初心者から中級者に人気のゴルフクラブを紹介

練習場のレンタル用品ではなくそろそろ自分用のゴルフクラブがほしい、となった時に気になるのがどういったゴルフクラブを買えばいいのかどうかですよね。少しでも自分にあったゴルフクラブを選べるように、そのコツとオススメの商品を見ていきましょう。


初心者から中級者に人気のゴルフクラブを紹介

ゴルフクラブには、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パターというように、いくつか種類があります。

ドライバーであれば最も飛距離を出せる1打目専用のクラブであり、パターであればグリーン上でのショットに適したクラブというように、種類によってその特性が異なります。

自分にあったゴルフクラブを予備知識なしで選ぶのは至難の業ですから、どういったものを選べばいいのか知るところからはじめましょう。

ゴルフクラブの選び方

練習場のクラブやレンタル品のクラブではなくそろそろマイクラブが欲しい、となった時、自分の体格やスキルレベルに合ったクラブを選ぶことが重要です。

その上で、どういったゴルフクラブを選んでいけばいいのか見ていきましょう。

自分の体格に合ったゴルフクラブを選ぶ

まず、クラブの柄の部分であるシャフトの長さや重さが、自分に合っているかどうかを確認しましょう。

長さに関してはパワーのない人の場合、長めのものの方が遠心力によってボールを遠くに飛ばすことができます。

その他に自分に合った長さを確認する方法として、シャフトをあえて短く握り、どこでしっくりくるのか確認するという手もあります。

確認する際は、ライ角をクラブごとに正しく構えなおす必要があるので、忘れずに行いましょう。

また、あまりに短く握ってしまうとグリップ部分が細くなってしまうので気を付けてください。

シャフトの長さ自体は再調整(リシャフト)することも可能なので、プレーしていく中で気になった場合は業者に頼むといいでしょう。

重さに関しては、軽すぎず重すぎないものの方がいいです。軽いものは手打ちといって、体のターンを伴わない腕を主体としたスイング、または体のターンと腕が同調しないスイングの癖がついてしまいます。

体、特に下半身の回転によって生まれるエネルギーがクラブヘッドを動かす最大の動力源であるのに、それを使わないということは飛距離が伸びないことにつながってしまいます。

重すぎるとスイングスピードが落ちることで飛距離が落ちてしまったり、そもそも身体を痛めてしまう危険性もあります。

ちょうどいい重さの目安はフルスイングしたときに少し重いと感じるものであり、3級連続で試した時に、3球目のヘッドスピードが落ちていれば重すぎなので気をつけましょう。

いずれにせよ、実際に自分でスイングして確認することが大切です。

自分のレベルに合ったゴルフクラブを選ぶ

自分のレベルに合ったゴルフクラブを選ぶためにも、まず自分のスキルレベルがどの程度なのかを知りましょう。

ゴルフのレベルは人によって初級者・中級者・上級者に分けられ、スコアで見た時に95以上であれば初級者、85~95であれば中級者です。

明確に決まっているわけではないですが、おおよそ過去3ラウンドの平均スコアを基準に見ていきます。

というのも、ゴルフは時折実力以上のスコアが出たり、あるいはその反対も起こりうるスポーツなので、1ラウンドだけのスコアでは当てにならないからです。

ちなみに初心者というのは経験ラウンド数が少ない(目安はゴルフを始めてから3ラウンドくらいまでの)方のことでスコアは関係ありません。

中級者レベルになると、ホール単位だとボギーになるのが当たり前で、常にパーを狙っていくようになります。

ボギーというのは、ホールなどで設定されている規定打数より1打カウントが多いスコアのことで、パーというのは規定打数と同じスコアのことです。

技術面で見た時、パッティングでスライスラインを打つ時にカップの右側に大きく外れることが多いと初級者レベルといえます。

というのも、初級者レベルではボールを打つ時の構え(アドレス)が右向きになりやすく、適正な方向でショットができないのです。

スライスラインを打った時に、カップの左側に外れることが多くなった場合は、初級者レベルの時よりも適正な方向でショットができているので、中級者レベルになってきたといえるでしょう。

利き手が左の場合でも初心者は右打ちを

そもそも左利き(レフティ)用のゴルフクラブは数が少なく、ブランドによってはない場合もあります。

また見つけたところで、日本メーカーであれば右利きの人が設計していることが多くしっくりこなかったり、アメリカメーカーであればアメリカ人の体格に合わせて設計されているので、自分の体格に合わないといったことが起こります。

