更新

初心者におすすめの一眼レフ|型落ちの安いカメラの選び方

ブックライブ
一眼レフやミラーレス一眼をはじめるとき、初心者の方に手ごろでおすすめな機種を紹介します。初心者の方はエントリーモデルでも最新機種を購入する必要はありません。2-3年くらい前の機種が狙い目です。この記事では、その中でもおすすめのデジタル一眼を紹介します。とにかく安くカメラの趣味をはじめたいという方は参考にどうぞ。
初心者におすすめの一眼レフ|型落ちの安いカメラの選び方

近年、大切な思い出をきれいに残したいという理由から、一眼カメラが人気を集めています。

一方で、カメラを趣味としてはじめたいという初心者にとって悩ましいのは、一眼カメラは高価であるということです。

今回は、かつてより人気を集め、初心者向けのモデルも多く存在する「一眼レフ」「ミラーレス一眼」のおすすめ機種をご紹介します。それぞれの違いと撮影方法もまとめています。ぜひ、参考にしてくださいね。

一眼レフとミラーレスの違い

近年では「ミラーレス一眼」という言葉をよく耳にすることがあるかと思います。一眼レフはミラーレス一眼よりも長い歴史を保有しています。

一体その違いは何なのか、以下で紹介します。

レンズと構造が違う

一眼レフとミラーレス一眼の最大の違いは、カメラ内部における構造の違いといえます。

一眼レフにはカメラ内部にミラーが搭載されていて、ミラーで反射させた映像をファインダーに表示させる光学ファインダーを採用しています。

一方で、ミラーレス一眼は一眼レフに存在するミラーを使用しておらず、光をイメージセンサーに直接当て、読み取った情報を基に液晶のファインダーに撮像の様子が映し出す電子ビューファインダーを採用しています。

一眼レフカメラのメリット

一眼レフカメラは、他の種類のカメラと比べ、使われている画像センサーのサイズが大きいです。そのため、高画質での撮影が可能となっています。

一眼レフカメラは、交換レンズの種類も多いです。メーカー純正品だけでなくレンズ専門メーカーのレンズも使えるため、接近したマクロ撮影から、広大な風景の望遠撮影まで、あらゆるシーンで活用できる種類のカメラです。

また、一眼レフカメラは液晶モニターを使用しないため、ミラーレスと比べてバッテリーの持ちが良いこともメリットです。

ミラーレス一眼カメラのメリット

ミラーレス一眼カメラのメリットは、一眼レフカメラに比べて非常にコンパクトで、軽量であることです。そのため、日々持ち歩いて撮影をしたい方や、できるだけ軽いカメラが良い方に向いています。

また、液晶画面で写真を確認できるので、撮影の失敗を最小限に抑えられるというメリットもあります。

初心者向け一眼レフおすすめ5選

購入をお考えの初心者の方におすすめしたいデジタル一眼カメラは、ボディ(本体)の価格が4~5万円位の機種です。これくらいの価格帯ですと、最新機種はほとんど候補から外れます。

ただ、一般的なカメラの買い替えの周期が3年から5年くらいといわれており(もちろん人によります)、カメラを保有している人が頻繁に買い替えているわけではないということから考えれば、いわゆる型落ちの機種でも十分に使用に耐えることがわかります。

初心者の方の用途を考えれば、2年落ちの機種でも十分高性能であり、写真撮影を楽しめると思います。ここで紹介する機種は最新モデルではありませんが、はじめて手にする一眼カメラとして必要十分な機能をもった、比較的手ごろな価格帯のカメラを紹介できればと思います。

スマホのように操作ができる「Nikon D5500」

2015年2月発売のD5500は重く扱いづらい一眼のイメージを覆しています。

液晶モニターはタッチパネルになっており、モニターの向きを動かすことのできるバリアングル機能もついています。

タッチパネルで操作ができるということは、スマホを操作するのと同じような感覚でできるので、とても便利です。

例えば『タッチシャッター』機能ではモニター内のピントを合わせたい部分にタッチし、指を離すとシャッターがきれるという機能があったり、モニター上で指を広げると画像を拡大したりということができます。

