更新

ハンディミシンのおすすめ12選を種類別に紹介!

ハンディミシンは裁縫が苦手な方におすすめのミシンで、片手で手軽に利用できる魅力があります。カーテンや服のほつれに対応でき、少しの長さを縫うことに適しています。種類や特徴を押さえることで、楽しく便利に活用できます。
ハンディミシンのおすすめ12選を種類別に紹介!

服の裾上げをするときや袖がほつれてしまったとき、どのように対処していますか?手縫いで処理する場合とミシンを使用して裾上げをする人もいます。手縫いは面倒に感じる方が多く、かといって大きなミシンを出すまでもないので、そのまま放置してしまう人も多いです。そんな方には、簡単に裾上げができるハンディミシンがおすすめです。

ハンディミシンは、コンパクトで片手で簡単に縫うことができるため、急いでいるときや手縫いが面倒という方にとって最適なアイテムになります。

ここでは、ハンディミシンについて詳しくお伝えし、おすすめのミシンを紹介していきます。ハンディミシンを上手く活用して、大切な洋服を管理しましょう。

ハンディミシンの特徴

ハンディミシンには特徴があります。よくわからない方は、次の内容を確認することでハンディミシンの魅力を理解することができます。

片手で使える

片手で縫うことができ、カーテンなら吊るしたまま、服なら着たまま縫える特長があります。ホチキスのような使用感で、裾上げやほつれにもすぐに使えます。

ハンディミシンには種類があります。サイズも様々でデニムの厚手生地が縫えるタイプもあり、操作も簡単なので、初めての方や男性でも問題なく使用できます。

手縫いは面倒で苦手という方でも、失敗なく簡単に縫うことができ、気になったときにすぐ使用できるのが魅力です。

持ち運びしやすい

通常のミシンに比べて軽く、持ち運びが楽であることも魅力であり特長の1つです。片手で持ち運びができることから、収納場所にも困ることがなく、サイズによっては裁縫セットと一緒に保管することも可能です。

ハンディミシンには大きく分けて2つの充電方式があり、電動式と手動式があります。長さのある布をパワフルに縫いたい場合は電動式が向いており、ほつれの修復には手動式が最適です。どちらも通常のミシンと比べて持ち運びしやすいので、楽に収納できます。

長くまっすぐきれいに縫いたい場合は、ハンディではなく通常のミシンが向いているので、用途に合わせて選ぶことが大切です。

上糸だけで縫う

従来のミシンは上糸と下糸で縫いますが、ハンディは上糸だけで縫い上げていきます。裏側は刺繍のチェーンスティッチのようになり、鎖や輪に見える縫い目に仕上がります。下糸を使用するハンディもありますが、市場で販売されているハンディは上糸で縫うミシンと認識しましょう。

ハンディミシンは返し縫ができないため、糸が抜けてしまう可能性が高いです。それを防ぐためには、縫い始めと終わりの糸を結ばなければなりません。少し手間がかかりますが、簡単に縫うことを重視しているため、ハンディの特徴として知っておくとよいです。

ハンディミシンの選び方のポイント

ハンディミシンの選び方を紹介します。次のポイントを押さえ、ハンディを購入する決断材料に役立てましょう。

生地の厚さで選ぶ

薄い生地しか縫わないのか、デニム生地などの厚い生地まで縫うのかでミシンのタイプが変わります。長さや厚みのある布を縫う場合は電動式を選びましょう。また、薄い生地の布や糸ほつれの修復として活用するなら手動式を選びましょう。

ハンディミシンは、ホチキスと同じように指でカチカチと布を挟んで縫うため、自分のペースで縫える魅力がありますが、長く縫う場合は指が疲れてしまい、曲がってしまうことがあります。

このため、薄い布の場合でも、長く縫う場合は電動式を選ぶことをおすすめします。

  • 電動式:厚手の布や、長く縫う場合に最適
  • 手動式:薄手の布や、ほつれを修復するのに最適

電源タイプで選ぶ

AC電源のみで使うのか、電池式なのか使うシーンに合わせて選びましょう。電源のみで使用するタイプは、コンセントを差し込めばいつでもパワフルに利用できます。自宅で使うことが多い方には電源タイプがおすすめです。

USBタイプもあり、パソコンを使用するオフィスでも使うことができます。仕事中でもUSBさえあれば使用できるため、幅広いシーンに利用できます。

電池で動くタイプは、コードレスで使用できるため旅行や外出先で利用したい方に最適です。ただし、電池の残量が少なくなるとパワーも弱くなってしまうのがデメリットになります。予備の電池を常備するなどして対策を取ると安心です。