また練習場の打席や練習本やDVDなどにおいても、レフティ専用やレフティ向けのものは数が少なく不利といえるでしょう。

しかし、左利きの人が右打ちを行う場合にはメリットがあります。なぜなら、右打ちのスイングはその動きの全てを左手がリードし、右手は添えるだけという感覚で行うからです。

スイングを主導する左手が利き手なのですから、右利きの人よりも正確なコントロールがしやすくなります。

プロゴルファーの中にも、左利きでありながら右打ちでトップにまで上り詰めた選手もいますから、左利きでも右打ちのクラブを利用することをおすすめします。

金額の高さで選ばない

ゴルフクラブの値段の高さは、メーカーの技術がどれだけ詰めこまれているかによって変わってきますが、初心者の内はその技術を生かしきれません。

ですから宝の持ち腐れになりやすく、またゴルフクラブは消耗品であり、数年経てば摩耗などによって買い替える必要性が出てきます。

せっかくいいクラブを買っても活かしきれずに手放してしまうくらいなら、技術を磨いた後で購入を検討した方がいいでしょう。

実際にクラブを触ってみて選ぶとよい

先にも述べたように、写真や記載されている数値データを見るよりも、実物を触ったりスイングしてから選ぶ方がより自分にフィットするものを選択することができます。

初心者の方でもゴルフショップなどに行って、店員さんに質問や確認をすればわかりやすく教えてくれるでしょう。

その際、あらかじめ大体の予算と購入後のゴルフスタイルを考えておくとスムーズに進みます。

初心者におすすめのクラブセット

初心者の方でコースでもすぐに使えるおすすめのクラブセットを見ていきましょう。

BRIDGESTONE TOURSTAGE V002

ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンの6~9、ピッチングウェッジ、ピッチングサンド、サンドウェッジ、パターが一式とキャディーバッグまで揃っているセットです。

ドライバーは大型ヘッドで安心感があり、それでいて軽量設計のため振りやすく、ボールを捕まえやすいようにライ角が60度に設計されています。

フェアウェイウッドやユーティリティも同じく大型ヘッドで、形状が工夫されボールが拾いやすくなっています。

アイアンはポケットキャピティ構造によってボールが上がりやすく、大型形状によりミスヒットにも強い設計が施されています。

パターは構えやすいブレードタイプであり、操作性に優れたヘッド形状になっています。

ウッド類にはすべてヘッドカバーが付属されているので、車での移動中やクラブの取り出し時にクラブヘッドを傷や衝撃から守ることができます。

この商品は、一通り様々なクラブを利用して練習する際におすすめです。

Callaway WARBIRD

この商品は、先述のブリジストンのセットからユーティリティを除いた一式が揃ったものです。

とはいえ、コースでも十分にゴルフを楽しめるセット内容であり、すべてのクラブであらゆる状況からでも優しく打てるように設計されています。

ドライバーは大型ヘッドによりフェース面の芯であるスイートエリアを広く確保することで、スイングのエネルギーをボールにダイレクトに伝え、高弾道で楽に飛距離を伸ばすことができるようになっています。

フェアウェイウッドでは、ヘッド部分の厚みを少なくしたシャローフェース設計により、構えやすくボールが上がりやすくなっています。

アイアンはワイドソールによってダフリのミスに強く、安定したインパクトができるように設計されています。

パターでは、カップにセットアップしやすい作りが施されています。価格を抑えた上でフルセットを揃えたい方には、うってつけの商品といえるでしょう。

Lynx BLACK CAT RG II

フェアウェイウッドの3番とアイアンの5番まで入っている本格的なゴルフセットです。

ドライバーはシャフトを長くし、フェース面の反発エリアを広げることで、多少のミスでも動じない高飛距離を実現しています。

フェアウェイウッドは、ヘッド工法をシャロ―形状にすることで低重心化を実現し、それにより打ち出し角度が高くなることで楽にボールを上げることができます。

ユーティリティでは、セミグースネックを採用することで重心アングルが増え、楽にボールを捕まえられるようになっています。

ロングアイアンは、重心深度を従来品から5mm増やし、41mmすることでさらに簡単にゴルフができるように設計されています。

ウェッジでは、ソールを広くすることでアプローチの時にダフってしまうのを防ぎ、OB時でも砂に滑り込みやすい拾いソールのおかげで、ヘッドがはじきでてバンカーから脱出しやすくなっています。

トゥ&ヒールバランスL字マレットのパターは、オープンスタンスやクローズスタンスといったアドレスに対応しやすい作りになっており、フェース面にはアルミ製CNCアルマイトを装着しているため、柔らかく伸びのあるボールを打つことができます。

