MUSIC

更新

【おすすめの音楽ストリーミングサービス5選】特徴やメリットなど解説

現代の音楽の楽しみ方の1つとして、音楽ストリーミングが注目を集めています。世界的にも利用者が多く、何千万もの楽曲が聴き放題になるサービスですが、実際のサービス内容が気になるところです。具体的な特徴に加え、おすすめの音楽ストリーミングサービスを紹介します。
【おすすめの音楽ストリーミングサービス5選】特徴やメリットなど解説

音楽が好きで日々の生活にもっと音楽を取り入れたいという人はたくさんいますが、経済的負担を考え制限している人も少なくありません。

音楽ストリーミングサービスは、気軽に音楽を幅広く楽しめます。無料期間があり、有料会員でもコストパフォーマンスが抜群で、充実した内容で満足度も高く、ずっと継続したくなる魅力が詰まっています。

音楽ストリーミングサービスについて知りたい

現代ではスマートフォンの利用が広まり、便利な機能や娯楽を楽しむ選択肢が増えていますが、中でも音楽を楽しむサービスとして、音楽ストリーミングが注目を集めています。

音楽ストリーミングとは定額の料金を支払い、スマートフォンやパソコンで音楽が聴き放題になるサービスをいいます。

世界的にも利用者が多く、日本でもCMやWebの広告等でも宣伝されていますが、興味はあるけれど具体的にどのようなサービスなのか曖昧な人も少なくありません。

音楽ストリーミングの特徴、メリットやデメリット、おすすめのサービス等幅広く紹介していきます。

音楽ストリーミングサービスの特徴

音楽ストリーミングとは一体どのようなサービスなのか、特徴を見ていきましょう。

基本的には月額制

利用料金は気になるポイントですが、音楽ストリーミングの多くは月額制で、定額料金を支払うシステムになっています。

一般的な相場として月額980円が主流ですが、内容がプランによって異なります。ファミリーや学生が通常よりも安く使用できるサービスを提供しているサイトもあります。

月額料金を支払えば、配信している音楽がすべて聴き放題になるというのが大半です。有料の曲を課金していくシステムではないので、コストパフォーマンスが抜群です。

中でも一部無料で楽しめるサービスを提供しているサイトもあります。そのようなサイトでは指定された時間試聴ができたり、無料で聴ける曲がある等お試しも可能です。

収録楽曲が充実している

月額制でコストパフォーマンスが魅力的な上に、邦楽のみに限らず洋楽等も含め、膨大な量の楽曲が配信されているのも特徴です。

大手配信サービスサイトでは5,000万曲以上の曲数を取り扱っており、そのすべてが聴き放題でジャンルも多岐に渡り、内容が充実しています。

シングルやアルバムがそのまま収録されており、CDを購入したり借りることなくスマートフォンやパソコンだけで気軽に利用できるのが魅力です。

ネット環境があれば利用できる

音楽ストリーミングサービスでは、ネットを利用して音楽再生ができます。インターネットに接続できる環境と端末があれば、ログインをして場所を選ばず、いつでも音楽が聴けるのが特徴です。

楽曲をダウンロードしたり読み込む必要はなく、インターネットが正常に繋がっていれば聴きたい音楽をすぐにでも聴くことができます。

スマートフォンやパソコンだけではなく、タブレットやスマートスピーカーも対応しています。

ダウンロードしてのオフライン再生が可能

音楽ストリーミングの中には、オフライン再生に対応しているものもあります。オフライン再生は、事前にダウンロードした楽曲をインターネット接続をせずに再生できる機能です。

