電子書籍の読み放題サービス5選を厳選紹介!メリットや比較方法も解説

電子書籍の読み放題サービスはたくさんあるので、どれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。今回は、電子書籍の読み放題サービスと、専用端末を紹介します。サービスへの登録方法や、メリットもまとめているので、自分に合ったものを見つけてください。


電子書籍の読み放題サービス5選を厳選紹介!メリットや比較方法も解説

近年、人気が高まっている電子書籍。従来通りの紙書籍に比べて、どのような点が優れているのでしょうか?また、近年登録者数伸ばしつつある電子書籍読み放題サービスとは?

登録方法やおすすめの読み放題サービスなど、詳しく解説します。

電子書籍のメリット

紙の書籍とは違い、Web上や端末で読むタイプの書籍です。パソコンやスマートフォンで読めるほか、電子書籍リーダーという専用端末もあります。

定額料金を支払うことでサイト上で配信されている漫画や雑誌、ビジネス書などが読み放題になるサービスです。

電子書籍で本を読むメリットは一体どのあたりにあるのでしょうか。紙の書籍と比べた場合に便利な点を挙げてみましょう。

紙の本よりかさばらない

通学・通勤時に読書をする方も多いと思います。バッグの中は会社や学校で使う書類などでかなりの重量になっていて、読書用の本を入れる余裕もない──という方も多いのではないでしょうか。

そんなときは電子書籍がおすすめです電子書籍なら、1つの端末に何冊もの本をダウンロードしておけますので、負担になりません。

サイズもコンパクトなので、混雑した電車の中でも読書を楽しめます。また、本棚に本がたまっていくこともありませんので、ワンルームマンションにお住いの方にもおすすめです。

書店へ行く必要がない

書店へ行かなくても、インターネット上ですぐに購入して読めるのも電子書籍の特長です。 クレジットカード決済ならば購入ボタンを押して数分後には読むことができます。忙しくて書店が開いている時間に行けない方も安心ですね。

付箋やラインも簡単

翌日に続きを読むために挟むしおりや重要へのマーキングの際も、電子書籍は非常に便利。任意の場所にマーキングできますし、端末によってはあとで意味を調べたい語句をメモしておくことも。

紙書籍より安いことも多い

同じ本でも、電子書籍の方が紙の書籍より価格が安いことも多いです。販売コストや出版コストがかからないからです。

ただし、電子書籍には中古品が存在しないので、必ずしも安く購入できるとは限りません。

電子書籍読み放題サービスの選び方

毎月、大量の漫画や雑誌を読む方へおすすめなのが「読み放題サービス」です。どのようなサービスなのか、概要や利用までの手順、読み放題サービスを選ぶ際のポイントを解説します。

読み放題サービスを選ぶ際には、以下の項目を重視して選ぶと良いでしょう。ぜひ、これらを確認して選んでみてください。

利用料金

月額、または年額料金はサービス提供会社を選ぶ際の重要なポイントです。月額400~1000円前後の料金帯が多くなっています。

登録書籍数とジャンル

読み放題サービスに登録すれるのであれば、なるべく多くの本に出会いたいものです。登録書籍数は、事前に必ずチェックしましょう。

使い勝手は良いか

雑誌や漫画の検索しやすさや、ダウンロード完了までの手順がわかりやすいか、レビューやジャンルごとのランキングが表示されているかどうかなどの使い勝手も選ぶ際の大事なポイントです。

読み放題サービスおすすめ5選

では、実際にどの電子書籍読み放題サービスを選ぶと良いのでしょうか。本項では、おすすめの特徴や利用方法を解説します!

amazon「Kindle Unlimited」

Kindle Unlimitedは、世界最大手のECサイト「amazon」が運営する読み放題サービスです。登録書籍数は他の追随を許さない多さで、レビュー投稿数も充実。

スマホやタブレットにダウンロードしての読書も可能な他、amazonが開発した「kindle」シリーズであれば、よりスムーズにビジネス書を読み進められることでしょう。

月額料金

980円※1か月間の無料キャンペーンあり。

サービス利用までの流れ

Kindle Unlimitedの読み放題サービスを利用する場合、スマホなどで利用する場合とKindle端末で利用する場合で手順が異なります。スマホ・タブレットの操作手順は、以下の通りです。

    サービス利用までの流れ(スマホ・タブレットの場合)
  • インターネットのブラウザかKindle無料アプリ(事前にダウンロードが必要)から、Kindleストアにアクセスする
  • アプリ「Kindle for iPhone」「Kindle for iPad」の場合はカタログのアイコンをタップして、ブックブラウザを開く
  • Kindle Unlimitedをタップし、「Kindle Unlimited」のロゴが付いた本を選択する
  • 読み放題で読むをタップする
    サービス利用までの流れ(Kindle端末の場合)
  • Kindle Unlimitedをタップし、「Kindle Unlimited」のロゴが付いた本を選択
  • 読み放題で読むをタップ

Kindle Unlimitedの無料体験をする

楽天マガジン

楽天マガジンは、楽天が運営する雑誌読み放題サービスで、250以上の雑誌が月額わずか380円で読み放題です。ファッション・美容・ビジネス・ グラビア・週刊誌など幅広い分野の雑誌が登録されており、最新からバックナンバーまで閲覧可能となっています。

