【2019最新】折りたたみ自転車おすすめ15選|軽量・電車に持ち込める

折りたたみ自転車のおすすめ商品をご紹介します。折りたたみ自転車は、通勤、通学、街を移動してお買い物などで便利です。軽量で価格も安く、電車にも持ち運べるインチが人気のようです。コスパの良い女性でも持ち運べる折りたたみ自転車を選びましょう。
サイマ

【2019最新】折りたたみ自転車おすすめ15選|軽量・電車に持ち込める

折りたたみ自転車を車に積んで遠出してみたいと思っている方もいると思います。旅行に自転車を持って行きたいと思う人もいるでしょう。

折りたたみ自転車なら車のトランクにも入るし、折りたたんで電車などに乗ることも出来ます。

どんな折りたたみ自転車が良いのか悩んでいる方のために、選び方のポイントなどを解説したいと思います。安全面や重さにつて知り、自分にあった折りたたみ自転車で旅行に出かけませんか。

折りたたみ自転車の選び方

折りたたみ自転車を選ぶ時には、どんなポイントに注目して選べばいいのでしょうか。

そのコツを知っておけば、自分の目的に合った折りたたみ自転車を選ぶことができます。ではそのポイントを見ていきましょう。

持ち運べるぐらい軽量か

軽量であるかどうかも折りたたみ自転車選びでは重要なポイントです。

折りたたみ自転車の特徴であり利点は、持ち運びができることでしょう。電車や自動車に乗せる時、重ければ一苦労です。男性ならそれでも大丈夫かもしれませんが、女性だとかなりの重労働でしょう。

その点を考えると折りたたみ自転車は、軽量であればあるほど良いと言えます。一般的な基準として10キロ程度を目安に考えると良いでしょう。

大体ですが2リットルのミネラルウォーター6本入り1箱分より軽いと考えるといいです。

安いと感じられる自転車かどうか

折りたたみ自転車にどれだけのお金を出せるのか、事前に決めておきましょう。ある程度のゆとりを持った金額に設定することをおすすめします。

金額の基準を決めてゆとりがあると、あとになって「あとちょっと出してあっちを買えば良かった」という後悔を回避しやすくなります。

「しょせん折りたたみ自転車だから一番安いのでいいや」と安易に判断するのは考えものです。折りたたみ自転車は金額が高ければ、それだけ性能や耐久性がアップする傾向にあるからです。

安く質の悪い自転車に乗り続けていると、とつぜんフレームが壊れてしまう可能性もゼロではありません。

ごくたまに乗るだけなら、それでも大丈夫な場合もありますが、頻繁に乗ることを想定するならある程度の出費が必要と考えた方が良いでしょう。

自転車の値段は部品により決まる傾向にあるため、折りたたみ式自転車と言えども20万レベルのものもあります。

購入の前に折りたたみ自転車にどこまで出せるか冷静に検討してみてください。

最安値と本当の限界値を想定すれば、その範囲内の物を探せば良いだけなので、気持ち的に余裕を持って自転車を選べます。

防犯のためには鍵も大事になる

折りたたみ自転車を持ち、デパートやスーパー、あるいは学校では毎日教室に入れるのはなかなかむずかしい所があります。

一般的には駐輪場を利用しますが、盗難の問題は無視できません。短時間でも鍵もせずに放置していると、盗難される可能性はゼロではないからです。

特に盗難被害に遭った自転車の6~7割は鍵をしなかったという話もあります。そのため折りたたみ自転車を購入する際には、ワイヤー鍵など、強力な鍵を用意することが重要でしょう。

通勤・通学用なら特に品質と安全に

通勤や通学用で使用するなら、日常的に長期間使用することを想定して選んだ方がいいでしょう。

あまりに安価な自転車だと、しょっちゅうトラブルが生じて修理を繰り返す可能性が高くなります。ある程度の金額を出して、信頼性と品質が高いメーカーの折りたたみ自転車の方がいいです。

日本のメーカー、海外のメーカーでもそこは同じです。また通勤の場合、残業をして夜遅くになることも多いでしょう。

そのためにはライトがついているのはもちろん、暗くなると自動で点灯するものを選ぶのもいいです。

安全性を重視して選ぼう

安全性が高いものを選ぶようにしましょう。オシャレで走行性能も抜群だとしても、安全基準を満たしていなければリスクが高いです。

まず自転車には、JISマーク、SGマークというものがあります。

このマークは、安全基準に適合していることを表しています。他にも、BAAマーク、TSマークなどもあるのでチェックしましょう。

    主なマーク
  • BAAマーク
  • SGマーク
  • JISマーク
  • TSマーク

安全基準を満たしているかどうかを考える時、このようなマークが付いていると選ぶ時の判断基準の一つとなります。

補足事項として、TSマークの保険については有効期限があるので注意しましょう。期限はTSマークに記載された日付から一年なので、永久という訳ではありません。

JISマークは、国に登録した登録認証機関があり、その機関に認証された事業者により認証を受けた製品に表示できます。つまり一定レベルの強度などがあることを表しているのです。