ダウンロード時には通信量を消費しますが、一旦ダウンロードすれば会員の間は通信料が一切掛からず利用することができます。

何度も聴くようなお気に入りの楽曲を事前にダウンロードすれば、格安スマホ等通信量が少ない契約の方でも、安心してストレスなく利用できます。

機内モードでインターネットが接続できないときにも、サイトを開いて保存した音楽は聴くことができて、とても便利です。  

合法で使えるので安心

音楽を無料で聴けるサイトは多数存在しますが、そのようなサイトは一見問題ないようでも違法である可能性があります。

違法でアップロードされた音楽を聴くことは危険で、利用するとウィルスが入って端末が使用できなくなったり、個人情報が流れてしまうリスクもあります。

音楽ストリーミングは合法なので安心して利用でき、アーティストにも利益が及ぶようになっています。

音楽ストリーミングサービスのメリット・デメリット

音楽ストリーミングの魅力的なメリットや、利用開始前に知っておきたいデメリットを見ていきましょう。

音楽ストリーミングサービスの良い点

音楽ストリーミングの、他にはない特有のメリットを紹介します。

新曲がリリースされてからすぐに聴ける

音楽ストリーミングではリリースされた新曲も随時配信されるので、いち早く流行りの音楽が楽しめます。

サイトを開くとリリースされた楽曲がピックアップされていたりと、流行に乗っていてわかりやすいのも魅力です。

追加料金等は基本的にはなく、タイムラグがない状態で気になる新曲を追うことができます。音楽好きにはとても嬉しいメリットです。

色々なジャンルの音楽と新しい出会いがある

音楽ストリーミングは、何といっても種類の豊富さがメリットです。

各ジャンルのアーティストの楽曲からクラシック、BGMやオルゴール等盛りたくさん揃っており、気分や場に応じて好きな音楽を楽しむことができます。

再生した楽曲を参考におすすめ楽曲を提供する機能や、レコメンド機能が付いているサービスが多く、新しい音楽との出会いがあります。

おすすめの自分だけのプレイリストの紹介や、自身でも作成ができる便利な機能を持っています。

好きなアーティストやジャンルが定まっている人でも、普段は聞かないようなジャンルの曲との出会いもあるので、より音楽を幅広く楽しむきっかけが作れます。

定額で音楽が聴き放題

月額一定の料金を支払えば、何千万もの楽曲が聴き放題になるのは大きなメリットです。

1曲ずつダウンロードする手間もなく、端末とネット環境だけで幾らでも音楽を楽しめる画期的なサービスです。

中には追加で課金が必要なアーティストもいますが、楽曲単位で課金するシステムではないので出費は抑えられます。

安くて負担が掛からず、大好きな音楽を聴いて未知の音楽にも出会えるのが魅力です。

音楽ストリーミングサービスの悪い点

音楽好きに嬉しいメリットの多い音楽ストリーミングですが、事前に確認しておきたいデメリットもあります。

退会後はダウンロードした楽曲が聴けない

音楽ストリーミングサービスでは、退会するとダウンロードしておいた楽曲は聴けなくなります。

これはダウンロードした楽曲をアプリ内で管理している為で、通常の楽曲購入とは保存先も異なるためです。

あくまで会員で月額の料金を払っている人が、継続して利用できるサービスになります。

配信されていない楽曲もある

楽曲数も豊富で、配信しているアーティストはメジャーを問わず多数揃っている音楽ストリーミングですが、配信を行っていないアーティストや楽曲が存在します。

サイトによって違いがあったりするので、自分が聴きたいアーティストが利用したいサイトで配信されているか、事前にチェックをしておく必要があります。

サイトによって初月から数ヵ月利用無料期間を設けているところもあるので、そのようなサービスの中で試して確認することもおすすめします。

サービスが多過ぎて選べない

音楽ストリーミングは規模が広く、大手のサービスでも10社以上があるのが現状です。

目立った特徴や決定的なポイントが見つかればよいのですが、他社との比較が難しい部分もあります。

実際に、それぞれサービス内容や金額も異なるところがありますが、吟味したい場合は選ぶのに時間が掛かってしまう可能性があります。

おすすめの音楽ストリーミングサービス5選

数多くの音楽ストリーミングサービスの中から、厳選しておすすめを紹介します。それぞれの特徴やメリットを見ていきましょう。

LINE MUSIC

LINE MUSICは、膨大な楽曲数と選べる料金プランが魅力の音楽ストリーミングです。

取り扱う楽曲は6,500万曲で、世界的にも利用者が多く人気を誇っています(2020年9月現在)。

プランには無制限の聴き放題のプレミアムプランと、1ヵ月20時間まで利用可能のベーシックプランがあります。プレミアムプランは月額960円、ベーシックプランは500円で提供しています。