やるからには本格的なゴルフセットでゴルフをしたいという方におすすめの商品です。

中級者におすすめのドライバー

スコアが安定して95をきり、ゴルフ技術も磨かれてきた中級者の方におすすめなドライバーについて見ていきましょう。

MIZUNO MP Type-1 TOUR AD J-D1

特許技術によってフェース部分の強度を維持し、中心部は厚みを持たせ質量を付加、一方フェース周辺部は薄くすることでフェース自体のたわみを増幅させています。

これによりインパクト効率を上げ、反発力を高めることでショット時の高飛距離を実現しています。

このドライバーは吹き上がりを抑えた強弾道を実現し、ターゲットをピンポイントで狙いたい方や、小ぶりなアイアンにこだわる方に向いています。

SRIXON Z565TG Miyazaki Melas II

目標をしっかりと狙い撃つことができ、打感もやわらかくヘッドスピードが遅めの方に合ったドライバーです。

重心が短く、アップライト気味の設計なのでスライス気味の人におすすめです。

YAMAHA UD+2 17INPRES

フェース全体を従来品よりもトゥ側に3mm寄せ、シャフト軸から遠くにすることでインパクトのエネルギーを大きくしています。

またシャフトは、チップウェイトテクノロジーを搭載し、重りの効果でたわみを抑制し、インパクト時のエネルギーロスを抑えており、三菱レイヨン社と共同開発により軽量化も実現しています。

また重心角を33度と大きくしており、ボールが捕まえやすい設計になっており、他にも超低重心・超深重設計によってボールを上がりやすくし、飛距離性能をアップさせています。

したがって、特に飛距離を重視する方に向いているドライバーといえるでしょう。

中級者におすすめのアイアン

次に、アイアンではどういったものがいいのか見ていきましょう。

TAYLOR MADE 2017 M2 TM7-217

力まずにスイングすることができ、またスイートスポットが広いので、ミスショットでも比較的まっすぐにボールを飛ばすことが可能です。

高弾道かつ飛距離を伸ばすことのできるアイアンなので、飛距離重視の方におすすめです。

DUNLOP SRIXON Z545 N.S.PRO 980GH D.S.T.

ボール周辺の芝や砂がどういったコンディションでも、振りぬきやすい設計で飛距離を安定させ、ショットのコントロール性を上げています。

また、フェース面を平らに加工することをミーリングといいますが、それを角度を変えて2度行う、ダブルレーザーミーリングという製法を採用しています。

これにより雨天時などの悪いコンディションでのショットでも、安定したスピン性能によって飛びすぎやドロップを防ぎ、より正確に飛ばすことができます。

また、プロや上級者の打点であるフェースセンターよりにスイートエリアを設置してあり、優しいアイアンから乗り換えて上達したい方におすすめのアイアンです。

TITLEIST AP2 714

デュアルキャビティデザインとトゥ&ヒールウェイト構造を進化させ、飛距離性能と方向安定性の向上を実現し、高いフライトコントロールを実現しています。

タングステンウェイトをトゥとソールに配置し、ヘッドのブレを低減させ、ミスヒットに強くバランスの取れたアイアンです。

とてもスタイリッシュなデザインでもあるので、性能とデザインを両立させたい人にはうってつけのアイアンです。


自分に合ったゴルフクラブでゴルフを楽しもう

付き合いとしてゴルフを楽しむ場合でも、本格的に取り組んでゴルフを楽しむ場合でも、自分に合ったゴルフクラブを使用してプレーをした方が楽しめますよね。

最初はレンタル品でよくても、続けていくならやはり自分専用のゴルフクラブを持ちたいところです。

自分に合ったゴルフクラブで練習を続け、スキルアップをしていけば結果的にゴルフをより楽しんでいくことができます。

そのためにも自分にとってしっくりくるゴルフクラブを見つけていきましょう。

また、本格的にゴルフを楽しみたい方は、ゴルフスクールに通うこともおすすめです。ゴルフスクールに通うことで、上達がさらに早くなり、ゴルフがさらに楽しくなるでしょう。こちらの記事では、初心者におすすめのゴルフスクールをご紹介しているので、ぜひご確認ください。

レンタルできる関連商品

菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター
菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター

ネットショッピング歴は約20年!お得なものを見つけることが好きで日々のECサイトで掘り出し物の探しは欠かしません。コスパの良い初心者が趣味を始めるのに最適なアイテムをご紹介します。趣味はダンスと映画鑑賞

関連キーワード