更新

車検は依頼先はどこがおすすめ?特徴やメリット・デメリットを解説

車検整備の際におすすめの依頼先として挙げられることの多い、ディーラー・カー用品店・整備工場・車検専門店・ガソリンスタンドの特徴や、メリット・デメリットについて詳しく解説しています。ご自身や保有する車の状況に合った依頼先を選ぶ参考にしてください。
車検は依頼先はどこがおすすめ?特徴やメリット・デメリットを解説

自動車を購入したら、数年に一度は必ず受けなければならないのが車検です。車検を受けずに公道を走ると、重大な罰則を受けることになるため、必ず車検が切れる時期を把握しておきましょう。

初めて車を所有した方は、いざ車検を受けなければならないタイミングが来ると、不安に感じてしまうかもしれません。どこに依頼すればよいのか悩んでしまう方もいるでしょう。

車検はほとんどの場合、業者へ依頼することになります。この記事では、依頼先の候補となるおすすめの車検業者について、その特徴やメリット・デメリットなどを詳しく解説しています。

そのうえで、自分に合った最適な依頼先の探し方についても説明しているので、安心して車検の依頼ができるよう、ぜひ参考にしてください。

車検の必要性と重要性とは

車検の正式名称は「自動車検査登録制度」です。公道走行する自動車は全てこの検査・登録を受けなければならないと法律で定められています。国は車検をとおして、走行する自動車が保安基準を満たしているかどうかを確認しているのです。

車検が切れた状態で公道を走行してしまうと「6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金」という重い罰則のほか、「違反点数6点」「30日間の免許停止処分」が科されます。

そもそも安全に自動車を運行することは、自身の生命や財産にとっても極めて重要なことです。車検は毎年受けるものでもありませんし、人によっては期限を忘れてしまうおそれもあるでしょう。日頃から車検の重要性を認識しておくことが大切です。

下記の記事では、車検を受ける時期や検査項目を分かりやすく解説しています。

車検のおすすめ依頼先とその特徴

車検を依頼できる業者は豊富にあります。さらにいえば、自分で車検の準備をする「ユーザー車検」もあります。しかし、これを行うには、かつて自動車整備工場に勤務経験があるなど、かなり高度な知識や技術が必要です。

通常はお金を払って車検整備を代行してくれる業者に依頼するのが一般的です。続いては、依頼先それぞれの特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

ディーラー

ディーラーとは、自動車メーカーと特約を締結した販売店のことです。一般的に新車を購入する場合、自動車メーカーから直接購入するのではなく、ディーラーをとおして契約します。

ディーラーは、自動車を販売するための勧誘や店舗での対応をするだけではなく、アフターサービスも担当します。その一環として、車検整備も引き受けているのです。

ディーラーに車検を依頼するメリット

ディーラーに車検を依頼するメリットは、信頼性が高いことです。ディーラーは、メーカーから供給される純正部品を使っています。基本的に自社で販売した車種のみを整備するため、そのノウハウが蓄積されていることも特徴です。

車検整備においても安全面が重視されます。特に消耗しやすい安全関連部品などは早めに交換する傾向があるため、ほかの依頼先よりも堅実な整備を期待できるでしょう。

ディーラーに車検を依頼するデメリット

ディーラーに車検を依頼するデメリットは、ほかの依頼先と比較して費用と時間がかかりがちなことです。ディーラー車検は通常、2~3日程度かかると考えたほうがよいでしょう。

しばらく愛車に乗れなくなりますが、多くのディーラーが代車を貸し出しているので、通勤や仕事で車を利用する方でも安心です。

カー用品店

全国にチェーン展開している大手カー用品店も車検を取り扱っています。「オートバックス」「イエローハット」「ジェームス」などのチェーン店がお住まいの近くにあるという方も多いのではないでしょうか。

カー用品店では、カー用品の販売だけでなく、車の点検・整備・改造などのメンテナンスも行っています。カー用品店は、オイル交換やタイヤ交換、バッテリー交換のイメージがありますが、もちろん車検を依頼することも可能です。

カー用品店に車検を依頼するメリット

カー用品店に車検を依頼するメリットは、交換パーツに純正品以外のパーツを使える点です。最終的にディーラーよりも安く済むケースが多いでしょう。幅広い車種の車検に対応していることも、カー用品店のメリットです。

また、それぞれのカー用品店では、独自のポイントサービスを展開していることが多く、貯まったポイントを修理などのメンテナンス費用に充てられる場合もあります。全国チェーン店であれば、引っ越したとしてもポイントをそのまま使えるのが便利です。

カー用品店に車検を依頼するデメリット

カー用品店の基本的な整備料金はほぼ横並びですが、スタッフの経験や技術力も同じとはいえません。同じチェーン店であっても、全く同じレベルのサービスを受けられるわけではないのです。

また、カー用品店では、ディーラーのように安全性を重視した積極的な部品交換は行いません。消耗部品の交換に関しては、オーナーに判断が委ねられる場合もあります。オーナーにもある程度は、車に関する知識が求められます。

整備工場

整備工場は、地方の運輸局長から車検のための整備を認められた工場です。「指定工場」と「認証工場」があります。指定工場には車検のための設備が整っているため、車検前の整備だけではなく、本番の車検も同じ工場で受けることが可能です。

認証工場では本番の車検はできません。工場では車検前の整備だけを行い、その後、スタッフが車を車検場に持ち込み、検査を受けます。近くに口コミなどで評判のよい、信頼できると感じられる整備工場がある場合は、有力な選択肢になるでしょう。