一眼レフを初めて使う方でも使いやすい仕様なので、人気の高いモデルです。

また女性には嬉しい小型で軽量なところもポイントです。

重さは約470gで大きさも124mm×97mm×70mmと非常に持ち運びしやすいので、荷物の多い旅行やお子様の運動会にも活躍しそうな一眼レフですね。

さらに一回の充電で撮影できる枚数は820枚とかなり充実しています。予備電池を持ち運ばなくても持ちが良くなっているので長時間の撮影を行う方は便利ですよね。

コスパ重視!使いやすいのにお手ごろ「Nikon D5300」

2013年の11月に発売になったNikon D5300です。

液晶モニターはバリアングルになっており、無理なく様々なアングルで撮影ができます。

また、自動でピントをあわせてくれるオートフォーカス機能は39点と、D3300の11点と比較してもより撮影しやすい一眼レフといえます。

お子様や動物など動きの速い被写体を撮影する場合はオートフォーカスの数が高いほうが撮影しやすいです。

動画の撮影も綺麗に行うことができます。1920×1080:60pのフルHDに対応しているので、動きの早い被写体でも滑らかに再現してくれます。

さらに、カメラ内には動画編集機能が搭載されているため、写真と動画を組み合わせたショートフィルムも制作可能です。

もちろんWi-Fiにも対応しているので、作ったショートフィルムをスマホに飛ばしてすぐSNSに投稿することもできます。旅行先での動画撮影にも使えそうですね!

とにかく費用を抑えたい方はコレ「Nikon D3300」

重たいイメージの一眼レフですが、ボディのみで約410gと、軽量かつコンパクトなのが特徴です。旅行やおでかけなど気軽に持ち出せるカメラのほうが重宝しますし、使用頻度も高くなりますので、特に初心者の方にはコンパクトいうのは非常にメリットだと思います。

2014年2月発売のモデルですが、性能も申し分ありません。APS-Cサイズの撮像素子は2416万画素と特別に他社や他の製品と画質が劣るわけではありません。

実際にD3300の作例をみてみると分かりますが、エントリーモデルだからといって変な写真になるわけではないのです。

D3300は初心者の方に優しい、ガイドモード機能を搭載しており、デジタル一眼レフカメラを初めて使う方でもガイドに従って操作することで簡単に写真表現を楽しめるのも嬉しい点です。

初心者の方がはじめて一眼カメラを購入する場合は、レンズとセットで購入することになると思いますが、基本的にはレンズキットを購入すればいいと思います。風景やズームで撮影したいのであれば、はじめから望遠レンズが付いているダブルズームキットのタイプのセットを購入すればいいでしょう。

レンズが2本付いたダブルズームキットですと5万円を超えてしまいますが、レンタルの場合3泊4日で6,000円台で利用ができます。いずれ望遠レンズにも挑戦したいとお考えの方はまずレンタルで試してみるのもおすすめです。

驚異の軽量!持ち運びに便利な「Canon EOS X7」

2013年4月の発売から約4年以上も売れ続けているといわれる、デジタル一眼です。モデルチェンジにより現行モデルから2つ型落ちした機種ではありますが、まだまだ根強い人気のあるモデルです。

人気の秘密のひとつは、やはり軽量コンパクトであること。発売時は世界最小・最軽量の一眼レフカメラとされ、ボディ本体だけで370gとかなり軽いです。軽さとコンパクトさゆえ、その持ち運びのしやすさに定評がありました。いわゆるサブ機として、2台目の一眼として持つ方がいるほど、お散歩カメラ的な用途でも支持をされています。

もちろん性能は入門用カメラとはいえ、十分の機能を持っています。そして、何より価格が安い点がもっとも魅力的なポイントです。先ほど紹介したD3300と同様、ボディとレンズがセットになったレンズキットだと4万円台で購入ができます。一眼レフカメラとしてはかなり安い部類に属します。

Canon EOS X7の作例を参考にしてみると、2013年のエントリーモデルといえどしっかりといい写真が撮れていることがわかります。コンパクトさから女性にも人気のモデルのようで、ダブルズームキットであれば運動会や結婚式などのシーンで活躍しそうです。レンタルの場合は7000円台から利用ができます。

