READING

更新

面白い小説20選!おすすめの作品をジャンル別に厳選して紹介

ブックライブ
面白い小説を20冊厳選し、カテゴリー別に2冊ずつ紹介しています。舞台設定や主人公、ストーリーが独特で異彩を放っている本を「面白い小説」と定義し、あらすじまで簡単に説明しています。これから読書を趣味にしたい人は、ぜひチェックしてみてください。
面白い小説20選!おすすめの作品をジャンル別に厳選して紹介

これまで数多くの小説が出版されてきましたが、どの本にも特有の面白さがあります。

小説に求めていることは、人それぞれ異なるので「面白い」と感じる評価軸も様々です。そのため、本の人気ランキングなども参考程度にしかなりません。

しかし、人生の中で読める本の量は限られているため、なるべく失敗したくないですよね。

そこで今回は「面白い」と定評のある小説を20冊、厳選して紹介します。

面白い小説とは?

小説のジャンルは、ミステリーやファンタジー、純文学など様々です。

人によって小説に求める刺激が違うので、好きなジャンルも千差万別でしょう。

本によっても「スリル」を味わえる作品から「リラックス」できる作品まであるため、面白さを定義することは難しいです。

「面白い」と感じる小説は人それぞれですが、ここでは舞台設定や主人公、ストーリーが独特で異彩を放っている本を「面白い小説」と定義して順番に紹介していきます。

今回おすすめした本に興味があれば、ぜひ手にとってみてくださいね。

面白い小説のおすすめ20選!

面白い小説を「ファンタジー」「ミステリー」「SF」「純文学」「エンタメ」「ディストピア」「青春」「ホラー」「時代」「経済」ジャンルの中からそれぞれ2冊ずつ厳選してご紹介します。