整備工場に車検を依頼するメリット

整備工場は、基本的に自動車メーカーを問わず、整備や修理、車検に対応しています。提携しているメーカーや、対応可能な車種を公表している工場もあります。

実際に対応できる車種は、工場のスタッフの腕や知識次第です。ほかの場所では断られてしまうような特殊な車種や古い年式の車でも対応してくれるのは、多くの場合で整備工場でしょう。

腕の立つ整備士に出会える可能性が高いのも整備工場です。このような整備士が在籍する工場を見つけられれば、良心的な価格で質の高いサービスを受けられるかもしれません。

また、整備工場と良好な関係を築くことで、長期にわたり愛車のメンテナンスを任せられます。条件つきですが、これも整備工場に車検を依頼する大きなメリットです。

整備工場に車検を依頼するデメリット

デメリットを挙げるとすれば、整備工場は個人経営が多いため、交換部品などの在庫が少なく、車検整備完了までに時間がかかる場合があることです。また、点検や整備方針が工場により、まちまちな点もデメリットといえます。

ガソリンスタンド

普段、給油しているガソリンスタンドでも、車検整備に対応している店舗があります。

ガソリンスタンドでも、オイル交換やタイヤ交換などの作業を依頼することが可能です。店舗によっては独自のサービスとして、車検を依頼すると、ほかのメンテナンスやガソリン代がお得になるキャンペーンを実施している場合もあります。

ガソリンスタンドに車検を依頼するメリット

ガソリンスタンドに車検を依頼する一番のメリットは、やはり値段です。ディーラーなどに比べて安く車検を依頼できるケースが多いでしょう。

もちろん、安いことには理由があります。ガソリンスタンドでは、最低限の点検・整備だけを行い、車検にとおしています。愛車のメンテナンスは行きつけの整備工場で行い、車検のみガソリンスタンドに依頼するといった使い方をしてもよいでしょう。

ガソリンスタンドに車検を依頼するデメリット

ガソリンスタンドに依頼する車検では、詳細な点検や整備は前述のように行われません。これはデメリットともいえますが、安さを期待するのであればそもそもこれを期待するほうが間違いです。

独自の検査設備を保有していない場合には、陸運局の検査場やほかの民間工場に持ち込む必要があるため、車検が終わり、愛車が引き渡されるまでに少々時間がかかる場合もあります。

車検専門のチェーン店

近年、増えているのが、フランチャイズの車検専門店です。フランチャイズ契約によりサービス内容が規則化されていることもあり、全国どこでも、同じ価格にて同じサービスを受けられます。

車検専門のチェーン店に車検を依頼するメリット

車検専門店は、車検に特化することで、コストを最小限に抑えています。ほとんどの店舗が指定工場なので、最短即日で、車検を終わらせることが可能です。車検メニューも複数あるので、整備のレベルを選んで車検の依頼ができます。

車検専門のチェーン店に車検を依頼するデメリット

低コストや時間短縮により安心感がやや欠けることは、車検専門店に車検を依頼するデメリットです。当然ながら複雑な整備・修理への対応もあまり期待できません。

車検業者の選び方

このように、車検の依頼先は豊富にあります。どの業者に依頼すればよいのか迷ってしまう方もいますが、何を重視するのかをはっきりさせれば、車検業者選びはそれほど難しくありません。

価格を最優先する場合

価格を抑えたい場合は、第一候補としてガソリンスタンドを、第二候補として車検専門店を検討しましょう。ガソリンスタンドや車検専門店では、完璧な修理や整備はできません。しかしこれらの業者は、比較的新しくて整備の必要が少ない車には向いています。

安全性を重視する場合

安全性を重視する場合は、ディーラーに整備と車検を依頼しましょう。ディーラーは、メーカーと連携しているため、整備のノウハウが豊富です。故障事例なども把握しているため、質の高いサービスが受けられます。

とにかく急ぎで車検を終わらせたい場合

とにかく急ぎで車検を終わらせたい場合は「30分」「1時間」といった広告でアピールしている車検専門店に依頼しましょう。

ただし、いきなり飛び込みで依頼するのではなく、事前に混雑状況を電話などで確認してから依頼するのが鉄則です。人気がある車検専門店は、順番待ちで希望の時間までに車検が終わらない可能性があります。

車検専門店は、即日、車検を終わらせてくれるので、代車にお金をかけたくない方にもおすすめです。

車を乗り継いでも長くつき合いたい場合

車を乗り継いでも長くつき合える車検業者を探すのであれば、普段のメンテナンスも任せられる整備工場がぴったりです。

車を通じて整備工場のオーナーと個人的な信頼関係を築けることも多いので、良心的な価格で質の高い整備をしてくれる工場が見つかったら、車検でも利用してみましょう。このような整備工場なら、車を乗り継いだとしても、継続してつき合っていけます。


まとめ

車検は、車に乗り続けるなら必ず受けなければならない制度です。うっかりであれ、車検切れの車で公道を走行すると、重い罰則が科されてしまいます。そうならないためにも、確実に車を整備して車検を受けましょう。

車検整備の依頼先には、ディーラー・カー用品店・整備工場・車検専門店・ガソリンスタンドなどがあります。それぞれに特徴があるので、メリットやデメリット、ご自身の希望や車の状況を考慮したうえで、車検の依頼先を選んでくださいね。

最近では、車を所有している個人がオーナーとなり、自家用車を貸し出すカーシェアサービスが人気を集めています。下記の記事では、個人間カーシェアのエニカについてご紹介しています。

こちらの記事では、自家用・カーシェア・レンタカーのそれぞれのメリット・デメリットについて解説しています。

ビギナーズ編集部 /
ビギナーズ編集部 beginners

趣味を探すメディアサイト「ビギナーズ」編集部です。様々な趣味をご紹介していきます。

ビギナーズTOPページ