更新

ウーバーイーツは高い?高くてもメリットある利用法を紹介

菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター

ブックライブ
ウーバーイーツを頼みたいけど、少し高いなと感じる人は少なくないでしょう。少し価格は高めに設定されていますが、ウーバーイーツを使うのにはメリットもあります。この記事ではウーバーイーツのメリットやお得な利用法を解説しています。
ウーバーイーツは高い?高くてもメリットある利用法を紹介

ウーバーイーツでデリバリーを頼んだことがありますか。実店舗の価格と比べると、少し高めの価格に設定されているため、利用を躊躇している人もいるでしょう。

ウーバーイーツは高いのでしょうか。確かに配送手数料やサービス料がかかるため、実店舗で食べるよりは高くつきます。しかし、その高めの料金を支払うに値するメリットがあります。

この記事では、自宅にいて様々な料理のデリバリーが依頼できるウーバーイーツについて解説しています。お得にウーバーイーツを利用する方法やスムーズに利用する方法も解説しているので、ウーバーイーツを利用したい人はこの記事を参考にしてください。

ウーバーイーツとは

有名店の料理からドリンクまで様々なもののデリバリーを依頼できます。利用するための準備は簡単で、アプリをインストールして登録を行うだけで利用開始できます。

フードデリバリーサービス 

ウーバーイーツに加盟した店舗の料理を自宅にいて簡単に注文できるサービスです。カナダ・トロントでサービスが始まり、日本でも東京や大阪、愛知といった都市部でサービスが展開されています。

ウーバーイーツと提携を結んだ飲食店は、手数料を支払い個人のドライバーによって料理を注文者まで届けてもらえます。世界中でウーバーイーツのサービスは広がっており、世界中で3,000店舗以上が加盟しています。

人気のレストランやファストフードなどが加盟しており、様々な料理が自宅で気軽に注文できます。ステーキやお寿司といった高価な料理からハンバーガーや牛丼などのお手軽に頼める料理まで、豊富な種類の料理が注文できます。

ウーバーイーツに登録して利用する 

料理の注文は専用のアプリから行います。ウーバーイーツのアプリをインストールして、氏名や住所、クレジットカードを登録すると利用開始できます。

クレジットカードは、

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners

などが使えます。ほかにデビットカードも利用できます。また、一部エリアでは現金での決済もできます。

アプリをインストールして、登録できたら料理が注文できます。配達している人や配達している人がどこにいるか、あとどれくらいで届くかがアプリでわかります。

Uber Eatsの詳細を見る

ウーバーイーツの値段が高い理由

ウーバーイーツの料金は、なぜ高くなるのでしょうか。ここでは、ウーバーイーツの料金には何が含まれているかを解説しています。

手数料がかかっているから 

ウーバーイーツは、飲食店、配達ドライバー、注文者から手数料を受け取ってサービスを提供しています。飲食店は、料理代金の35%を手数料として支払わなければなりません。

そのため、実店舗での価格よりも高い価格で設定しないと、利益が得られません。利益を得るためには料理代金にその分を上乗せするしかないため、料理代金は実店舗での販売よりも高く設定されています。

また、デリバリー用の容器も必要なためその費用も含まれています。

配送料がかかるから

ウーバーイーツで注文すると、料理代金のほかに、商品を配達してもらうための配送手数料がかかります。この配送手数料は変動制で、天気や混雑状況、配達ドライバーの稼働人数によって変わります。

この配送手数料は、安いときであれば50円から500円程度になることもあります。しかし、ピーク時やドライバーが少ない時間帯、荒天の日などは高めに設定されます。

なお、この配送手数料は、注文前に注文画面で確認できます。

ウーバーイーツのサービスはデリバリーがメインなので、利用する人は少ないかもしれませんが、自身で店舗まで取りに行くのなら、この配送料は節約できます。

サービス料がかかるから 

ウーバーイーツの注文では、サービス料が加算されます。このサービス料はウーバーイーツにデリバリーを依頼するとかかります。サービス料は料理代金の10%になります。

1,000円の料理を注文すると100円のサービス料がかかります。そのため、料理代金が増えるほどサービス料も多くなります。

最低注文手数料がかかる 

自宅でデリバリーを頼むときにネックになるのが、最低料金が決められていることではないでしょうか。1回の注文に対する最低料金が決められていると、1人分だけ頼みたいときなどには余計なものまで頼んでしまい、高くなってしまうこともあります。