  • 電源タイプ:自宅で利用する方に最適で、パワフルに使用できる
  • 電池タイプ:コードレスのため、旅行や外出先でも便利に活用できる

大きさで選ぶ

持ち運びをするのかしないのかで、大きさは変わります。片手で使用するハンディミシンは、自分の手に合ったサイズで選ぶのがよいです。電動式タイプであれば、長さ20cmのものが主流です。

重さは100~300gを超えるものまで様々あり、外出先などへ持ち歩くことが多いのか、自宅で使用することが多いのかで重さを決めるとよいでしょう。

付属品で選ぶ

ミシンの付属品を何も持っていない人は、付属品の有る無しで選ぶとよいです。ボビンの数が多いと、何度も巻き直しをしなくてもよいので便利です。また、予備の針が多めにあると安心です。

そのほかにも、糸通しやミニはさみ、メジャーなど、裁縫セットが付属されている商品もあるので、必要であればセットで購入するとお得です。

厚い生地でも縫えるおすすめミシン3選

薄い生地でも厚い生地でも縫える人気のハンディミシンを3点ピックアップしました。幅広い種類の布に対応しているので、便利に活用できます。

マクロス ハンディミシン ラフィ

ちょっとした直しにすぐ取り出して使える便利なハンディです。安全ロックつきで、ジーンズ生地でも縫えます。電池とアダプタの両方利用できますが別売りになります。付属品は予備ボビン3個、スピンドル、予備ミシン針、糸通しの4点です。

価格 2,799円
寸法 約W27×D5×H8.5cm
重量 約356g
電源方式

乾電池式:単3電池4本(別売)
アダプタ:AC100V 50/60Hz DC6V 800mAh(別売)

 

C-Princess ミニミシン ホッチキス型 (1ホワイト)

コンパクトで片手で手軽に縫える手動式ハンディミシンです。出先での服の応急処置や、旅行にも持ち運びできるお手軽サイズになります。自動布送り機能つきで厚手の生地も縫えるのが魅力の商品です。

価格 888円
寸法 W11.5×D7.5×H4.5cm

重量

約200g
電源方式 手動式

 

CALENA ハンドミシン

便利な安全装置がついており、電動で自動に布を送ります。クラフト、ウール、レザー、デニム、シルクと幅広い生地を縫えるミシンです。付属品は、ボビン9種、メジャー、針、ミニはさみ、糸通し、クリップがついてきます。

価格 3,640円
寸法(梱包サイズ) W22.2×D14×H5.4cm
重量 220g
電源方式

単3電池4本(別売)

 

電動式のおすすめミシン3選

電動式のミシンを3点紹介します。電動で楽に縫いたい方におすすめです。

電動ハンドミシン アミーガー

スイッチ1つでさっと縫える簡単スイッチが特長で、乾電池式のため持ち運びしやすいハンディです。便利な安全スイッチストッパーがついており、ジーンズ生地2枚重ねの厚さまで対応できます。コードレスなので、持ち運びも楽にできます。

吊るしたままのカーテンや、着たままの裾も簡単に縫え、縫い間違ったときも簡単に引き抜くことができます。付属品は、白糸、ボビン2種、針、糸通し、糸立て軸、ニッパーです。

価格 3,800円
寸法 W21×D5×H7.2cm
重量 240g
電源方式 単3電池4本(別売)

 

ベルソス 電動ハンディミシン VS-H010

乾電池でもUSBからでも電源が取れるため、自宅だけでなく仕事先や旅行先でも便利に活用できます。通常のミシンのような面倒な準備やコードの絡みもなく、収納スペースも取らないので手軽に活用できるのが魅力です。付属品は、糸通し、糸立て軸、針、ボビン2種類、USBケーブルです。

価格 2,500円
寸法 W21×D3.5×H6.5cm
重量 約220g
電源方式

電源:DC6V 600mA(電源供給:USB)
単3電池4本(別売)

 

LOBKIN ハンドミシン

軽量なので持ち運びしやすいミシンです。カーテン縫いや袖や裾のほつれの修復、手工芸やキルティングなど幅広く活用できます。簡単に使用でき、学生や男性でも安心して利用できる操作内容になっています。コードレスで収納に場所を取らず、スッキリと保管できます。

付属品として、ボビン2個、針、糸通し、糸立て軸がセットでついてくる割に、リーズナブルな価格で購入できることも魅力の商品です。

価格 1,699円
寸法 W25×D15×H5cm
重量 240g
電源方式 電池式:単3電池4本(別売)

 

コードレスのおすすめミシン3選

コードが絡まる心配がなく、手軽に使用できるコードレスのミシンを3点紹介します。ミシンの準備が面倒に感じる方や、スッキリ収納でき持ち運びも便利にしたい方におすすめです。

WEIMALL 電動ハンドミシン

電源方式は電池とUSBの2種類あり、シーンに合わせて便利に活用できます。軽量でコンパクトに持ち運びでき、手縫いが苦手という方に最適なミシンです。ホチキスのような感覚で縫い上げられ、ズボンの裾やほつれにすぐ対応できます。