学生の場合はプレミアムは半額の480円、ベーシックは300円と、大変お得な料金設定になっています。

LINE MUSICはコストパフォーマンスが良く、利用のハードルが低いので、学生や短時間の利用で満足の人には特におすすめです。購入方法はチケット制で、LINE MUSIC内かLINEストアで購入できます。

LINE MUSICの利用を始めるにあたり大きなメリットとして、3ヵ月の無料期間が設けられています。他社では1ヵ月が多い中、たっぷりとお得に聴き放題のプレミアムプランのお試しができるのが嬉しいポイントです。

また、LINE MUSICはLINEと繋がってユニークなサービスを行っています。

LINE無料通話の着信音や呼び出し音を好きな楽曲で設定したり、LINE内での楽曲のシェア、LINEプロフィールのBGMの設定等、LINEと連携して活用できるのが特徴です。コミュニケーションを楽しめる設定も人気の理由です。

さらに、LINE MUSICは格安SIMのLINEモバイルと併用するとよりお得になっています。LINE MUSICを含んで安くお得に利用できるプランがあり、その上通信量がカウントフリーになるメリットもあります。

LINE MUSICに注意すべき点として、ベーシックプランはAndroidのみが対応していることです。iPhoneでの利用の場合は聴き放題のプレミアムプランのみとなるのがデメリットです。

ラインミュージック 人気音楽無料フル再生し放題
ラインミュージック 人気音楽無料フル再生し放題
開発元:LINE MUSIC CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

Amazon Music Unlimited

amazonのprime Musicは、Amazon会員に合うお得なサービスを提供している音楽ストリーミングです。

サイト内はスタイリッシュなデザインが魅力ですが、新曲のいち早い配信や、ラジオ配信、プレイリストの作成等を楽しめます。Amazonプライム会員では、200万曲が無料で利用可能です。

amazon music Unlimitedでは、加入すると6,500万曲以上が聴けるようになります。Amazonプライム会員特典を受けることもできるので、Amazonをよく利用する人には特におすすめです。

一般の月額料金は980円、Apple Music同様月額1,480円で最大6名まで利用できるファミリープランも用意しています。プライム会員プラン、年額プランとお得なプランも多数あるので、自分に合ったプランが選べます。

また、Amazon MusicはAmazonが開発したAIアシスタント、Alexsaと連携ができます。そのときの希望に合わせてAlexsaが音楽を選んでくれる楽しさも味わえます。

Amazon Music Unlimitedの詳細をみる

Apple Music

Apple Musicは大手音楽ストリーミングで、Apple特有の特徴を持っています。

楽曲数は6,000万以上、スマートフォンやタブレット、パソコンとどのデバイスでも利用し易く、ラジオやコンサートの映像、ミュージックビデオと多様に楽しめます。

普段聴いている楽曲やジャンルからApple Musicがおすすめのプレイリストや楽曲を提供する、For youというサービスも魅力です。

月額料金は980円で聴き放題ですが、学生は480円とほぼ半額で利用できます。

他にもファミリーメンバーシップというプランがあり、最大6名がアカウントを共有してApple Musicを楽しむことができます。

このプランのメリットは、家族以外の友達や恋人とも共有できる点で、Apple Musicの特徴でもあります。

無料トライアル期間は3ヵ月と他社と比較しても長く、じっくりとお試しができます。

自動課金を止める方法は、Apple IDの管理画面から登録キャンセルを選択します。そうすると無料トライアル期間終了後に自動的に終了します。登録してすぐに実行しても、トライアル期間は短くなりません。

Apple Musicの無料体験をする

Spotify

Spotifyはスウェーデンの企業により運営されている音楽ストリーミングで、世界で2億人以上のユーザーが利用し、人気を誇っています。

楽曲数は4,000万曲以上と充実していて、自分へのおすすめプレイリストの提供サービス「My Daily Mix」や、他にも世界中の人が作成したプレイリストが聴けるサービスも特徴です。