ウーバーイーツでは、1回の注文の最低料金はありません。しかし、700円未満の場合には、最低注文手数料として手数料が150円かかります。

1つの商品だけでもデリバリーを依頼できますが、このように手数料がかかって高く感じられます。

Uber Eatsの詳細を見る

ウーバーイーツは高いがメリットも多い

店で食べるよりも高い料金が設定されていることの多いウーバーイーツですが、その価格に見合った多くのメリットがあります。ここではどのようなメリットがあるかを見ていきましょう。

料理のバリエーションが豊富

ウーバーイーツには、全国の17の地域の約10,000店が加盟しています。有名レストランの料理からカレーやお弁当、スターバックスのコーヒー、ハンバーガーなど様々な料理や飲み物が注文できます。

加盟店にはチェーン店もありますし、地元のお好み焼き屋さんやレストランなども登録されています。

このように多くのバラエティーに富んだ店が登録されているので、そのときに食べたいものを選んで注文できます。 

簡単にデリバリー注文ができる

ウーバーイーツはアプリから料理を選ぶだけで簡単に注文できます。決済の方法もクレジットカードを選ぶと、受け取りのときにお金のやり取りをしなくて済みます。

置き配のサービスをしているので、玄関前に置いてもらって直接対面せずに受け取ることもできます。

また、自宅以外の場所にも届けてもらえるため、お花見のときやオフィス街でのランチにも利用できます。お昼休みに外出して店に並んで食事をする時間がない人にも最適です。

このように、好きなときに好きな料理を好きな場所で食べられるというメリットがあります。

容器の返却が不要 

お寿司や中華、丼物などデリバリーしてもらえる料理はたくさんあります。近頃では使い捨ての容器を使用する店舗も増えましたが、お店の食器を使ってデリバリーを行っている店もあります。

このような店舗だと、食事後に食器を洗って返却しなければなりません。

ウーバーイーツだと、使い捨ての容器を使っているため容器の返却が必要ありません。洗う手間もありませんし、食べ終わった食器を取りに来てもらうように連絡する手間もありません。 

指定した場所へ配達してくれる  

ウーバーイーツの最も大きなメリットは、どこにでも配達してもらえることです。

自宅はもちろん、オフィスや公園、ホテルにも配達できます。ただし、自宅だと住所と部屋番号でたどり着けますが、公園などお花見やバーベキューなどで利用するときには注意が必要です。

あらかじめ、配達オプションで場所の目印になるものを連絡しておかないと、注文者を見つけられない可能性があります。

また、ウーバーイーツでは置き配のサービスもあります。玄関前に置いてもらえるので、会わずに受け取ることが可能です。この際、インターホンを押してもらうと、熱々をすぐに受け取れるでしょう。

このようなメッセージも配達オプションで行います。置き配はクレジットカードで支払い済みの場合にのみ利用できます。

ホテルへのデリバリーも行っていますが、配達ドライバーがホテル内に入れないことも多いため、エントランスでの受け取りになることがあるようです。

このようにウーバーイーツでは、色々な場所へ配達を行っています。 

宅配をしていない飲食店の料理を配達してくれる

街中にある飲食店の中には、デリバリーに対応していない店も多くあります。一度食べてみたいと思っても常に行列ができていたり、予約が取れなかったりと食べる機会を逃している人は少なくないでしょう。

このような店の料理も、ウーバーイーツに登録されている店のものなら自宅にいて簡単に食べられます。

また、店自体がデリバリーに対応していなくても、ウーバーイーツに加盟している店なら料理を配達してもらえるというメリットがあります。  

最低注文金額の設定がない

デリバリーを行っている店では、1回の注文の最低料金を決めている店が多くあります。この場合、1人分の料理だけを注文したくてもできなかったり、余分に必要のないものまで注文したりとデメリットがありました。

