更新

[ピアノ練習法]初心者が倍速で上達する効率のよい練習法とは

みっきー / ビギナーズ編集部 ライター

初心者が倍速で上達するピアノ練習法をご紹介します。たった1時間でできるピアノ上達法や、上達のコツ、初心者の方がやってしまいがちな非効率な練習法も解説します。ピアノを上達するには普段の練習法を見直すことが大切です。この練習法を実践して倍速でピアノを上達させましょう。
[ピアノ練習法]初心者が倍速で上達する効率のよい練習法とは

皆さんはピアノの練習をする際はどのように練習していますか?

自分の弾きたい曲を選んで弾く方、Youtubeを見ながら独学している方、ピアノの先生に習って練習している方など、様々な練習方法が挙げられると思います。

人それぞれの練習方法がありますが、自分の練習が効率的だと自信を持ってと答えられる方は少ないのではないでしょうか。

そこで忙しい方でも効率よく練習し、短時間でピアノを倍速で上達させる方法をご紹介します。

それって正しい練習法?初心者がついついやってしまう練習方法まとめ

せっかく練習するなら、練習した分だけ上達したいと思いますよね。

しかし、練習方法を考えずに、ただ弾き続けても上達への近道にはなりません。

まずは、初心者がやってしまいがちな効率的ではない練習方法をいくつかご紹介します。

自分が今やっている練習を振り返りながらご覧ください。

何も考えずにたくさんの練習量をこなす

長時間練習をすれば上達する!と思って練習をしている方もいると思います。 確かにプロのピアニストやピアノが上手な方の練習量は多く、練習量が上達のスピードを決めることも間違いありません。

しかし、的確な練習をしていないと、長時間練習をしていても予想しているほどの上達は見込めません。

長時間練習することが間違いではありませんが、忙しい大人にとって時間は貴重なため、効率よく練習をして短時間の練習でも効果を上げるようにしたいですね。

基本練習せずに楽曲ばかりの練習をする

ピアノを始める方の中には「この曲が弾きたいからピアノを始めた」など、特定の楽曲に興味を持って始めた方も多いと思います。 楽譜を読める方だと、そのまま楽譜を広げて練習をしてしまいがちです。

自分の好きなように弾くことは全く問題ないですし、楽譜に沿って音をただ弾いて楽しむだけなら練習曲だけを練習するやり方でも問題はありません。

しかし、その楽曲をよりよい演奏にしたい、感情をこめて弾きたいのであれば、より表現力の高める練習を行うことが必要です。

ピアノの基礎練習については、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひこちらの記事もご確認ください。

部分練習せずに1曲通して弾く

ピアノの練習=曲を1曲弾くことだと思ってしまう方が多く、部分的な練習をせずに1曲丸ごとを繰り返し練習してしまいます。 練習する際に、1曲を通して弾くことは間違ってはいませんが、効率のよい練習方法とも言えません。

練習している1曲の中でも、何回か弾いただけでスラスラ弾けるパートがでてくると思います。 1曲全体を弾くということは、スラスラ弾けるパートを何回も練習にすることになり、本当に練習が必要となるパートの練習が不足してしまいます。

初心者の方におすすめのピアノ練習曲についてはこちらの記事で解説しています。

ピアノを効率よく上達させる練習法はコレだ!4つのポイント

上の章では、初心者がやってしまいがちな練習例をご紹介しました。 ここでは、実際にどのように効率よく練習していくのかをお話します。

毎回の練習前に基礎練習を行う

難しい曲を練習していると、「思うように手が動かない」なんてこともありますよね。
ピアノ以外の楽器でもスポーツでも基礎練習は大切だと言われていますが、実際のピアニストも毎回の練習に取り入れているほど大変重要です。