雑誌はダウンロードしてオフラインでも利用できますので、地下鉄など電波が届かないところでも安心です。

月額料金

380円 ※1か月間の無料キャンペーンあり

サービス利用までの流れ

    サービス利用までの流れ
  • 楽天会員に登録
  • 1か月間の無料体験後に料金プラン(年額・月額)を選択する
  • 専用アプリをダウンロードして利用開始

楽天マガジンの無料体験をする

ブック放題

ブック放題は、雑誌200冊、マンガ20000冊以上、るるぶ100冊以上が読み放題の電子書籍読み放題サービス。注目記事やキーワードからの検索機能があるので、好みの本や雑誌と出会えるのが特長です。1か月間の無料キャンペーンも実施しています。

月額料金

500円

サービス利用までの流れ

  • 「無料読み放題」をクリック。FACEBOOKなど、SNSアカウントからもログイン可能
  • メールアドレス入力し、仮会員登録
  • 届いたメールのURLをクリックし、氏名やクレジットカード番号を入力して本登録手続きを行う

ブック放題の詳細をみる

シーモア読み放題

シーモア読み放題は、漫画や小説が充実した読み放題サービスです。読める電子書籍は50000冊以上。スマホやタブレットに好きな作品をダウンロードして、通勤・通学を快適な時間に変えましょう。

プランは2通りで、全作品が読み放題となる「読み放題フル」と約20000冊あ読める「読み放題ライト」があります。

月額料金

  • 読み放題フル 月額1,480円
  • 読み放題ライト 月額 780円
  • ※7日間の無料お試し期間あり

サービス利用までの流れ

  • プランを選択し、新規会員登録画面へ進む
  • メールアドレス入力し、仮会員登録
  • 届いたメールのURLをクリックし、氏名やクレジットカード番号を入力して本登録手続きを行う

シーモア読み放題の詳細をみる

dマガジン

dマガジンは、NTTドコモが運営する雑誌の読み放題サービスです。月額400円で、登録されている250冊以上の雑誌が読み放題になります。

週刊誌やファッション誌、ビジネス誌など幅広いジャンルの雑誌を、最新号からバックナンバーまで低料金で楽しめるのが最大の特長です。

また、雑誌のジャンルからの検索はもちろん、表紙や記事からの検索など、読みたい雑誌を見つけやすくなっている使い勝手の良さもおすすめポイント。

月額料金

月額400円 ※初回登録に限り、31日間の無料トライアルを実施中

サービス利用までの流れ

  • dアカウントを所持していない場合、登録する。※ドコモユーザー以外でも可
  • dマガジンの登録手続きを行う
  • 専用アプリをダウンロード
  • 雑誌を検索し、スマホやタブレットへダウンロードする

読み放題サービス利用までの流れ

読み放題サービスの利用を開始するまでの流れは、おおむね以下の通りです。細部は提供会社によって違いますので、各社のWebサイトをご参照ください。

  • 端末を用意する
    電子書籍リーダーにダウンロードする場合は、端末を用意
  • 会員登録する
    Webサイト上で会員登録します
    氏名・電話番号・クレジットカード番号などの必要事項を入力
  • 電子書籍をレンタルする
    雑誌やを漫画を検索して、購入またはレンタルします
    クレジットカードで決済するのが一般的
  • 電子書籍をダウンロード
    手持ちの電子書籍の端末に書籍をダウンロードすれば完了

dマガジンの詳細をみる

電子書籍リーダーはどれを選べばよい?おすすめ機種を紹介!

電子書籍はWebでも読めるのですが、電子書籍リーダーと併せて運用した方が便利です。本項では、おすすめの電子書籍リーダーをご紹介します。

読書に特化したタイプや動画視聴にも適したタイプなどさまざまなタイプがありますので、ご自分のライフスタイルに合ったものを選んでくださいね。

目が疲れない!読書のみなら「kindle paper white」

読書に特化した電子書籍リーダーです。画面は紙の本に近づけているので、スマホ画面のように目が疲れません。

軽量なので、電車の中で立って読む際も楽々ですし、防水加工されているので、お風呂の中で読むのにも適しています。

漫画を読みたい方には「漫画モデル」も用意されています。

大画面&操作性抜群! Kobo forma

楽天が提供する、電子書籍リーダーです。大画面で読みやすく、ページの切り替えもスムーズ。調光機能により、目の疲れも軽減してくれます。

動画も楽しむなら「kindle Fire HD 10」

先ほどご紹介したKindle Paper whiteは読書をするには最適な電子書籍リーダーですが、その分画像処理能力は抑えめ。電子書籍リーダーで動画も楽しみたい!という方には、Fire HDシリーズが適しています。

中でも、kindle Fire HD 10最大10時間と長時間使用に耐えるバッテリー性能や、動画視聴時の画質・音質などに優れているのでおすすめです。


まとめ

忙しいビジネスマンにとって、1日の中でじっくりと読書する時間を確保するのは難しいことでしょう。

読み放題サービスと電子書籍リーダーをうまく組み合わせて、隙間時間で上手にビジネス書を読み進めてくださいね。

また、読み放題以外のおすすめ電子書籍サービスは、こちらでご紹介しています。各電子書籍の比較もしているので、ぜひ確認してみてください。

タカ / ビギナーズ編集部 ライター
タカ / ビギナーズ編集部 ライター

ホワイト企業を退職後、世界一周の旅に。アフリカや中南米、中東などを巡る。帰国後は雑誌社勤務を経て、フリーのライターとして活動中。

関連キーワード