更新

[2021]MacBookのおすすめは?徹底比較!初心者向けに選び方や種類を解説

この記事では、MacBookの種類や選び方、用途によって適したモデルを紹介します。最新モデルのおすすめポイントも詳しく比較しながら解説しているので、MacBookの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。
[2021]MacBookのおすすめは?徹底比較!初心者向けに選び方や種類を解説

現在、販売されているMacBookには大きく分けて2種類のモデルがあります。「MacBook Air」と「MacBook Pro」です。

その中でもMacBook AirはM1モデルとIntelモデルがあり、価格や性能が変わってきます。

ネットサーフィンやSNSの閲覧、資料作成などを目的とするのか、画像や動画の編集などを目的とするのかによって、おすすめのモデルは異なります。スペックが高いほど価格も上がるため、まずは用途を考えてから選びましょう。

MacBookがおすすめの人とは

「Windowsと比較してどちらが良いのか」「そもそもMacBookの魅力はなんなのか」そうお考えの方に向けて、MacBookがおすすめの人を解説します。

まず、iPhone・iPadユーザーの方は互換性がよいMacBookが使いやすいです。AirDropを使えばiPhoneとMacBook間で写真やデータを簡単に送受信できます。

また、直感的に操作できるのもメリットです。Touch Barなど、マウスではなく指を使って操作できます。Windowsと比べて、MacBookのRetinaディスプレイは高画質なのでクリエイティブに使いたい人にも魅力的です。

デメリットは、Windowsと比較すると対応アプリが少ない点と、価格が高額な点です。ちなみに、ゲームをよくする方はWindowsが良いでしょう。対応ソフトやアプリの幅が広いからです。

一方、ビジネス使用がメインで、価格を抑えたい人はWindowsがおすすめです。2万円台から購入できますし、Excel、Power Pointなどの一般的に会社で用いられているOfficeソフトがインストールされています。

こちらの記事では、初心者におすすめなノートパソコンを紹介しているので、参考にしてみてください。

MacBookの種類

MacBookにはMacBook AirとMacBook Proがあり、現行モデルは4種類あるので詳しく解説していきます。

MacBookの種類
  • MacBook Air 13インチ(M1)
  • MacBook Pro 13インチ(M1)
  • MacBook Pro 13インチ(Intel)
  • MacBook Pro 16インチ(Intel)

「M1」「Intel」という2つのバージョンがあり、これはCPU・GPUの違いを表します。CPU・GPUについては後ほど解説します。

Airにはストレージ容量などが異なるモデルがあり、Proにはエントリーモデルと上位モデルがあります。さらに、これら2つの中でもスペックに差があるなど選択肢が多いため、用途や好みに合わせたものを選ぶ必要があるでしょう。

MacBook Air

MacBook Airは、MacBook Proと比較するとサイズが小さく軽いのが特徴です。カラーは3色あり、バッテリーの持ちも優秀です。

パソコンを使ってネットやSNSを閲覧したり、資料などを作成したりしたい方に適しています。一般的な使い方をするには十分で、MacBookを初めて使う方にもおすすめです。

また、軽くて薄く持ち運びやすいため、会社や学校など、外で作業することが多い方からも人気を集めています。

ただし、処理能力はProより低いため、画像加工や動画編集などを頻繁に行いたい場合には、あまり適していません。

Apple製M1チップ搭載

MacBook Airは、2020年発売モデルから全機種自社製「M1チップ」を採用しているのがProとの違いのひとつです。「M1チップ」とは、CPU・GPUなどを内蔵するApple独自の高性能なチップ。

GPUコアが7コアと8コアの2タイプあり、価格も変わってきます。7コアが比較的手ごろな価格で、8コアはよりクリエイティブな作業をしたい方向けです。

MacBook Air
  • カラー:ゴールド/シルバー/スペースグレイ
  • チップ:Apple製M1チップ(7コアGPU/8コアGPU)
  • 定価(ストレージ):税込115,280円(256GB:7コアGPU)/142,780円(512GB:8コアGPU)