ウーバーイーツなら1回の注文の最低料金はありません。1人分の料理も気兼ねなく注文できます。300円のドリンクだけを頼むこともできます。

よくある最低料金が設定されたデリバリーサービスだと、料金が一定額以上でないとデリバリーの依頼自体ができませんが、ウーバーイーツはどんなに少額でも依頼できます。ただし、700円未満の注文には最低注文手数料150円がかかるので注意しましょう。

Uber Eatsの詳細を見る

ウーバーイーツが高いと感じる場合の対処法

いざ、デリバリーを依頼しようとアプリを開いたら、料金が高くて躊躇した人も少なくないでしょう。ウーバーイーツにはお得に利用できるプロモーションが用意されています。初回限定のものや店舗限定のものなど色々あるので、プロモーションを使用してお得にウーバーイーツを利用しましょう。

プロモーションコードを活用しよう

ウーバーイーツでは、アプリのトップページに利用可能なプロモーションが表示されます。

初回限定割引クーポンや、お友達紹介クーポン、配送手数料無料クーポン、時間帯割引クーポンなど色々な種類のクーポンがあります。初回限定割引のクーポンは、初回の注文時にお得に注文できる割引クーポンです。

配達手数料無料クーポンは、マクドナルドやケンタッキーなどのチェーン店で利用できるものが多く、不定期にクーポンが配信されています。

エリアや店によって利用できるクーポンが異なるので、注文前にチェックするとよいでしょう。

配達手数料で選ぼう 

配達手数料は、時間帯や距離、天気によって変わります。また、稼働している配達ドライバーの人数も影響します。

注文時には配達手数料が確認できるようになっています。そして、配達手数料を少しでも安くしたい場合には、フィルターをかけて配達手数料が安い店舗だけ表示して選ぶ方法もあります。

  1. アプリを開く
  2. 画面上部にあるメニューから最大配達手数料を選ぶ
  3. 最大配達手数料を設定するゲージが表示される
  4. 最大配達手数料を設定し適用する

この方法で、配達料が高い店を省いて店が選べます。

天気がよい日を選んだり、ランチタイムの注文が混み合う時間を避けたりすると、配達手数料を安く済ませられます。

また、できるだけ近い場所の店を選べば、配達の距離が短くなるので配達手数料が安くなります。

正規料金に近いお店を選ぼう 

ウーバーイーツに加盟している飲食店は、料理を販売した際の代金の35%を手数料としてウーバーイーツに支払わなければなりません。

そのため、料理代金は料理の値段に加え、容器代や手数料などが上乗せされた金額になっています。このことから、店舗で食べるときの価格よりもウーバーイーツで頼んだときの料理代金の方が高く設定されています。

中には店舗の価格と同じ料金で利用できる店舗もあります。特に、チェーン店では店舗での正規の価格と同じか、それに近い金額で利用できることがあります。

ウーバーイーツを利用するときには、実店舗での価格と比較しながらどれくらいの差があるかを計算してから注文するとよいでしょう。

Uber Eatsの詳細を見る


ウーバーイーツでもお得にデリバリーが利用できる

ウーバーイーツは、誰でも簡単にいつでもデリバリーが依頼できるサービスです。外に買い物に出たくないときや、料理を作るのが面倒なとき、食べたい料理があるときなど様々なシーンで利用できます。

また、デザートのデリバリーも行っていて、お花見やパーティーにも最適です。どれくらいで届くか時間も確認できますし、配達している人がどんな人かもわかります。

家を特定されるのが嫌な場合には、マンションのエントランスで受け取ることもできます。料金は実店舗よりも少し高めですが、多くのメリットがあります。

そして、不定期にクーポンが配信されているのでお得に注文することができます。クーポンを使ったり、ピークタイムを外したりして、お得にデリバリーを利用しましょう。

Uber Eatsの詳細を見る

菅野辰則 /
ビギナーズ編集部 ライター

ネットショッピング歴は約20年!お得なものを見つけることが好きで日々のECサイトで掘り出し物の探しは欠かしません。コスパの良い初心者が趣味を始めるのに最適なアイテムをご紹介します。趣味はダンスと映画鑑賞