ピアノの基礎練習を行うことで、どのような効果が見込めるのかをご紹介します。

指を温める

指を動かしてワームアップしましょう。

特に冬の寒い季節はいつも以上に指が動かず、辛い思いをしている方も多いと思います。 練習曲の前に1、2分の基礎練習をするだけでも指の動きはだいぶ変わります。

指の筋肉を鍛える

曲によっては指を1オクターブほどに大きく広げて演奏する場合もあります。
その際は普段は使わない筋肉を使うことになり、特に久しぶりに練習をするときは指がつってしまうこともあります。 基礎練習で指を鍛えて、予防していきましょう。

基礎練習を何十分もする必要はありません。目安は5分程度ですが、たとえ1、2分でもいいので、普段の練習の前に基礎練習を取り入れるようにしてください。 なめらかに指を動かすことができると実感していただけると思います。

本格的に指を鍛えたい方は指のエクササイザーを使うのもおすすめです。

教本を選ぶ

ピアノの教本はウォーミングアップとなる簡単な練習パターンが載っています。

教本によってもレベルは様々です。例えば、初心者から経験者の方まで幅広く対応している教本や、初心者の方向けに基礎がじっくり練習できる教本などタイプもそれぞれあります。

こちらの記事ではタイプ別のおすすめ教本や教本の選び方、購入の仕方など記載しています。参考にしながら教本を選んでみてくださいね。

 

片手ずつ練習する

いきなり両手で練習をする方は少ないかもしれませんが、まずは片手ずつで練習することをおすすめします。

楽譜を的確に読める場合は、両手で練習し始めてもいいのですが、リズムに少しでも不安が残る場合は、片手ずつ練習するようにしましょう。

苦手とするパートでも、片手ずつで練習をしていると、両手で弾いたときに、途中で詰まることなくにスムーズに弾くことができます。 両手で弾く練習が苦手な方は、ぜひ片手ずつの練習をしっかりと行ってみてください。

楽譜の読み方に自信がない、どうしても覚えられないという方はこちらをブックマークしておきましょう。

ブックマークしておくことによって繰り返し読み、少しずつ覚えていくことができます。

曲の一部分を反復練習をする

練習曲を決めたら、まずは楽譜全体を読んで、曲全体を把握してください。
どの箇所が難しそうか、簡単そうか確認することができます。

人は誰しも得意不得意があります。 練習している1曲の中でも、何回か弾いただけでスラスラ弾けるパート、何度練習しても詰まってしまうパートがあると思います。

毎回、1曲全体を練習すると、スラスラ弾けるパートは上達するものの、苦手とするパートはなかなか上達しないまま進んでします。

時間を効率的に練習するためにも、苦手とするパートを何度も反復練習して、スムーズに弾けるように練習してください。

以前よりスムーズに弾けるようになったら、1曲を通して弾いてみて、別の苦手なパートが見つかったら、その箇所を反復練習をする、というような流れで進めてみてください。

練習曲・自分の音を聴く

自分が練習する楽曲を聴くこと、そして自分が実際に弾いた音を聴くことが大切です。 自分が練習している音源を聴くことで、楽譜を見てもすぐにリズムを取ることができ、効率よく練習を進めることができます。

また、自分の演奏した音を聴くことで、楽曲の音源との違いを発見することができ、集中して練習すべきパートを見つけることができます。

たとえ一人で独学で練習していたとしても、自分だけでは気づきにくいポイントにも気づくことができ、効率よい練習が可能となります。

自分の音を録音する際はスマホのレコーダーではなくハンディレコーダーを使うのがおすすめです。

スマホの場合、手軽さは確かにありますが、「せっかく録音したのに容量がいっぱいで保存ができなかった」「音質がよくない」「機種変更したらデータを移管できなかった」など不便さを感じる場面があります。

実際に演奏している音を細かく聴いて練習に活かすためにも1台用意しておくと便利です。

椿音楽教室

1時間練習の時間の使い方|効率よく上達するための練習法

練習に 上でお話した4つの練習法を使って、1時間の練習でどのような時間配分で練習するのかをお話します。

1時間の練習内容でお話していますが、練習時間が30分や45分しか取れないときも、この練習の流れを意識してください。

今回例で上げる練習内容は、曲全体はわかるが、途中で詰まってしまったり、スムーズに1曲を弾くことが困難なパターンです。ぜひご自身の練習に参考にしてください。

10分間 基礎練習

まずは基礎練習を行います。私のおすすめはカノンなどの音階を練習できる練習法です。 とてもベーシックですが、指をスムーズに動かすためにはとても重要な働きをしてくれるのでおすすめです。