MacBook Pro

MacBook Proは、Airよりも性能を重視したモデルです。サイズは2種類あり、用途によって適した大きさを選べます。

13インチだと、Apple製M1チップかIntel製Core iシリーズ搭載モデルを選べます。

16インチだと、Intel製Core iシリーズ搭載モデルのみで、16GBの大容量メモリを実装し、負荷の多い作業にも耐えられます。

通常のネットサーフィンなどに加えて、画像加工や動画編集などの作業も快適に行えます。仕事や趣味などで画像や動画を扱っている方に最適です。

ディスプレイの大きい16インチ

大きな画面で作業をしたい方はProの16インチを選びましょう。グラフィックデザインの仕事をしている方などのプロ向け仕様になっています。

13インチMacBook Pro[M1チップ]
  • カラー(2色):シルバー/スペースグレイ
  • チップ:Apple製M1チップ(8コアCPU)
  • 定価(ストレージ):税込148,280円(256GB)/170,280円(512GB)
13インチMacBook Pro[インテル]
  • カラー(2色):シルバー/スペースグレイ
  • プロセッサ:インテル製Core i5
  • 定価(ストレージ):税込207,680円(512GB)/229,680円(1TB)
16インチMacBook Pro[インテル]
  • カラー(2色):シルバー/スペースグレイ
  • プロセッサ:インテル製Core i7(512GB)/Core i9(1TB)
  • 定価(ストレージ):税込273,680円(512GB)/317,680円(1TB)

【2021年】新型MacBookProが発売決定!Amazonセールに期待が高まる

Appleが、米現地時間10月18日(月)午前10時よりオンラインイベント「Unleashed.」を開催しました。日本時間では10月19日(火)午前2時からで、公式サイト内で配信が行われました。

2020年11月発売のMacBook AirにApple独自のMIチップが採用されたことが話題となりましたが、本イベントでは、それに続くM1 ProとM1 Maxチップ搭載の新型MacBook Proが発表!

最新モデルが登場したこのタイミングで旧作のセールが行われる可能性が高いです。Amazonのサイバーマンデーや、楽天のブラックフライデーをチェックしておくことをおすすめします。

Apple公式サイト:Appleイベント

MacBookの選び方|初心者向けに解説

MacBookは、種類によってスペックが大きく異なります。使用する上で重視したい条件をあらかじめ決めておき、最適なものを選ぶのがポイントです。

インチと重さ

MacBookには、13インチと16インチの2種類のサイズがあります。Airは13インチの1種類のみ、Proは13インチと16インチの2種類です。

Airの13インチの重さは1.29kg、Proの13インチの重さは1.4kg、Proの16インチは2.0kgです。同じ13インチであればAirのほうが若干軽いため、軽さや持ち運びやすさを重視している方にはAirがおすすめです。

なお、13インチと16インチでは幅が約5cm変わります。多少重くても大きな画面で複数のタスクを並行して作業をしたい方は、16インチを選びましょう。

ストレージ

ストレージとは、データをパソコンに保存しておくための記録装置のことです。必要なストレージは作業内容によって異なりますが、長く使うことを考えると大きめの容量を購入しておくほうが安心でしょう。

ストレージは、Airの場合、256GBと512GBがあります。Proの場合、13インチでThunderbolt 3ポートが2つ付いているエントリーモデルで256GBと512GB、Thunderbolt 3ポートが4つ付いている上位モデルで512GBと1TBの2種類です。Proの16インチには、512GBと1TBの2種類があります。

なお、ストレージは追加料金を支払うことで増量できます。Airと、Proのエントリーモデルは最大2TB、Proの上位モデルは最大4TB、Proの16インチは最大8TBまで増量可能です。

ちなみに、Thunderbolt 3とは、コンピューターと周辺機器をつなぐコネクターの規格のことです。データの転送速度が速く、Thunderbolt 3ポートが4つ付いている上位モデルのほうが、2つ付いているエントリーモデルよりも処理能力が上がります。

CPU

CPUは、コンピューターの制御や情報の演算を行う装置のことです。パソコンの司令塔であり頭脳といえます。各機種のCPUスペックを、表にまとめてみましたので比較してみてください。