ファンタジー

「ファンタジー小説」は、架空の世界を舞台にした幻想文学です。

魔法やドラゴンが登場するイメージが強いですよね。

冒険心をくすぐるような展開を求める人が多く、人気の高いジャンルです。

イラハイ

「第5回日本ファンタジーノベル大賞」受賞作品です。

婚礼の日にさらわれた花嫁を追って奮闘する青年の物語。

「女房転がし」という坂道から妻を転がす競技など、独特な描写が魅力です。

忘れられた巨人

「ブッカー賞」「ノーベル文学賞」を受賞した経験のあるカズオ・イシグロさんの作品です。

老夫婦が遠い場所で暮らす息子と再会するために「健忘の霧」に覆われた世界を旅する物語。

霧に囲まれた島で暮らす人々は、過去の記憶を失っていきます。

ミステリー

「ミステリー小説」は推理小説ともいわれ、何らかの事件を解決に導くのが王道パターンです。

ミステリーとはいっても幅広く「本格ミステリー」や人の亡くならない「日常の謎」、後味の悪い「イヤミス」などたくさんの種類があります。

伏線回収など、すっきりとした読後感を求めている人からの人気が高いジャンルです。

スマイルメイカー

乗客を笑顔にしてから降りてもらうことにこだわるタクシードライバーが、訳ありの乗客に巻き込まれていきます。

タクシー運転手は3人おり、それぞれが訳ありの乗客に巻き込まれていくストーリー。

それぞれの話がつながり、伏線回収が見事で引き込まれます。

カラスの親指

映画化もされている作品。

悲しい過去を背負った「詐欺師」が主人公で、仲間と一世一代の大仕事をします。

スリリングな展開や巧妙な伏線回収があり、一気読みできるでしょう。

特に最後のどんでん返しには驚かされるはずです。

SF

「SF小説」はサイエンス・フィクションの略で、科学的な空想をテーマにしたジャンルです。

宇宙を舞台にした作品が多く、将来的に現実になるかもしれないリアリティも魅力。

ほかのジャンルと比較して没頭できる作品が多い点が特徴です。

縮みゆく男

身長が毎日少しずつ縮む病に冒された男性が主人公です。

蜘蛛に追われることもありますが、対峙して立ち向かいます。

主人公の視点から世界をみられるので、新しい発見を得られるかもしれません。

老人と宇宙

75歳の誕生日に、軍隊に入った老人が主人公です。

地球には二度と戻れないという条件付きで、75歳以上の男女のみ入隊できるコロニー防衛軍の隊員として就職。

宇宙の各惑星に住み始めた人類を守るために、エイリアンと熾烈な戦争を繰り広げます。

純文学

「純文学」は、大衆小説と比べて芸術性を重視したジャンルです。

「芥川賞」や「野間文芸賞」など、様々な純文学賞があります。

純文学誌の「文學界」や「群像」に掲載された作品を指すことが多いです。

木になった亜沙

亡くなった人間がわりばしや枕、ドアノブに転生する不思議な設定の物語です。

表題作の「木になった亜沙」は、自分の手から食べ物を食べてもらいたいという願望がありました。

読んだあとは、普段と少し世界が違ってみえるかもしれません。

如何様

敗戦後に戦争から帰ったとある画家は、以前とは似ても似つかぬ姿でした。

彼が本物かどうか疑わしくなり、調べたところ「贋作制作」を得意としていたことが判明。

はたして彼は本物なのでしょうか。

物事の真偽について考えさせられる作品です。

エンタメ

「エンタメ小説」は純文学と対比されることが多く、娯楽小説や大衆小説・大衆文学と呼ばれます。

明確な定義はありませんが、エンタメ小説は「娯楽性」に重きを置いています。

通俗的で純粋に楽しめる本を指すといってよいでしょう。

御不浄バトル

法外な料金で教材を販売する悪徳ブラック企業に入社した主人公は、駅や会社のトイレで過ごす時間が唯一の楽しみ。

ある日、限界に達した主人公は「会社都合」で退職すべく行動に出ます。

会社で働く若者の奮闘を描いており、どこかリアリティがあってコミカルな作品です。

浮遊霊ブラジル

「川端賞」を受賞した「給水塔と亀」を含む短篇集です。

表題作は、初の海外旅行前に亡くなった老人が主人公。

幽霊になり、行くはずだったところを目指すものの「ブラジル」に到着してしまいます。

そのほかのストーリーも、ユーモアがあって楽しめます。

ディストピア

「ディストピア」は、ユートピアとは真逆の「暗黒郷」とも称されます。

人間性まで否定するような極端な監視社会をテーマにした作品が多いです。

SFやファンタジーと比べてリアリティがあり、その恐ろしさも魅力の1つでしょう。

クオリティランド

ドイツSF大賞第1位を獲得した、痛快なディストピア小説。

AIとアルゴリズムによって自分の仕事や趣味、恋人まで決定される社会が舞台です。

ほしくもない商品を買わされたりアンドロイドが大統領選に立候補したりします。

横浜駅SF

横浜駅が改築工事を繰り返した末に、自己増殖を開始します。

日本・本州の99%が横浜駅化し、脳に埋め込まれた「Suika」で人間が管理される社会。

駅の外側で暮らす「非Suika住民」の主人公が、人類の未来を懸けて横浜駅構内を旅します。

青春

「青春小説」では、主人公が学生だったり恋愛がテーマだったりします。

多感な時期に読むと共感できることが多く、大人になってから読むと懐かしい気持ちに浸れるでしょう。

「切なさ」や「爽やかさ」を感じられる作品が多いです。

太陽の塔

「日本ファンタジーノベル大賞」を受賞した、森見登美彦さんのデビュー作。

女性にフラれ、卓越した妄想力をもった大学生が京都の街を駆け巡ります。

失恋を経験したすべての男性と失恋予定の男性に向けられた作品です。

ミュージック・ブレス・ユー!!

「野間文芸新人賞」を受賞した作品。

主人公は、将来よりも音楽について考えることを優先する高校3年生です。

方向性の決まらない日常を支えているのは、パンクロックでした。

そんな彼女の日常が鮮やかに描かれています。

ホラー

「ホラー小説」は、読者に恐怖を与えるために書かれるジャンル。

後味が悪いグロテスクな作品や幽霊が出てくる作品、人間の怖さを扱った作品などがあります。

死者におくる入院案内

外科や精神科、放射線科が、殺意や悪意にまみれた患者を治療していく7つの話が収録された短編集。

法医学者を訪れる「今日殺された」と主張する謎の客など、病状がユニークです。

ブラックユーモアに富んでおり、どの話も味わいがあります。

懲戒の部屋 自選ホラー傑作集1

悪夢のような状況がリアリティをもって襲いかかってくる作品です。

サラリーマンが相撲力士に一度軽口をたたいただけで、逆鱗に触れどこまでも追い回される「走る取的」などを収録。

「走る取的」は「世にも奇妙な物語」で映像化されています。

時代

「時代小説」は、過去の史実をベースに書かれたジャンルです。

新しい解釈をする作品もあれば、SFような作品まであります。

日本史の好きな人が好んで読む印象がありますが、エンタメ性の高い作品は歴史にくわしくなくても読みやすい印象です。

化け者心中

「第11回小説 野性時代 新人賞」受賞。

時代は江戸時代・文政で、役者の誰かが鬼に食い殺される事件が発生します。

元役者と鳥屋の2人が、鬼の正体を暴き出す歌舞伎ミステリーです。

忍びの国

「のぼうの城」の著者による歴史エンターテインメントで、映画化もされています。

舞台は戦国時代で、伊賀一の忍びなのに働かない怠け者が主人公。

そんな彼が、百文の褒美目当てに他家の伊賀者を殺めてしまいます。

それがきっかけで「戦」がはじまります。

経済

「経済小説」は、経済をテーマにした小説です。

サラリーマンや経営者を主人公にした作品が多く、現実味があるので勉強になります。

感情移入できれば自己啓発的な効果も期待できますよ。

ぷろぼの 人材開発課長代理 大岡の憂鬱

プロボノは「公共善のために」を意味するラテン語の略で、弁護士などが無報酬で仕事をする社会貢献のことです。

大手電機メーカーが舞台で、変態リストラ部長がどんどんリストラをしていきます。

変態リストラ部長の追い込みが原因で自殺者を出してしまう事態が発生。

クビ切りを押し付けられた課長代理は嫌気がさし、プロボノに救いを求めて変態リストラ部長に立ち向かいます。

波のうえの魔術師

「ビッグマネー!」というタイトルでドラマ化された人気の作品。

謎の老投資家がフリーターの青年と組んで、詐欺まがいの融資をしてきた預金量第三位の銀行に挑みます。

スリリングな物語に魅了されるだけではなく、投資の雰囲気も掴めるので勉強になります。

面白い小説のまとめ

「面白い小説」を厳選して20冊ご紹介しました。

どの本も設定や主人公がユニークでおすすめです。

簡単なあらすじも紹介しましたが、詳細は商品ページや公式サイトから確認しましょう。これから読書を趣味にしたい人は、ぜひ今回紹介した本を候補に入れてみてくださいね。

もっとおすすめの小説が知りたい方は、本屋大賞の歴代ノミネート作品まとめの記事を参考にしてください。

また、こちらの記事では、小説が読めるおすすめの電子書籍サービスを紹介しています。ぜひこちらもチェックしてみてください。

ヒロキタナカ /
ビギナーズ編集部 tanaka

一橋大学大学院修了後、国のIT機関を経て独立。Webライターとして活動しつつ、オンライン古書店や選書サービスを運営しています。本、音楽、ガジェットが好き。

ビギナーズTOPページ