バリアングルとタッチオートフォーカス搭載「Canon EOS X8i」

2015年4月に発売されたモデルがこのCanon EOS X8iです。

「i」が付くモデルは、EOS Kissシリーズでは上位機種になります。2019年現在では、後継機である「EOS Kiss X9i」が登場していますので、生産終了モデルという扱いとなりました。

ただ、後継機種にラインナップされるスタンダードモデル「EOS Kiss X9」より、性能が良い部分がいくつかあります。

例えば、オートフォーカスの性能では「EOS Kiss X8i」は19点。対して測距点は「EOS Kiss X9」はX9は9点です。この測距点の数が多ければより詳細なピント合わせが可能になります。

他にも、バリアングル液晶とタッチオートフォーカスを搭載しているため、静止画も動画もより簡単できれいに撮影することが可能です。さらに、Wi−Fi、NFCを搭載しているため、スマホとの連動も簡単にでき、撮影した動画や写真の転送が可能となっています。

重量が約555gと、同シリーズのカメラと比べるとやや大きく重いカメラですが、ホールド感がよく男性でも女性でも使いやすいボディの設計になっています。

最新モデルではありませんが、初心者の方でも手軽に本格的な写真が撮影できるため、狙い目のカメラといえます。

初心者向けミラーレス一眼おすすめ5選

コンパクトで持ち運びやすいことで人気を集めている「ミラーレス一眼」のおすすめ5選を紹介します。

デザイン重視のモデルや高画質重視などさまざまなモデルがあります。撮影するシーンや仕上がりのイメージに合わせてレンズを交換できるのも魅力です。

シャッタースピードに優れている「Nikon Nikon1 J5」

Canonとならんで、Nikonのミラーレス一眼も人気です。認知度があまり高くないカメラですが、初心者の方におすすめのカメラです。標準レンズがセットの商品であれば、4万円台で手に入れることが可能で、価格もリーズナブルです。

Nikon1 J5は、連写性能に優れている点がおすすめのポイントです。60コマ/秒という連写速度は、いわゆる高級機のデジタル一眼を上回るほどです。

ミラーレス一眼は、シャッターが電子化されているため高速連写が得意とされています。先ほど紹介したCanon M10の連写速度は、4.6コマ/秒なので、ミラーレス一眼のなかでも飛び抜けて高い連写速度だということがわかります。

動き回る動物や子供の撮影に強く、自分撮りができるチルト式液晶モニターを搭載しているので、女性にとって嬉しいカメラです。Nikon1 J5の作例はこちらから

ミラーレスと一眼のいいとこ取り「Canon EOS M10」

仕組み上、画質は一眼レフよりやや劣りますが、軽量コンパクトさはもちろん、デザイン性や操作性の高いミラーレス一眼もおすすめです。Canon EOS M10は、2015年10月に発売されたモデルですが、こちらもレンズキットであれば4万円台で購入が可能です。

D3300やEOS KISS X7と異なる点のひとつは、ファインダーを搭載しない点です。ファインダーがないので、コンパクトデジタルカメラのように液晶画面をみながら撮影をします。場合によってはピントあわせや手ブレの調整が難しい場合もありますが、スマホカメラやデジタルカメラに慣れている人には操作しやすいと思います。EOS M10の作例はこちらからご覧ください。

ボディの重さは302gと、一眼レフの小型軽量なモデルと比べても、より軽いということがわかります。ファインダーがなく、操作するボタンも省略されていることから軽いボディを実現しています。操作は背面液晶のタッチパネルを中心に行うため、直感的に扱いという特徴もあります。

さらに、背面のモニターが180°上下に動いて展開するため、自撮りを楽しむこともできます。Wi-Fi機能によりスマートフォンへの画像転送も可能なので、かなり実用的といえます。

もちろん、現行モデルであれば一眼レフでも液晶パネルが回転したりWi-Fi機能は当たり前に付いていますが、上で紹介している一眼レフには搭載されていないので、この点はデメリットかもしれません。そう考えると、デザインや操作性の良さから、エントリーユーザーの普段使いにはミラーレス一眼に軍配が上がります。

2020年10月には、新作「EOS Kiss M 2」が発表された同シリーズ。こちらの記事では、そのひとつ前のモデルで2018年3月発売のEOS Kiss Mについて解説しています。