登録のデバイスの制限がなく、複数のデバイスを利用したい人には特におすすめです。スマートフォンやタブレット、Play Station 3もしくは4等のゲーム機等でも利用ができます。

プレミアムプランの月額料金は980円、学生は480円で利用できます。プレミアムプランは最高音質で配信楽曲が楽しめ、オフライン再生も利用可能になります。

無料トライアル期間はスマートフォンのアプリからのアップグレードで7日間、Webブラウザからの場合は30日間となっています。Webブラウザからの場合、クレジットカード入力が必要です。

無料トライアル期間では、プレイリストをシャッフルでフルサイズ再生することができます(毎月15時間まで)。

Spotifyの詳細をみる

ANiUTa

ANiUTaは、世界初のアニソン専門音楽ストリーミングです。

アニソンの音楽レーベルが多数参加し、アニソンのみならずゲームミュージックやボーカロイド、特撮ソング等10万曲以上が配信されています。

有名な楽曲から懐かしのアニソン、コアなサウンドトラック等、コアなファンも楽しめる充実した内容になっています。

月額料金は600円と、他社と比較してコストパフォーマンスも良く、登録した初月は1ヵ月無料期間が付いています。新曲は同時配信が多く、随時特集やラジオ配信が行われていて、アニメ好きには特におすすめです。

30秒のショートバージョンが全曲視聴可能で、20件までのプレイリストが作成できます。デメリットとして、オフライン再生ができない点が挙げられます。

ANiUTaの詳細をみる

音楽ストリーミングサービスを利用するときの注意点

音楽ストリーミングの登録後に音楽を楽しむ上で、注意しておきたいポイントを3つ紹介します。

通信制限に気を付ける

音楽ストリーミングの特徴としてインターネット環境を利用するので、基本的には通信量を消費して音楽を聴きます。

通信量の消費は動画視聴のように多くはないのですが、積み重ねると予想以上に消費している場合があります。

Wi-Fi環境や無制限でインターネットを使用できる場合は問題ないですが、月に通信料の制限がある場合にはできる限り消費は抑えたいと思う人が多いです。

通信速度制限になると普段のインターネット検索や、音楽ストリーミングの利用も重くなり、不便になってしまいます。できれば意識をして身近にWi-Fiを利用できる環境で使用することをおすすめします。

機能の1つとして音質を低く設定し、省エネモードにする方法で通信量を抑えることができます。

もしくはオフライン機能を活用して、何度も聴くような楽曲は事前にダウンロードした楽曲を聴くと、通信量の消費が抑えられます。Wi-Fi環境のあるときに気になる楽曲を一気にダウンロードすれば安心です。

バッテリーの使用量に気を付ける

ストリーミング再生は通信量の消費と共に、バッテリーも消費するので注意が必要です。

通常のダウンロードした楽曲の再生と比べるとバッテリー使用料は大きいので、気づくとバッテリーが少ししかないという状態にもなりかねません。

長くなる外出時には備えとしてバッテリーを満タンにしておくか、モバイルバッテリーを持ち歩くことをおすすめします。

無料お試し期間は終了後月額制に更新される

大手の音楽ストリーミングには無料のお試し期間がありますが、基本的には期間終了後に自動的に月額制に変更します。

お試し感覚で使用して違うサイトがいいなと感じた場合は自動更新に注意して、利用しない場合はあらかじめ退会するよう意識することが大切です。


音楽ストリーミングサービスは定額聴き放題で便利

音楽ストリーミンの特徴やメリットやデメリット、おすすめの配信サービスを紹介しました。

おすすめした配信サービスには日々音楽を聴く人やたまに聴く人にとっても、音楽をより幅広く楽しめる素晴らしいコンテンツが揃っています。

無料トライアル期間があるところも多いので、お試し感覚で利用できます。いくつか比較して利用すれば、自分好みのお気に入りの配信サービスが見つかるでしょう。

また、こちらの記事でサブスク配信の各サービスを徹底比較しています。ぜひチェックしてみてください。

ビギナーズ 編集部 /
ビギナーズ編集部 ライター

趣味と出逢うメディアサイト「ビギナーズ」の編集部です。趣味を見つけたい方を応援します。

ビギナーズTOPページ