SGマークは製品の安全性に対し保証するものであり、製品の不備による事故に対しての対人賠償保険がついています。

BAAマークは一般社団法人自転車協会により制定された自転車安全基準を満たした物に貼られています。

TSマークは自転車安全整備士による点検と確認が行われた自転車に貼られており、傷害保険や、賠償責任保険などが適用できることを示しています。

安全性を考えるならライトも大事

機能面からの安全性を考える場合、ライトについても押さえておきましょう。

夜、折りたたみ自転車で走る場合、ライトがなければ単純に不便です。ライトは暗闇でも搭乗者の視界を確保し安全に運転できるために必要なものです。

また歩行者や自動車にとっても、自転車のライトは重要だと考えた方が良いでしょう。暗闇の中、ライトによって自転車がそこにあることを認識できるからです。

折りたたみ自転車でも暗くなると自動でライトが点灯するものもあります。

夜、自動車に搭乗する機会が多い方は、特に必要なものと言えるでしょう。町中ですと周囲にはお店がいっぱいあります。

しかし少し離れると、電柱の明かりも無い所も少なくありません。

また自転車の無灯火は道路交通法に違反することも忘れないようにしましょう。自転車の無灯火は、5万円以下の罰金が科せられます。

参考:自転車交通規約

折りたたみ自転車おすすめ15選

[2019最新]LePanier LP-01

SHIMANO製6段変速折りたたみ自転車で、ワンタッチで簡単にたためて6段変速のギアチェンジの際もチェーン外れを防止してくれます。

初めて折りたたみ自転車を使う人には嬉しい設計で、カラーバリエーションも豊富のため男女問わずおすすめです。

[2019最新]LePanier LP-02

さきほどの商品の形違いです。操作の便利性はそのままに、カラーがシンプルで高級感があります。スタイリッシュに乗りこなしたい方におすすめです。

[2019最新]STRiDA Multicamコラボモデル

「STRiDA」はイギリスの機械技師によって考案された自転車で、独創的なトライアングルフレームが目を引きます。それでいて簡単に折りたためるので、機能性・デザイン性ともに高い評価を受けています。

2019モデルはMulticam×STRiDAのコラボレーションで、細いフレームにほどこされたカムフラージュ柄がおしゃれです。

[2019最新]HUMMER FDB207 TANK

「HUMMER」のロゴが存在のある折りたたみ自転車です。極太タイヤで安定感も実現。街中で個性を表現しつつも安全に走行したい方におすすめです。

[2019最新]benelli mini Fold 16

こちらは電動の折りたたみ自転車です。タイヤサイズは小さいですが、電動アシストでパワフルな走行を実現します。

バッテリーが見えないようにデザインされている点も嬉しいです。

THREE STONE

一万円前後で手に入る折りたたみ自転車として人気なのがTHREE STONEです。シマノ製の変速ギアがついているので、平面でも上りでも、楽に運転できます。カゴ付きなので、買い物をしたり、荷物を運ぶときなどあらゆるシーンで重宝すること間違いなしです。

ARCHNESS

「ARCHNESS」はコスパ抜群でありながら、耐久性は抜群。運転時の操作は軽いため、女性でもラクラク乗ることができます。また、閉じた状態から組み立てをするのも力は不要です。初めてでも直感的に取り扱えるのは魅力でしょう。

JEEP

「JEEP」と言えば四輪駆動車で有名ですが、折りたたみ自転車も出しています。JEEPの折りたたみ自転車は重量感があり、頑丈さと乗り心地が魅力で男性向きです。スピードを出しても安定感があるので日常使いに良いでしょう。

ブリヂストンサイクル

金額が高すぎず、しかし走行性にもこだわりたいなら「ブリヂストン」がおすすめ。重量は12キロ程度ですから女性でも扱いやすいです。さらにシフト段数が8段変速モデルで軽快。通勤、通学から、ちょい乗りでも活躍してくれます。

