フィルターが不要なのも経済的&エコです。

5.Quattro Choice(クワトロチョイス)コーヒーメーカー

  • 鉛筆削り器みたいなデザインがおしゃれ
  • コーヒーだけでなくスムージーやフラッペも作れる
  • 保温と保冷ができるステンレスサーバー付き

「朝はスムージー、お昼はコーヒー、カフェタイムにはフラッペやスムージーを作って飲みたいな」といった希望が全部叶うコーヒーメーカーです。

実容量は480mlで、一度に500mlのペットボトルと同じくらい作れるのが嬉しいですね。

保温と保冷のどちらもできますし、ミキサーカップも付いているため、温かい飲み物も冷たい飲み物も作れます。(フラッペやスムージーを作る場合は、2~3cmの氷を投入)

しかも、操作はボタン1つ。鉛筆削り器のようなデザインで見た目も可愛らしく、色のバリエーションも5色あるため、キッチンのカラーに合わせて選べます。

6.ポータブル コーヒーメーカー KK-00417

  • ミル付きで約510gと軽量
  • 低価格
  • 豆の挽き方を選べる

まるで水筒のような形の、持ち運び用コーヒーメーカーです。容量はドリップマグが約200ml、タンブラーが約350ml。一人用ですね。

水筒でいうところの飲むカップの部分にミルがついており、自分でハンドルを回して豆を挽きます。粗びきや細びきなど、豆の挽き方が選べるため、こだわりの一杯が作れます。

コーヒーフィルターとドリップマグがついており、紙フィルター不要とありますが、「紙フィルターで漉した方がドリップは早い」という感想が出ています。色々やってみると良いでしょう。

キャンプ場やホテルでお湯を沸かし、ゆっくりとコーヒーをいれて飲むのも素敵なひとときですよね。

7.ホームスワン コーヒーメーカー2カップ (コーヒーメーカーよこやま)

  • 2カップ同時にいれられる
  • 直接カップにドリップOK
  • マグカップなどがセットで安い

メッシュフィルターを採用し、紙フィルターを不要にしたエコタイプ。コーヒーの注ぎ口が2つあるため、一度に2カップいれられます。(1カップでもOK)

マグカップ2個とメッシュフィルター、計量スプーン付き。コンパクトタイプなので場所を取らず、操作も簡単で母の日や敬老の日のプレゼントにも人気です。


まとめ

今回ご紹介したコーヒーメーカーは上記7選ですが、どのコーヒーメーカーも魅力満載です。しかし、それぞれに用途は違いますので、ご自身の希望に合ったものを購入されてくださいね。

コーヒーの香りは嗅いでいるだけで心地よくなります。おしゃれなコーヒーメーカーで、気軽にコーヒーをいれてお楽しみください。

こちらの記事では人気のお取り寄せスイーツをご紹介しています。 美味しいコーヒーと絶品スイーツで幸せなカフェタイムにしてみてはいかがでしょうか。

宮乃 かぽり / ビギナーズ編集部 ライター
宮乃 かぽり / ビギナーズ編集部 ライター

フリーライター兼イラストレーター。学生時代は吹奏楽部に所属し、楽器の数などの都合で金管楽器をほぼ経験しました。現在は音楽、ヒーリング、占い、フラワーアレンジなど趣味多彩。チャレンジ精神豊富です!

関連キーワード