更新

Nintendo Switch-ソフトはパッケージ版とダウンロード版どちらを購入すべき?徹底解説

ブックライブ
Nintendo Switchのソフトはパッケージ版とダウンロード版どちらを購入すべきか紹介します。それぞれのメリットとデメリットを知り、自分に合った購入方法を選びましょう。
Nintendo Switch-ソフトはパッケージ版とダウンロード版どちらを購入すべき?徹底解説

Nintendo Switchのゲームソフトには、パッケージ版とダウンロード版があります。

現在、日本では主にパッケージ版での購入が大部分を占めていますが、ダウンロード版にも様々なメリットがあります。今回は、パッケージ版とダウンロード版のどちらを購入すべきなのか、特徴に触れつつ解説していきます。

Nintendo Switchソフト-パッケージ版

購入者によって選ぶポイントは様々だと思います。まずはソフトパッケージ版のメリットとデメリットを見て自分の選ぶポイントを整理していきましょう。

パッケージ版のメリット

メリットは大きく分けて4つあります。容量の問題などそれぞれありますが、これは購入者によって変わるので、どのようなメリットがあるのか詳しく説明していきます。

ダウンロードする必要がない

パッケージ版の場合ニンテンドースイッチ本体にインストールする必要がないため、購入したらすぐにプレイができます。 

ただし、ゲームによっては更新アップデートが必要となりますので、ご注意ください。

ニンテンドースイッチ本体の容量を気にしなくていい

ニンテンドースイッチの本体保存メモリーは32GBです。

ダウンロード版だと、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」などの大容量のゲームを複数購入する場合は本体の容量32GBを超えてしまいます。

例えば、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のダウンロードに必要な容量は13.4GBですので、1本のソフトで本体容量の半分近くを使うことになります。

SDカードを購入する必要がない・すぐに遊べる

本体保存メモリーやSDカードにソフトをダウンロードする必要がないため、本体保存メモリーにダウンロードコンテンツやソフトの更新の容量を充てることができます。そのため、SDカードを追加で購入する必要がなくなります。

ダウンロード版の場合、新しいスイッチ本体を買ったときにニンテンドーアカウントの引っ越し手続きやソフトの再ダウンロードが必要になりますが、パッケージ版であればすぐに新しい本体で遊ぶことができます。

ゲームソフト本体を持っているから貸し借りや売ることができる

パッケージやゲームカードが実際に存在するため、別のニンテンドースイッチにすぐに移動させて遊ぶことができます。そのため、家族や友達同士で貸し借りが可能になります。

また、使わなくなったら売ったりすることが可能なのもダウンロード版にはないメリットですね。

パッケージ版のデメリット

私が感じるデメリットの一番は、ソフトが小さいため失くしてしまう可能性があるということです。逆にいうと、物がないため失くさないことから、ダウンロード版のメリットとなります。

このように今度はパッケージ版のデメリットについて説明していきます。

失くしてしまったり、壊れてしまう可能性がある

カードリッジのサイズはとても小さく、だいたいSDカードと同じくらいです。従来のゲームソフトより場所をとらないことはいいですが、失くさないように注意が必要です。

Nintendo Switchソフト-ダウンロード版

Nintendo Switchソフトのダウンロード版は、ニンテンドーeショップ、Amazon、楽天などで購入することができます。

ここからはダウンロード版のメリットとデメリットについてお話していきます。

ダウンロード版のメリット

主にゲームをたくさんしたり、使うゲームが決まっている方にとってのメリットがあります。お得情報もありますので、こちらも要チェックです。

ロード時間が短い

本体保存メモリーに保存した場合、パッケージ版に比べてダウンロード版のほうがロード時間は短くなります。ゲームをダウンロードした際にデータをインストールすることになるので、ゲームの途中でロードが長くなることがなくなります。