初心者でも簡単にプロ仕様の写真が撮れる、かなり使い勝手のいいカメラであることがわかります。

自撮りカメラの定番E-PLシリーズの人気型「OLYMPUS PEN E-PL8」

2019年11月発売のシリーズ最新「PEN E-PL10」と比べると2つ型落ちしますが、その分リーズナブルです。

2016年11月に発売されたOLYMPUSの「PEN E-PL8」は、エントリーモデルとして定番のミラーレス一眼です。

オリンパスPENは、可愛いデザインで本格的な写真が撮れることから女性を中心に人気のカメラです。機能も女性ユーザーをかなり意識しています。接写やカラーフィルター、セルフィー機能など、SNS映えする写真を手軽に撮影可能です。

動画機能も特徴で、高画質のフルHD動画を撮影できます。写真以外も動画を楽しみたいという方におすすめのカメラといえます。

Wi-Fi機能でカメラとスマホの連携も簡単なので、綺麗な写真や動画をSNSにアップロードして楽しみたいという方におすすめです。OLYMPUS PEN E-PL8の作例はこちらからご覧ください。

コンパクトな自撮りカメラ「OLYMPUS PEN Lite E-PL7」

PLYMPUS PEN Lite E-PL8の1つ前のモデルがE-PL7です。

E-PL8で追加された、複数の短いショートムービーと音楽を組み合わせて映像を作る『クリップス』や動画撮影でもエフェクト機能が利用できる『アートフィルタームービー』は搭載されていませんが、E-PL8よりややコンパクトになっています。重量は17gほど軽いです。

E-PL8と同様、下開きのモニター、タッチパネル、手触れ補正、Wi-Fi機能は搭載されているので、特にカメラ内で編集をする必要がない方はこちらのモデルでも十分な撮影を楽しめます。

普段スマホを扱っている方、カメラ初心者の方には非常に扱いやすいカメラといえます。

4K撮影ができるデジカメ「Panasonic LUMIX FZ300」

最後に紹介する機種は一眼レフではなくいわゆるデジタルカメラですが、一眼レフカメラ以外の選択肢としても遜色ない優秀なカメラです。

イメージセンサーのサイズは1/2.3型と、デジタル一眼よりも小さいですが作例からも分かるとおりいい写真を撮影してくれます。

レンズ一体型のカメラのためデジタル一眼のようにレンズの交換はできませんが、搭載されたレンズには高機能のものが採用されています。

光学24倍(25〜600mm相当)というかなり守備範囲の広い画角、全域で開放F2.8の魅力的なレンズスペックを備えています。

さらに、視認性の高いEVFや背面のバリアングルタッチモニターにより、本格的な写真撮影から手軽な撮影操作まで幅広く楽しむことができます。

4K撮影に対応し、空間認識AFによる動体の追従性能など、かなりクオリティの高いカメラといえます。

2015年の発売ながら、まだまだ売れているロングセラーモデルで、初心者の方でも簡単に幅広く写真撮影を楽しめるカメラです。

一眼レフを安く買う方法は?

ここでは、一眼レフを安く買う方法をご紹介します。

新品が良いなら安い型落ちモデルがおすすめ

まずお伝えしたいことは、写真をはじめるのに、必ずしも高価なカメラは必要ないということです。型落ちの安い一眼カメラでもきれいな写真は十分撮れます。

デジタル一眼においては、ある程度の機能のものであれば、最新機種でなくても用途を満たすことができるというのが個人的な意見です。ですから、メーカーサイトや家電量販店に並んでいる最新機種以外にも、ぜひ目を向けて欲しいと思います。

高価な一眼レフやミラーレス一眼を使っても必ずしもいい写真が撮れるわけではありません。こちらの記事では、初心者でもきれいに写真を撮る方法について解説しています。ぜひ確認してみてください。