MacBook CPU
Air 256GB 1.1GHzデュアルコア
Intel Core i3
Air 512GB 1.1GHzクアッドコア
Intel Core i5
Pro 13インチ エントリーモデル 1.4GHzクアッドコア
第8世代Intel Core i5
Pro 13インチ 上位モデル 2.0GHzクアッドコア
第10世代Intel Core i5
Pro 16インチ 512GB 2.6GHz 6コア
Intel Core i7
Pro 16インチ 1TB 2.3GHz 8コア
Intel Core i9

なお、HzとCoreは数字が大きいほどスペックも高くなります。一般的な用途で使いたいのであればAirでも十分ですが、プログラミングなどを行うのであればProを選択すると安心でしょう。

GPU

GPUとは、画像を処理するための装置のことです。高画質を求める方は重視すべきポイントでしょう。

こちらも簡単に表にまとめてみました。

MacBook GPU
Air Intel Iris Plus Graphics
Pro 13インチ エントリーモデル Intel Iris Plus Graphics 645
Pro 13インチ 上位モデル Intel Iris Plus Graphics
Pro 16インチ Intel UHD Graphics 630

上位のモデルになるほど、GPUの性能も高くなります。ただし、AirとProの13インチにはそれほど大きな差はありません。最も性能が高いのはProの16インチです。

この記事では、MacBookのモデルそれぞれの特徴と、おすすめの最新モデルについて紹介します。

▼関連記事:MacBookを安く買う方法!選び方や現行モデルについても解説

【最新】おすすめのMacBook

MacBookを選ぶときには、自分がどんな作業で使いたいかを明確にしましょう。細かな仕様や特徴を含めておすすめのモデルをご紹介します。

【一覧】MacBook比較表

今回紹介するおすすめのMacBookの比較表を簡単にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

商品名 MacBook Air 256GB MacBook Air 512GB MacBook Pro 256GB 13インチ MacBook Pro 512GB 13インチ MacBook Pro 512GB 16インチ
特徴 Touch IDセンサーを搭載
Airの最新モデル
MacBook Airの最新上位モデル Touch Bar・Touch IDセンサー搭載
Proの最新エントリーモデル
4つのThunderbolt 3ポートを搭載した上位モデル 6スピーカーシステム搭載した最上位モデル
年式 2020年 2020年 2020年 2020年 2019年
CPU 1.1GHzデュアルコア
Intel Core i3
1.1GHzクアッドコアIntel
Core i5
1.4GHzクアッドコア第8世代
Intel Core i5
2.0GHzクアッドコア第10世代
Intel Core i5
2.6GHz 6コア
Intel Core i7
GPU Intel Iris Plus Graphics Intel Iris Plus Graphics Intel Iris Plus Graphics 645 Intel Iris Plus Graphics Intel UHD Graphics 630
メモリ 8GB 8GB 8GB 16GB 16GB
SSD 256GB 512GB 256GB 512GB 512GB

自分に合ったMacBookはイメージできたでしょうか?では1機種ごとに詳しく見ていきましょう。

MacBook Air 13インチ 256GB

「MacBook Air 256GB」は、2020年3月に発売されたMacBook Airの最新モデルです。2019年のものと比較すると、CPUが新しくなり性能が向上しました。GPUも改善されたため、より高速で高画質な画像処理やゲームプレイが楽しめるでしょう。

また、キーボードが大きく変化したのも特徴です。2019年製までは「バタフライ構造」というキーボードが使用されていましたが、ホコリが入りやすく故障しやすいという問題点がありました。しかし、2020年製では「シザー構造」というキーボードが採用され、故障しにくく改善されました。

さらに、カラーはシルバー・ゴールド・スペースグレイから選択できます。Proにゴールドはないため、カラーにこだわりたい方にはAirがおすすめです。Appleの公式サイトで公表されている価格は11万5,280円(税込)です。

MacBook Air 13インチ 512GB

「MacBook Air 512GB」は、同じく2020年3月に発売されたAirの最新の上位モデルです。256GBのものよりも性能の高いCPUが搭載されており、2019年製よりも処理速度が大幅に向上しました。ストレージの容量も大きいため、「Airを購入したいが256GBでは容量不足になりそうで不安」という方にぴったりです。