ゲームソフト発売日にすぐ遊べる

任天堂のゲームソフトやゲームハードは発売時間の指定がされていることが多く、夜中の12時にパッケージ版ソフトを手に入れることはなかなかできません。

一方、ダウンロード版は「あらかじめダウンロード」に対応しているため、発売前にあらかじめダウンロード完了させ、発売日にすぐに遊ぶことができます。

たいていのダウンロードソフトは発売日の前日22時から起動できます。

ゲームソフトを入れ替える必要がない

パッケージ版の場合、別のゲームを遊ぼうとするとゲームカードを入れ替えなければなりません。その点、ダウンロード版の場合は入れ替え無しでそのまま遊ぶことができます。

よく遊ぶソフトがある場合はダウンロード版にしておくと楽です。

マイニンテンドーのゴールドポイントがパッケージ版よりも多く貯まる

ダウンロード版を買うと、パッケージ版を買った場合よりも5倍のゴールドポイントが貰えます。

ゴールドポイントは1ポイント1円としてニンテンドーeショップや任天堂公式ホームページでのソフトのダウンロード購入に使うことができます。

また、Nintendo Switch Onlineの支払いにもゴールドポイントを使用することができます。

ゲームソフトを失くしたり、故障してしまう心配がない

せっかく買ったのに失くしてしまったり、壊れてしまったなどの経験はありませんか?水没や、ほこりなどの保存状態が原因で壊れてしまうことはあると思います。

そこでダウンロード版だとSDカードや本体が壊れない限り、失くしてしまうことや故障などの心配が軽減されます。

ニンテンドーカタログチケットを使えばお得に購入できる

「2本でお得 ニンテンドーカタログチケット」を使うことで、ダウンロード版ソフトを定価よりも安く購入することができます。

「ニンテンドーカタログチケット」とは任天堂タイトルのダウンロード版ソフト2本を9,980円で引き換えられるチケットです。Nintendo Switch Online加入者限定で販売されています。

例えば、「あつまれ どうぶつの森(6,578円)」と「ポケットモンスター ソード(6,578円)」をカタログチケットで引き換えた場合、3,176円お得に。価格の高いソフトほどカタログチケットで購入したほうがお得になります。

Amazonなどのネットショップでダウンロード版を購入するとお買い得

ニンテンドーeショップは基本的に定価なので、Amazonや楽天などでオンラインコード版を購入可能であればそちらの方が安い場合が多いです。

例えば「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」だと、ニンテンドーeショップでは定価の7,538円。Amazonのオンラインコード版だと、6,845円と700円近く安くなっていました。

なお、Amazonや楽天でオンラインコード版が販売されているのは人気作品が中心です。インディーズソフトだとニンテンドーeショップにしかないこともあるので、注意してください。

ダウンロード版のデメリット

貸し借りの問題やデータ容量の問題などがありますが、こちらもデメリットに感じるかは個人差があるので、しっかりチェックしてみてください。

貸し借りや中古品の売買ができない

ソフトが手元にないということで、売買ができません。そのため、友達とソフトの貸し借りをする人や、しばらく遊んだ後に売りたいという方には向きません。

ただし、ソフトを貸してもらって自分の本体でプレイし、本体にセーブ後、ゲームソフトを新しく自分で購入した場合は、セーブデータを使い続きからプレイすることが可能です。

ちなみに説明書についてですが、ダウンロード版だと説明書が付かないのでは?と心配される方がいると思いますが、パッケージ版を購入しても、説明書は付いてきません。

昔は説明書が付いてきていたと思いますが、今は実際にパッケージ版を購入しても、ソフトと他ソフトやキャンペーンの案内程度ですので、特に説明書関係のデメリットはありません。

本体容量では足りないためSDカードが必要

先ほどもお話しした通り、本体容量は32GBです。この容量では、3種類以上のゲームをする方にとっては足りないため、SDカードを購入する必要があります。

SDカードによっては、ダウンロードの速度が遅かったり、値段によって差が出てきますので、購入をする際は気を付けてください。

パッケージ版・ダウンロード版比較

先ほどメリット・デメリットを説明した通りそれぞれありますが、すべての人にとってメリット・デメリットであるとは限りません。

ではここまでお話ししてきた内容をわかりやすく表にしてみましたので、ぜひ比較してみて下さい。

項目パッケージ版ダウンロード版
価格やや安いやや高い
カートリッジ差し替えが必要いつでも遊べる
データ容量小さい大きい
貸し借り不可
中古売買不可
複数台利用差し替えれば可能一定条件の下で可能
発売日に遊べるか自宅に届くか、
店舗で購入した後で遊べる
日付が変わると
すぐに遊べる

ダウンロード版はどのくらい買われているのか

パッケージ版とダウンロード版、どっちのほうが売れているかというと、売れているのはパッケージ版です。

例えば、「ポケットモンスター ソード/シールド」と「ルイージマンション3」は約75%がパッケージ版で購入され、約25%がダウンロード版で購入されています。いずれも2本でお得 ニンテンドーカタログチケットの対象ソフトにもかかわらず、パッケージ版のほうが売れているのです。

なぜパッケージ版の方が人気なのか?