5分間 練習曲を弾く

では練習曲を一度弾いてみましょう。

一度弾いてみて、難しいと思った箇所や何度も詰まってしまう箇所を楽譜に鉛筆でコメントを書いていました。 自分がわかりやすいように★印でもいいので、何かマークを記しておくと便利です。

20分間 反復練習

★印をつけた箇所を片手ずつ練習し、慣れたら両手合わせて弾いてみてください。 最低でも5回は反復練習を行うようにしましょう。

3回はゆっくりのスピードで音をひとつひとつ書くにするように練習をしてし、最後の2回は通常のスピードで練習しましょう。

5分間 練習曲を弾く

反復練習が終わったら、また練習曲を弾きましょう。 初めに弾いたときよりスムーズに弾けるようになっていることを実感していただけると思います。

5分間 自分の演奏を録音する

スマートフォンなどで簡単に録音・保存することができるので、ぜひ試してみてください。

慣れるまでは自分の音を聴くことは恥ずかしいですが、間違っているポイントやスピードが速すぎやしないかなどを客観的に確認できるので、効率的に練習するには欠かせない工程です。

15分間 反復練習か練習曲を弾く

録音した音を聴いて、再度曲の練習を行いましょう。特に反復練習をした箇所を意識して聴いてください。 録音を聞いて新たに詰まった箇所があれば、集中して練習していくようにしましょう。

最後に、反復練習した箇所を意識して、数回曲を練習しましょう。


こちらでは3ステップででき基礎練習メニューを紹介しています。
正しい座り方かや指のフォームなども学ぶことができます。

独学で気づかないポイントに気づける!ピアノレッスンもおすすめ!

この記事を読んでいる方の中には、独学でピアノを練習したいという方もいると思いますが、さらにスピードアップして上達したい方にはレッスンに通うこともおすすめです。

最近では無料でマンツーマンのレッスンを体験ができるピアノ教室も増えており、気軽に受講することができます。

椿音楽教室では60分間のピアノのマンツーマン体験レッスンを無料で受けることができます。これまで独学でピアノを練習してきた方は不安点や相談したいこと、自分のクセを発見したいなど具体的に話してみると良いでしょう。

東京や、東京近郊にある200か所以上のスタジオでレッスンを受けることができるので、自分の受けたい場所でレッスンを受けることができます。

ピアノ初心者の方も、少しブランクがありまた始めたいという方にもモチベーションのアップにもつながり、挫折しにくくなるところもレッスンに通うメリットです。まずは無料でレッスンを体験してみてはいかがでしょうか。

椿音楽教室の無料体験レッスンを受ける

都内以外でのレッスンをお探しの方はこちらを参考にしてみてください。大手ピアノ教室から個人教室まで全国のピアノ教室をご紹介しています。


まとめ

いかがでしたでしょうか。 効率よく練習し、早く上達するためのコツを紹介しました。特に初心者の方にぜひ知っていただきたい練習法なので、日ごろの練習に取り入れてみてください。

教本の練習曲だけでなく、実際の曲も練習したいという方はこちらの記事もおすすめです。

しっかりと基礎練習をした後は自分の好きな曲を練習してみましょう。

初心者の方でも挑戦ができるピアノの練習曲をジャンルごとに集めました。練習曲探しで困っている方はこちらの記事も参考にしてみてください。

楽譜もすぐダウンロードすることができるので、とてもおすすめですよ。

レンタルできる関連商品

みっきー /
ビギナーズ編集部 ライター

音楽と旅行が好きです。現地のおいしいものを見つけた時に幸せを感じます。最近はYOUTUBEの旅行Vlog(ビデオブログ)を見ることにハマってます。