バッテリーの駆動時間が長く、インターネット使用の場合は最大11時間、ムービーを再生した場合は最大12時間と、Proよりも優れています。外出先など充電できない状態で長時間使用したい方にも適しているでしょう。

価格は14万8,280円(税込)です。「13インチMacBook Pro 256GB」と同価格なので、性能と用途を比較して検討することをおすすめします。

MacBook Pro 13インチ 256GB

「13インチMacBook Pro 256GB」は、2020年5月に発売されたMacBook Pro最新のエントリーモデルです。2019年製と比較すると、ストレージが倍増していますが価格は下がったため、より手に取りやすくなりました。重いデータを大量に保存しない限り、容量不足にはならないでしょう。

なお、Proもキーボードが「シザー構造」に変わり、文字が打ちやすくなりました。また、Proの全てのモデルにTouch Barが搭載されています。Touch Barとは、タップやスワイプをすることで音量や画面の明るさの調節などができる便利なボタンのことです。

もちろん、こちらのエントリーモデルでも、画像や動画の編集は快適にできます。「Airではスペックに不安があるが、16インチでは大きすぎる」という方や、「Proが欲しいけれど予算は抑えたい」という方におすすめです。価格は14万8,280円(税込)で、スペックと価格のバランスがよい製品といえるでしょう。

MacBook Pro 13インチ 512GB

「13インチMacBook Pro 512GB」は、2020年5月に発売されたMacBook Pro最新の上位モデルです。CPUやストレージの大きさなどが、エントリーモデルとは異なり、Thunderbolt 3ポートが4つ付いています。

CPUの性能が高いため、重いデータを扱う作業をさらに快適に行いたい方に最適です。ポートの数も多く、周辺機器とつなぐことが多い場合にも適しているでしょう。エントリーモデルを購入し、ストレージやメモリを増量するなどのカスタマイズを行う可能性があるなら、最初から上位モデルを購入することをおすすめします。

なお、上位モデルも「シザー構造」のキーボードと、Touch Barが搭載されています。ただし、バッテリーの駆動時間はAirよりもやや短めです。価格は20万7,680円(税込)です。

MacBook Pro 16インチ 512GB

「16インチMacBook Pro 512GB」は、2019年11月に発売されたMacBook Pro 16インチの最新モデルです。MacBookの中で最も高いスペックを誇ります。

13インチの上位モデルよりさらにCPUなどの性能が向上し、仕事で画像や動画を編集する場合や、重いデータを多く扱う場合などに適しています。16インチの大画面のため、細かい作業を行う場合にも活躍するでしょう。

特にGPUが優れており、プロユーザーから熱い支持を得ています。簡単な資料作成やネットサーフィンなどの一般的な使用目的の場合は、16インチである必要はないでしょう。とにかく性能・スペックにこだわりたい方におすすめのモデルです。

なお、サイズが大きく重量は2.0kgと、持ち運びにはあまり適していません。価格は27万3,680円です。

▼新モデルに買い替えて、古いMacBook Airの処分を考えている方は売ってしまうのがおすすめです。MacBook Airのおすすめ買取店・買取相場価格をご紹介しています。


まとめ

MacBook Airは、一般的な使用に適しています。価格も低いため、MacBookを使ってみたいという方におすすめです。

MacBook Proは、画像や動画の編集など高負荷の作業に向いています。13インチのエントリーモデルは、AirからProに買い替えたい方、スペックのバランスがよいモデルを求めている方に最適です。Proの上位モデルや16インチは、本格的な作業を行うプロユーザーに適しています。

自分の用途に合ったMacBookを選ぶことで、快適な作業環境を叶えましょう

こちらの記事では、MacBook Air/Proのおすすめアクセサリ・周辺機器をカテゴリー別に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

マーケットエンタープライズフィールドセールス

ビギナーズ 編集部 /
ビギナーズ編集部 ライター

趣味と出逢うメディアサイト「ビギナーズ」の編集部です。趣味を見つけたい方を応援します。

ビギナーズTOPページ