更新

初心者向けの正しいピックの持ち方と安定させるコツ

ギターを演奏する上で弦を押さえる左手はもちろん重要ですが同じくらいピックを持った右手も重要です。素早いストロークにピッキングを習得するためにはピックの持ち方から意識することをオススメします。ここでは初心者向けの正しいピックの持ち方をご紹介します。
初心者向けの正しいピックの持ち方と安定させるコツ

ピックとはギターの弦を一本一本しっかりと鳴らすために大切なアイテムです。

ギターを始めたてのころは難しいコードを頑張って押さえるため左手にばかり意識がいきがちですが、ピックを持っている右手の動き、また突き詰めればそのピックの持ち方もギターを上達させる上で非常に重要な要素です!

今回はそのピックの持ち方について一般的とされるフォームと演奏中にしっかり安定させるためのポイントをご紹介致します。

ピックの持ち方で安定性が変わる

不安定な持ち方

初心者にありがちなのがこのように親指と人差し指でピックをつまむ持ち方です。

指先で持つことで細かなコントロールが出来るのでこの持ち方をしている上級者もいますが、指に触れている面積が狭く安定感が出ないので初心者のうちはピックの先端がずれていってしまいます。

正しい持ち方

まず左図のように人差し指の側面にピックを乗せます。この時ピックの先端が人差し指の指している方向と同じになるようにしましょう。ピックの先端と指先が重なるように乗せてしまうと弦に人差し指が触れて上手く鳴りませんので注意しましょう!

人差し指にピックを乗せたら親指でギュッと押さえるのではなく、ピックに親指を軽く乗せるイメージで右図のようにピックを挟みましょう。親指と人差指で十字に重なるようにピックをおさえているので安定性は十分です!

ピックを持つ深さが演奏にもたらす影響

細かいですがピックを持つ位置も演奏に影響を及ぼします。始めのうちは安定性も加味してピックの中心部分を持つのがいいですが、演奏する曲やフレーズによってピックの持つ位置を変えるのが効果的です。

ピックを深く持つと素早いピッキングが可能

写真のように深く持つとピックの先端が短くなるので小回りがききます。またピックの中でも硬い先端のみで弦を弾くのでエッジの効いた音が出るので、パワフルかつピッキングを多用するロックサウンドとの相性のいい持ち方と言えます。

もちろん浅く持つよりもピックが弦に当たる部分が狭いので、それぞれの弦の距離感がつかめていないうちは空振りしたり上手くピッキング出来ず苦労しますが、練習していくうちに慣れていくはずです!

ピックを浅く持つとコード弾きしやすい

先ほどとは対象的にピック先端の面積が広くなるように持っています。こちらはカッティングなどの複数の弦を一気に弾くコード弾きに適しております。短く持つよりも音の立ち上がりは柔らかく、全体的なマイルドなサウンドになります。

逆にピッキングなど細かな動きをする際にはピックが出ている面積が広い分、他の弦を一緒に弾いてしまうことがあるので持ち替えるか練習して解消するかで対応しましょう。

ピックを弦に当てる角度と深さ

次に実際に弦を弾く際のポイントをご紹介します。こちらもあくまで初心者のうちのおすすめになりますが、リラックスして力まずに演奏するためには大事なポイントですので確認していきましょう!

角度は斜めに寝かせるように

弦を弾くときのピックの角度は写真のようにやや斜めに寝かせて弾くのが始めのうちは引きやすいのでおすすめです。弾きやすくはありますが弦を撫でるように弾く感じになるので、音の立ち上がりを強くしたい場合はピックを寝かせず立てて対応しましょう。

角度に関する次の注意点は写真のようにピックが斜めに入っておりピックの表面ではなく端・側面で弦を弾いてしまうことです。これでは弦もしっかり弾けずピックも傷んでいってしますので、しっかりピックの表面を当てて真っ直ぐ弾き下ろしましょう。

またこのように角度がついてしまうとピックも不安定になり先端がずれていってしまい余計に演奏しづらくなってしまいますので気をつけましょう。

浅すぎず深すぎないように注意

ピックを中心で、もしくは浅く持つときの注意点になりますが弦に対してピックの入る深さも、少ないチカラでしっかりと弦を鳴らすために重要なポイントです。

左図のように弦に対してピックが深く入っているとピンと張っている弦の抵抗により弦を弾くために強いチカラを必要になります。そうするとどうしてもぎこちない動きになってしまい細かな表現ができなくなってしまいます。

その一方、右図のように弦に対してピックが浅く入っていると弦の抵抗は殆ど受けずにリラックスして素早くストロークできますが、その分十分に弦を鳴らすことが出来ないので弱々しいサウンドになってしまいます。深すぎず浅すぎないポイントをつかむことが重要です。

なかなか左手で弦をおさえている中で右手のピックの深さまで意識するのは難しいですが、練習している時に弾きづらさをを感じた時には意識してみましょう。

ピックの持ち方の練習には入門セットがおすすめ!

まだギターをお持ちでない方、初心者の方に入門セットのご紹介をします。入門セットにはギターアンプや教則DVD、チューナー、ピックなど練習に役立つグッズがついています。

入門セットは購入するとすぐに練習を始めることができますが、まずは費用を抑えてギターを始めたい方には入門セットのレンタルという手段をおすすめします。

ReReレンタルの『エレキギター入門セットレンタル』であれば、Gibsonの直系ブランドのEpihoneの入門モデルを1ヶ月13,780円(税込)でレンタルすることができます。

延長も1日から可能で日あたり100円です!もう少し練習したいなと思ったときも気軽に延長ができる金額なのも嬉しいですよね。

教則DVDを見ながら練習すると、独学よりもより早くピックで演奏できるようになりますよ。気になる方は購入を検討してみてくださいね。


まとめ

中々気にせず練習してしまうピックの持ち方についてご紹介してきましたが、意外と曲を練習のしている途中で躓いてしまった時の原因だったりもしますので早い段階で意識できるようになると素早い上達に繋がると思います。

また何度かご説明したように今回の内容はあくまで初心者にとっておすすめなピックの持ち方です。手の感覚・好きなフレーズによって自分にあうように微調整していくことが最終的には一番ですので参考にしていただきつつ弾きやすい持ち方を見つけましょう!

ギター初心者の方に合わせて読んでいただきたいのはこちらの記事です。

ギター上達に必要な基本的な知識から練習方法、知っておくと得する情報などが満載です。

こちらの記事では、ピックの選び方とおすすめを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

Koji Kawando /
ビギナーズ編集部 ライター

高校時代には吹奏楽部、大学時代にはビッグバンドと軽音楽部に所属。最近では一眼レフを衝動買いしたのでカメラの勉強中。無類の飲み会好き。

ビギナーズTOPページ