自宅や外出先、仕事場でも、縫いたいときにいつでも利用できるのが魅力です。縫い方はチェーンステッチで縫うタイプになります。付属品は、ボビン3個、スピンドル、針、糸通し、USBケーブル(70cm)です。

価格 1,210円
寸法 W21×D7×H5cm
重量 230g
電源方式

USBポートより給電
単3電池4本(別売)

 

Miraland ハンドヘルド ミシン

電池式でわかりやすい日本語説明書つきのミシンです。安全スイッチストッパーはついており、ジーンズ生地2枚重ねほどの厚さまで対応できます。手縫いが面倒、苦手という方に最適で、片手で手軽に使用でき、コンパクトに収納できます。

縫い間違えた際でも簡単に糸を引き抜くことができ、外出先での突然のほつれも簡単に修復できます。電池式のコードレスなので、持ち運びも楽にできます。付属品として、ボビン13種類、メジャー、安全ピン、糸通し、糸立て軸、糸たて棒、ミニはさみがセットです。

価格 1,999円
寸法 W21×H7cm
重量 290g(発送重量)
電源方式 電池式:単3電池4本(別売)

 

マクロス NEW 軽量 コンパクト スマート ハンディーミシン

乾電池でもACアダプタでもどちらでも使えるハンディミシンです。場所を選ばず、縫いたいときに縫えて便利です。コンパクトで持ち運びも楽にでき、簡単操作で初心者でも安心して利用できます。

縫い方はチェーンスティッチタイプで、縫い終わりでは指で糸を結びます。結ばないと、糸が抜けるようになっているので、最後に結ぶことを忘れないように注意しましょう。付属品は、スピンドル、糸通し、ボビン3種、ミシン針です。

価格 3,980円
寸法 W21×D4.5×H7cm
重量 約270g
電源方式

アダプタ(DC6V 800mA 3.5mmプラグ別売)
電池式:単3電池4本(別売)

 

コンパクトサイズのおすすめミシン3選

コンパクトで持ち運びしやすく、軽いミシンを3点紹介します。とにかくコンパクトさを重視したい方はチェックしておくとよいです。

Yosoo コンパクトミシン

電源方式が2種類あるため、自宅でも外出先でも便利に活用できます。片手で手縫いのように使用でき、コンパクトで軽量のため持ち運びも楽で収納もスッキリです。子供でも使える安全なミシンで、12歳以下の子供は大人の指導の下使用できます。

付属品は、ボビン1個、ミシン針、糸通し、糸立て軸3本です。取扱説明書は英語で記載されているため、英語が苦手な方はサイトなどをチェックして使い方を確認しておくとよいです。

価格 2,059円
寸法 W20.7×D7.3×H3.4cm
重量 299g
電源方式

アダプタ:100V 50/60Hz(別売)
単3電池4本(別売)

 

SODIAL (R) ポータブル 小さなポケットミシン

見た目はホチキスそのもので、おもちゃ気分で使えるかわいい手動ミシンです。コンパクトなので、ポケットにも収まるサイズです。購入しやすい商品のため、初めてハンディミシンを試してみたい方にもおすすめできます。付属品は、糸通し、糸巻棒です。

価格 683円
寸法 記載なし
重量 90.7g(発送重量)
電源方式 手動式

 

αスペース 片手で縫える ポータブルハンディミシン

ホチキスのような手軽さで、片手で縫いやすい軽さのミシンです。コンパクトでも、ジーンズを2枚重ねた厚さまで縫えるため、色々なものを簡単に縫うことができます。カーテンや服のほつれをサッと修復でき、急なほつれでもしっかり応急処置できます。

付属品は、糸通し、糸取付用棒です。操作が簡単で楽しく使用でき、1,000円以下で購入できるリーズナブルな点も魅力の商品です。

価格 980円
寸法 W11×D4.5×H7cm
重量 109g
電源方式 手動式

 


ちょっとしたときに使えるのが便利

ハンディミシンはコンパクトで手軽に使用でき、裁縫が苦手な人でも簡単に縫うことができるので、急な服のほつれにすぐ対応できます。ハンディの特徴を把握することで、自分が欲しい商品を見つけることができます。

いつでもどこでも使用できるハンディミシンを1つ持っておくだけで、カーテンや服のほつれを修復でき、面倒な裁縫でも楽しくできます。

こちらの記事では簡単に作れる裁縫作品と裁縫用語の解説やおすすめ裁縫アイテム&手芸サイトをご紹介しています。

ビギナーズ 編集部 /
ビギナーズ編集部 ライター

趣味と出逢うメディアサイト「ビギナーズ」の編集部です。趣味を見つけたい方を応援します。

ビギナーズTOPページ