では、なぜパッケージ版のほうが人気なのでしょうか。先ほど紹介した例の「ポケットモンスター ソード/シールド」と「ルイージマンション3」で見てみると、どちらも子供にも人気のソフトです。

ですから、誕生日やクリスマスのプレゼントとして購入されることが多く、プレゼントに最適なパッケージ版が好まれていると推測できます。

ダウンロード版が人気のソフトは?

もちろん、すべてのソフトのパッケージ版が人気とは限りません。ダウンロード版が人気のソフトがあり、例えば、「ファイアーエムブレム 風花雪月」はパッケージ版が約53%、ダウンロード版が約47%の割合で購入されています。

「ファイアーエムブレム 風花雪月」は比較的対象年齢高めのソフトであること、定価6,578円である「ポケットモンスター ソード/シールド」や「ルイージマンション3」と比べて高い価格(7,678円)のため、ニンテンドーカタログチケットを使うメリットが大きいことから、ダウンロード版の割合が高いと考えられます。

パッケージ版はどんな人にオススメか

たくさんの種類のゲームをやる方におすすめです。SDカードで容量を増やすことはできますが、今までのゲームと比べると、本体の容量が多いゲームが多く、たくさんのゲームで遊ぶ場合はより大容量のSDカードを購入する必要が出てきてしまうからです。

本体の保存メモリーが32GBと少ないため、パッケージ版を購入するメリットの方が多いのではないかと思います。

本体の容量はセーブデータや、今後のゲームソフトの更新やダウンロードコンテンツに回し、パーケージ版で遊ぶという使い方をお勧めします。

ダウンロード版はどんな人にオススメか

安く購入したい方、よく遊ぶゲームが決まっている方におすすめです。よく遊ぶゲームをダウンロード版にして、本体保存メモリーに保存することをおすすめします。

本体保存メモリーに容量がない場合は、書き込みや読み込み速度の速いSDカードの購入を検討してください。ソフトをいちいち入れ替える面倒がなくなりますし、ゲームのロード時間が短いため、ストレスなく快適に遊べます。

数秒のロード時間の違いですが、ゲーム中は何度もロードを繰り返すことから長時間遊ぶほどロード時間の短縮の恩恵をうけることができます。また、新作ゲームが発売日にすぐにプレイできるのも魅力ですので、早く楽しみたいという方にはおすすめです。


まとめ

いかがでしたか?以前はパッケージ版よりダウンロード版の方が高く売られていることの方が多く、価格面でのデメリットがありましたが、最近はダウンロード版もお得に購入できるようになってきています。

メーカーの方がダウンロード版の価格を改定したり、ネットショップではダウンロード版も定価より値引きされ売られることが多くなってきました。

ダウンロード版もパッケージ版もそれぞれメリットがありますので、まずは自分に合った購入方法で利用してみてください。よりお得に買いたいという方は「ニンテンドーカタログチケット」を使ってのお得な購入をしてみてもいいかもしれませんね。

スイッチの周辺機器をそろえるとゲームがより楽しくなります。こちらの記事では周辺機器をまとめてご紹介しているので、ぜひ確認してみてくださいね。

また、スイッチのコントローラーをこちらの記事で紹介しています。ぜひセットでチェックしてみてくださいね。

伊藤しおり /
ビギナーズ編集部 ライター

趣味はピアノを演奏することと、野球観戦。 現在は自宅でピアノ講師をしながら、演奏活動をして音楽を楽しんでいます。野球も小さい頃から好きなので、音楽もスポーツもどちらの楽しさもお伝えできたらいいなぁと思います!