安上り!レンズキットなら初心者でも綺麗に撮れる

一眼レフは、レンズにこだわることで写真の仕上がりが変わってきます。しかし、レンズだけで数万円するので、初心者が揃えるにはハードルが高いです。

レンズキットなら、カメラ本体とレンズがセットになっているので、自分で揃えるより安上がりになります。

どんな道具もそうですが、あくまで使い方が大事です。高価なカメラほどポテンシャルは高いですが、しっかりと使いこなせれば、意味はありません。

使いこなせてはじめて理想的な写真が撮れるようになるので、写真を趣味としてはじめてみたい初心者の方であれば、いきなり高級機というよりは使い方をじっくり学んで機材をステップアップするほうが後々のことを考えても損が少ないと思います。

こちらの記事では、カメラ初心者がCanonのEOS Kiss Mのレンズキットをレンタルしてレビューしています。付属のレンズを取り付けるだけの簡単設定で綺麗な写真が撮れます。

中古の一眼レフなら上級モデルも安い

値段重視なら、中古のカメラを探すのもひとつの手です。欲しいモデルはもちろん、比較的新しい機種でも中古というだけで価格が下がり、手に取りやすくなります。

中古のカメラは、ネットかリサイクルショップなどで探せます。可能なら、出品元に残りの「ショット数」を確認しましょう。「ショット数」とは、そのカメラが切ったシャッター回数のことです。「ショット数」が残り少ないと、シャッター交換にコストがかかり、かえって割高になるので注意が必要です。

最初のカメラはレンタルもおすすめ

初心者の方がはじめて手にするカメラは型落ちのエントリーモデルでも十分で楽しめると思います。初心者用の機種であっても購入すると5万円位の価格のものが中心になります。「いきなり購入は抵抗がある」「費用を抑えて使いたい」という方にはレンタルという選択肢もあります。

運動会や結婚式、旅行などの限定的な場面での使用しか考えていない方や、一眼カメラを試してみたいという方で、購入をためらっているのであればレンタルするほうがしっかりと使えて支出を少なく抑えることができます。

一眼カメラをレンタルするならカメラレントがおすすめ

カメラのレンタルサービスで特におすすめなのが、『カメラレント』です。月額でカメラレンタルし放題のカメラレントでは、5つの料金プラン(月額3,850~19,250円)があるので、自分に合った金額帯でカメラを楽しめます。

カメラレントは独自のポイント制度があり、支払った金額の5%がポイントとして還元されます。貯まったポイントは支払いの際に利用できるのも嬉しいポイント。

取り扱い製品数とメーカー数は業界最大級で、カメラレントでは、一眼カメラやレンズの取り扱いが多数あります。

ビデオカメラやその他機材などのレンタルもあるので、一眼レフ以外のカメラも楽しむことができますよ。

カメラレントでカメラをレンタルする


まとめ

いかがでしたでしょうか。古い機種でも、入門用として申し分ないおすすめの一眼レフやミラーレス一眼を紹介しました。趣味として何かをはじめるのであれば、手軽にはじめることができる方がいいに決まっています。

しかし、カメラの場合、家電量販店に行くとこれしかありませんといわんばかりに10万円くらいの機種が並んでいます。ですが、ちょっと古いくらいの機種であれば、入門用には十分です。

ただし、一概に高価モデルを否定しているわけではありません。エントリーモデルを購入してから、中級機や上級機を購入するのは金銭的に遠回りにもなります。あくまで、用途が定まっていない、どのように使うか明確でない場合はこういった選択肢があるというくらいで知っていただければとも思います。

大事なのは用途にあわせて、どこまでお金をかけられるかを考えることだと思います。購入の前にしっかりとどういった使い方をしたいかを考えてみて下さい。余り使う用途がなく、お金もかけたくないのであればレンタルでも十分です。しっかりと自分自身と相談して、最適なカメラの楽しみ方を見つけていただければと思います。

一眼レフカメラのレンタルについては、こちらの記事でより詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

こちらの記事では、一眼レフとミラーレス一眼の違いについて紹介しています。ぜひご覧ください。

原田 聖一朗 /
ビギナーズ編集部 ライター

一眼レフカメラやドローンなどガジェットの記事を中心に担当しています。カメラと動物とお酒が趣味です!初心者の方の目線に立って分かりやすい記事をお届けできるよう日々精進し、少しでも皆さんが趣味を楽しめるようになれれば嬉しいです。

ビギナーズTOPページ