ルノー

とにかく軽さを求めるなら「ルノープラチナライト6」 は魅力的です。ルノーが送り出す自転車全般で言えますが、アルミニウムのような軽量素材を使用しているので7キロ以下が多いです。電車にも気軽に乗せられます。

ダホン

「ダホン」も折りたたみ自転車では人気のメーカーです。Boardwalk D7はマットガードやチェーンガードが備わっているタイプで、石や泥はねなどをガード。ロードバイクでもファンが多いクロモリフレームが採用されたタイプで、7段変速。軽快に町中を走れるでしょう。

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

「ドッペルギャンガーの202-S-DP」は超ロングシートポストが採用されており、搭乗者の身長による問題をクリア。アルミフレームが使われており、12キロ台ですから、自動車に乗せたり下ろす時でもそこまで苦労しないでしょう。シマノ製の7段変速機で坂道に対応できます。普段使いで安定性を求める人に適しているでしょう。

Volkswagen(フォルクスワーゲン)

女性や小柄な人に向いているのが「フォルクスワーゲンのVW-206G Beetle」かごも装着されているので、バッグや買い物で重宝します。2箇所を折り曲げるだけでコンパクトにまとまります。16.7キロと最軽量とは言えませんが、普段使いの自転車として長く使えるでしょう。

パナソニック

折りたたみ自転車でも、とにかく楽に走り回りたいなら、電動アシスト自転車は強力な助けになります。「パナソニックのオフタイム」はモーターの力で漕ぐ力をサポート。電動アシスト自転車なので重量は20キロですが、走行時の楽さを優先させたい人や、坂道を走ることが多い人ならアリでしょう。

Daytona Pottering Bike(デイトナ ポタリングバイク)

ファッション性もこだわりたいミニベロスタイルの電動アシスト自転車なら「Daytona Pottering Bike」も良いでしょう。重量は電動アシスト自転車の割りには軽い16.8キロ。10段変速でスピーディな乗り心地を求める人にも適しています。

Daytona Pottering Bike(デイトナ ポタリングバイク)を購入する

  

折りたたみ自転車を選ぶメリット

通常の自転車との違いは、折りたためることだけとは思っていませんか。通常の自転車にはないメリットが折りたたみ自転車にはあります。

ここでは、折りたたみ自転車のメリットを3つ挙げて紹介します。

折りたためてコンパクトになる

なんといっても折りたたみ自転車の最大のメリットは、コンパクトになることです。

折りたたんでコンパクトにすることで、電車や車に持ち込むことができます。

電車や車で運んで、旅先での移動手段に使えるので便利です。また、サイクリングやツーリングで長距離を走り、帰りは折りたたんで電車で帰ることも可能です。

また、折りたたむことで、家や納戸に収納することができます。駐輪スペースがなくても少しの収納スペースで保管できることは魅力的ですね。

街乗りに最適

折りたたみ自転車は、小回りがきくため街乗りに最適です。スピードを出す必要のない街中では快適に乗ることができます。

通常のホイールが小さいので、こぐときにペダルの重さはそこまで感じません。

またボディが軽い折りたたみ自転車が多く、発進をするときも通常の自転車のような力はいりません。

オシャレなデザインが多い

様々なメーカーからオシャレな折りたたみ自転車のモデルが出ています。デザイン性に魅かれて折りたたみ自転車を購入する方も多いようです。

ほとんどの折りたたみ自転車は、タイヤが小さいものが採用されています。

タイヤが20インチ以下のものをミニベロと言い、ミニベロは、タイヤが小さく見た目が特にオシャレです。

その他にもカラー展開が豊富なため、自転車屋さんへ行くと目が奪われること間違いなしです。


まとめ

折りたたみ自転車の利便性は非常に高いです。自動車に乗せて駐車場から町中を移動したい人や、広い工場の敷地内で利用したい人、通勤、通学、さまざまな使い方ができます。

電動アシスト付きながら折りたたみ可能な自転車も多く出ているのも押さえておきたいポイントでしょう。

しかもお値段も手頃な物が多いので一台程度持っていても損はありません。

また、趣味にサイクリングを始めてみてはいかがでしょうか?こちらの記事では、サイクリングを趣味にするメリットや楽しみ方について解説しています。

レンタルできる関連商品

菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター
菅野辰則 / ビギナーズ編集部 ライター

ネットショッピング歴は約20年!お得なものを見つけることが好きで日々のECサイトで掘り出し物の探しは欠かしません。コスパの良い初心者が趣味を始めるのに最適なアイテムをご紹介します。趣味はダンスと映画鑑賞